須弥山ブログ 酒魂日記

2010年5月6日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十九〜 今年もやってきました!。

宇宙忍者須弥山
いや〜、やっと暖かくなりましたね〜(^δ^;)ホッ。

私もバッチリTシャツ&短パンデビューしましたし、家にある膨大な冬着もかなり大変な思いをして全て片付けましたし。

これからポカポカ&暑暑季節を満喫したいと思いま〜す。
(冬好きは何処に・・・・・・・汗)




ってな訳で、新入荷の日本酒のご紹介いいいいいいいい。

先ずは、タイトルにある“今年もやってきました!”を。
バルタン星人
ご存知、山梨県大月市にある笹一酒造さんのコラボシリーズの一つ。

笹一酒造さん、ちょっくら行ってきました(グーグルアース!!)。
大月市とあるんで、街中かな〜と思って(何の根拠もありません!)いたんですが、全然山間の谷間という感じです。笹子駅から近いようです。ん〜、水には恵まれてそーです。
ホムペ見てみると“酒遊館”なる酒販コーナー、飲食コーナー、果ては“ラオ”の展示からなる別館も併設されてて、かなり観光化されていますね(笑)。
蔵見も随時受け付けているようです(詳しくは笹一酒造HP参照されたし)。

58%精米吟醸酒

相も変わらずな勇姿。


呑んでみました。




お!っ。んっ!。
いけるじゃん!。
去年よりは数段完成度が高いっすね〜。
味のバランスが旨くとれている気がします。
○王なんかよりはジェンジェンいいっすよ。




☆3.・・・・・・・、






☆3.49!。











次にご紹介するのは、小左衛門
これで<こざえもん>と読みます。

岐阜市瑞波市(みずなみ-し)は中島醸造(株)さんの日本酒。

初めてご紹介する酒造メーカーさんですね。
“小左衛門”と“始禄”という銘柄の展開のようです。

ちょいと調べてみました。

<酒魂一口メモ>中島醸造株式会社
創業1702年(元祿十五年)。現社長、中島祟貴氏で十四代目。
[沿革]
元禄15(1702)年:当代 中島小左衛門用信が年貢米を活かし酒造りを始める。
昭和28(1953)年:12代目中島小左衛門が当主株式会社を設立。
平成9(1997)年:古酒造りを始める。特定名称酒比率を高める方向性打ち出し
平成10(1998)年:近代画家の巨匠パウル・クレー(Paul Klee)の作品をお酒のラベルに使用することについて、スイス・ベルンの財団より許可を取得、3種類の商品を発売。
平成12(2000)年:新銘柄 「小左衛門」を立ち上げる。純米、三年古酒を中心に計7種類。
平成13(2001)年:秋、創業三百周年記念酒 「始禄 三百年」発売。
平成13(2001)年:純米大吟醸を造る。
平成14(2002)年:元禄15年より創業300年を迎える。
※創業300周年記念行事としてソムリエ・田崎信也氏、シェフ・勝又登氏に公演を依頼。
平成14(2002)年:元禄15年のように瑞浪にて酒米を育て、収穫する。
※瑞浪米使用の「小左衛門 純米吟醸」を2種類発売する。
平成18(2006)年:単位農協との取引開始 農家の方々の顔が見えるお米の入手に。

で、今に至ると。

更に行ってきました!。
お!、笹一さんよりは大分街中ですね〜。土岐川の近くにあるようです。
(グーグルアースの解像度がおっつかない<涙>。)
蔵のホムペ見たところ、この蔵も、蔵見が可能だったりレストランが併設されていたりと、中々の規模のようです(あくまで推測)。


今回ご紹介するのは、越中五百万石55%精米純米吟醸酒“夏吟”
夏吟とはまだちょいと早いですが・・・・(汗)。


呑んでみました。


お〜。
バランスがいいですね〜。
香り穏やか、口当たりも咽越しも自然で素直な感じですね〜。
暑い夏にはいいかも、です。




☆3.23!!。






そして最後にご紹介するのは、飛露喜。
これで<とびろき>、いや<ひろき>と読みます(汗)
いや、お客さんが<とびろき>と読んだのが面白くて拝借しちゃいました。

今回ご紹介するのは、昨年も好評だった50%精米の限定吟醸酒。


呑んでみました。




うん。
安心できる味わい。口当たり咽越し余韻、全く問題ないですね。
細かい事を言っちゃうと、一つ二つありますが、じぇんじぇん許容範囲内ですね。

安定しているというか、ほんと上手に仕上げていますね。





☆3.75!!。



今回、ちょっと気取った写真撮ってみました。
@先ず、接写。


A手前にピント合わせ。


B奥にピント合わせ。



なんか、いい感じじゃないすかああああああ!!!!!!!!。



こんな感じの写真も使っちゃおうかな!、ってね。











では、今日も頑張ってましょう。









いらっしゃい!!!。




















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ