須弥山ブログ 酒魂日記

2010年3月31日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十六〜 

新酒入荷!須弥山

こんにちわ〜、須弥山主米納です。

春も本番、桜の花もこの時を待っていたかのように一斉に咲き始め春を満喫しているかの様ですね、といいたいところですが、ここ何日かの冷え込みでちょいとブレーキがかかってしまってしまいましたね〜。

先週の土曜日に井の頭公園を一周してみたのですが、日当たりの良いところにパラパラと咲いているだけで9割方まだ蕾の状態でした。

といっても、桜の木の下には桜の花など全く見る気のない花見客(そもそも花が咲いていない!)が、ダウンを着込んで昼からガブガブ酒を呑んでいましたけどね〜(笑)。

ま今週末、来週末がピークでしょうね。

また吉祥寺の南口が許容量オーバーの花見客でごった返すことでしょう(爆)。


それにしても、今日で3月も最後。
明日から新たな一年の始まりですね。
なんか感慨深いものがあります。





では、気持ちを切り替えて日本酒のご紹介。
今日は西の日本酒を3本ばかし。





先ずは、
これで文字通り<みなみ>と読みます。

高知県安芸郡(有)南酒造場さんの日本酒。
愛媛県産の最高級米・松山三井(まつやまみい)50%精米純米吟醸“斗瓶どり”


呑んでみました。




お〜、グラスを近付けた途端に香る華やかな香り。
口に含んだ瞬間にフワッと広がる甘みを含んだ輪郭のハッキリした味わい。そして、味が最大に広がったかと思ったらシャボンのようにパッと消えてしまう潔さに、心地いい余韻。
ん〜、いい日本酒ですね〜。
美味しいです。


んんんんんんん、☆4.・・・・・・・・・・・・・19!!!。





そして、次にご紹介するのは、いよいよ入荷しました!一博初の純米吟醸酒。
これで<かずひろ>と読みます。
すでに何度かご紹介させてもらっている銘柄ですね。
滋賀県東近江市にある中澤酒造場の日本酒。
滋賀県産山田錦55%精米協会14号酵母使用の純米吟醸。


呑んでみました。

お〜、いい感じですね〜。
とてもとてもいい意味で変に垢抜けてなくて、作り手の人柄実直さがストレートに伝わってきます。
まだまだ、味わい的には100%ではありませんが、夏を超え残暑が厳しい辺りから本領を発揮する、そう感じさせる仕上がりですね。
だからと言って今が駄目なわけではありません。
勿論、今呑んでも、程よい味わいと仄かな奥行きのある香り。十分楽しめますよ。
日本酒は季節とともに変化するものだと思っております。
この酒は、直感で、そう感じさせる数少ない日本酒の一つだと思います。




☆4.25!!!!!!!!!!!!!!!!!!!。





最後にご紹介するのは、東洋美人
これで<とうようびじん>と読みます。
山口県萩市澄川酒造さんの日本酒。
以前、純米吟醸をご紹介しましたが、今日は大吟醸のご紹介。
今回は特別に、鑑評会出品酒用に仕込んだ山田錦40%精米(自家精米)の大吟醸と同じタンクの酒の入荷です。


呑んでみました。



おおおおおおおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜、美味しいいいいいいい!!!。
素直に美味しいッス!。
穏やかな香り。薄いわけでもなく濃いわけでもない絶妙なバランスの味わい

優しく且つ潔く消えて行く味わい。
何度も味を確認しながら、何度も納得してしまいます。


いや〜、やっぱ美味しい日本酒って、いいですね〜。
上等なワインなんかになんら引けをとりませんよ。
日本の食文化にも自然に融合しますしね。

皆さん、日本酒を、今一度呑んでみてはいかがでしょうか?。




東洋美人!、☆4.32!!。






今日は、いいお酒に出会えてしあわしだな〜。





では、今日も頑張ってましょう!!。






いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

おぉーっ

タイトル通り、「おぉーっ!」軒並み高得点ですね。
体調(気分?)が良かったんすか?それともセレクトがバッチリだったんすかねぇ。
高得点のコメントは気持ち良いっす。余り飲まない銘柄なので印象ですが、それぞれタイプが違いそうですね。
いやぁ、嬉いっす。

written by あに

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ