須弥山ブログ 酒魂日記

2012年11月23日(金) 15:40

日本酒のススメ〜其の154  ( ;;´☼;3;☼) ワ~オ!!!! 。

さら、っと先週の更新をサボり、何事もなかったかのように、こそ〜り更新しちゃえ!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



11月もいよいよ後半戦!!(`・ω・´)ゞキリッ。

各蔵どんどん新酒を出荷してきて、ブログが全く追いつかいないほど。でも日本酒的には俄然活気が増してきました((o(´∀`)o))ワクワク。

今年の傾向は?、と称しての味見も(*^艸^*)プププ。

最近の蔵元さんは積極的にフェイスブックやツイッターなどのSNSを取り入れているので、仕込みの様子が、以前よりはタイムリーに身近に知ることが出来るようになりました。しかも写真付きで。ホント、便利になりました。

皆さんも機会があったら覗いてみて下さい。



そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜。

1本目は新酒での永寶屋

これでの<えいほうや>と読みます。

実はこの酒、あの“会津中将”さんの出荷先限定商品なんです。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かご紹介したことある銘柄ですね。


今回ご紹介するのは、岡山県産備前雄町55%精米純米吟醸雄町“生原酒23BY”


近影。


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは若い青りんごのような爽やかな香り。でも、それは全体的には穏やかである。
次に呑んでみました。
酸は新酒らしくしっかりと感じる。味はとても引き締まった印象。甘味はまだ控えめながら味の奥行はしっかりと構築されている。口の中に広がった味わいは口の中を程良い甘みで満たし、躊躇いなく消えていく。実に福島酒らしいスタイル。キレは鋭く余韻はあっさりしている。





☆3.82!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Eihoya: Turunoe brewery Co.,Ltd>
2−46,Nanoka-machi,Aiduwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.82point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
This fragrance is fresh smell like green apple young. But it is mild on the whole.
Then i tried to drink.
First i feel firmly acid just like new wine. Impression of the taste is very tight. Sweetness is still modest, but the depth of flavor is built firmly. Taste that has spread to in the mouth fulfills with moderate sweetness in the mouth. And then this taste disappeared without any hesitation. This is real Fukushima-sake style. Finish of taste is sharpness, and afterglow is lightly.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目はひやおろし、篠峯

これで<しのみね>と読みます。


奈良県御所市にある千代酒造株式会社さんの日本酒。



で、今回御紹介するのは、赤磐産雄町60%精米純米無濾過生原酒“晩秋旨酒”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
甘く、熟した葡萄のようなコクのある香り。
次に呑んでみました。
輪郭のしっかりした大きめの酸は力強く存在している。酒を口に含むと十分に開花した米の旨みが口中を甘みで満たす。味の表面にはちゃんと張りがあり味わいの輪郭を構築している。キレは鋭く余韻はふくよか。米の旨みがしっかりと表現された酒です。これぞひやおろし!。




☆3.91!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Shinomine:Chiyo brewing Co.,Ltd.>
621,Kujira,Gose-shi,Nara,Japan

*My evaluation (five point full marks)3.91:point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is rich sweetness which is like ripe grapes.
Then I tried to drink.
Large acid that is firm contour is present strongly. Drinking this sake a bite, the mouth is fulfilled with full-blooming sweetness of rice. There is a tension on the surface of the taste properly, and those are building the outline of the taste. Finish of taste is sharp, afterglow is plump. This is the sake that Umami of rice was expressed firmly. This is exactly the Hiyaoroshi.
------------------------------------------------------------------













まだまだあああああ!!!。3本目ェ〜。

3本目は東洋美人

これで<とうようびじん>と読みます。


山口県萩市にある株式会社澄川酒造場さんの日本酒。


今回御紹介するのは、山田錦55%精米純米吟醸直汲み本生酒槽垂れ“限定生”


表ラベル<左上>。




先ずは香ってみました。
バナナのような甘い香り。でもそれはとても軽快です。
次に呑んでみました。
酸は新酒らしくしっかりとある。味わいはフレッシュで瑞々しい。軽快な甘味が味全体を構築している。すぐに開いた味わいは、これまた瞬時に落ち着き、後は穏やかな味わいが口の中を満たしていく。キレは潔く余韻は軽快。



☆3.88!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Toyobijin:Sumikawa brewery place Co.,Ltd>
611,Nakaogawa,Hagi-shi,Yamaguchi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Sweet fragrance like bananas. But it is very light.
Then i tried to drink.
Firmly acid like new sake. Taste is refreshing and light. Light sweet taste is building a whole gently. Calm down instantly, taste has blossomed immediately. And mild taste fulfills with sweetness of sake rice to the mouth. The sharp gracefully, the lingering light.
------------------------------------------------------------------












以上、今週は新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※ミクシィやってま〜す。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ