須弥山ブログ 酒魂日記

2010年10月20日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の六十二(^δ^)b〜

更にひやおろしから超限定酒、仕舞には新酒まで、ゾックゾク入荷須弥山



大分夜も涼しくなり、流石に短パンをやめ始めた今日この頃、いかがお過ごしですか、な感じな須弥山主米納です。

休みの日に、呑んだ後呑み屋を出た時のヒンヤリした夜風が何とも気持ちいいものですね。火照った身体を優しく冷ましてくれます。

あ、先日の日曜日(17日)、聖蹟桜ヶ丘の小山商店の酒の会“独酌会”に行ってきました。
陸奥八仙(青森)、一白水成(秋田)、想天坊(新潟)、奈良萬(福島)、仙禽(栃木)、一喜(千葉)、天青(神奈川)、相模灘(神奈川)、車坂(和歌山)、賀儀屋(愛媛)、貴(山口)の総勢11蔵。

皆さん造りを前にしての忙しいこの時期に、貴重な時間を割いての参加でした。

参加蔵の日本酒は、11蔵中10蔵は取り扱ったことがある銘柄でしたが、蔵元さんと直接お話しするのは初めてでしたので私もちょこっと楽しみではありました。

参加者はテーブルに着席して、そこに蔵元さんが日本酒を3本、カートに入れて持ち歩く、初めてのスタイルでした。

3種類日本酒を利き酒し、質問する、の繰り返しでした。

どの蔵元さんも緊張感をもって一生懸命対応してくださり、本当に自分にとって為になる、更には今後のセレクトに影響する出会いでした。
こういう蔵元さんと長いお付き合いが出来ればと痛感した次第です。

本当に有難うございました。
そしてこれから一冬、怪我のないように頑張って下さい。




では、新入荷の日本酒ご紹介しま〜す。



先ずは陸奥八仙
これで<むつはっせん>と読みます。

青森県八戸市湊町にある八戸酒造株式会社さんの日本酒です。
八戸酒造さんは以前紹介したことありますよね。

今回ご紹介するのは華吹雪(55%)・むつほまれ(60%)、2種類の酒米を使って仕込んだ特別純米無濾過原酒“ひやおろし”

呑んでみました。





ズバリ八仙らしい香り華やかなアタック。味わいは軽快なので“ひやおろし”としてはもう少し奥行きが欲しいところ。でも、吟醸酒としての完成度はある程度クリアーしているので、“ひやおろし”という事に拘らなければOK。







☆3.78!!!!。




















次にご紹介するのはまんさくの花
これで<まんさくのはな>と読みます。

まんさくの花も以前ご紹介した日本酒ですね。
秋田県横手市増田町にある日の丸醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、吟の精55%精米純米吟醸生原酒“まんさくの花蔵内限定商品杜氏直詰”

蔵内限定酒!?。杜氏直詰!?。
聞いてみました。


600本限定で、杜氏自ら酒をチョイスして詰めているそうです。



呑んでみました。



今回の5本の中では一番地味かも。ただ味わいはシッカリあるのでもう少し軽快な香りがあれば心地よく呑めそう。香りが苦手、って言う人向きですかね。








☆3.46!!!。









次にご紹介するのは、来福
これで<らいふく>と読みます。

以前、9%精米の純米大吟醸の時と、春のお花見ラベルの時と二度ほど紹介したことがありますね。

今回は兵系酒十八号50%精米花酵母(東農短醸分離株)で造った純米吟醸“ひやおろし”


呑んでみました。



独特の味わい。それが花酵母の影響か酒米の影響かは分からないがなんかちょっと垢抜けない味わい。甘い香りの戻り香があるが全体的なバランスは取れているかも。







☆3.79!!!。






そして4本目。
もう何度も登場している小左衛門
これで<こざえもん>と読みます。

岐阜県瑞浪市土岐町の中島醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは特別限定“参種斗瓶取り攻め”!?。

つまり
@特A山田錦&愛山の純米大吟醸 A特A山田錦の純吟 B備前雄町の純吟 の3種類の日本酒の攻めの部分をブレンドした日本酒、という事だそうです。

大丈夫か・・・・・・・・・。



呑んでみました。



おっ!!。

穏やかな香りと程よい甘味。3酒ブレンドにしては一体感がありキレもいいのでテンポ良く呑めてしまいます。更に小左衛門らしい奥行きも感じられ呑み手を飽きさせません。食中酒向きな名脇役。オススメです。






☆4.0!!!!。






そして取りを務めるのは久々の登場鍋島
これで<なべしま>と読みます。

スポットで何度かご紹介したことありますね。
佐賀県鹿島市浜町にある富久千代酒造有限会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは愛山米50%精米純米吟醸

紫のラベルが何とも艶やか!!!。

呑んでみました。



お〜、何とも心地いい香りが口の中に広がりシッカリとした輪郭をもった味わいが程よく膨らみ、そののち両者とも潔くスカッとキレていきます。
余韻も軽快で何杯呑んでも飽きることはないでしょう。
面倒見のいい酒です。

うん、旨いっす。







☆4.39!!!!。






それでは今日も頑張ってましょう。




いらっしゃい!!。













※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollowよろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ