須弥山ブログ 酒魂日記

2010年11月19日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の六十七(^δ^)b〜

日本酒またもや入荷中須弥山

こんにちわ〜、須弥山主米納です。


いや〜、井の頭公園も本格的に色づき、日曜日ともなれば紅葉を一目みようとする人で南口はイモ洗い状態。当の公園も人人人人・・・・・・。

私もご多聞に漏れず今週の日曜日に、と思っておりましたが、ふと、今週の日曜日は蔵見学!!!!!!!!!!!!!ってことを思い出しました〜。

一先ず、紅葉はお預け。


そんなこんなで、新入荷日本酒のご紹介。



先ずは当店らしくない超有名ブランド八海山
言わずもがなこれで<はっかいさん>と読みます。

もう、紹介するのもお恥ずかしい有名蔵ですね。
新潟県南魚沼市長森にあります八海醸造株式会社さんの日本酒。
実は私、15年前にこの業界に身を投じたのですが、生まれて初めて行った蔵元が八海山でした。

当時、日本酒の事なんて全く分からず(今思えば失礼な話)、只々目の前にある設備とかを片っ端から質問して、当初の予定より大分時間をオーバーしてしまい、かなりそのあとの予定がズレズレになった思い出があります。

ただ、当時から自家製米、サーマルタンク完備と、今だからその設備力の凄さを痛感しております。

今回ご紹介するのは、そんな八海山の新酒、しぼりたて原酒生酒“越後で候”青越後
※青越後(普通酒)というくらいですから、ちゃんと赤越後(純米吟醸)ってのもあります。

実は毎年一本だけ、八海山の素顔が見れるんで、このお酒だけは仕入れているんですよ。
麹米:五百万石(55%精米)、掛け米:五百万石・トドロキワセ・ゆきの精(それぞれ55%精米)普通酒

普通酒、ちょっくら調べてみましょう。


酒魂日記一口メモ普通酒
<普通酒とは?>
日本酒は一般的に米・米麹・水・醸造アルコールを原料としてつくられています。上記のうち、醸造アルコールを使用していないものを純米酒といいます。

日本酒の分類は、米の磨きの度合い(精米歩合)によって決まります。
以下は大まかな分類です。

・大吟醸酒:精米歩合50%以下 (玄米を50%以上削ったもの)
・吟醸酒:精米歩合60%以下
・本醸造酒:精米歩合70%以下
※純米:以前は精米歩合が7割以下と定義がなされていたが、平成15年に撤廃された。

では、普通酒とは何かというと、精米歩合が上記の分類にあてはまらないものや、醸造アルコールを白米重量の10%以上(本醸造は10%以下)使用しているものを指します。

そのため普通酒といっても、本醸造に限りなく近い質の良いものから、三増酒(三倍増醸酒)といって醸造アルコールが30%以上使用された上、糖類や酸味料が添加されているものまで幅広くあります。

本醸造や吟醸で良いお酒を作っている酒蔵の普通酒には美味しいものも沢山ありますので、試してみるのもいいかもです。

(インターネット関連情報含む)




呑んでみました。


所謂、一般に出回っている八海山とは、一線を画す味。酸をシッカリと持った味わいは懐も深く、きちんと米の甘味も兼ね備えた仕上がり。
つくづくこういう資質を販売するのって八海山位の大きな蔵だと難しいのかな〜、と思ってしまう。



☆3.52!!!!。







次にご紹介するのは奈良萬
これで<ならまん>と読みます。
福島県喜多方市にある夢心酒造株式会社さんの日本酒。

もう何度も酒魂日記に登場している日本酒ですね。
今回ご紹介するのは五百万石55%精米うつくしま夢酵母使用純米瓶火入れ


呑んでみました。



お、今までの奈良萬よりはちょいと辛く感じやすい印象。ただ味わいが軽快なためついつい盃を重ねてしまいそう。ま、そうは言っても東北らしい引き締まった筋肉質な仕上がり。



☆3.69!!!。







そして3本目は鳳凰美田
新酒第2弾。
富山県南砺産山田錦55%精米純米吟醸原酒無濾過オリ絡み本生“白判”(限定品)。長いっ!!!!(笑)。


呑んでみました。


口当たりは、いつもの美田と比べると、辛さを先ず感じる。
ただ、口の中でユックリおと温度つけていくと旨味もユックリと開いてくる。
また、常温でもう少し置いておいてみようかな。
ま、これはこれで、持ち前の潔いいキレが健在なので、ついつい盃を重ねてしまうかも。



☆3.77!!!。




そして最後にご紹介するのは、ぐいーっと西に行って而今
三重県名張市の木屋正酒造合資会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、秋田県産美郷錦55%精米自社9号酵母使用純米吟醸酒


呑んでみました。


いや〜素直に美味い。

酸も数字ほどは感じられず、どちらかというと味と一体化しうまくまとまってる感じ。
香りも穏やか心地よし。甘味も程よく味の表面の張りも露骨過ぎず更によし。キレもきちんとあって、心の底から「美味い!!」といえる酒。



☆4.79!!!!。



取引している酒屋に聞いたら、35ケース(210本)入荷して、その日のうちに完売したそうです。

酒屋で見かけたらゲットン、居酒屋で見かけたらドリンキングする価値は十二分にあります。






それでは、今日も頑張ってましょう!!!!。










いらっしゃい!!。



























※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollowよろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ