須弥山ブログ 酒魂日記

2013年8月2日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の176 (´・ω・`)ノ1(´・ω・`)ノ2(´・ω・`)ノ3…(`・Д´・ )ノダー!!

ゲリラ豪雨は今年も絶好調!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


今年はゲリラ豪雨のせいで、軒並み花火大会が中止に追い込まれてるそうだ!!(`・皿 ・´;)。

夏の風物詩にも温暖化の影響が( `・ Д・´;)!?。

でも、そんなことも言ってられないので、ゲリラ豪雨なんかには全く負ける気がしない、夏酒呑んで短い夏を満喫しようではありませんか(`・ω・´)ゞキリッ。

えっ、ネタ切れか?、って。な、な、な、な、何を言うんですか。そ、そ、そ、そ、そんなことはありません!! (`・ω・´;)ゞキリッ。

さ、さ、さ、さあ、ブログブログ・・・・・・・・(大汗)。





ってな訳で、今週も新商品3本ご紹介していきマッスル!!。




先ずは廣戸川!!( ̄Д ̄)d。

これで<ひろとがわ>と読みます。

福島県岩瀬郡天栄村にある松崎酒造店さんの日本酒。

前回の特別純米に続いて早くも純吟を御代わり!!。




今回御紹介するのは、夢の香50%精米純米吟醸“純米吟醸 原酒 24BY”


裏ラベル



先ず香ってみました。
香りは穏やか。そして少し甘みを感じる。セメダイン臭も感じる。
次に呑んでみました。
酸は穏やかに、しかしシッカリと存在している。甘みは控えめながらも、奥行きはちゃんとある。味わいの輪郭もシッカリとある、味わいの表面の緊張感もあり、味わいのシルエットが崩れることなく喉の奥へ消えていく。福島酒らしい、控えめな味わいだがちゃんと主張のある酒に仕上がっている。でも、もう少し甘みが旨みが欲しいかな。



☆3.67!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Hirotogawa: Matsuzaki brewing store>
47-1,Yougai.Shimo-matsumoto,Tenei-mura,Iwase-gun,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.67point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is calm. And I feel a little sweetness. I also feel Cemedine smell.
Then I tried to drink it.
This acid is gentle, but is present firmly. Sweetness is modest, but there is depth properly, there is also firmly outline of taste. There is also tension on the surface of the taste, silhouette of taste fade away to the back of the throat without collapse. This sake is a modest taste such Fukushima sake, but it has finished in the sake of taste with the claim properly. But, I think that it needs little more taste to this sake.
------------------------------------------------------------------

















んで以って、2本目ェwwwwwwwwwww。

2本目は月山

これで<がっさん>と読みます。


島根県安来市にある吉田酒造株式会社さんの日本酒。

昨年、コスパめちゃ高の純米生がとても印象に残ってる酒蔵さんですね。

今回御紹介するのは、五百万石50%精米(使用率80%)・神の舞50%精米(使用率20%) 特別純米“無濾過生しぼりたて”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く、少し腰が据わっている。ただ、全体的には穏やかな印象。
次に呑んでみました。
酸は細かいが、かなり存在感がある。口に一口含むと、一気に口中に味わいが広がっていく。ただ甘味はあるのだが、まだ少し酸が勝っている印象。味の張り、奥行きはあるので、贅沢をいうならば、個人的にはもう少し旨みが欲しい。キレは良く余韻は優しい。


☆3.66!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gassan:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasugi-shi,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.66point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sweet and fresh. But the impression of the whole is gently.

Then I tried to drink.
This acid is fine, but is great presence. To include bite the mouth, this taste spreads in the mouth at once. However there is some sweetness, it is the impression that acid is strong still a little. There are tension of taste, and depth of taste, if say a luxury, i want a taste a little more personally. The sharp of taste is good, afterglow is cozy.
------------------------------------------------------------------

















次、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は雨後の月

これで<うごのつき>と読みます。


広島県呉市にある相原酒造株式会社さんの日本酒。

今まで、スポットでちょこちょこ仕入れてた銘柄です。

蔵元の相澤さんとは、以前広島に行ったとき、とても良くしてくれた思い出があります。面倒見の良い、熱い蔵元さんという印象ですね。


で、多分初めてのご紹介なので、ちょっ蔵調べてみましょう。
===================================================================
酒魂日記一口メモ相原酒造株式会社
 仁方地方から三原地方までの瀬戸内海沿岸地方は、広島酒発祥の地として知られ、古くから多くの造り酒屋がありました。
特に明治の初期、この地方の篤醸家三浦仙三郎氏が長年にわたり苦心研究の結果、花崗岩地帯を浸透する良質の“軟水”を利用した独特の《軟水醸造法》は、のど越しの良い甘口酒をかもすことに成功し県内外に広め、今日の広島酒の名声を不動のものにしました。

 清酒「雨後の月」相原酒造鰍ヘ、こうした天与の好条件、歴史的背景を持つ安芸の国随一の良港仁方の地で、明8年酒造行を始めました。

依頼百余年の歳月酒一筋に品質の改良、醸造技術の研鑚に励み、徳富蘆花の「自然と人生」の短編題より二代目相原格が命名した「雨後の月」は、このロマンチックな酒名とともにまろやかな舌触りと絶妙なコクを誇る銘酒として親しまれています。

===================================================================
とのこと。


で、今回御紹介するのは、山田錦:麹米50%精米・掛け米55%精米純米吟醸“山田錦”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く華やか。奥行きもちゃんとある。
次に呑んでみました。
酸は細かく、しかしシッカリ存在している。味わいにはちゃんと張りがあり、味わいの輪郭を構築している。十分に広がった旨味は、口中を米の旨味で満たす。米の旨味は十分表現されていて、呑み手を満足させる。しかし、後半のドライな味わいが全体的な印象を辛口へと導く。キレは潔く余韻は軽やか。



☆3.70!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Ugonotsuki“The moon after the rain”:Aihara brewing Co.,Ltd.>
1-25-15,Nigatahonmachi,Kure-shi,Hiroshima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.70point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sweet and gorgeous.There is depth properly.
Then I tried to drink.
This acid is fine, but is presence firmly.There is tension of taste firmly, they build a profile of the taste. Taste that has spread to enough, filled with the taste of the sake rice to mouth. taste of sake rice have been expressed enough to satisfy drinker.However, But dry taste of the second half lead to dry overall impression. Finish of taste is gracefully, afterglow is sharp.
------------------------------------------------------------------



























そんな訳で今週も新商品入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!












※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ