須弥山ブログ 酒魂日記

2011年10月8日(土) 16:50

日本酒のススメ〜其の百六 (*´・ω・)(・ω・`*)ネー。

秋真っ盛り!!。神輿月間も無事終わり、いよいよ年末へまっしぐら!!。各蔵元もこれから迎える酒造りに向けて蔵の掃除に体力準備に!!須弥山








まだまだ日中こそ汗ばみますが(わしだけ!?)、朝夕はスッカリ肌寒くなり、秋の到来と言うより冬の到来を思わせる気がしてきます。

早くももう10月、今年は兎に角色々有りました。

東日本大震災に始まり、須弥山の改革、久しぶりの酒の会・・・・・・・。

ま、毎年そうなんですが、今になってみると@いう間だったな〜と。

一日、一週間、一月が兎に角早いっす!!、って前もこんな事言ってたな、とフト思い出しながら、大してネタも見つからないので早速日本酒のご紹介、いっちゃいましょう。

あ、そうそう先週、島根の“月山”吉田さんと佐賀の“七田”さんと一緒に@須弥山で呑んだのですが、いや〜、楽しい時間過ごさせて頂きました。

二人とも家業の蔵を継ぐべく日々邁進していながらも、そこは蔵元、酒が入るとそんなプレッシャーから解き放たれるのか、心底酒の席を楽しんでいる様が、日本酒を売っている私には何か考えさせられるものがありました。

日本酒造っている人は、やっぱり日本酒呑んでいる時が一番楽しいんだな〜と。

私も頑張らねばと痛感した次第です。


ではでは、日本酒のご紹介。




先ずは而今

いまさら次郎、されど三郎の銘柄。

三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、冷おろしではないのですが、先日リリースされた岡山県産雄町50%精米自社9号酵母使用純米吟醸“雄町火入れ”


裏ラベル



<冷で呑んでみました>
香りは甘く酸はシッカリと存在している。味わいも、味の表面に緊張感を持ってて、更に奥行きがあって呑み応え充分である。キレも心地よくあるので決して呑み飽きしない。


☆3.88!!!!。



<燗付けてみました〜>
シルエットのシッカリしてた味わいが、ふんわりとし味の表面も柔らかくなったように感じられる。キレもそのまま健在なのでテンポよく呑めてしまう。


☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kinishou Brewing Joint Stock Company>
314-1,Honmachi,Nabari-shi,Mie,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
Aroma is sweet and acid are present as well. The taste has a tension on surface, and has depth. The result is a rewarding sake to drink. Sharpness of the sake is also comfortable, and drinking the sake is not bored.

*My evaluation (five point full marks):3.88point


<I tried to drink it warm sake>
Taste the sake became softer with increasing temperature. There is also plenty of sake flavor. Thanks to sharpness of the sake, i can drink good tempo.

*My evaluation (five point full marks):3.88point
------------------------------------------------------------------























で、2本目。



これは久々ですが何度も登場している小左衛門

岐阜県瑞浪市土岐町にある中島醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、信濃美山錦50%精米直汲純米吟醸“信濃美山錦”
あ、因みにこれも特に“冷やおろし”の明記はありませんね。


裏ラベル。


<冷で呑んでみました>
香りはシャープ。酸は力強いがそれに負けない深い味わいのお陰で、とてもバランスがとれている。旨味充分でキレもいい。小左衛門らしい1本。

☆3.88!!!!。



<燗付けてみました〜>
温めても全体的なシャープさは健在。味の輪郭はハッキリしており、味わいが厚みを増したぶん、よりダイナミックな印象に。勿論シッカリキレもあるので呑みきれは心地いい。


☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kozaemon:Nakajima Brewing Store Co., Ltd.>
7181-1,Toki-chou,Mizunami-shi,Gifu,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
Sharp fragrance. Strong acid. But thanks to strong taste,its sake has good balance. Enough taste and good sharpness. This sake is just one of Kozaemon.
*My evaluation (five point full marks):3.88point


<I tried to drink it warm sake>
Warmed the wine, that sharpness is alive and well. Outline of the taste of wine that is clear, now more dynamic impression for increased flavor. Good sharpness makes comfortable over the throat.

*My evaluation (five point full marks)3.88:point
------------------------------------------------------------------










今回は2種類、2通りの呑み方何れも“3.88POINT”。

これはつまり冷酒でも燗つけても、どちらでも充分美味しいということ。
どちらが勝ってるとかではなく、同じレベルで甲乙付け難い結果、ということです。ま、両者とも冷やおろしではないので、そういったことが言えるのかも、ですね。
面白い結果でした。












そんな訳で今週は2本、冷やおろしではないけれど冷・燗2パターンご紹介しました。


また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。



















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)宜しくお願いしま〜す

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ