須弥山ブログ 酒魂日記

2013年9月13日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の181 wwwwwwwwwww甘┳┓))モシャモシャ、クサウメ~!!。

祝!!2020東京五輪 @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




いや〜、やりましたね〜、2020東京五輪!!m(*^皿^*)m。

決定の瞬間、鳥肌がザワザワって立って、何だか思わず涙が零れてきましたよ〜(´皿`。)ウエンウエン!!。
日本中が朝から歓喜の渦に包まれた瞬間でしたね!!。
承知委員の皆様、本当にお疲れ様でした!!(`・ω・´)ゞキリッ。
そして、心から深い感動を有難う(`・ω・´)ゞキリッ。

そして7年後熱い感動を再び!!、ですね。


あ、でも7年後だったら、もしかしたら何かの競技に出られるかも。例えば乗馬とか、ライフルとか・・・。
え、無理だって!!??(゜∀゜;)v。


分かっとりますがな、そんなこと。でもこの目で東京でのオリンピックががこの地で観れるなんて、もう最初で最後ですから、心行くまで堪能したいと思いま〜す!!。
いや〜、たのすみたにすみm(*^皿^*)m。





そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は新政

須弥山の定番<山ユ>の基幹銘柄ですね。これで<あらまさ>と読みます。

もう説明の必要がない銘柄です。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。



今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち50%精米(麹米)・秋田県産吟の精60%精米協会601号母使用特別純米“六號 ひやおろし”
お、6号の泡なし酵母!!。
※酵母番号(7号やら9号やら18号・・・)の後ろに”01”がついた場合は”泡無し酵母”を意味します。

裏ラベル。






先ずは香ってみました。
香りは深く甘い。乳酸飲料のような甘味も感じる。
次に呑んでみました。
細かいが存在感のある酸が口中を支配する。酸が落ち着くと、新政にしてはタイトな味わいが顔を覗かせる。シッカリという訳ではないが味わいの輪郭はきちんと構築されている。旨みは程よくあるが新政にしては大分抑えられている。旨味をじっくり堪能する、というよりは、瞬間的な旨味を感じる。余韻に浸る間もなく、呑む、という感覚かなぁ。ただ冷おろしを謳うのであればもう少し深みが欲しい。キレは良く余韻も潔い。




☆3.63!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.63point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to smell.
This fragrance is deep and sweet. Also feel like sweetness of lactic acid beverage.
Then i tried to drink.
Small but the acid with a strong presence dominates the mouth.  When this acid was settling down, tight taste that is not like Aramasa appears. It is not strong, but the outline of the taste is properly built. Although there are taste moderately, the taste is suppressed very much for Aramasa. This sake is the sake that type of feeling the taste momentarily rather than type of enjoying taste thoroughly. I think the sense that drinking no time to soak in the afterglow. This is a new ground of sake. I want to ask the brewer the concept of this sake all means.
------------------------------------------------------------------









んで以って2本目ェwwwwwwwwwww。

2本目はお馴染み遊穂

これも、もう細かく説明する必要のないお蔵さんですね!!。

石川県羽咋市にある御祖酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは石川県産五百万石60%精米(麹米:使用率24%)・石川県産能登ひかり55%精米(掛米:使用率76%)山おろし純米“無濾過生原酒”


裏ラベル。







先ずは香ってみました。
甘味と奥行きを感じる香り。ただ、比較的穏やかですね。
次に呑んでみました。
酸は比較的穏やかではあるが、細かく存在している。しかし味わいはタイトでまだ渋味も感じる。舌の上にざらつき感も感じられる。味が伸びないんですよね〜。味わいの輪郭はちゃんと構築されているので、あと必要なのは旨味ですね。これもやはり、”ひやおろし”を銘打つのであれば、もう少しというより、もっと旨味、甘みが欲しいですね。






☆3.33!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Yuho:Mioya brewery Co.,Ltd.>
i8,O-machi,Hakui-shi,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.33point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
I felt sweetness and depth from this scent of sake. Also felt the spicy at the same time. However, It is relatively mild.
Then i tried to drink.
Acid is the relatively mild, but it is present finely. But this taste is tight, and still feel astringency. And also feel a sense of roughness on the tongue. And above all, there is no extends in taste. Contours of this taste is built properly, and necessary things to this sake is taste. Also, if this sake is called Hiyaorosi, rather than a little more, these sake needs a sweet and umami taste more.
------------------------------------------------------------------

















おやおや早くもラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、いよいよきました七田

これでテンザンマスクと読みます(笑)。

↑因みにこれ、蔵元の”七田謙介”氏です!!。見ての通り、お茶目をまじめにやる蔵元です!!。

佐賀県小城市にある天山酒造株式会社さんの日本酒。
今回入荷したのは山田錦55%精米(麹米:使用比率20%)さがの華55%精米(掛米:使用比率80%)純米吟醸“無濾過生<七田の心>”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く奥行きがある。熟れたバナナのような奥行きのある甘さ。
次に呑んでみました。
細かいがちゃんと存在している酸が味を包み込んでいる。味わいはまだ、少し硬さを感じるが、心地いい甘みも現れている。味わいの張りもシッカリとある。その中にはまだ七分咲きの旨味がギッシリ詰まっている。もうすぐ満開に花開くでしょう!。味のキレは鋭く、余韻はとても色っぽい!。







☆3.80!!!!。








------------------------------------------------------- ----------
<Shichida: Tenzan brewing Co.,Ltd.>
1520,Iwakura,Ogi-machi,Ogi-shi,Saga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell. 
This fragrance is sweet and gorgeous, and has a depth firmly. There is a sweetness with depth, such as ripe banana.
Then I tried to drink.
This acid is finely but is present properly. And those are wrapping up this taste. It feels the hardness still a bit to taste, but pleasant sweetness also appeared. There is also tension firmly of the taste. And the umami that is 70% flowering is chock full of in it. It will flower in full bloom soon!. Slice taste is sharp, lingering very sexy!.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ