須弥山ブログ 酒魂日記

2010年2月24日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十一!〜

新銘柄入荷須弥山


こんにちわ!。
須弥山主米納です。

今週は、春の訪れがもう、すぐそこまできているような陽気ですね。

何か太平洋側は暖冬だったのですかね〜。
ニュースとかみていると日本海側はモノスゴスな雪に見舞われてたみたいですが、こちら側は2度ほど積もったぐらいですよね、確か。
毎度のことながらもう少しガッツリ降ってほしいものです。





今日は新入荷の日本酒を2本、ご紹介。

先ずは、能古見
これで<のごみ>と読みます。
いつもなら<のこみ>と、“濁りませんよ〜!”、と言っているところですが、今日は濁ります。あ〜、ややこしや〜。

能古見はどうやら村名からきているようです。

1954年(昭和29年)4月1日に、鹿島町・浜町・鹿島村・古枝村・能古見村が合併、同時に市制を施行し、今では鹿島市となっています。

佐賀県鹿島市の(有)馬場酒造場さんの日本酒。
今回紹介するのは、酒米(=非公開)50%精米の純米吟醸。


呑んでみました。



九州らしい(あくまで個人的なイメージ)ボリュウミーな味わい。
あ、でも、モサッとはしていなくて程好い締まり感はあるので、もたつき感はないですね〜。
キレもあるので、何杯もはきついとしても、2〜3杯は軽く抵抗なく呑めるんじゃないのでしょうか。


☆3.69!!。








次にご紹介するのは、地元東京の銘酒屋守
これで<おくのかみ>と読みます。
東京都村山市は豊島屋酒造さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、八反錦50%精米別注斗瓶取り22/38限定酒



呑んでみました。
お、いいんじゃないですか。
香り穏やか、タイトでちょっと辛く感じる味わい。潔いキレ。
先日ご紹介した福島の<写楽>に似た感じですかね〜。
お刺身とかに合いそ〜う。
全体的なバランスは、張りはあるけど、こじんまりとまとまっている感じかな。
須弥山には少ないタイプですけど、いいと思います。


☆3.59!!。










あと、今日はある日のお通し。

手前から、蛍烏賊の酢味噌和え・あさつき、鰯の有馬山椒煮、野蕗の土佐和え。



う〜ん、春春・・・・・・・。









では、今日も頑張ってましょう。








いらっしゃい!!

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ