須弥山ブログ 酒魂日記

2012年10月13日(土) 16:50

日本酒のススメ〜其の149 ヽ(∴`┗Д┛´)ノ彡 ムキッィ〜。

秋真っ盛り@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




やって参りました、“食欲の秋”、“飲酒の秋”m(^∇^)m。

食べて呑んで寝て、また食べて呑んで寝て(`・ω・´)ゞキリッ。
気候的にも、ポチャ〜リな私には、とても助かる季節です!!(`・ω・´)ゞキリッ。
ま、短パンがはけなくなるのはちと寂しい気もしますが、それはまた来年にとっておきましょう(`・ω・´)ゞキリッ。




各蔵元さんも蔵にもどり、心地いい緊張感とともに来るべき造りに備えます。そして私達はその産声を静かに待ちます(`・ω・´)ゞキリッ。







そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜。

1本目は謙信

これで<けんしん>と読みます。

去年の4月に一度ご紹介してから、久々の仕入れになります。

新潟県糸魚川市にある池田屋酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、五百万石50%精米純米吟醸無濾過“中取り”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは若いリンゴを思わせる軽快な甘味がある。
次に呑んでみました。
酸は中ぐらいの大きさで存在している。呑んでみると、途端にシッカリとした甘味が口中を満たす。味わいの表現は中々なもの。味わいは充分な広がりがあるが、決して過ぎることはない。味わの張りはきちんと味わいの輪郭を維持している。キレは潔く余韻も逞しい。




☆3.77!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kenshin:Ikedaya Brewery Co.>
1-3-4,Shintetsu,Itoigawa-shi,Niigata,japan

*My evaluation (five point full marks):3.77point
*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
There is a light sweetness reminiscent of a young apple scent. This acid is present in about the size of a medium.
Then I tried to drink.
First drink this sake, a firm sweetness fills the mouth immediately. Representation of taste is quite things. Although taste of this wine has a sufficient spread, this taste is not spread more than necessary. Tension of the taste has been maintaining contour of the flavor nicely. Crisp of taste is sharp, and afterglow is powerful.
-----------------------------------------------------------------



2本目は東京から屋守

酒魂日記常連酒ですね。

東京都東村山市にある豊島屋酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは先に紹介した今年初の“雄町仕込”の壜火入れヴァージョン。岡山県産雄町50%精米(麹米)、50%精米(掛米)純米吟醸“無調整生詰”


裏ラベル(左)。


裏ラベル(右)。


先ず香ってみました。
香りは軽快で清々しい。そんなに深くもなくしつこくもない。しかし時間が経つと甘さが現れてくる。
次に呑んでみました。
火入れをした結果だろう、酸は比較的おとなしい。しかし、一口口に含むと華やかで落ち着きのある香りが口の中に広がる。続いて充分に花開いた旨みが口中を満たす。口中に広がった甘味はシッカリとした奥行きがあり、呑み手を充分満足させる。キレもよく余韻も心地いい。



☆3.85!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Okunokami:Toshimaya brewing Co.,Ltd.>
3-4-10,Kumegawa-machi,Higashimurayama-shi,Tokyo,japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is light and refreshing. It is neither persistent nor so deeply. But sweetness of this fragrance emerges over time.
Then I tried to drink.
Would be a result of the heat treatment, the acid is relatively quiet. But drinking this sake sip, gentle and brilliant fragrance is spread in mouth. Subsequently, the flavor that fully blossomed fulfills the mouth. Sweetness that spreads in the mouth has firm depth.
Its sake will satisfy sake lovers. Taste of finish is sharp. Afterglow is also cozy.
------------------------------------------------------------------











そんな訳で今週は新入荷2本、ご紹介しました。
こんな具合で今年も“相変わらず”日本酒を淡々とご紹介していきます。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ