須弥山ブログ 酒魂日記

2011年12月23日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十七 <§“皿“§>ヒミコサマ〜。

12月ももう後半戦。泣いても笑ってもあと1週間。皆さん悔いなき2011年をやりきっちゃいましょう須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


しかし、12月に入ってからの目まぐるしい日々。あれよあれよという間に、2012年ももうすぐそこまできています。

時を急ぐかのように、各蔵の新酒も続々リリースされてきています。もう既にワクワク通りすぎてアタフタアタフタ状態。俺がもう一人ほち〜の!!、な今日この頃。
気がついたら年が明けていそうで怖い怖い・・・・。


んな訳で、今週もズバっと新入荷新酒ご紹介しまする。



先ずは羽根屋

待ってました!!( ̄Д ̄)d。

富山県富山市にある富美菊酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、富の香60%精米純米吟醸“生原酒”


裏ラベル



先ずは香ってみました。心地よく穏やかで甘味のある香り。
次に呑んでみました。酸は穏やかに思えるが、しっかりと存在している。優しく程よい甘味が舌の上でなめらかに広がる。しかし、それは決して広がりすぎることはなく、あっさりと消えて行く。いや〜、美味いです。




☆4.00!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Haneya:Fumigiku brewing Co.,Ltd.>
134-3,Momoduka,Toyama-shi,Toyama,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Comfortably mild sweet fragrance. Then I drank it. Acid will be felt mildly, but which actually exists firmly. Modestly sweetness spread smoothly on the tongue gently. Its taste is never too spread. Then disappear without hesitation. The sake is finished well-balanced in the overall.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は結人

きましたね〜。群馬の柳澤“燃える闘魂”兄弟の醸す酒。

群馬県前橋市にある柳澤酒造株式会社さんの日本酒。

兎に角熱い兄弟。特に弟の圭司氏は熱いを通り越して、暑苦しいをも通り越して、愛くるしい位です((*゜∇゜*))。

今回ご紹介するのは、(モチのロン)五百万石55%精米純米吟醸“新酒あらばしり”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。香りは大人しめ。ただ、結人特有の奥行きのある甘い香りは感じ取れる。次に呑んでみました。先ず感じたのが細かく輪郭のハッキリした酸の存在。ただ、甘味はちょっと物足りない。まだまだ本来の味わいではない。新酒だから仕方ないか・・・。そうは言ってももう少し懐の深さが欲しいですね。もう少し様子を見てみましょう。






☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Musubito:Yanagisawa brewing Co.,Ltd.>
104-2,Fukazu,Kasugawa-machi,Maebashi-shi,Gunma,japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Quiet modest fragrance. However, i feel sweet and deep fragrance that is Musubito-specific. Then I drank. I first felt the acid which is finely and sharp outline. However, sweetness is a little unsatisfactory. Still is not in the original taste. New sake is unavoidable. But I want depth of flavor more. Let's observe the transition for a while.
------------------------------------------------------------------





















んで以って、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、小左衛門

これも酒魂日記の常連酒。事あるごとにご紹介させてもらってます。

岐阜県瑞浪市土岐町にある中島醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、越中五百万石55%精米純米“直汲”初しぼり


裏ラベル。



先ずは香ってみました。香りは爽やかで軽快。抜け感もいい。
次に呑んでみました。表面に張りのあり且つ存在感のある酸。米の旨味もしっかりと味わえる。実は、データーを見ると甘口タイプ。だが、先に述べた酸のお陰で味に締まりが生まれテンポよく呑め、結果的にはバランスの良い日本酒に仕上がっております。

流石です。










☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Kozaemon:Nakajima brewery Co.,Ltd.>
7181-1,Toki-chou,Mizunami-shi,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks)4.00:point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The scent is a lightly and refreshing. Pass through the nose smell good feeling. Then I drank. This acid has tension and presence on that surface. You will taste the flavor of the rice of sake firmly. In fact, this wine is a sweet type on data. But thanks of this acid which just mentioned, this taste get tension on outline of taste. As a result, i can drink this wine rhythmically. Finally this wine is finished well-balanced.
------------------------------------------------------------------












最後、4本目ェwwwwwwwwwww。

今回取りを務めるのは、これまた酒魂日記常連酒、天青

神奈川県茅ケ崎市にある熊澤酒造株式会社さんの日本酒。

ここの蔵元の熊澤さん、パッと見はサーファーでオットリな感じの方なのですが、天★(東高円寺)のトシちゃんの話では、何を何を!、だそうです。

あ〜見えて、相当な切れ者らしく、今の天青ブランドを今のところまで育て上げたのが何を隠そう、熊澤さん“その人”だそうです。
私は、日本酒業界に有りがちな、<杜氏ピカ一、蔵元今一>パタ〜ンかと思っていました。特に根拠はないんですが、酒の会でも杜氏の五十嵐さんばかりが参加されてるイメージだったので。
考え改めまする。

今回ご紹介するのは、五百万石60%精米特別本醸造しぼりたて生原酒おりがらみ  “風露”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。香りはシャープで軽快で爽やか。
次に呑んでみました。呑んで直ぐ、と言うより口の途中から酸が花開く感じ。甘味も引き締まっている。キレもよくついつい杯がススム君。天青らしく仕上がった一本。










☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Tensei:Kumazawa brewery Co.,Ltd.>
7-10-7,Kagawa,Chigasaki-shi,Kanagawa,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. This scent is sharp and nimble and refreshing. Then I drank. I feel the acid in the middle of the mouth rather than just drinking. Flavor is tight. Crisp is very sharp,so i will drink repeatedly. This sake is finish that seems to be a Tensei's sake.
------------------------------------------------------------------









そんな訳で今週も新入荷4本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ