須弥山ブログ 酒魂日記

2010年5月19日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の四十一〜 

限定酒須弥山


こんにちわ、須弥山主米納です。



昨日、北海道は旭川より菅井淳介先生(淳工房ガラス工芸主宰)が来店されました。
菅井先生は須弥山のアイコン的存在の、“木グラス”を造っているガラス工芸家です。今日から始まる個展(大雪山の古木とグラス:www.galleryshunn.com)のため上京されたそうです。
で、ホテルに荷物を置いて休む間も無く、須弥山のビールが呑みたいとのことで馳せ参じて下さったとのこと。

豪快にビールを飲み干し、木グラスで日本酒を5杯ほどぐいぐいと呑んで、「じゃ!」と言って帰られていきました。
いつもながら、北の大地のようにスケールのでかい方です。

でも、色々とお話聞くことができて、そのパワフルさに圧倒されっぱなしでした。でも、同時に物凄いパワーを頂いたのも事実です。

私が言うのも生意気ですが、本当にクレバーでパワフルな方です。
そして、温かく義理堅い方です。

男として人として本当に私は大好きですし尊敬しております。
今週の日曜日に再開できることを楽しみにしております。






それでは、新商品のご紹介。
今日はいつもとちょいと雰囲気が違うんですが、鑑評会の出品酒を3本ご紹介。

その前に<鑑評会>とは?。

<酒魂一口メモ>全国新酒鑑評会
全国新酒鑑評会とは独立行政法人酒類総合研究所が主催する鑑評会で、明治44年に第1回開催以来現在に至っております。
現在全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会であり、製造技術と品質の向上に果たす役割は極めて大きいものがあります。


毎年、広島の西条にて5月の下旬に一般公開され金賞、入賞などの日本酒にありつくことができます。
因みに、一等賞を決めるのではなく、ある程度の条件をクリアーすれば金賞受賞ということで、複数の蔵が金賞を受賞する訳です。

一方、杜氏組合が主催する“自醸酒鑑評会”は各杜氏達が自分の所属している杜氏組合の中からその年のNo1を決めるので、一等(首席)に選ばれた酒(=杜氏)はその年のその杜氏組合を代表する味(=顔)、といえるでしょう。



最初にご紹介するのは、超久
これで<ちょうきゅう>と読みます。
和歌山県海南市にある中野BC(株)の日本酒。
中野BC、当店では、シークアーサー梅酒で取扱がありますが、清酒は初めてです。他の居酒屋でも色々な梅酒で知れ渡っている蔵です。

中野BC初めてなので調べてみました。

<酒魂一口メモ>中野BC株式会社
中野BCとはNakano Biochemical Creationの略(わぉ!)。HP見ていくと、清酒、梅酒、ワイン(梅のワイン)、更には健康食品・化粧品、果ては不動産業まで、和歌山県内にいくつかの事業所を抱え、多岐に渡って事業展開している会社のようです(爆)。私がお付き合いさせてもらっている蔵元さんとは、別次元の規模のようです。まだ、調べれば色々とありそうです。


今回ご紹介する日本酒は、そんな蔵の出品酒。
山田錦35%精米9号系酵母大吟醸しずく斗瓶取り



呑んでみました。



お!、9号系の軽快な爽やかな香り。
呑むと、舌の上で温度を得た酒がトロッと(あくまでイメージ!)舌を包み込むような口当たり。程よい甘味、そしてスッと消える咽越し。

むむむ、やはり出品酒は違うな〜。




☆4.0!!!!。







そして次にご紹介するのは篠峰
これで<しのみね>と読みます。
篠峰はつい先日ご紹介したばかりですね。
今回は、そんな篠峰の吟和のご紹介。
山田錦40%精米限定大吟醸


呑んでみました。


香り味とも穏やかながら筋の通った味わい。味の輪郭がやわらかく膨らんで、程なくシャボン玉が弾けるように味もパッと消え、ゆっくり余韻を楽しめます。

美味しいですね〜。



☆4.01!!!。







三本目は万齢
これで<まんれい>
佐賀県唐津市の小松酒造さんの日本酒。
小松酒造、初めてなのでちょいと調べてみました。

<酒魂一口メモ>小松酒造株式会社

小松酒造の創業は江戸末期。蔵の壁には大正から昭和にかけての新酒鑑評会の賞状がズラリと並ぶ老舗です。 戦時中は海軍ご用達の清酒「宣陽」をつくり、前線基地で兵士たちに愛飲された歴史もあります。

 小松酒造は佐賀県北部にある小さな酒蔵です。まわりを山々に囲まれ自然に恵まれた環境の中にあります。お酒造りには昔ながらの手造りにこだわり、全工程をすべて手造りで行っています。造り手がこだわり、お客様がこだわって飲む。それが小松酒造のお酒です。
(小松酒造HPより)

とのこと。

ちょっくら行ってきました(グーグルアース!!)。

書いてある通りかなり山々に囲まれた場所にありますね〜。水には恵まれていそうです。相知駅を降りて厳木川を渡って50m位かな、行ったところにあるようです。何せ、高度1.5kmのところからの情報なので蔵の確認は無理でした。


今回ご紹介するのは山田錦38%精米大吟醸出品仕様超特別限定酒☆30本☆(マジかっ!!)、“小松大祐”
色々と書いてあります(汗)。


この小松大祐氏、HPには“七代目 小松大祐がこころをこめて造った手造りのお酒”とあるので、蔵元杜氏のようですね。



呑んでみました。


おっ。若干若いが(本来当たり前!)、ただ、「美味くなる味の“蕾”」はとても感じられるので、低温で寝かせておけば秋口手前には色っぽく美味しくなるんじゃないですか!。あ、だからと言って今が駄目な訳じゃ全然ありません。
呑んだ瞬間に、それを想像させるお酒だったので上記のようなコメントになっただけです。
今呑んでも十分美味しい酒です。


自分の読みを信じて☆4.17!!!。





最後に番外編。
兎に角濃くて好き嫌いが真っ二つに分かれる酒っていうリクエストで入荷した日本酒。


これで<おく>と読みます(紛れもなくそのまんま〜)。
愛知県幡豆(はず)郡幡豆町にある山崎合資会社の日本酒です。

山崎合資会社初めてですね。

ちょいと調べてみました。

<酒魂一口メモ>山崎合資会社
創業以来、この幡豆町を舞台に営々と酒造りひと筋に歩んできた造り酒屋です。幡豆の豊かな自然が育んだ水と、澄んだ空気、そして独自の酒造りノウハウのハーモニーから生まれた製品群の数々は、主力ブランド「尊皇」、「尊王」をはじめとして酒販店、消費者の方々から高い評価をいただいています。
お酒は風土からの贈り物。当社はこれからも幡豆の自然と語り合い、愛飲家の方々と対話を重ねて、さらに豊かな味わいをお届けしていきたいと考えています。
(山崎合資会社HPより)

とのこと。

ちょっくら行ってきました(グーグルアース!!)。
愛知県の東側、西幡豆駅のすぐ北側にあるようです。
海(太平洋)までも近そうです。

今回ご紹介するのは、夢山水60%精米2007年度醸造純米酒(わぉ!!)。

ラベルはとてもいい感じですね。好きなセンスです。



呑んでみました。


んんんんんんんんんんんんん、わぁ〜お
こゆい!。
ドロッとした(あくまでイメージ)舌触り。熟香もバッチリ!!。
でも、キレがしっかりあるので咽越しはいい・・・・・かな?。
味がこゆいんで、余韻が・・・・・・。

熱め(55℃〜)に燗つけたほうが、らしさ発揮しそうです。
へしことか飛島の塩辛とか燻りがっことか相棒にしたら何杯でもいけそうです。




難しぃ・・・・・・。
☆・・・・・・・・・・。
冷酒:2.2、燗:3.2!!。







それでは今日も頑張ってましょう!!。











いらっしゃい!!!。

















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollowよろしくです。
“shumi1000”で検索GO!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ