須弥山ブログ 酒魂日記

2011年9月15日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の百三 ∇\(´^∀^` )カンパ〜イ。

今年は残暑も無く、何かあっさり秋に突入!!。日本酒業界は“冷やおろし”ラッシュで、22BY最後の盛り上がりをみせるが、早ければ来月中旬にも新酒がリリース!!。じゃ〜あ〜、いつその“冷やおろし”をご紹介するの?。今でしょう!!。という表題を先週考えていたのですが、みるみる残暑真っ盛りになってしまい、え、どうしようと思ったのですが軽く手直しして乗り切ろうと考えたのがこれ須弥山





こんにちわ〜、須弥山主米納です。



ちょっくら油断してたらやっぱ残暑きちまいましたね〜。


9月も半ばだというのに日中はマジ暑くて湿度が高くて、嫌になってしまいます。

ただ、日が落ちると少し秋らしくなって虫の音なんか聞こえてきて、言うても秋はもう直ぐそこまで来てるんだな〜と実感させられます。


ちょっと軽くお燗でも呑んで秋の味覚をお供に一献、という誘惑と闘いながらの帰宅の日々が続きます(T∇T)v。

そ〜言えば先週、ひっさびさに吟醸酒会を須弥山にて開催しました。
蔵は、岩手県の吾妻嶺と喜久盛の2社合同での開催でした。

できるだけ硬くない雰囲気で、お客様にも気軽に呑んでもらおうと、少し路線を変更しての試みでした。

思い切った変更だったので、始めは不安でいっぱいでしたが、いざ始まってみると何の何の、調理場の頑張り、蔵元さんの協力もあって意外とすんなり進行することが出来ました。

もう大丈夫。

そんな遠くない日にまた第2回目を開催したいと目論んでる次第です。

興味のある方は、じゃんじゃんご参加下さいませ。

やっぱ造っている人の言葉には、一つ一つにとてつもない重みがありますわ。






んな訳で、今週入荷の“冷やおろし”ご紹介しま〜す。






先ずは異色の醸造家が醸す日本酒、山ユ

もう今年は取り上げるに取り上げてるMY BESTですね。

今回は春先に紹介済みなのですが、まだその時は若かったので、再度仕入れてみました。因みにこの“桃山ユ”は冷やおろしでは有りませんので!!。

秋田市河辺産改良信交50%精米(麹米)55%精米(掛米)六號酵母使用の純米吟醸“改良信交”桃ラベル


裏ラベル。



<冷で呑んでみました>
美味い!!。
香りは6号特有の甘味と奥行のある香り。細かい酸が味わいを優しく包み込む。しかし、味わいは充分発揮されてて口中を酒米の旨味で満たす。キレも上品で潔い。



☆4.00!!!!。



<燗付けてみました〜>
わ〜お!!!。
燗を付けてもいけるな〜。旨味が冷の時より開花して、更に口の中を味わいで満たす。でも決して、味がもたついたり、無駄に主張したりはしない。キレもよく呑み飽きしない。


☆4.15!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Yamayu:Aramasa brewery Co., Ltd.>
6-2-35,Ohmachi,Akita-shi,Akita,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
Delicious!.
There are scent of deep sweetness that is characteristic of yeast No. 6. Small acid wrap the taste of sake gently. However, the flavor will fill your mouth enough to taste the brewer's rice. Crisp taste is elegant and manly.

*My evaluation (five point full marks):4.00point


<I tried to drink it warm sake>
Wow!.
This is also delicious with warming up this sake. The flavor spreads more than cold sake. Mouth is filled taste more. However taste will not to be obtrude and bad crisp. Good crisp makes to drink with tempo.

*My evaluation (five point full marks):4.15point

------------------------------------------------------------------









次にご紹介するのは、松の寿

これも今年だいぶご紹介させて貰った銘柄ですね!。

栃木県塩谷郡にある株式会社松井酒造店さんの日本酒。

今回はそのマツコトさんの“冷やおろし”。

山田錦65%精米K1801+K901の2種類の酵母をしようした純米“冷やおろし”


裏ラベル。


呑んでみました。


<冷で呑んでみました>
香りはいつものように軽快で華やか。味わいもいい意味で程々。全体的に穏やかな感じでバランスがとれている。


☆3.55!!!!。



<燗付けてみました〜>
香りは控えめに。しかし味わいはだいぶ膨らみ表情が一変。奥行きと厚みが増して中々逞しい味わいに。キレのメリハリも出てとても心地いい。


☆3.85!!!!。





------------------------------------------------------------------
<Matsunokotobuki:Matsui Brewery Shop, Inc.>
3683,Funyu,Shioya-machi,Shioya-gun,Tochigi,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
The scent is light and fragrant as usual. Moderate taste. The flavor is balanced by the overall calm.


*My evaluation (five point full marks):3.55point


<I tried to drink it warm sake>
Scent sparingly. However, the taste is considerably swell. And the expression of sake is transformed. Increasing the thickness and depth of flavor, the taste will be strongly. Crisp is sharp,and will be better.

*My evaluation (five point full marks):3.85point

------------------------------------------------------------------













そんで以て最後は結人

群馬県前橋市にある柳澤酒造株式会社さんの日本酒。

夏酒“夏のあらばしり”が今年ブレイクしお盆前に完売してしまった、今勢いのあるお蔵さんですね。


あ、そう言えば、先週、蔵元杜氏の弟の柳澤圭治君がわざわざ群馬より来て下さって、須弥山で一緒に呑んだのですが、いや〜、相変わらず真っ直ぐで熱い男ですわ、彼は!!。

沢山沢山、元気もらいました!!!。

そんな結人さんからの“冷やおろし”は、五百万石55%精米純米吟醸無濾過“ひやおろし”

あ、それとこの結人さん、恐らく全国で唯一じゃないでしょうか、使用する酒米は五百万石のみなんです。


裏ラベル。


<冷で呑んでみました>
香りは穏やか。味わいも特に抜群という訳ではない。でも、味わいの輪郭はシッカリとあるのでこのままでも呑み飽きしない仕上がりに。


☆3.33!!!!。



<燗付けてみました〜>
お〜っ!!。
燗をつけると変わりますね〜。米の旨味が存分に開花しますね。冷の時に感じた物足りなさを充分埋めてくれます。キレもでるのでグイグイいってしまいそう。



☆3.75!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Musubito:Yanagisawa brewery Co., Ltd.>
104-2,Fukadu,Kasuwa-machi,Maebashi-shi,Gunma,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
Mild fragrance. Taste is very mediocre. But the outline of the taste is firmly. So this sake's finish don't get bored to drink.

*My evaluation (five point full marks):3.33point


<I tried to drink it warm sake>
Wow!,warming this wine, taste will be changed. It will appear to fully flavor the brewer's rice. These changes complements the thing insufficient that felt when drinking cold sake. These wine's sharpness makes rhythmic drinking.

*My evaluation (five point full marks):3.75point

-----------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は3本、冷やおろしを冷燗2パターンご紹介しました。


また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)宜しくお願いしま〜す

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ