須弥山ブログ 酒魂日記

2011年2月24日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の七十八 (^∇^)b〜

日本酒ヤッフォー!!!須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。





やっと雪が降ったかと思ったら、何か寒さも和らいで、早くも“春の訪れが・・・”なんて話が聞こえてきて、ちょいとテンション下がり気味な今日この頃。今週の金曜日のはナント予想最高気温18℃!!!!(爆)。

あ、でも、今度の日曜に秋田県に蔵見に行くので、その時に往生際が悪く積雪を満喫してこようと思いま〜す(`・ω・´)キリッ。



ンな訳で、今週も新酒のご紹介。


先ずは、我が東京の地酒、屋守
これで<おくのかみ>と読みます。
この酒魂日記では常連さんの日本酒ですね。
今回ご紹介するのは、広島県産八反錦50%精米(麹米)55%精米(掛け米)純米直汲み無調整生


呑んでみました。




酸はしっかりしているが、いつまでも存在している訳ではなく、というより、直ぐ様、米の旨味が十分に口の中に広がり、爽やかな味わいを堪能することが出来る。勿論、味のキレも心地よくその後の余韻も申し分なし。美味いッスね!!。







☆4.00!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Oku-no-kami:Toshimaya brewing Ltd.>
3-14-10,,Kumegawa-chou,Higasimurayama-shi,Tokyou,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point
*Expression of this sake of my own way:I feel the acid steady with this sake.However, the acid felt that I am strong doesn't exist indefinitely, and the profit of rice extends enough to the mouth immediately. As the result, a fresh taste can be satisfied.The taste disappears bravely in this sake. And, it can enjoy reverberations afterwards.
------------------------------------------------------------------













次にご紹介するのは、麻輝
これで<あさぎ>と読みます。

もう、この酒魂日記でも何度か登場している、千野麻里子さんが杜氏を務めているお蔵さんですね。
長野県長野市中島町のある株式会社酒千蔵野さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、山田錦59%精米特別純米無濾過生原酒中汲み中取り


呑んでみました。








お〜、これも美味いな〜。
屋守程の強い酸ではないが、細かい酸が味わいを消す事無く優しく包み込む。しかし、味わいもちゃんと米の甘味を伴って口中に広がっていく。呑み応え良し、バランス良し。






☆4.00!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Asagi:Shusen-kurano Ltd.>
368-1,Imai,Kawanakajima-machi,Nagano-shi,Nagano,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point
*Expression of this sake of my own way: This sake is also delicious. The acid of this sake is a very gentle taste. However, tasting firmly extends in the mouth attended with the sweetness of rice. This sake makes the person who drinks feel the full satisfaction and harmony.
------------------------------------------------------------------













3本目ェ〜。
新潟県南魚沼市にある青木酒造株式会社さんの日本酒で鶴齢
これで<かくれい>と読みます。
これも、酒魂日記お馴染みさんですね。

今回ご紹介するのは、五百万石50%精米純米吟醸酒


呑んでみました。






酸はしっかり。味は五百万石らしいタイトな印象。ただ、もう少し力強さがほしいところかな。でも、今の状態でこのお酒のバランスが悪い訳ではなく、これはこれで十分ありなんです。普段でしたらいい評価になるところですが、今日は他のレベルが高すぎますね。






☆3.78!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Kakurei:Aoki brewing Ltd.>
1214,Shiozawa,Minami-uonuma-shi,Niigata,japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point
*Expression of this sake of my own way:As for this sake, the acid is felt strong by me. Tasting is tight. However, I want powerful of this rice a little more. However, this sake is very well-balanced also in the current state.This sake is a good a little more evaluation when it is other time. This time, the level of other sake is high.
------------------------------------------------------------------


















そんでもって4本目ェは、羽根屋
これで<はねや>と読みます。

富山県富山市百塚にある富美菊酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは富の香55%精米純米吟醸


呑んでみました。







ん〜、旨い。
表現的には、<麻輝>の香りをもう少し穏やかにした感じ。といっても、それはマイナスな意味ではなく、この酒はそれを踏まえた上で抜群のバランスを構築しております。優しい旨味の広がりとキレ。素直に美味しいと言える日本酒です。





☆4.00!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Hane-ya:Fumigiku brewing Ltd.>
134-3,Momoduka,Toyama-shi,Toyama,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point
*Expression of this sake of my own way:The impression of the taste of this sake is feeling that makes the smell of < Asagi > calm a little more. However, it is not a bad meaning. this sake constructs a wonderful balance. Extension of gentle delicious,and tasting disappears bravely. I think that this sake is delicious obediently.
------------------------------------------------------------------





最後ォ〜にご紹介するのは、昨年の暮れから扱い始めた五凛
これで、<ごりん>と読みます。

かの有名な石川の株式会社“天狗舞”車多酒造さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、兵庫県特A地区産山田錦60%精米純米生酒


呑んでみました。







ん〜、そうですよね。そうなんですよね。



酸はそんなに感じられないが、味の広がり、味わい、喉越し、全てにおいて、それ以上でもそれ以下でもない、そこでしかない絶妙なバランスで酒が存在している。私がもつ能登流のお手本となる味わい。杜氏の底力をただただ感じるばかりです。







☆4.00!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Gorin(Tengu-mai):Shata brewing Ltd.>
60-1,Boumaru-machi,Hakusan-shi,Isikawa,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point
*Expression of this sake of my own way:The acid is very calm. This sake faintly has an elegant smell. This sake fills the mouth with the taste. This sake is smooth in the throat. This sake has a wonderful balance in three points of the above-mentioned. It can be said that tasting this sake is a model of the Noto style. Though this is a subjective opinion.
I feel admiration for the height of the technology of the brewing of the sake brewer very much.
------------------------------------------------------------------















今日はとても完成度の高い日本酒に囲まれて、テンション上がりっぱりっぱなしです!!。



マジ、日本酒楽しいッス!!!。










それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!。

















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollowよろしくです(twitter:@shumi1000)。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ