須弥山ブログ 酒魂日記

2012年11月30日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の155 (ノ≧∇≦。)ノ))モウネンマツwwwwwww。

今年も残すところ30日!!!@ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



今年もあと一ヶ月(`・ω・´)ゞキリッ。

まさかの年の瀬選挙(´・ 皿 ・`;)。

でもそんなこと言ってられません(`・ω・´)ゞキリッ。

風邪ひかないように気を引き締めて頑張るっす(`・ω・´)ゞキリッ。



そんな訳で早速新入荷酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。

今回は3本とも新酒で〜す!!(๑≧艸≦)。

先ずは小桜
これで<こざくら>と読みます。

山形県長井市にある長沼合名会社さんの日本酒。

初めての取り扱いですね。ちょっ蔵調べてみましょう。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜長沼合名会社〜
長沼合名会社さんは大正5年に酒造業を創業。それまでは呉服屋や養蚕業をやっていて現在の社長が12代目。酒造りを始めて3代目。

当時長井には酒造会社がなく「酒代が莫大」という意見を聞き、10代目長沼惣右衛門が呉服屋を閉め酒造業を開始。
当初は「雄國」「小桜」の名で地元に愛されていました。
その後、代表銘柄を「誉小桜」と改め、特定名称酒に本格的に力を注ぐようになります。

(ん!?)

平成11年、現当主12代目惣右衛門は商売拡大の為「惣邑 純米吟醸 羽州誉」を発売。長沼家の酒が長井市から全国へと広がるようになりました。

(なーる!!!)

そして平成19年には若夫婦が酒造りを引継ぎ、平成22年に「惣邑シリーズ」を新発売し更なる発展を目指します。

【惣右衛門(そうえもん)】
長沼家が代々受け継いできた当主の名を付けたまさに最高峰。『惣右衛門』の原料米には大変希少な「愛山」を使用。「山田錦」「雄町」の血統が受け継がれ、大粒で高精米に適し、心白が高く、非常に優良な酒米です。

【惣邑(そうむら)】
酵母・米・水の全てを山形県産にこだわりました。
そんな『惣邑』は、さらりときれいなお酒でありながらも深い旨みを持ち、食事と合わせることで更に「うまいなぁ」と杯を重ねていただける味を目指しています。

【誉小桜・小桜(ほまれこざくら・こざくら)】
山形県に固執することなく、願望の赴くままに醸し出されたお酒が『誉小桜』です。
チャレンジすることで生まれる味わいを求め、酵母や米の組み合わせを変えています。
(インターネット関連情報)
=======================================================================


そーなんですね、“惣邑”なんですね、小桜って。そーですか、そーですか!!。

で、今回御紹介するのは、ご百万石55%精米吟醸生酒“新酒中取り限定”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りはとても穏やかで控えめ。
次に呑んでみました。
酸は細かくしっかり存在している。味には新酒らしく渋みが多少感じられる。甘味は控えめながら味の輪郭はしっかりと感じられる。だから決して水っぽい訳ではない。とても微妙な所でバランスを保っている印象。味のキレは大人しく余韻は淡白。




☆3.69!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kozakura:Naganuma Unlimited Company>
1-1-39,Toka-machi,Nagai-shi,Yamagata,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.69point

*Expression of this sake of my own way:
First,I tried to smell.
This fragrance is very calm and modest.
Then, I tried to drink.
This acid is present finely and firmly. I feel slightly astringent in this taste. but it is characteristic of new fiscal year sake. This sweetness is modest, but contours of taste is firmly. So it is not never taste watery. I felt Impression that this sake is balanced of taste in terms of a very delicate. Finish of taste is modest, and afterglow is bland.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は鳳凰美田

もう説明の必要さえない銘柄ですね。

栃木県小山市にある小林酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、ひとごこち55%精米無濾過かすみ本生純米吟醸原酒“碧判”


横ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘く若い。瑞々しい青りんごのような爽やかな香り。
次に呑んでみました。
酸は穏やかながらしっかりと存在している。味の表面はマイルドながら、きちんとその輪郭を構築している。更に味わいには程良い甘味がきちんと有り、その甘味は口中を適度に甘味で満たしたあと潔く消えていきます。キレは鋭く余韻は色っぽい。





☆3.81!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Hououbiden Kobayashi Brewing Co,.Ltd.>
743,Soshima,Oyama-shi,Yochigi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.81point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
Fragrance is young and sweet. Fresh smell like lush green apple.
Then,I tried to drink.
While calm, this acid are present firmly. Surface of the taste is mild, and it has built a neat outline of taste. Its sweetness disappears manly after filled a mouth with moderate Umami taste. Crisp of taste is sharp, and afterglow is bewitching.
------------------------------------------------------------------
















次、3本目ェwwwwwwwwwww。

ラストを飾るのは、三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回入荷してきたのは、富山県産五百万石60%精米(使用料100%)MK1号酵母使用特別純米“にごりざけ”


しっかり澱が絡んでオリます!!。・・・・・・・・・・。



裏ラベル!!。




先ず香ってみました。
9号酵母らしい爽やかでミルキーな香り。奥行きもシッカリあります。
次に呑んでみました。
酸はとても細かく優しく存在する。旨みは勿論浅いが、味わいの輪郭はしっかりと構築されている。そしてバランスの良い甘味が口中に隈無く広がり、呑み手を満足させます。キレも健在、余韻も楽しめます。






☆3.81!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewing Joint-stock company>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.81point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is refreshing fragrance just like Yeast No.9, and is milky sweet just like new sake. There is also firmly depth of fragrance.
Then, I tried to drink.
Acid is present very finely gently. Of course, the taste is still young, the contour of the flavor is built firmly. And good balance sweetness spread to mouth, and to satisfy the drinker. Sharp alive and well, enjoy afterglow.
------------------------------------------------------------------













そんな訳(どんな訳wwww)で新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!




※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

newera キャップ

私は、結果の基調講演や、慎重に専門家グループ会議のconfabsをお届け時やナポレオン山に関連付けられている歌詞は私のために特別に一定のおしゃべり。 私たちは、両方の購入がゲストのための巨大な問題を引き起こすが必要になります言葉を教える。 キーはあなたの訪問者の把握が設計にして、相談中にをメモしておくことです。 私はそれらを使用すると、最初の2つ目の主張何が入るため、慎重に個々の成功を通しその上にギターのフレットボード基調講演を覚えるが、代わりに話をしてもいません。

written by newera キャップ

TrackBacks

腕時計 メンズ

他の素敵なポストをありがとう。どこで、誰が書いているような理想的なアプローチで情報のようなものを得ることができる?私は、プレゼンテーション、その後の週を持っている、と私はそのような情報を検索しに行きま

written by 腕時計 メンズ

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ