須弥山ブログ 酒魂日記

2013年6月14日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の171・172合併号 (。・艸・)ハッ! (。-艸-))ハッ! (( 。>艸<)-3クション!! 

日本酒漬けの日々@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




先週、梅雨入り宣言が出たにも関わらず、ほっとんど雨が降りませんね〜(; ・`д・´)ヤバイッ。

今年は空梅雨なんですかね!?。
ダムが干上がったり、苗床の苗が育たなかったりと、色々と影響がでてきそうです。
勿論飲食店にとって“雨は天敵”ではありますが、全く降らないとまた別の意味で悪影響が出てきそうです(; ・`д・´)ヤバイッ。

え〜、さて〜、今年も無事に鑑評会も終わり、各蔵元さんも、「ホッ」と一安心といったところでしょうか!!(`^ω^´)ゞ。

ま、休む間もなく、今度は酒の会やら、酒造組合のイベントやらで、なかなかユックリ休む暇もないところですが、そこはユックリ身体を休めて英気を養ってもらいたいものです!! (`・ω・´)!!。

と言いながらも、当店では来る7/14(日)、井の頭公園併設の鎌田公園にて毎年恒例のBBQを開催したいと思っております((o(´∀`)o))ワクワク。
例年、5月に開催していたのですが、今年はスケジュールが合わず、延びて延びての7月開催となりました。題して《灼熱のBBQ powered by須弥山@鎌田公園》!!!!!!!!!!!!!。

当日は、かなり盛りだくさんの内容にてお待ちしておりますので、皆様の奮ってのお参加雄町しておりま〜す(*^艸^*)プププ。


蔵元さんも数社参加予定ですテヘペロ(*^Q^*)ゞ。






んな訳で、新酒&熟成酒入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜。

1本目は想天坊

これで<そうてんぼう>と読みます。

以前一度仕入れたことがあるような、ないような・・・・・・。

新潟県長岡市にある河忠酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、新潟県産高嶺錦・こしいぶき50%精米純米吟醸辛口おりがらみ生“じゃんげ”

“じゃんげ”、聞き慣れない言葉ですね〜。ちょっ蔵調べてみましょう!!。
==================================================================
酒魂日記一口メモ 《じゃんげ(蛇逃)》とは!?。

「蔵の背後に連なる西山の山中には、「蛇逃(じゃんげ)の滝」と呼ばれる伝説の大滝があります。地域の豊かな自然と歴史を象徴する名前として、このお酒を「じゃんげ」と名付けました。」(カネセ商店HPより)

この“蛇逃の滝”についても、
@ あまりに水勢が激しくて蛇も寄りつかないことからとする説と、
A 昔この滝の近くに大蛇が住んでいたが、黒猫と争った結果大蛇が負けて逃げ出したのでそれ以後この名がついた、とする説との二説がある。

更には、
「じゃんげ」とは「蛇が逃げる」という意味。・・・それほどの、とびっきり辛口、という解釈もあるようです。ま、蛇が酒を呑むかどうかは別にして・・・・・。

そしてこのラベル、よーく見ると「じゃんげ」の「ん」の字が、蛇なんですねぇ・・・・洒落気たっぷりのラベリング。 (インターネット関連情報)
=================================================================


裏ラベル。






先ずは香ってみました。
香りは甘く軽快である。まだ、少しアルコール臭を感じる。
次に呑んでみました。
最初は酸は落ち着いていると感じたが、途中から力強い酸が顔を覗かせ、味わいを一気に包み込む。味わいの輪郭はハッキリとしており、味わいをシッカリと構築している。味の奥行きはきちんとあるが、さほど甘さを感じることはない。それから、一気に味が切れていく。終いをきっちりと辛く仕上げてくる味わいです。結構、すいすい呑んでしまいそうな酒です。






☆3.80!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Jange:Kawachu Brewery Co.,Ltd.>
1677,Wakino-machi,Nagaoka-shi,Niigata,Japan
*My evaluation (five point full marks):3.80point
-----------------------------------------------------------------



















2本目はこれまた新潟から越の白鳥
これで<こしのはくちょう>と読みます。

これは初めての入荷ですね!!。

新潟県上越市にある新潟第一酒造株式会社さんの日本酒。

新潟第一酒造株式会社さん、初めてですね。ちょっ蔵調べてみましょう。

と、調べてみたら、なんとあの❝山間❞の蔵なんですね〜!!。
先だって、超活性で吹きまくった、あの山間!!。


で、今回入荷したのは五百万石&こしいぶき60%精米特別純米11号“無濾過原酒24BY”


裏ラベル。



先ず香ってみました。
香りは甘くミルキーな印象。まだ若いラムレーズンのような香りも。
次に呑んでみました。
酸は比較的落ち着いている。一口口に含むと甘みを伴った味わいが口中に広がる。味わいの輪郭はシッカリとその広がりを維持し、味わいのシルエットが崩れるようなことはない。味わいは旨味で満たされ、ちゃんと呑み手に米の味を伝える。広がった味わいは、ためらいなく消えていく。余韻は心地いい。




☆4.10!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Koshinohakuchou:Niigatadaiichi brewing Co.,Ltd.>
660,Yokokawa,Uragawara-ku,Jyouetsu-shi,Niigata,Japan

*My evaluation (five point full marks):4.10point
------------------------------------------------------------------













3本目は珍しく富山から黒部峡

これで<くろべきょう>と読みます。


富山県下新川郡にある林酒造場さんの日本酒。

これは初入荷の日本酒ですね!!。

初めてなのでちょっくら調べてみましょ!!ッ。
==================================================================
酒魂日記一口メモ林酒造場
創業者は加賀藩の関所に与力として勤め、傍らに酒を造ったのが寛永3年とされています。

《林家の歴史・・・》
1602年頃、加賀藩の関所ができ、先代が関所に勤めておりましたが、廃藩置県により退職。退職時に得た親子で2000両という大金を元手に千石船を2船作り北海道貿易に手を出しましたが2船とも難破してしまい失敗に終わりました。
その後、酒、味噌、醤油の製造を始め、林光輝(左写真中央・現社長の祖父)が酒作りを継承して現在に至っています。

代表酒の「黒部峡」の酒名は、北アルプス立山連峰より流れる雪解け水と黒部峡谷に霧が流れる山水画をモチーフにイメージして作られました。

創業約400年の伝統と英知を結集した昔ながらの寒造り。蔵人杜氏の一心の自戒により真心こめて芳香美味に醸しています。

==================================================================
とのこと。(インターネット関連情報)

今回入荷したのは山田錦&五百万石55%精米“純米吟醸生酒”


表<左上>ラベル。





先ず香ってみました。
青リンゴのような爽やかな香り。これも、まだ若干アルコール臭がする。
次に呑んでみました。
酸はシッカリと存在している。口に含んだ酒は、勢いよく口中に広がっていく。味の表面の張りはシッカリと存在し、味わいの輪郭を隅々まで構築している。その内側には旨味でぎっしりと満たされている。かといって、味が濃いとか甘ったるいとか、そういう印象ではない。味の張りが心地いい印象を与えているのである。
切れも良く、余韻は長めで楽しめる。




☆3.85!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kurobekyou;Hayashi brewing field>
1608,Sakai,Asahi-machi,Shimoniikawa-gun,Toyama,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point
------------------------------------------------------------------















4本目は滋賀から七本槍

これで<しちほんやり>と読みます。

これも3月以来久々の入荷になりますしおすし。

滋賀県長浜市にある冨田酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは玉栄60%精米 純米火入れ“玉栄 14号酵母 (23BY)”


裏ラベル。




先ず香ってみました。
ラム酒のような、奥行きのある甘い香り。熟したバナナのような香りも感じられる。
次に呑んでみました。
酸はとても落ち着いている。しかし味の張りは健在で、味のシルエットをシッカリと構築している。新酒にはない落ち着いた味わいの懐の深さをちゃんと感じさせてくれる。米の旨味がシッカリと表現された日本酒です。一年経った酒ではあるが、古さを感じさせない、凛とした姿が、とても清々しい。キレもシッカリしてて、余韻は穏やかながら心地いい。



☆3.81!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Shichihonyari:Tomita brewing Co.,Ltd.>
1107,Kinomoto,Kinomoto-chou,Nagahama-shi,Shiga,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.81point
------------------------------------------------------------------



























そんな訳で今週は新入荷4本、ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!








※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(3)] [TB(4)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

財布 ポールスミス

ポールスミス アウトレット出口事。houtaingはほぼ都市のいくつかを認識していません。
財布 ポールスミス http://www.jppaulsmithbrand.com/

written by 財布 ポールスミス

ポールスミス 店舗

ポールスミス アウトレット出口事。houtaingはほぼ都市のいくつかを認識していません。
ポールスミス 店舗 http://www.lovepaulsmithlife.com/

written by ポールスミス 店舗

ポールスミス 財布

炎症提携するために。主要なイベントである。我々は完全なコップを飲む!"第四層を入力すると。
ポールスミス 財布 http://www.jppaulsmithbrand.com/

written by ポールスミス 財布

TrackBacks

www.japansale.cc

こんにちは、私はあなたのブログが好きです。あなたは訪問者がいくつかの点で私の非常に自身で発行する必要がありますか?その場合は、電子メールによって私に通知したり、我々は、通知に在籍し、あなたが選択する必

written by www.japansale.cc

www.japanoutletsale.cc

後すぐにあなたのウェブサイト内のブログの記事の数だけを調べて、私は実際にあなたのブログの方法のように。私は私のブックマークのウェブサイトレコードにブックマークを付け、すぐに再度確認することができます。

written by www.japanoutletsale.cc

www.japantopsale.cc

このウェブサイトには、本当にウォークスルーこれについて思ったのすべての情報のためであり、誰が頼むのか分からなかった。ここに垣間見る、とあなたは間違いなくそれを発見するでしょう。

written by www.japantopsale.cc

モンクレール ダウン 2014 レディース

今年の末も、モンクレール 2014 秋冬 レディースを新しいブームを作るために、精一杯で作りだしました。モンクレール ダウン 2014 レディース 今までの経験を踏んで、来年のファッションになると語りました,酒魂日

written by モンクレール ダウン 2014 レディース

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ