須弥山ブログ 酒魂日記

2012年7月28日(土) 16:50

日本酒のススメ 〜其の138  ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ。

梅雨が明けたはいいが・・・・・ @ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




ジメジメ梅雨が明けたのはいいのですが、今度は灼熱の太陽が照りつける日々!!!!m(;´皿`;)mアチ~。

でも、そんな中、ロンドン五輪が開幕し、世間は一気にオリンピックムード一色に(`・ω・´)ゞキリッ。

メダルが期待できる日本勢への応援にも、ついつい力が入ってしまうって〜の(`・ω・´)ゞキリッ。

こりゃ、当分寝不足の日々が続きそうです(`・ω・´)ゞキリッ。

日本酒片手にオリンピック観戦なんざ“おつ”じゃ、あ〜りませんか(`・ω・´)ゞキリッ。



そんな訳で早速新入荷酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。



先ずは会津中将
これで<あいづちゅうじょう>と読みます。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かこの酒魂日記でもご紹介させてもらってる銘柄ですね。

今回御紹介するのは、夢の香55%精米純米吟醸


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは軽快で甘味がある。一方、ビターな面も垣間見られる。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在感があり、味わいの輪郭を形作っている。甘味もしっかりとあり、口中を旨味で満たしてくれます。ドライな味わいも感じられるが、それはそれで、“らしく”て良い感じ。キレは勿論良く、余韻も穏やか。





☆3.85!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Aizuchujo:Tsrunoe brewing Co.,Ltd.>
2-46,Nanoka-machi,Aizuwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way:
First,I tried to smell.
This fragrance has nimble and sweetness. On the other hand, is also a glimpse of face a bitter one.
Then, I tried to drink.
Acid has sense of existence finely. And this acid forms the outline of the flavor. There is also firmly sweetness, and my mouth filled with the flavor. I feel dry taste, but it feel good as taste of Aizuchujo. Of course sharpness is good, and afterglow is calm.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は飛露喜

福島県会津坂下町にある合資会社廣木酒造本店さんの日本酒。

久々のご紹介ですね〜。

今回御紹介するのは、雄町50%精米純米新酒


横ラベル。


先ずは香ってみました。
キリッとした深みのある甘い香り。若干スパイシーな一面も。
次に呑んでみました。
先ず細かく存在のしっかりした酸を感じます。直ぐ様スモーキーな風味が現れる。旨味は勢い良く口中に広がっていきます。ただ、その印象はまだ七分咲かな。雄町という酒米を考慮すると、もう少し奥行きが出てもいいはず。キレはシャープだが余韻は淡白かな。





☆3.65!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Hiroki: Hiroki Brewing head office joint-stock company>
3574,Ichinaka2banko,Aidubange-machi,Kawanuma-gun,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.65point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance has crisp and deep sweet. There is also slightly spicy. Taste in the mouth will continue to spread powerfully. However, 70% flowering of its taste. Considering the Omachi rice which is sake rice, this taste of sake should be appeared more depth. The finish is sharp, afterglow is quiet.
------------------------------------------------------------------























次、3本目ェwwwwwwwwwww。

ラストを飾るのは、三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回入荷してきたのは、富山県産五百万石60%精米(使用料80%)・三重県産山田錦60%精米(使用料20%)自社9号酵母使用特別純米“九号酵母”火入れ


裏ラベル!!。




先ず香ってみました。
9号酵母らしい爽やかな香り。奥行きもシッカリあります。
次に呑んでみました。
酸はとても細かく存在するが、数字ほど強くは感じられない。バランスの良い甘味が口中に隈無く広がり、呑み手を満足させます。五百万石らしい硬さのある味わいも味わいに緊張感を印象づけます。キレも健在、余韻も楽しめます。






☆3.89!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewing Joint-stock company>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: The scent of this sake is a refreshing scent seems to yeast No. 9. There are also firmly depth of flavor. This acid is present in very finely, I feel this acid is not as strong as data of this sake. Spread all over a well-balanced sweetness in the mouth, will satisfy the people who drink. The taste of firmness which characterize seems Gohyaku Mangoku is also impressed to taste with a sense of tension. Sharpness is alive and well, And can enjoy afterglow!.
------------------------------------------------------------------




























そんな訳(どんな訳wwww)で新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!




※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ