須弥山ブログ 酒魂日記

2012年10月26日(金) 16:50

日本酒のススメ〜151 ٩(*❛⊰❛)۶・゚:✩ *:゚ オトメゴコロハアキゾラノヨウ。

毎年言ってるが一年って、ホント早いよね〜。マジで!!。@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




今年も残すところ66日(`・ω・´)ゞキリッ。

一年がホントwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwに早いですね(`・ω・´)ゞキリッ。

やっぱ、大人になるとやることがいっぱいありすぎて、月日が経つのが早く感じちゃうんですかね(´・ へ ・`)ゞ。

=======================================================================

一方で日本酒業界にとっては、逆に“始まり”の季節になります。
そうです、各酒蔵いよいよもって酒造りが“始まる”季節です。

半年近く休んでいた蔵内を掃除し、補修し、米が搬入され、洗って、朝方蒸し釜から勢い良く蒸気が立ち昇り、蒸したお米の香りが一面を満たし、蔵内はピリッとした緊張感に包まれます。

それまでお会いしていたお顔とも、ひと味も二味も違う何とも決意に満ちた表情になっていきます。

私は酒を造る訳ではありませんが、新酒が入荷してくる度に、ふと一連の情景を思い出します。これから半年間、がんばって下さい。私も陰ながら応援させて頂きます。

=======================================================================



そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 オラオラオラオラオラオラ!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、あたごのまつ

これで<あたごのまつ>と読みます。

宮城県大崎市にある株式会社新澤醸造店Kさんの日本酒。
ん!?、“K”!?。なんなんでしょう、この“K”わ。

一応ちょっ蔵調べてみましょう!!。

=======================================================================
酒魂日記一口メモ株式会社新澤醸造店Kの“K”

3月11日の東日本大震災の影響により酒造場の蔵が全壊したため、同年11月1日より宮城県柴田郡川崎町に製造部を移転。つまり“川崎町”にある「川崎蔵」の“川”の頭文字をとって“K”、ということですね。

しかも、ちょっ蔵調べて分かったのですが、このあたごのまつ、じつは“伯楽星”なんですね。

ということで、序に調べちゃいました。

酒魂日記一口メモ株式会社新澤醸造店K


宮城県大崎市三本木(旧志田郡三本木町)、1873年に新澤醸造店はこの地で創業しました。
昭和の初期などは、町に3台しかないタクシーがすべて玄関前に待機しているような、大きな家だったそうです。
2番という電話番号は、三本木町役場の1番に継ぐ番号。
つまり町一番の名士でした。

蔵に歴史があるように、新澤醸造店もいろいろな時代の波にもまれていくことになります。

昭和末期の不遇の時期。

平成20年(2008)の岩手・宮城内陸地震での被害。
しかし、それらを現スタッフで乗り越え、「あたごのまつ」「伯楽星」の酒質に手ごたえを感じ始めた138年目の去年、あの地震が起こりました。

地震の多い宮城県で、何度も大きな地震に耐えたこの蔵も、今回は力尽き、全壊指定を受けてしまいました。
そして今回、製造部を柴田郡川崎町の川崎蔵に移し、三本木蔵は解体をすることになりました。
製造の要としての三本木蔵は役割を終え、ひっそりと歩みを止めることになりました。
でも、新澤醸造店の命は川崎蔵に受け継がれ、未来の「あたごのまつ」「伯楽星」が造られていくのです。
(インターネット関連情報)

=======================================================================
とのこと。調べている内に胸が熱くなってきました。陰ながら応援させて頂きます。


さて、今回入荷したのは五百万石55%精米限定純米吟醸本生おりがらみ“新蔵新酒24BY”


裏ラベル。



先ず香ってみました。
ミルキーで甘味のある軽快な香り。香り自体は若い香り。
次に呑んでみました。
新酒の割には酸はとても穏やか。勿論味わいは若々しい。しかし新酒特有の苦味はなく甘味がきちんと表現されている。口の中に広がった甘味は優しく消えて行く。キレは穏やか、余韻は優しい。



☆3.89!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Atagonomatsu:Niizawa brewing shop K Co.,Ltd.>
63,Sanbongikita-machi,Osaki-shi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is milky and refreshing with sweetness. The fragrance itself is feeling young.
Then I tried to drink.
In spite of the new sake is very mild acid. Of course taste is the youthful. But there is not bitter that is characteristic of new sake. And sweetness are expressed properly. Sweetness that spread in the mouth disappears away gently. Sharp is calm, afterglow is gently.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は、ひっさびさ!!松の司

これで<まつのつかさ>と読みます。

久々に、この松の司扱っている酒屋が定まったので、これからはバンバン仕入れまっせ!!。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ松瀬酒造株式会社

創業は万延元年。
現社長は松瀬忠幸氏。
「日本酒「松の司」の酒造りは、つねに自分らしく有りたいと考えています。」

「松の司」であるためには、地元で育んだ酒米や地下120メートルから吸い上げる仕込水など地元の素材セレクトから始まります。
地下120メートルの大きな岩盤の下を流れる鈴鹿山系愛知川伏流水を仕込み水とし、契約栽培により栽培法を定め十分に審査された酒米山田錦を蔵人がゆっくりと時間をかけて精米をします。

酒に味わいをつける麹蓋による麹造りや、酒質に影響する自家培養酵母菌による速醸酒母と昔ながらの蔵付酵母菌による山廃酒母の採用、また、発酵温度を低温に押さえながらも完全発酵を目指す小仕込(最高1.5トン以下)によるモロミ工程、そして、1.8リットル瓶詰貯蔵による熟成管理など、永年の経験によるできる限り丁寧な手造りで、深遠な味わいの「松の司」を醸し出します。

(インターネット関連情報)

=======================================================================


今回御紹介するのは、兵庫県東条産山田錦50%精米(麹米)兵庫県東条産山田錦50%精米(掛米)+滋賀県竜王産50%精米(掛米)自社保存協会14号酵母使用純米吟醸中取り“2011(2013BY)”

斜め上から〜。


寝かせちゃったりしました。


でも、やっぱり普通が一番かな・・・・・。

裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘くコクがあり、少し香ばしい。
次に呑んでみました。
酸は細かく穏やかで、味をシッカリ包み込んでいる。味わいはきちんと緊張感を持っていて、口当たりにリズミカル。甘味もしっかりとあるが、決して出しゃばることはない。終盤、若干ビターだがあまり気にはならないだろう。キレも良く余韻も爽やか。




☆3.88!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Matsunotsukasa:Matsuse brewery shop Co.,Ltd.>
475,Yuge,Ryuo-chou,Gamou-gun ,Shiga,Japan

*My evaluation (five point full marks);point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
There is a rich sweet flavor, a little spicy.
Then I tried to drink.
Acid is thin and calm, are firmly wrap the taste. This flavor has a sense of tension neatly. As a result, the taste becomes rhythmic. In second half there is a slightly bitter taste, but it would not be worrying too much about that. Sharp of taste is well,and lingering is refreshing.
------------------------------------------------------------------























西郷ぉ〜3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、東一



佐賀県嬉野市にある五町田酒造株式会社さんの日本酒。

以前、一度ご紹介していますね〜。今回は久々の入荷!!。

今回入荷したのは塩田産山田錦49%精米純米吟醸“精米歩合49%”


表左上データ。



先ずは香ってみました。
熟れた洋梨のような甘く奥行きのある香り。
次に呑んでみました。
酸は細かくしっかりと存在している。とても上品な甘味が優しく口中に広がっていきます。米の旨味もきちんと表現されている。味の輪郭がちゃんと味わいを形作っている。それ以上でも、それ以下でもないドンピシャな味わい。キレは穏やかで優しい余韻が心地よく楽しめる。
ん〜、悪いところが見当たらない・・・・・。






☆4.21!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Azumaichi:Gochoda brewery Co.,Ltd.>
2081,Gochoda,Shiota-machi,Ureshino-shi,Saga,Japan

*My evaluation (five point full marks):4.21point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is sweet and deep,that is like a ripe pear.
Then I tried to drink.
Acid is present finely and firmly. Very classy sweet spreads gently in the mouth.  Umami of rice are expressed neatly. The contours of taste have formed taste itself. There is not any more, and there is not less. This taste is exactly decisively. Sharp is calm, we can enjoy gentle lingering with comfortable.
Wow, i can not found bad point.
------------------------------------------------------------------

















そんな訳で今週も新入荷3本、ご紹介しました。



それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

セイコー

このような情報についての興味深い記事を見つける素晴らしいです。それは宝物を見つけるようなものだ。私はあなたのビューで多くのポイントと共有をどう表現する感謝しています。ありがとう。

written by セイコー

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ