須弥山ブログ 酒魂日記

2012年1月27日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百二十一 <( ` ^ ´ )>エッヘン!!。

本格的な雪に心躍らせて、子犬のごとく庭駆けまわったのは、もう大分昔の話なり@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。








雪も降って、ようやく本格的な冬の到来!!!!m(^∇^)m。
新酒も堰を切ったようにリリースされて、日本酒業界も益々の活気を帯びてきました (`・ω・´)ゞキリッ。

去年より美味しくなってきたのもあれば、ん!?、と思ってしまうのも・・・・・・(`・ω・´)ゞキリッ。

いずれにせよ、個性派揃いの品揃えに思わず舌鼓(`・ω・´)ゞキリッ。

昨日もとある行きつけの蕎麦屋で、スタッフと一緒に熱燗呑んでいたのですが、いや〜、スルスル、スルスル入る入る。
一緒に茄子焼きやらスルメやらアテにしてたのですが、至極の一時を過ごさせてもらいました。



んな訳で、今年もガッツリ日本酒売って、更にはガッツリ呑んで日本酒の消費に貢献していきたいと思います(`・ω・´)ゞキリッ。

では早速新酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、山形から十四代

メチャメチャトップメーカーですが、去年も書いたように、売れる前から取り扱っていたので、そこはやはり思い入れも一入(ヒトシオ)です。

去年はモノによっては、ん!?、な一本があったり、珍しく“当たり”“ハズレ”がある年でした。“日本酒業界のイチロー”もスランプがあるのか・・・・・・。奇しくも、本場の“イチロー”も“11年連続200本安打世界新記録”(自称野球通須弥山スタッフ情報)を逃しましたし。

今年は大いに期待する銘柄です。

山形県村山市にある高木酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは兵庫県特A地区東条産山田錦特米35%精米 大吟醸“角新大吟生酒”



裏ラベル。



先ず香ってみました。
十四代らしい甘く上品な香り。軽快で抜けもいい。
次に呑んでみました。
口に含むと、先ず細やかな酸味が感じられる。ただ印象的にはとてもマイルド。程なくして奥行きのある味わいが、口中に充分広がっていく。それは旨味を伴い、呑み手を大いに満足させてくれる。キレも穏やかで優しい。余韻を楽しみながら呑める1本。

高いから美味しいのではなく、美味しいからこれだけ高くても納得できる日本酒。



☆4.25!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jyuyondai:Takagi brewing Co.,Ltd.>
1826Tominami,Murayama-shi,Yamagata,japan

*My evaluation (five point full marks):4.25point

*Expression of this sake of my own way:First I tried to smell. This scent is sweet and elegance just like Jyuyondai. That is light and good sharpness.
Then I drank. And sip the sake, delicate acidity is felt first. But first impression is very mild. And taste with depth quickly spreads enough in the mouth. The taste with umami will satisfy drinker greatly. Drink while enjoying the afterglow.

This wine is tasty not because it's expensive, but it worth to be paid because it's tasty.
------------------------------------------------------------------






















次イ〜、2本目ええええええええええええ。

2本目は早くも射美“第二弾”

これで<いび>と読みます。

先先週に引き続き立て続けのご紹介。

岐阜県揖斐郡にある杉原酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、射美の誉<AMS18>60%精米袋吊り無濾過生原酒“吟撰”

前回との違いはズバリ、搾り方の違い。
今回は、より丁寧で手間の掛かる“袋吊り”(酒蔵では通常<首吊り>と言ったりする。チョットおどろおどろしい。)
重力と醪の重みで搾る搾り方。昔は大吟醸のみに取られた方法だが、今は純吟クラスでも袋吊りする蔵もある。


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは優しく紳士的。
次に呑んでみました。
口当たりはとてもマイルド。口に含んだ途端甘味が我慢しきれずに口中に広がります。
酸はそんなに強くなく、僅かに感じる程度。でも味のキレは潔い。余韻も存在感タップリ。




☆3.95!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Ibi: Sugihara brewing Co.,Ltd.>
1,Shimoiso,Oho-chou,Ibi-gu ,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks):3.95point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Scent of this sake is soft and gentlemanly.
Then I drank. This taste is very mild. Sweet spreads in the mouth as soon as contained in the mouth. I feel acid slightly. It's not so strong. But manly crisp taste. Afterglow is good moderately.
------------------------------------------------------------------



























んで以ってラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、またまた、またまた而今の新酒。

三重県名張市にある木屋正酒造合資会社さんの日本酒。

今回入荷したのは八反錦55%精米自社9号酵母使用純米吟醸“無濾過生”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘味があるが派手さはない。
次に呑んでみました。
細やかな酸が味の表面を覆っている。味わいは程なく現れて、八反錦らしい硬さと鋭さを携えて口中に広がる。甘味も適度にあるが、いいエグ味がいい緊張感を生み出す。
キレは勿論潔く、清々しい。
而今らしい仕上がりです。







☆3.89!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Jikon: Kiyashou brewing Joint-stock Company.>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The scent is sweet, but is not flashy.
Then I drank. The delicate acid covering surface of this taste. Flavor soon appears. Taste of this sake is spread in the mouth together with hardness and sharpness just like Hatannishiki. There is also moderate sweetness, and creating a nice tension by good harsh taste. Sharpness is manly,of course fresh. This sake is finished just Jikon.
------------------------------------------------------------------


























そんなこんなで今週は新入荷3本、ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!








“鮪”










※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

カシオ 時計

お客様のニーズを得るそれにもかかわらず前のフィットが、web サイト内の真実の幅広い研究の参加します。ジューシークチュール 1996 年以来の市場で偉大な新しいブランド。もともと囲まれた自分だけの一設計の理由の

written by カシオ 時計

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ