須弥山ブログ 酒魂日記

2013年9月27日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の183  ( ▔•з•▔ )オモサゲネ〜ッス!!。(´°ω°`)ソッダニゴンボホルナ!!。

すっかり秋になりました!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



朝夕は肌寒くなり、日中も日陰は涼しく、ポッチャリさんには過ごしやすい季節がやってまいりました!!(`・ω・´)ゞキリッ。

今年はどうやら冬の到来が早まるらしいです((o(´∀`)o))ワクワク。
確かに、北海道の何チャラ山の初冠雪も例年よりは25日も早いとか。
どうなんですかね、今年の冬は寒さ厳しいんですかね?。
因みに猛暑∞炎暑≠フ反対は寒冬∞厳冬≠セそうです。なんか凄そう・・・・・・(;=゚ω゚)v。

ま、夏服にも秋田市、そろそろ秋冬物着たいっすね。早くも冬物重衣料ゲットんしましたしおすしムフフフ(*^艸^*)プププ。




そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜。

1本目はの会津中将

これでの<あいづちゅうじょう>と読みます。


文字通り長福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かご紹介したことある銘柄ですね。

じこの会津中将は実は、奥様の林ゆりさんとお母様の二人三脚、親子鷹で造っているんですね〜!!。ご主人は専務で、自ら全国各地飛び回って営業活動に邁進しております!!。とても素敵な、可愛らしい仲のいい夫妻です。
酒名にもなっている“ゆり”さん。




ご主人の洋年専務。





で、今回ご紹介するのは、福島県産五百万石55%精米特別純米無“ひやおろし”


ラベル横。




先ずは香ってみました。
香りはシャープで控えめ。青リンゴのような瑞々しさのある香り。
次に呑んでみました。
酸はとても繊細に存在して味わいを包んでいる。味は香り同様シャープでエッジがたっている。一口酒を口に含むと、旨味をシッカリもった味わいが口中に広がっていきます。その旨みは口の中を米の甘みで存分に満たしてくれます。でも、味わいの輪郭、張りはシッカリとしているので、味がダレてしまうことはありません。キレは鋭く余韻は名残惜しそうにこっちを見ています。





☆3.80!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aiduchujyou: Turunoe brewery Co.,Ltd>
2−46,Nanoka-machi,Aiduwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
This scent is sharp and understated.
Then i tried to drink.
Acid of this sake is presence finely, and envelops this taste. Taste is sharp and tight as well as fragrance. When i drink bite of sake, taste which has firmly the taste will continue to spread in the mouth. Its Umami taste will satisfy in the mouth with fully in the sweetness of the rice. However, because the outline of the taste and tension is firm, its taste doesn't collapse. Sharpness is good, afterglow is looking at here reluctant to part.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は宗玄

これで<そうげん>と読みます。


石川県珠洲市ある宗玄酒造株式会社さんの日本酒。


初めての商品なのでちょっ蔵調べてみましょう。

==================================================================
酒魂日記一口メモ宗玄酒造株式会社
≪能登杜氏発祥の地≫
明和6年(1768年)に酒造業を創業、宗玄忠五郎は美酒造りに志、清酒発祥の地伊丹で秘伝を習得。宗玄に帰り自ら酒蔵に入り蔵人とともに会得、純良な清酒を醸造“宗玄剣山”と命名した。
能登杜氏は永い歴史の中で、杜氏としての技術を磨き蔵人の育成に努め、良き伝統を築いてきた成果が高く評価されて日本を代表する四大杜氏(能登、南部、越後、但馬)のひとつに認知されている。
能登杜氏発祥の地とも言われる宗玄酒造はその良き伝統を受け継ぎ創業の原点を見つめ、美酒を醸し続け 一客再来 の心を大切に守り続けて参ります。

≪天に星,地に花,人に愛≫
天,地,人の心で天を仰げば星が見える良き環境の中で一番空気の澄みきった時間(1時から6時)こそが美酒造りに最高の時間である。
土壌にめぐまれた良い環境の土地には綺麗な花が咲きほこり、心を癒やしてくれる。
良い環境の中で人間の幸せは人と人との間から生れる、友愛を国酒で乾杯、百薬の長と言われるすばらしい日本酒を醸し続けて参ります。

※因みに、この蔵があるのが石川県珠洲市宝立町宗玄。てっきり、この地にあるんで“宗玄”かと思ったら、なんのなんの、宗玄さんが住んでるから“宗玄”なのだそうです!!。比叡ぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(;゚∀゚)/。

更に因みに、右がその宗玄社長。左が能登流の坂口杜氏。杜氏厳ついっすね〜!!。


(宗玄酒造株式会社HPより)
==================================================================



で、今回御紹介するのは、八反錦55%精米純米原酒“ひやおろし”



横ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは控えめで、派手さはない。
次に呑んでみました。
最初のアプローチはマイルド。徐々に細かい酸が味を引き締める。甘味は抑えめだが、味の輪郭はシッカリとしていて味わいのシルエットを構築している。そしてその味わいは米の旨味で満たされている。侘び寂のきいた味わい。正に能登流の味わい、味の旋律。キレも鋭く全体的に引き締まった印象。




☆3.89!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Sougen:Sougen sake brewing Co.,Ltd>
24-22,Sougen,Houryu-machi,Suzu-shi,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance is modest, not glitz.
Then i tried to drink.
The first approach is mild. Fine acid tighten the taste gradually. Sweetness is modest, but the contours of taste is firmly, and are building a silhouette of taste. And the taste is filled with a umami taste of the rice. Austere refinement and quiet simplicity works this taste. This is exactly taste of Noto style, and melody of taste. Sharp of taste is good, and it is a firm impression on the whole.
------------------------------------------------------------------












ラストオオオオオオオオ〜、3本目ェ〜。

3本目は賀茂金秀

これで<かもきんしゅう>と読みます。


広島県東広島市にある金光酒造合資会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、雄町50%精米(麹米)・八反60%精米(掛け米)広島吟醸酵母使用特別純米“秋の便り”

あ、因みに金光“金ちゃん”秀起氏はこんな人。ストイックな酒造家です!!。





裏ラベル。





先ずは香ってみました。
香りは華やかでゴージャスでリッチ。奥行きがあり甘みもある。
次に呑んでみました。
細いがシッカリと存在感のある酸が味わいを包み込んでいる。直ぐ様、香りを伴った味わいが口中に隈なく広がる。米の旨味がしっかりと表現されており、それは口中を甘みで満たしてくれる。味の張りもちゃんとあり味わいの構築に一役買っている。キレも良く余韻も楽しめる。



☆3.82!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kamokinshu:Kanemitsu brewing Joint-stock company>
1364-2,Nomio,Kurose-chou,Higashihiroshima-shi ,Hiroshima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.82point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
The scent is rich and gorgeous. There is also a sweetness and depth.
Then I tried to drink.
Fine acid which is firm presence is wrapping this taste. Soon, taste with fragrance is spreading my mouth with a sense of tension. Taste of rice is expressed firmly, it fill mouth with the sweetness. There is a tension of the taste properly, and It is playing a role in its construction. Slice taste is good, and enjoy lingering.
------------------------------------------------------------------










以上、今週は新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ