須弥山ブログ 酒魂日記

2013年4月26日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の170 イツヤルカ・・・ ┓(´Θ∀Θ`)┏イツカヤレバ〜、イインジャネ!?。

須弥山主人、再発見に胸躍る須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


各蔵、酒造りも一段落し、蔵元さんの上京も頻繁になってきました!!(`・ω・´)ゞキリッ。

更には、県の酒造組合・観光協会主催の酒の会もあちらこちらで開催され始めました!!(`・ω・´)ゞキリッ。

なんか、今年もやっと長い酒造りが終わったんだな〜、と実感し始めています。ま、私が造っている訳ではないんですがね(*^艸^*)プププ。

既に各蔵、新酒をばんばんリリースしてきてますが、まだ暫く続く新酒の出荷ラッシュに心躍る思いです((o(´∀`)o))ワクワク。


あ、そう言えば昨夜(4/24)、“松の寿”松井酒造の奥様、真知子様と夜通し呑み明かしたのですが、とてもとても勉強になりました!!。
今までは、酒蔵の社長、若しくは杜氏さんといった、蔵の顔ともいえる存在の方の話しを多く聞いてきましたが、いやいや、彼らを支えるおかみさんの話は、それ以上に面白く、とても興味深いものがありました。
そこで、ひらめきました。
ひらめきの内容はまた改めて〜。

いずれにせよ、真知子さん、蔵仕事、子育てての合間にお付き合い頂きまして、本当にありがとうございました!!。また、是非呑みましょう!!。




そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。



今週はなんと、頑張っての5本ご紹介!!。



先ずは1本目ェ〜。

1本目は旭興

これで<きょくこう>と読みます。


栃木県大田原市にある渡邊酒造株式会社さんの日本酒。

初めての取り扱いですね。ちょっ蔵調べてみましょう。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜渡邊酒造株式会社〜
大田原市(旧黒羽町)須佐木という八溝山中の小さな集落に位置する、栃木の小さな地酒蔵、渡邊酒造。創業は明治25年。

全国新酒品評会はもちろん、90年以上の歴史を持つ南部杜氏自醸酒品評会でも毎年素晴らしい成績を 収めている、栃木の隠れた銘醸。

若き蔵元専務・渡邊英憲氏が杜氏として、八溝山より流れ出る武茂川伏流水の清冽な仕込水、地元産の高品質な酒造好適米、 厳寒期にはマイナス10℃以下にまで下がる冷涼な気候の下、丁寧に醸し出される。

年間石数は約七百石、しかもその99%が地元黒羽をはじめとする県北で消費されてしまい、 県外は勿論、栃木県南でさえもなかなか目にする事が出来ない希少な酒として、知る人ぞ知る存在。

流行りに流されない足元をしっかり見据えた酒造りに注力している栃木の次代の注目蔵です。 (インターネット関連情報)
=======================================================================

とのこと。かなりローカルローカルな酒ですね、


今回入荷したのは山田錦48%精米(麹米)ひとごこち60%精米(掛米)7号酵母使用特別純米“からくち”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く奥行きがシッカリとある。7号酵母らしいバナナのような甘さの香り。
次に呑んでみました。
最初の口当たりはマイルドに感じる。がしかし、細かい酸がシッカリと存在している。味の張りは比較的穏やかだが、味の輪郭はちゃんと構築されており、味わいが崩れることは無い。香りとマイルドな口当たりのお蔭で、最初は甘く感じるが、後半は味がシッカリと引き締まって、辛口たる所以を証明している。味のキレはとても潔く、余韻は軽快。旨みと辛口が、上手に共演している日本酒ですね。面白い!!。





☆3.88!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Kyokukou:Watanabe brewery Co.,Ltd.>
797-1,Susagi,Otawara-shi,Tochigi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
This fragrance is sweet and has depth. This fragrance is a fragrance of sweetness as bananas like No. 7 yeast.
Then i tried to drink.
At first i feel the taste mild. However, fine acid is present firmly. Tension of the taste is relatively mild, but the contours of taste is built properly, never taste is lost. Thanks to the fragrance and mild taste, feel sweet at first. But taste is tightened firmly in the second half, it has proved the reason why taste is spicy. Sharpness of taste is very gracefully, lingering is light. I think that it is the sake which Umami taste has co-starred with spicy taste well. Interesting!.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は山間

これで<やんま>と読みます。
確か2度目の入荷ですね。

新潟県上越市にある新潟第一酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのはほとんどデータがない純米吟醸“14号にごり酒・生原酒”


裏ラベル。



※この山間は“吹き出し系”の、超活性なので、なかなか味見というのが困難なので、開栓したとき改めて、感想をブログにアップします。
(※Yanma is a super active liquor. And tasting of that is so difficult. So I will upload to blog my impressions when i opening this.)



☆-.--!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Yanma:Niigata Daiichi brewery Co.,Ltd.>
660,Yokokawa,Urakawahara-ku,Joetsu-shi,Niigata,Japan

*My evaluation (five point full marks):-.--point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.

Then i tried to drink.




------------------------------------------------------------------











3本目ェ〜。

3本目は豊香

これで<ほうか>と読みます。

長野県岡谷市にある株式会社豊島屋さんの日本酒。

新酒の常連酒ですね。なぜか新酒でしか取り扱ったことないです。多分・・・・・。
でも今回はいつもの“春のかすみ酒”ではないヴァージョン。

今回御紹介するのは、長野県産たかね錦49%精米(使用率100%)無濾過生原酒“純米大吟醸限定誂品”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く落ち着いているが、軽快さも兼ね備えている。熟れたリンゴのような甘さと、マスカットのような爽やかさ、といった印象だろうか。
次に呑んでみました。
最初の口当たりは柔らかいが、細かい酸が味を包み込んで、味をシッカリと支えている。
甘さは控えめながら、これが意外にもそう感じなく心地いい。甘みとアルコール濃度のバランスが良く取れているんでしょう。味の張りも穏やかながら、味わいの輪郭はシッカリと保たれている。キレは軽快だが、余韻は比較的続く。




☆3.84!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Houka:Toshimaya Co.,Ltd>
3-9-1,Hon-machi,Okaya-shi,Nagano,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.84point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance of this sake is sweet and calm, but it has also combines with lightness. It is the impression that sweet like ripe apple and refreshing like Muscat.
Then I tried to drink.
The first taste is soft. But fine acid wraps the taste, and it is supporting the taste firmly. Sweetness is modest, this does not feel that surprisingly those. In reverse the feeling is cozy. It would've been taken well balance of sweetness and alcohol concentration. Tension of the taste is mild, but the outline of the taste is kept firmly. Slice taste is light, but the lingering continues relatively.
------------------------------------------------------------------









マダマダマダマダァwwwwwwwwwwwwwwwwwwww!!。

4本目は謙信

これで<けんしん>と読みます。

新潟県糸魚川市にある池田屋酒造株式会社さんの日本酒。

今回は間を置かずに、前回と違う新商品2タイプを同時仕入!!。

先ずは、五百万石50%精米純米吟醸にごり生酒“新潟県限定販売酒”


裏ラベル。





先ずは香ってみました。
香りは揮発性が凄いが、甘くミルキー、更には意外にも奥行きもある。
次に呑んでみました。
何よりも先に、力強く逞しい酸が口中に勢いよく広がる。それに追いつくように甘さも口中に広がり、瞬間的に旨味で口を満たす。口中に広がった旨味は、すぐに、シャボン玉が弾けるように消えてしまう。キレ味は抜群、余韻は力強く爽やか。





☆3.77!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kenshin:Ikedaya Brewery Co.>
1-3-4,Shintetsu,Itoigawa-shi,Niigata,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.77point
*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
The volatile of fragrance is strongly, but one part is also sweet and milky taste. Further, there are depth unexpectedly also.
Then I tried to drink.
Before first of all, strong and powerful acid is spread swiftly in the mouth. Sweetness in the mouth also spreads to catch up to it, and are filled with taste my mouth immediately. Taste that has spread to the mouth, would soon disappear like disappear to bubble. Sharp of taste is excellent, afterglow is powerful and refreshing.
-----------------------------------------------------------------















そんで以て2本目の謙信は山田錦50%精米(使用率100%)純米大吟醸限定“生酒”

“1812年創業。上杉謙信が敵将武田信玄に塩を送ったことでしられる「塩の道」にあり、
それにあやかり代表銘柄が「謙信」となりました。白馬山麓から湧き出る伏流水を使用し造られます。
そしてこの謙信は、通常とはことなるこだわりのハイスペック謙信となります。謙信が動き出す!!

チーム謙信隊長 斉藤さんから紹介して頂き、22BYより正式に取引開始となりました。
また僕がお世話になっていた朝日酒造時代のモト場担当だった原さんがなんと謙信の杜氏に!!
出会うべくして出会った蔵、偶然では無く必然の酒「謙信」!!”
(カネセ商店HPより)

とのこと〜。


ラベル右上。




先ずは香ってみました。
香りは控えめながら、甘く奥行きがあり、香ばしくもある。
次に呑んでみました。
中型の酸はシッカリと存在し、味に纏わりついている。酸が広がるや否や、その酸にも負けない味が顔をのぞかせる。味の張りがちゃんとあり、味わいの輪郭をシッカリと構築している。米の甘みもちゃんと表現されており、口中を旨味で心地よく満たしてくれる。酒飲みを満足させる味わいですね!!。





☆3.92!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kenshin:Ikedaya Brewery Co.>
1-3-4,Shintetsu,Itoigawa-shi,Niigata,japan

*My evaluation (five point full marks):3.92point
*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
Fragrance is modest, but there is a sweet and depth. And also feel little scent of wood waste.
Then I tried to drink.
About the size of medium acid is present firmly, are wrapped around to taste. The acid is as soon as the spread, the taste which is strong than its acid is appeared in the mouth. There is tension of taste properly. And those have built outline of the taste firmly. Sweetness of the sake rice has also been expressed properly, and the flavor filled my mouth by taste comfortably. It is a taste to satisfy the drinker!.
-----------------------------------------------------------------









以上、今週は頑張って新入荷5本ご紹介しました!!(`・∀・´;)ゞキリッ。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※Facebookやってま〜す。FB(ご利用には登録が必要)で「須弥山」検索!!。
FB須弥山に行ったら“いいね”をポチって下さい!!。

更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ