須弥山ブログ 酒魂日記

2014年1月24日(金) 15:30

日本酒のススメ 其の197 <(  ̄ ≧ ̄)> エッヘン!! <(  ̄ ≧ ̄)> エッヘン!! <(  ̄ ≧ ̄)> エッヘン!! <(  ̄ ≧ ̄)> エッヘン!! <(  ̄ ≧ ̄)> エッヘン!!

♫ゆ〜きやコンコン、あ〜られ〜やコンコン、ふってもふっても、ま〜だふ〜りやまぬ〜♫@ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


というわけで、雪をまだか、まだかと待ちわびている今日この頃っす! (•̀ᴗ•́)و ̑̑。



やっぱ、戌年だもんで、雪大歓迎っす! ₍₍ ᕕ(^ ω^)ᕗ⁾⁾。
庭駆け回るっす! (•̀ᴗ•́)و ̑̑。

あの<♫雪やこんこん、あられやこんこん♫>って、曲名知ってました?。シンプルに「雪」って題名なんです!!。ま、特に驚きはありませんが・・・・。

あと、♫ね〜こはこたつでま〜るくなる〜♫ってあるじゃないですか、あれデマっすね!!。
その証拠がこれだ!!。

http://www.youtube.com/watch?v=S-pIzle38Ko

そんでもって、これもだ!!。

http://www.youtube.com/watch?v=FUXmDyxFEgs

http://www.youtube.com/watch?v=ikGBalrlnEk
もうこれなんか犬以上に燥いじゃっているうううううううううううううううう!!!?! (*)>д<)」イヤダ───!! 。 え〜、んな訳で、今週はズバっと新入荷新酒3本まとめて紹介しまする(`・ω・´)ゞキリッ。 先ずは1本目〜!!。 1本目は琥泉

これでの<こせん>と読みます。

兵庫県神戸市にある泉酒造株式会社さんの日本酒。

昨年、一昨年と、新酒ばかり3度目のご案内です。
あの、阪神淡路大震災から、見事な復活を遂げた酒蔵さんですね!!。


今回入荷してきたのは、兵庫県産五百万石60%精米純米吟醸生酒“無濾過しぼりたて”


表ラベル<右>



先ず香ってみました。
香りは爽やかで軽快。ミルキーなところも感じられる。乳製品のような甘い香りも。
次に呑んでみました。
酸はシッカリと存在していて、味わいを丁寧に包み込んでいる。味の表面にはシッカリと張りがあり味の輪郭を形作っている。甘みもちゃんとあって、それは口中に広がり、米の旨味で口中を満たしてくれる。でも、その旨みは、心地いい余韻だけを残して潔く消えていく。去年よりかなりいい仕上がりです。







☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kosen:Izumi brewery Co., Ltd.>
1-9-6,Mikage-machi,Higashinada-ku,Kobe-shi,Hyougo,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This scent is light and refreshing. And also felt milky flavor. I feel the sweet smell like dairy products.
Then, I tried to drink.
This acid exists firmly, and are wraps this taste carefully. There are firm tension on the surface of this taste, they forms the outline of the taste. Also there are sweetness properly. Spread its flavor, the Umami of rice fulfill mouth. But this flavor fade away manfully, leaving only pleasant afterglow. One thing is for sure, this sake has become more quite delicious sake of last year.
------------------------------------------------------------------












んで以って2本目ェwwwwwwwwwww。

2本目は川鶴

例年、“讃州さぬきよいまい65”がかなりの完成度でもって私の心を鷲掴みにしている、あの酒蔵です。

香川県観音寺市にある川鶴酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、讃州おおせとまい70%精米純米無濾過生原酒“限定直汲み”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
立つ香りは決してケバケバシくない。ほんのりとメロンのような甘みのある香り。心地いい。
次に呑んでみました。
口に含むと、細かく比較的穏やかな酸が口中に広がります。と、それが消えないうちに今度は華やかな香りが口に広がり、マイルドな旨みが口中を満たします。新酒ながら旨みもシッカリとあり、米の旨みは十分に表現されている。データ上は、”甘口”表示だが、ちゃんと存在している酸のお蔭で、吞み口は軽快です。喉越しも心地いい。これはこれで、”有り”な味わいです。





☆3.79!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Kawatsuru:Kawatsuru brewing Co.,Ltd>
836,Motodai-cho,Kannonji-shi,Kagawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Rising fragrance is never flashily. Sweetness of this fragrance is with melon like faintly. Cozy.
Then I tried to drink.
Including a sip of wine to my mouth, the fine and relatively mild acid spreads in the mouth. And, in turn,while this acid dose not disappear, the gorgeous fragrance spreads to the mouth. This mild Umami fills my mouth. Even though it is new sake, this taste has Umami taste firmly, the taste of rice is fully expressed. This wine's display "sweet-taste", on the data, but thanks to the acid that is present properly, the drinking taste is light. The nodogoshi(sense of passing through the throat) also good feeling. This taste is "No problem".
------------------------------------------------------------------

















まだまだあああああ!!!。3本目ェ〜。

3本目は月山

これで<がっさん>と読みます。


島根県安来市にある吉田酒造株式会社さんの日本酒。

コスパめちゃ高の純米生がとても印象に残ってる酒蔵さんですね。

あと、蔵元の吉田君が、全く滑らない話が得意な事で酒造業界でも有名ですよね!!

んで、今回御紹介するのは、五百万石70%精米芳醇辛口純米“無濾過生酒”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りはシャープで青リンゴのような爽やかさと、メロンのような奥行きのある香りがする。
次に呑んでみました。
酸は細かくとても穏やか。そして味を適度に包んでいる。味わいはちゃんと張りを持っており、味わいの輪郭の構築に一役買っている。甘味はあるが、味わいはタイト。文字通り”芳醇辛口純米”に仕上がっている。入口は穏やかな旨みを感じるが、程なくして味わいはタイトに変化し辛口へと導かれていく。仕舞はキリッと切れてくれる。余韻はさっぱりとしている。


☆3.79!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gassan:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasugi-shi,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sharp, there is a refreshing such as green apple, and there are fragrance that has the depth such as a melon.
Then I tried to drink.
This acid is fine. And they envelops this taste moderately. Taste has a tension properly, it has helped to build the profile of the taste. There are some sweet, but taste is tight. This wine has finished in the literally "Mellow-Dry-Junmai". First i feel a mild flavor,soon but the taste changes tight, and is led to the dry taste. This taste fade away gracefully. And trailing note is refreshing.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳(どんな訳wwww)で今回はバリバリ頑張って、新入荷3本、ご紹介しました。

では再来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!




※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ