須弥山ブログ 酒魂日記

2013年5月5日(日) 16:50

日本酒のススメ〜其の167 イツヤルカ・・・・・・・・ ε=ε=ε=ε= ヤラネ〜ヨッ!!! 

グオ〜ルデンウイ〜ク!!。またの名を“黄金週間”@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




ゴールデンウィーク真只中。皆様はいかがお過ごしでしょうか!!m(^∇^)m。


あっしは、変わらずバリバリ仕事です(`・ω・´)ゞキリッ。

この仕事に就くと、ほとんど祭日、記念日なるものが関係なくなります。そして忘れます。大晦日、正月以外は・・・・・・(´皿`。)ウエンウエン!!。

でも、それでもいいんす(`・ω・´)ゞキリッ。

日本酒の普及のために頑張るッス(`・ω・´)ゞキリッ。

いや、ほんと頑張るッス(゜∀゜;)v。

マジで、マジで・・・・・・・〇l ̄l_・・・・・・。








そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は新政

須弥山の定番<山ユ>の基幹銘柄ですね。これで<あらまさ>と読みます。

もう説明の必要がない銘柄です。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。



今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち50%精米(麹米)・秋田県産吟の精60%精米(掛米)協会601酵母使用特別純米原酒・生“《六號》なまざけ”


裏ラベル。





先ずは香ってみました。
お、6号酵母特有のバナナのような甘みを持った香り。また、メロンのような甘さも感じられる。
次に呑んでみました。
酸はシッカリと味わいに寄り添っている感じ。その後、シッカリとした旨味が口中を満たす。味の輪郭はきちんとあり、味わいの輪郭を構築している。そしてその甘味は決してでしゃばること無く、ちゃんとした張りを維持しながら喉の奥へと消えて行く。ただ、酸の印象が今までにないタイプ。口の奥の方まで酸が持続する。そして顎の辺りで消えていく。個人的には得意ではない酸のタイプです。暫く様子をみましょう。



☆3.68!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to smell.
Wow, this fragrance is a specific-fragrance with the sweetness, such as bananas. And that fragrance is characteristic of yeast No.6. In addition, I also felt sweetness such as melons.
Then i tried to drink.
Acid is snuggled up to taste firmly. There are outline of taste neatly, and are building a contour of the taste. And this sweetness which isn't collapse, fade away into the back of the throat while maintaining the tension properly. However, impression of this acid is a type never before. This acid keeps to exist until the back of mouth. And it fade away at around the chin. This acid is not my type personally. Let's look at the situation for a while.
------------------------------------------------------------------

















2本目は

これで、<せん>と読みます。


石川県鳳珠郡(ほうすぐん)にある数馬酒造株式会社さんの日本酒。

今年の3月に続いて2度目の入荷になります。今回は純米のご紹介です。


今回ご紹介するのは、石川県産石川門60%精米(100%使用)純米酒


裏ラベル




先ずは香ってみました。
香りはとてもスパイシー。ほのかに甘みを感じる。また若干、まだアルコール臭がある。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリと存在している。味わいはタイトながらシッカリと味が詰まっている。
ただ、旨味はまだ五分咲き。更には、後半苦みもまだあるかな。この苦みが旨みに変わればかなり良くなるだろう。味わいの輪郭はシッカリと構築されているので、全体的にはまとまっている感がある。味のキレは潔く、余韻はさわやかです。能登流らしい味の構成ですね。







☆3.78!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Sen:Kazuma brewing Co.,Ltd.>
He36,Ushitsu,Noto-chou,Housu-gun,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is very spicy. And feels faintly sweetness. On the other hand, the slightly, there is still alcohol odor.
Then I tried to drink.
Acid of this sake is present as finely firmly. Taste is tight, but taste is tightly packed. However, taste is blooming 50% yet. In addition, I also feel bitterness in the second half of the taste. If this bitterness will be changed in umami taste, this liquor will be going to better taste. Because contour of the taste is built firmly, It is gathered up on the whole. Out of taste gracefully, afterglow is refreshing. It is composed of taste like Noto brewery way.
------------------------------------------------------------------
























んで以って3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は手取川

石川県白山市にある株式会社吉田酒造店さんの日本酒。

初めての取り扱いですね。ちょっ蔵調べてみましょう。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜株式会社吉田酒造店〜
明治3年創業。

霊峰白山を源とする手取川。
この川は「暴れ川」として知られ、畏怖と敬愛の対象として地元の人々に特別な想いを抱かせる川である。この川を伏流水として用い、豊穣な加賀平野の米、白山からの清澄で寒冷な空気、農閑期の豊かな労働力が、この「安吉」という地の酒造りを江戸の昔より盛んにした。

明治から大正にかけては10数軒の酒蔵が存在したが、時代と共に蔵数は減少して行く。
その中にあって銘酒「手取酒」の歴史を大切に受け継ぎ、品質向上に全力を傾け続けているのがこの吉田酒造である。

現在は2人制杜氏をしき、ベテランの能登杜氏山本輝幸氏が「山本蔵」にて「手取川」を、もう一人は蔵元のご子息である吉田行成氏が「吉田蔵」にて蔵名の「吉田蔵」を仕込む。
「山本蔵」はもっぱら伝統技法、コンピュータ管理の最新技術を融合する「吉田蔵」とは、蒸米と搾りのみが共同作業という。2つの蔵が良い意味でライバルとなり、その切磋琢磨が酒の品質向上に繋がっている。

蔵が目指すところただ一つ。それは「和を大切にした酒造り」、「和醸良酒」の境地である。 

(インターネット関連情報)
=======================================================================


今回入荷したのは山田錦40%精米純米大吟醸“特選あらばしり”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く軽快です。ほんのりマスカットのような爽やかな香りがある。
次に呑んでみました。
酸は細いがきちんと存在し、味を優しくお包み込んでいる。味わいの輪郭はシッカリあるが、決して味わいを強く構築しているという印象ではない。逆にマイルドな印象さえ感じられる。決して濃くはないが、だからと言って物足りない訳でもない。とてもバランスの取れた味わいです。味の輪郭が穏やかで、味わいも適度。食中酒としてとても適した酒です。





☆3.85!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Dokure: Nishioka brewing shop Limited company>
6154,Kure,Nakatosa-cho,Takaoka-gun,Kochi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
The fragrance is sweet and light. There is a refreshing fragrance such as the Muscat slightly.
Then I tried to drink.
Fine acid exists firmly, and they are wrapping up taste gently. There is outline of taste firmly. But it is never the impression that they are building a taste strongly. I felt even mild impression in reverse. Taste is not dark by no means. however that is not a reason that the taste is not enough. It is a so balanced flavor. Outline of taste is mild, flavor is moderate. This sake is very suitable as liquor to drink during a meal.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ