須弥山ブログ 酒魂日記

2012年7月20日(金) 16:50

日本酒のススメ 〜其の137 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・。

祝!!梅雨明け宣言!! @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。







いやぁ〜、やっとこ梅雨が開けましたね〜!!!!m(^∇^)m。

ジメジメじとじとから漸く開放されました (`・ω・´)ゞキリッ。

これからは、海に山にバンバン夏を満喫したいと思います(`・ω・´)ゞキリッ。

ま、早速明日は須弥山恒例のクルージングなのです(`・ω・´)ゞキリッ。

お客様のご好意で、毎年その方の船で千葉県沖まで行って、そこで停泊しプチ須弥山を開店(勿論無料!!)してるのです。といっても、我々もお酒呑みながらなので、フランクな雰囲気で大いに楽しませてもらっています(`・ω・´)ゞキリッ。

今夏、できたらもう1回行きたいな!!。



では早速新入荷酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、山形から十四代




山形県村山市にある高木酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは兵庫県特A地区東条産山田錦特米35%精米 大吟醸“角新大吟生酒”



裏ラベル。



先ず香ってみました。
穏やかな甘味のあるシャープな香り。
次に呑んでみました。
酸はとても穏やか。だが、味わいの輪郭を形成するのに一役買っている。米の旨味は充分あるが、決してあり過ぎること無くそれはとても適度である。キレも穏やかながら、もたつく感はない。



☆3.95!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jyuyondai:Takagi brewing Co.,Ltd.>
1826Tominami,Murayama-shi,Yamagata,japan

*My evaluation (five point full marks):3.95point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Sharp fragrance with mild sweetness.
Then I tried to drink.
Acid is very calm. However, this acid has helped to form the outline of the flavor. Flavor of rice is sufficient. However taste Is very moderate without too much. Also sharpness is calm, there isn't a feeling sluggish.
------------------------------------------------------------------






















2本目ェwwwwwwは、吾妻嶺さんから“生酛Test”!!!!。



岩手県紫波郡紫波町にある合名会社吾妻嶺酒造店さんの日本酒。

今回は、吾妻嶺の看板酒米“美山錦”の生酛仕込ヴァージョン。

岩手県産美山錦50%精米純米吟醸美山錦“生酛”

・原料米    :岩手県産美山錦50%精米
・酵母     :非公開
・日本酒度   :+3
・酸度     :2.6/2.2
・アルコール度数:15.9°
・仕込責任者:小田中 公
・蔵出責任者:小田中 公
※因みに“小田中 公(こう)”は元ちゃんの実の弟で吾妻嶺の杜氏。苗字が違うのは、染物屋さんの家に婿入りしたから。そちらは娘さんが家業を継いでいるそうです。ご夫婦で物造りとは、同じ穴のムジナとムジコですな。

元ちゃん感謝×20(T ∇ T )/。


先ずは香ってみました。
香りは香ばしく甘く奥行きがある。
次に呑んでみました。
酸は細かく、生酛らしくしっかり存在している。旨味はちゃんとあるが、まだ満開ではないかな。奥行きはあるので味わいが開花すればいい感じになると思います。キレは、酸も手伝って潔い。若干の残る風味が気にはなるが、本商品はその点もクリヤーされるだろう。






☆3.68!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Azumamine:Azumamine Brewery shop partnership corporation>
5,Tsuchidate-aza-uchikawa,Shiwa-chou,Shiwa-gun,Iwate,japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This scent is woody, and has sweet and depth.
Then i tried to drink.

Fine acid is present firmly. Exactly it is just Kimoto jikomi that is old brewing method.  This sake has taste firmly, but that isn't in full bloom. This sake has depth of taste. So if this taste will be full bloom, taste become more better!. Sharpness of taste is manly by virtue of acid. My concern is that it is a bad sharp taste. But this sake will overcome that point.
------------------------------------------------------------------



























んで以ってラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は東京から屋守

酒魂日記常連酒ですね。

東京都東村山市にある豊島屋酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは岡山県産雄町50%精米(麹米)、50%精米(掛米)純米吟醸“無調整生” の新酒。屋守初の雄町酒ですね。


裏ラベル。


先ず香ってみました。
香りはマスカットのような爽やかながあり、甘味もあり軽快です。
次に呑んでみました。
シッカリとした味わい。酸もちゃんと存在していて味わいとうまく共存している。雄町らしい奥行きと力強さが上手く表現されている。キレも潔く余韻も爽やか。



☆4.15!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Okunokami:Toshimaya brewing Co.,Ltd.>
3-4-10,Kumegawa-machi,Higashimurayama-shi,Tokyo,japan

*My evaluation (five point full marks)4.15:point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
There is a refreshing scent is like Muscat, and there is some lightness and sweetness.
Then I tried to drink.
Firm taste. Acid is exist firmly too. And this acid is coexist well with this taste.  As soon as this acid is settled, spread umami taste in the mouth. Characteristic of Omachi rice which is depth and forcibleness has been well expressed. Sharp flavor is gracefully, even refreshing finish.
------------------------------------------------------------------


























そんなこんなで今週は新入荷3本、ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ