須弥山ブログ 酒魂日記

2013年8月23日(金) 15:30

日本酒のススメ〜其の178 ヤラレタラ、ヤリカエス!! (✺ ・`益・´)倍返しだ!

今年の夏はやはり異常気象!!??。@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




いや〜、暑いのなんのって、もう無理っす!!m(*^皿^*)m。
今年は、「今でしょ!!」に始まり、“猛暑”に終わる、と言っても過言ではないでしょう。
「いつ暑いの!?」「今でしょ!!」もうこんだけです!!。

ま、お盆も終わり、夏の甲子園も終わり短い夏が徐々に終わりを告げようとしています(´皿`。)ウエンウエン!!。
でも、まだまだ残り少ない夏を堪能するッス(`・ω・´)ゞキリッ。


よくよく考えたら、今年も残すところ4か月と8日。早いっすね、一年(`・ω・´)ゞキリッ。

こうやって、すごい速さで年を取っていくんでしょうね(゜∀゜;)v。

マジで、マジで・・・・・・・〇l ̄l_・・・・・・。








そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は新政

須弥山の定番<山ユ>の基幹銘柄ですね。これで<あらまさ>と読みます。

もう説明の必要がない銘柄です。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。



今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち60%精米(麹米・掛米)協会6号母使用新政不思議純米“天蛙(あまがえる)”


裏ラベル。社外秘ですが『wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。



ふと、思ったんですが、これ開けたら呑み切らなければならないタイプっすよね!?。
感想は後日で〜!!。と思ってたら知り合いの店で呑めたので、感想書くでござーる!!。




先ずは香ってみました。
香りは深く甘い。乳酸飲料のような甘味も感じる。
次に呑んでみました。
余りある細かい酸が口中を支配する。甘味を感じたかなぁ〜と思ったら、酸と共に甘味も躊躇いなく消えていく。旨味をじっくり堪能する、というよりは、瞬間的な旨味を感じる、余韻に浸る間もなく、呑む、という感覚かなぁ。日本酒新境地。是非、この酒のコンセプトを聞いてみたい。




☆3.70!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.70point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to smell.
This fragrance is deep and sweet. Also feel like sweetness of lactic acid beverage.
Then i tried to drink.
Too much acids that is very fine meets the mouth. As soon as feel the sweetness, the sweetness fade away immediately with the a This sake is the sake that type of feeling the taste momentarily rather than type of enjoying taste thoroughly. I think the sense that drinking no time to soak in the afterglow. This is a new ground of sake. I want to ask the brewer the concept of this sake all means.
------------------------------------------------------------------















2本目は寫楽

これで、<しゃらく>と読みます。


福島県会津若松市にある宮泉銘醸株式会社さんの日本酒。

久々の入荷かな。

今回ご紹介するのは、山形県産酒未来50%精米(100%使用)純米吟醸酒未来


裏ラベル




先ずは香ってみました。
香りは甘く深みがある。決して華やかではないが、地味という訳でもない。
次に呑んでみました。
酸は力強くシッカリと存在している。味わいはダイナミックで味がちゃんと詰まっている。
酒を口に含んだ瞬間から旨みが口中に広がっていき、旨味で口中を満たす。味わいの輪郭はシッカリと構築されているので、全体的に統率感がある。味のキレは潔く、余韻は印象的です。







☆3.80!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Sen:Kazuma brewing Co.,Ltd.>
He36,Ushitsu,Noto-chou,Housu-gun,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance has sweetness and depth. It is not somber, either, although this wine is by no means glamorous.
Then I tried to drink.
This acid is present firmly and strong. This taste is dynamic, taste is clogged properly. To including this wine to my mouth, this taste spreads in the mouth immediately. And taste fulfills my mouth. Since the outline of taste is built firmly, on the whole, there is the generalship sense of taste. Slice taste gracefully, afterglow is impressive.
------------------------------------------------------------------
























んで以って3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は賀儀屋

これで<かぎや>と読みます。


愛媛県西条市にある成龍酒造株式会社さんの日本酒。

最近、ちと物騒な西条市。いやはや早く解決してほしいものです。

今回御紹介するのは、愛媛県産松山三井70%精米賀儀屋辛口純米酒“K-series No.9 Dry Taste”


裏ラベル。





先ずは香ってみました。
香りは賀儀屋にしては控え目。しかし、9号らしい抑えた甘さを感じる。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリ存在している。酸の後から現れる味わいは勢いよく口中に広がる。米の旨味をシッカリとコントロールして、適度な旨味に抑えている。しかしそれは賀儀屋っぽくない!!。今までの賀儀屋とは一線を画す味。味わいの張り、膨らみ、キレ、それぞれは賀儀屋の持つ特性を備えている。しかし、甘み旨味は、辛口≠フ言葉通り、極力抑えられている。賀儀屋のチャレンジか!?。





☆3.70!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kagiya:Seiryu brewery Co.,Ltd>
1301_1,Syu,Saijyou-shi,Ehime,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.70point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is moderation for the Kagiya. However, I feel the subdued sweetness that seems No. 9 yeast.
Then i tried to drink.
The fine acid is presents firmly. Taste that appears after the acid spread in the mouth vigorously. By controlling firmly the taste of rice, it is kept to a moderate taste. However, this taste is not like the Kagiya!. The taste is taste that set them apart from the taste of Kagiya until now. Tension, swelling, sharp of taste has a characteristic of the Kagiya respectively. However, words as "dry", the taste of rice, it is suppressed as much as possible. Is this sake Kagiya's challenge!? .  
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

ふじみ野の地下水 26日から「大井戸天然水」販売

ふじみ野市は、市水道の水源になっている地下水を使ったペットボトル入り天然水「ふじみ野市 大井戸天然水」(500ミリリットル)を2万本作製、

written by ローカルニュースの旅

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ