須弥山ブログ 酒魂日記

2012年9月19日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の145・146合併号  (☝ ՞ਊ ՞)☝ イェ〜イ!!〜

いよいよ秋到来、そして年末へ @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




吉祥寺秋祭りも無事終わり、いよいよ年末へ!!m(^∇^)m。


って、「はえ〜よ!!」と言われるかもしれませんが、なんのなんの。ここから年末への速さと言ったら、めっちゃ早いんです。毎年そーなんです(`・ω・´)ゞキリッ。

とはいえ、早すぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwww(;´皿`;)。

ま、いうても今年も残すところ、あと3ヶ月半ですからね(`・ω・´)ゞキリッ。

来月末頃には新酒も入荷してくるでしょうし、じっくりシッカリ臨戦態勢を整えていこうと思います(`・ω・´)ゞキリッ。



そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
今回はちと頑張って5本ンンンンンp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、和歌山から紀伊国屋文左衛門

これで<きのくにやぶんざえもん>と読みます。

須弥山では定番で扱わせてもらってる銘柄ですね。
東京では“超久”のほうが有名かも・・・・。


和歌山県海南市にある中野BC株式会社さんの日本酒。

あ、そういえば先日“中野BC”中野さんと河嶋杜氏、“梅酒”杜氏の山本さん、新入社員のカワユコちゃんと4人でご来店頂きました。河嶋杜氏は内に秘める熱さを持った方、梅酒杜氏の山本さんは全面に熱さを出す方と、とてもバラエティにとんだ方たちでした。遠方より有難うございました。



で、今回入荷したのは山田錦58%精米(麹米)出羽燦々65%精米(掛米)“限定ひやおろし”



裏ラベル。


先ず香ってみました。
白ブドウのような甘く爽やかな香り。
次に呑んでみました。
酸は細いが力強く存在している。ただ、味わいもしっかりあるので呑み応えも十分である。味の表面には緊張感があり、味の輪郭をしっかりと構築している。だから味は濃厚だが引き締まっているので呑みやすく感じる。



☆3.92!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kinokuniya-bunnzaemon:Nakano Biochemical Creation Co.,Ltd>
758-45,Fujishiro,Kainan-shi,Wakayama,Japan

*My evaluation (five point full marks):point

*Expression of this sake of my own way:3.92
First, I tried to smell.
Fresh fragrance like sweet white grape.
Then I tried to drank.
This acid is thin, but present strongly. However, because there is enough flavor, can drink with satisfy. On the surface of the taste has a sense of tension, and that have built a firm outline of taste. This taste is so deep but so tight, so we can feel easy to drink.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は川鶴

これで<かわつる>と読みます。

GMにこそ載りませんでしたが、讃州さぬきよいまいで造られた純米がお薦めメニューにて4月くらいから、ほぼ通しで提供させて頂いた銘柄ですね。

香川県観音寺市にある川鶴酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、讃州オオセト55%精米(使用率100%)特別純米“無濾過生原酒”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
バナナのような奥行きのある甘さのある香り。
次に呑んでみました。
酸はとても穏やか。でも存在はきちんと感じる。味わいはシッカリとした張りを持って、決してその範囲を出しゃばること無く甘味を包み込んでいる。旨みは十分に開花している。キレも良く余韻は爽やか。



☆3.89!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kawatsuru:Kawatsuru brewing Co.,Ltd>
836,Motodai-cho,Kannonji-shi,Kagawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance is sweetness with depth, such as bananas.
Then I tried to drink.
Acid is very mild. Acid is very mild,but feel presence of its neatly. Flavor has a firm tension. And that flavor envelops sweetness without obtrusiveness in its scope. Umami is fully flowering. The finish of taste is refreshing,and afterglow is good too.
------------------------------------------------------------------












んで以って3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目も実は川鶴

先ほどのとは“米”違い。
3本目は備前雄町70%精米“無調整純米無濾過生原酒”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
先ほどのと違って、香りはスモーキー且つスパイシー。少し時間が経つと甘さが顔を覗かせる。
次に呑んでみました。
口当たりは力強いがシャープな印象。川鶴らしい第一印象。粗めの酸が口の中を心地よく刺激してくれる。味わいは十分あるが、甘味は抑えられている。いわば筋肉質な味わい。キレは勿論よく、余韻はダイナミック!!。






☆3.78!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Kawatsuru:Kawatsuru brewing Co.,Ltd>
836,Motodai-cho,Kannonji-shi,Kagawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Unlike Kawatsuru that I introduced earlier, this fragrance of Kawatsuru is spicy and smoky. But over time a little, sweet fragrance was appeared.
Then I tried to drink.
Impression of this taste is powerful,but also has one side of sharp. That point is exactly Kawatsuru. The rough acid stimulates my mouth comfortably. There is enough flavor, sweetness is suppressed. So to speak,that is muscular taste. Of course, finish of the taste is sharp,and afterglow is dynamic!.
------------------------------------------------------------------












今日はまだまだぁ行きまっせええええええええ。
で、4本目ええええええええええええ。

4本目は久々の登場安芸虎

これで<あきとら>と読みます。

以前、というか昨年も仕入れた銘柄ですね。

高知県安芸市にある有限会社有光酒造場さんの日本酒。

今回御紹介するのは、広島県産千本錦60%精米純米酒“ひやおろし”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは軽快で甘味があるが、いたって平凡。
次に呑んでみました。
酸は細いがかなり高め。味わいは薄いわけではないが軽やか。甘味も程よくあるが、全体的にはちょっと単調かな・・・・。冷やおろしなら、もう少し奥行きと味幅が欲しい。




☆3.22!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Akitora: Arimitsu brewery place Limited Company>
38-1,Akanoko,Aki-shi,Kochi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.22point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is a light and sweet, but quite mediocre.
Then I tried to drink.
This acid is fine, and high. This taste is light, It doesn't mean thin. There is also moderately sweet, it is monotonic little overall. If Hiyaoroshi sake that is aged sake, I want a little more depth and width taste.
------------------------------------------------------------------


























いよいよラスト5本目ェwwwwwwwwwww。

5本目は、いよいよきました七田の“ひやおろし”。

佐賀県小城市にある天山酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは兵庫県産愛山75%精米ひやおろし純米“七割五分磨き”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは意外におとなしい。まだ、少しアルコール臭を感じる。
次に呑んでみました。
酸はかなりシッカリしている。味わいは甘味もあるがそれに勝って酸がでているかな。もう少し酸は落ち着いていたほうがいい。加えて甘みの奥行きももう少し欲しい。全体的にバランスは良いのでもう少し力強い味わいが欲しい。ま、時間が解決してくれるだろうけど・・・・・。







☆3.67!!!!。








------------------------------------------------------- ----------
<Shichida: Tenzan brewing Co.,Ltd.>
1520,Iwakura,Ogi-machi,Ogi-shi,Saga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.67point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
Unexpectedly this fragrance is docile. I still feel a little alcohol fragrance.
Then I tried to drink.
Acid has been quite firmly. Flavor has a properly sweetness, but feel more of the presence of a strong acid it even more. I think that if this acid of wine is more calm, it will be better. And I think that want a little more depth of sweetness. I want a more strong taste so I think a balance is good overall. Well,i think that the point will be resolved by the time.
------------------------------------------------------------------










そんな訳で今週は頑張って新入荷5本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ