須弥山ブログ 酒魂日記

2011年12月29日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十八 (*´∀`*)/良い年を〜。

泣いても笑っても(ま、泣いても笑ってもいませんがね)、酒魂日記2011年最終回(多分)。ここらで一年の総括をしたいところだが、入荷してくる新酒がそれを許して紅の豚。だから、意外といつものように酒魂日記だす!!! @ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



もう今年最後の“酒魂日記”になってしまいました。ま〜、今年は色々とあった一年でした。振り返ったりすると地味に長くなるので、それは止めておきましょう。

ま、来年は(出来ることなら)何事も無く平和に過ごしたいものです。

=============================
あ、須弥山の年末年始は、年内が12月30日まで。年始は1月3日からの営業になります。
何卒宜しくお願いします。

=============================
それでは、今回はドバっと6本ご紹介しますので、チャッチャといきますよ!!!!。



先ずは会津中将
これで<あいづちゅうじょう>と読みます。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かこの酒魂日記でもご紹介させてもらってる銘柄ですね。

今回御紹介するのは、五百万石60%精米生純米原酒無濾過“初しぼり”


横ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは繊細でリンゴのような爽やかな香り。
次に呑んでみました。
酸は決して強くは感じない。しかし輪郭のハッキリした味わいが全体を引き締めている。甘味も適度にあり満足できる味わい。キレもよく余韻も清々しい。




☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Aizuchujo:Tsrunoe brewing Co.,Ltd.>
2-46,Nanoka-machi,Aizuwakamatu-shi,Fukushima,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The scent is delicate,and like fresh apple. Then I drank. Never feel strongly acid. The taste which has firmly outline is tightening of overall. There is also a moderately sweet taste can be satisfied.  Also good fresh crisp finish. Also good fresh crisp finish.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は英君

静岡県静岡市清水区にある英君酒造株式会社さんの日本酒。

そうです静岡の方の英君です。

今回御紹介するのは、これまた五百万石65%精米純米新酒“槽口詰め”


横ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘味があり引き締まっている。
次に呑んでみました。
酸はそんなには強く感じない。甘味は抑えられてて味にはしっかりと緊張感がある。後半感じる辛さが味を締めくくる。




☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Eikun:Eikun brewery Co., Ltd.>
2152,Yuiiriyama,Shimizu-ku,Shizuoka-shi,Shizuoka,japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. There are tight sweet fragrance. Then I drank. I do not feel so strongly that acid. This sweetness are suppressed, but flavor has tension securely. The feel dry taste at the late is concluded.
------------------------------------------------------------------























次、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は遊穂“UFO”

これも酒魂日記常連酒。

石川県鹿島郡中能登町にある御祖酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは石川県産五百万石60%精米(麹米) 石川県産能登ひかり55%精米(掛米) 純米酒無濾過生原酒おりがらみ“ゆうほのしろ”


裏ラベル。


先ず香ってみました。
香りは穏やかで軽快。
次に呑んでみました。
輪郭のハッキリした細かい酸がしっかりと味を包み込んでいる。酸が消えると味わいが一気に花開く。味わいは飲み手を充分満足させた後潔く消えて行く。味のキレもよく余韻も心地いい。






☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Yuho:Mioya brewery Co.,Ltd.>
10,Ho,Fujii,Nakanoto-machi,Kashima-gun,Ishikawa,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. Light gentle fragrance.
Then I drank. Fine chiseled acid wraps to taste firmly. Acid disappears,and the taste is flowering at once. That taste makes to satisfy heavy drinker. Then taste will disappear gracefully. The taste is good sharpness, and feels good afterglow.
------------------------------------------------------------------
















まだまだ4本目ェ〜。

4本目は珍しく義侠

ひっさびさに仕入れてみました。

これで<ぎきょう>と読みます。
毎度のことながら、おどろおどろしい響きです(*_*;。

今年、確か一度仕入れた記憶が・・・・。

愛知県愛西市にある山忠本家酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、兵庫県東条産特A地区山田錦60%精米純米原酒生酒“滓からみ”


横ラベル。




先ずは香ってみました。
仄かに甘く奥行きのある香り。
次に呑んでみました。
酸は目立つ程ではないがきちんと存在している。味の表面はしっかりと輪郭を持っている。味わいもちゃんと感じられ甘さと辛さのバランスが保たれている。欲を言えばもう少し甘味がほしいですね。





☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gikyou: Yamachu-honke brewing Co.,Ltd.>
1813,Heki-chou,Aisai-shi,Aichi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Sweet and subtle fragrance with depth. Then I drank. There are fine acid firmly,but that is not as noticeable. There is firmly contour on the surface of the taste. Feeling taste firmly, sweetness and hotness balance is being maintained. If i want to say,I want a little sweetness.
-----------------------------------------------------------------

















更に5本目ェwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。

これまた前回に引き続き而今
毎度のことながら、三重県名張市の木屋正酒造株式会社さんの日本酒。

今回は富山県産五百万石60%精米自社9号酵母使用特別純米おりがらみ


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘さを持ってて懐が深い。
次に呑んでみました。
細かい酸がしっかりと味を包み込んでいる。程なくして味わいが口中に広がって旨味が口中を満たす。といってもそれは決してしつこくはない。キレもよく余韻も心地いい。





☆4.00!!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Jikon: Kiyashou brewing Joint-stock Company.>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,japan

*My evaluation (five point full marks):point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. This scent have sweetness, and it's so deep. Then I drank. The fine acid wraps to taste firmly. Soon the taste meets with sweetness in mouth. Even though it is never persistent. Feel good sharpness and afterglow.
------------------------------------------------------------------











ラストオオオオオオオオオオオオオ6本目!!!!!。

6本目は、篠峯

これで<しのみね>と読みます。

何度かご紹介したことある銘柄ですね。

奈良県御所市にある千代酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、吟風米65%精米純米生原酒“うすにごり”

吟風米!?。初めて聞く酒米ですね。
ちょっくら調べてみましょう。

<酒魂日記一口メモ>〜吟風米〜
吟風(ぎんぷう)は、イネの品種の1つ。
北海道岩見沢市にある北海道立中央農業試験場(現・北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場)において育成された品種。

「空育158号」の系統番号で試験され、2000年に品種登録された。北海道産としては2番目の酒造好適米

中生の大粒系統であり、玄米に酒造好適米特有の心白(しんぱく)を発現し、酒造適性が高い(1番目に登録された「初雫」には心白が出ない)。

醸造された酒は、味の丸さや柔らかさに高い評価を得て、本州産の代表的な酒造好適米に匹敵する高い酒造適性を持つとされている

☆交配組合せ:八反錦2号/上育404号//きらら397
☆平成15年度の全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所が発表)において、「吟風」100%使用の「千歳鶴」(日本清酒株式会社)と「北の錦」(小林酒造株式会社)が金賞を受賞し、実力を示した。
(ウィキペディアより)


横ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは繊細でシャープな印象。
次に呑んでみました。
この酒の酸もしっかりと存在感があり、味を包み込んでいる。程なくして酒の甘味が顔を現し、口の隅々に味わいが行き届く。味のキレもよくついついお代わりしてしまいそう。







☆3.89!!!!。











-----------------------------------------------------------------
<Shinomine:Chiyo brewing Co.,Ltd.>
621,Kujira,Gosho-shi,Nara,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The impression of this scent is delicate and sharp. Then I drank. There is also a solid presence of acid in this sake, which wrapped the taste of sake. The sweetness of the sake appeared immediately,and that taste spreads to every corner of the mouth. The sharpness of taste is good, and i will drink the sake repeatedly.
------------------------------------------------------------------










そんな訳で今週完全に顎が上がりきってしまいながらも新入荷6本、ご紹介しました。

また来週!!、つうかまた来年ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。

年明けの<酒魂日記>は第2週目からになります。
来年も変わらず宜しくお願いしまする〜\(^o^)/。















それでは来年も頑張ってましょう!!。

来年1年が皆様にとって、そして日本酒業界にとって、更には須弥山にとって良い一年でありますように!!!!。











それでは良い年を!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ