須弥山ブログ 酒魂日記

2010年2月15日(月) 16:50

日本酒のススメ〜其の二十八〜

新酒入荷須弥山

こんにちわ〜。
須弥山主米納です。

先週は、ブログ休んでしまいました(ノ皿T)v。

今週はその分頑張って、3回更新できたらいいかも・・・・・・(希望)。




では、早速新酒3本ご紹介。


先ずは、<みよしきく>
徳島県(!)三好市池田町サラダ・・・・・、サラダ(?)にある三芳菊酒造(みよしきくしゅぞう)さんの日本酒。
・・・・・・・・・サラダって・・・・・・。
今度調べておきます(笑)。

岡山県産雄町米60%精米の純米吟醸生原酒。


呑んでみました。



お〜、一言で言うなら、“素直な酒”かな。
ホント、素直に入ってきて、素直に香りが広がって、素直に味わいが出て、素直に消えていく。
そんな感じ。
呑んでて、良く言えば呑み易い、悪く言えば取り立てて個性が無い。
でも、その“個性が無い”は、決して悪い意味でもないんですよ〜。
悪く言えば、と言っておきながら・・・・。

私の中では“あり”な酒です。

☆2.89!!。





次にご紹介するのは、七本鎗
これで、<しちほんやり>と読みます。
何度かご紹介していますね。
滋賀県長浜市木之本町の冨田酒造さんの日本酒。
滋賀県産玉栄60%精米の純米生原酒。1401号酵母使用。いわゆる泡無し酵母ですね。


呑んでみました。

おっ!?、濃いな〜。
酸が先ず広がり、程なく味が“グン!ッ”と出たかと思うと、フッと消えていく。
しかし、何より酒が濃い。

ここんちの荒走りは味があっても、濃いってことは今まで無かったんですけどね〜。急に筋肉マンになりました。

裏ラベル良く見たら、17〜18度とあります。
おやおや。
例年ですと15〜16度台で出てくるんですがね。

日本酒は、1度違うと大分感じ方が変わりますからね。

なんでしょう、コンセプトを変えてきているんでしょうか。
以前のは以前ので、私は好きなのですが、今回のも、“七本槍”という頭で呑まなければ、なんら違和感感じることなくすんなり呑めるんですが。

ま、でも美味しいに変わりはないので、☆3.95!!。






で、最後にご紹介するのは、亀泉
これで<かめいずみ>と読みます。

全く話逸れますが、今、<かめいずみ>とタイプして変換したら<加盟済み>と変換されました。何か面白かったです(小笑)。

高知県土佐市出間にある亀泉酒造さんの日本酒。


今回ご紹介するのは、八反錦50%精米CEL-24酵母使用の純米吟醸。
なななななななんと、驚愕の日本酒度・-8.5。
数字見ただけだと、超甘口いいいいいいいいいいいいいいいい。


呑んでみました。


毎年思いますが、数字ほどダラっと甘くないんです、これが!。
香り高めで、味わい(まだ)穏やか、というか若いのかな、やっぱり。
ま、時期的なことを考えると今頃の日本酒ってのは、若くて当たり前なんですがね。まだ、生まれたばかりの赤子なんですから。
でも、「美味しくなるよ〜」、を予感させる雰囲気は漂わせていますね。


恐らくひと夏超えると、味わい増すんでしょうね。

毎年、夏越して、残暑も終わりかな、という頃から力を発揮するんですよ、この亀セルは。

今年も、気長にユックリ付き合っていきましょう。

期待値込めて☆4.05!!。







では、今日も頑張って粋ましょう!!。





いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ