須弥山ブログ 酒魂日記

2013年8月30日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の179 ( ‘ j ’ )ジェ!?、( ‘ jj ’ )ジェジェ!!??、( ‘ jjjj ’ )ジェジェジェ!!!???。 

日本酒のススメ〜其の179 ( ‘ j ’ )ジェ!?、( ‘ jj ’ )ジェジェ!!??、( ‘ jjjj ’ )ジェジェジェ!!!???。 



何だか、秋な雰囲気だ〜(´・ω・`) @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




何か、急に秋めいてきましたね〜!!m(^∇^)m。


猛暑、いや“炎暑”だった今年は、稀にみる夏でした(`・ω・´)ゞキリッ。

うちなんか、マンションの最上階っしょ!!、もう日中熱せられたコンクリが頭上にあるようなもんだから、じぇんじぇんクーラーが効かないのなんのって(;´皿`;)。

でも、持ち前の気合で何とか乗り切ったっす(`・ω・´)ゞキリッ。
多分・・・・・・(*‘∀‘)。

もう、9月になれば、吉祥寺秋祭り、そしてなんだかんだとしているうちに、年末へと・・・・・・・・・・・・。

そんな訳で、早速新入荷3本、紹介しちゃうしおすしp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。



先ずわ〜、1本目ェ〜。

1本目は奈良萬

これで<ならまん>と読みます。

久々のご紹介ですね〜。

そうです、福島だけど“奈良”の奈良萬です。吾妻嶺の蔵元、佐藤元ちゃんが最近、「奈良萬の東海林です!!」って、ネタをあちこちでやるんです、これが。
知っている人はニヤニヤするんですが、知らない人は「あ、どーも!!」的になるんでヒヤヒヤですよ。え、実際はどうかって?。いや、かなり似ています(*^艸^*)。
因みに、奈良萬の東海林社長↓。

そして、吾妻嶺の佐藤元ちゃん↓。



ね!?、似てるでしょ〜!!。

ま、そんなことは置いといて、お酒のご紹介!!。

福島県喜多方市にある夢心酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、喜多方産産五百万石55%精米うつくしま夢酵母使用純米生酒“奈良萬おりがらみ”




裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは深い甘味と爽やかさがある。
呑んでみました。
存在感のあるシッカリした酸が口中に広がります。そしてそれを追うかのように、今度はそれに負けない甘みが口中に広がっていく。味わいの表面にちゃんと緊張感を持った張りがあり、それが味わいのシルエットをシッカリと構築している。結果味わいが崩れることなく旨味を統率している。キレはしっかりとあるが、余韻も楽しめる。





☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Naraman: Yumegokoro brewing Co.,Ltd.>
1,Kitamachi,Kitakata-shi ,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is deep sweet and refreshing.
Then i tried to drink.
Firm acid with a strong presence spreads in the mouth. And subsequently, sweetness that not to lose in this acid will spread in the mouth this time. There is tension with a sense of tension properly on the surface of the taste. And it is building a firm silhouette of taste. As a result, the taste is to lead the Umami-taste without collapse. Sharp of taste is good, and can enjoy afterglow.
------------------------------------------------------------------


















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は来福

これで<らいふく>と読みます。

我が茨城県の地酒!!。日本一精米して造った“来福 超精米 純米大吟醸”(な、な、な、なんと、<ひたち錦>8%精米!!!)がなんともインパクトのある日本酒の酒蔵さんですよね!!。


茨城県筑西市にある来福酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、来福を一躍有名にした、と言っても過言ではない兵庫県産愛山50%精米純米吟醸生原酒“愛山”




裏ラベル。






先ずは香ってみました。
香りはとても爽やかで軽やか。若い青リンゴのようでもあるしマスカットのような香りにも感じ取れる。
次に呑んでみました。
酸は細かく穏やかに、しかし確実に存在してて味わいを優しく包み込んでいる。直ぐに優しい甘みを持った味わいが口中にゆっくりと広がる。控えめだがバランスの取れた甘みが口中を満たすと、味わいはまた穏やかに消えていく。控えめと言っても、きちんと米の味は表現されている。力強い味の張りは無くとも、味わいは崩れることなく構築されている。キレは穏やかで、余韻は清々しい。


☆3.98!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Raifuku: Raifuku brewing Co.,Ltd.>
1626,Murata,Chikusei-shi, ,Ibaraki,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.98point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
The fragrance is very refreshing and light. This fragrance is also like a young green apple, and is also a like Muscat.
Then I tried to drink.
This acid is fine and calm, but is exist reliably, and they wraps taste gently. Immediately taste with a gentle sweetness spreads slowly in the mouth. Since modest sweetness with balanced is fulfill the mouth, that taste fade away mildly also. Even say modest taste, taste of rice is represented properly. Even without the tension of strong taste, taste is built without collapse. Slice of taste is mild, lingering is refreshing.
------------------------------------------------------------------




















3本目〜!!。
3本目は紀伊国屋文左衛門

これで<きのくにやぶんざえもん>と読みます。

須弥山では定番で扱わせてもらってる銘柄ですね。やっとこ冷蔵庫が空いてきたので8本蔵から送って頂きました!!。

東京では“超久”のほうが有名かも・・・・。


和歌山県海南市にある中野BC株式会社さんの日本酒。

中野BCの河嶋杜氏には、今年は須弥山BBQにもご参加頂いてホント遠方よりご苦労様でした!!。気さくな爽やかイケメン杜氏さんです!!(もち左側!!)。




で、今回入荷したのは山田錦58%精米(麹米)出羽燦々65%精米(掛米)“限定ひやおろし”



裏ラベル。




先ず香ってみました。
白ブドウのような甘く爽やかな香り。奥行きもシッカリある。
次に呑んでみました。
お。意外に酸は穏やか、しかし、ちゃんと存在はしている。味わいは穏やかに広がり、穏やかに味のシルエットを構築する。ただ、何かが足りない。味の広がり、味わいの構築、いずれも申し分ない。そうだ、奥行きのある甘みがほしい。色っぽい甘み。グラマラスな甘み。まだ、7分咲きといったところでしょうか。もう少し様子を見てみよう!!。

☆3.68!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kinokuniya-bunnzaemon:Nakano Biochemical Creation Co.,Ltd>
758-45,Fujishiro,Kainan-shi,Wakayama,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is sweet and refreshing such as the Muscat. There is also firmly depth.
Then I tried to drank.
This acid is surprisingly calm, however exists properly. This taste spreads calm, and builds a silhouette of taste gently. However, something is missing. Spread of taste, construction of taste, is in excellent that one. Yes, It is necessary sweetness with depth. Sexy sweetness. glamorous sweetness. I think this taste is 70% flowering still. Let's see state a little more!.
------------------------------------------------------------------

















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ