須弥山ブログ 酒魂日記

2011年8月16日(火) 16:50

日本酒のススメ〜其の九十九 ε-(´∀`*)ホッ。

まだまだ紹介しますよ!!。弾切れなんてしませんよ!!須弥山




こんにちわ〜、須弥山主米納です。



いや〜、夏本番!!!。
暑い日が続きますね〜。連日30℃越え当たり前、体温以上とか。

もう勘弁って感じです( >Д<;)。
立っているだけで汗がタラタラ・・・・・・(;;´∀`;)。

ま、でもこれくらい暑くないと“夏”って感じがしないっか(´・∇・`)。




話は変わりますが、この前ニュースで現在の被災地の様子が写し出されたのですが、3月11日にほとんど全ての人工物が、津波によって破壊され、一面瓦礫と化した町が、5ヶ月を経た現在、まだ一部瓦礫が残っているとはいえ、その様子は当時のそれとは大分様相が変わっていました。

決して全ての町がそうだとは思いませんが、そこには力強く青々と茂る草々が・・・・・。

一面緑とまではいかないが、何事もなかったかのように、人間を知り目に自然は既にしっかりと根を張り力強く再生している。

良くも悪くもこれが自然の力なのか、そんなことを痛感させられ、強烈にショックを受け、色々考えさせられた瞬間でした。






話が重くなりましたが、今日もズバッと新入荷の日本酒ご紹介!!!!!!!。






先ずは、花泉

これで<はないずみ>と読みます。

福島県南会津郡南会津町にある花泉酒造合名会社さんの日本酒。

実は、って訳でもないんですが、昨年紹介したあの“見えづらい”ラベルNo.1、<ロ万>の蔵元さんのローカルブランドなんですね、この花泉。
今回ご紹介するのは、南会津産夢の香(使用率90%)・60%精米南会津産ひめのもち(使用率10%)・65%精米特別純米酒


呑んでみました。




香りは穏やかながら、酸はシッカリ強め。味わいは筋肉質で引き締まっている。勿論懐は深い。でも、喉越し後は潔く切れていく。力強さが印象的な日本酒。







☆3.66!!!!。











-----------------------------------------------------------------
<Hanaizumi:Hanaizumi brewery general Partnership>
467,Sakai-aza-Nakata,Minamiaizumachi,Minamiaizu-gun,Fukushima,japan

*My evaluation (five point full marks):3.66point

*Expression of this sake of my own way:Aroma is gently and acid is firmly stronger. Taste is muscular and tight. But after tasting through the throat will disappear gracefully. Impressive strength sake.
------------------------------------------------------------------
























そして2本目エエエエエエエエ!!!!!。

2本目は、毎度おなじみ相模灘

神奈川県相模原市緑区にある久保田酒造株式会社さんの日本酒。

今回相模灘三兄弟から届いた日本酒は、備前雄町50%精米純米吟醸“雄町”


呑んでみました。




やっぱり相模灘は相模灘!!!!。酒米の種類が変わっても、相模灘イズムは健在。

程良い酸味にシッカリした輪郭をもった味わい。充分に旨味を出しきった後は心地いい余韻を残して綺麗に消えていく。雄町の旨味もきちんと表現されている。






☆3.89!!!!。


















-----------------------------------------------------------------
<Sagaminada:Kubota brewery Co.,Ltd.>
702,Nekoya,Midori-ku,Sagamihara-shi,Kanagawa,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:Sagami-nada are still Sagami-nada. Even across types of sake rice, Sagaminada-taste is alive and well. Modestly acid and taste with firmly outline. After the taste is filled in my mouth ,that taste will disappear leaving good afterglow. Are adequately represented in the taste of Komachi rice.
------------------------------------------------------------------






















そして最後取りを務めるのは、悦凱陣

これも、この酒魂日記では馴染みの日本酒ですね。

当店スタッフの仲井君の故郷、香川県仲多度郡琴平町にある有限会社丸尾本店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、オオセト米55%精米熊本九号酵母使用“無濾過”純米


裏ラベル(^艸^)。


呑んでみました。









香りは穏やかながら軽くスモーキーな感じ。
味わいはちょっと変わっていますね〜。酸もシッカリしているがそれにも増して旨味が逞しい。更に旨味がしっかりしているにも関わらずエッジが効いてて辛口に感じられる“旨辛酒”。







☆3.88!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Yorokobi-gaijin:Maruo Head Co.>
93,Enai,Kotohiracho,Nakatado-gun,Kagawa,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way:Lightly smoky aroma with a gentle feel. The unusual taste. The acid is solid. However, there are enough flavor to it than ever. This wine has the deep flavor and the firmly edge. This is the sweet and spicy wine.
------------------------------------------------------------------
























そんな訳で今週は3本、日本酒ご紹介しました。


また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張って粋ましょう!!。













いらっしゃい!!。


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ