須弥山ブログ 酒魂日記

2010年1月29日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の二十六〜

新酒須弥山

こんにちわ〜。
須弥山主米納です。

先週の日曜日(1/24)、遅ればせながら初詣に行ってまいりました。

何故今頃?かというと、今年私が前厄ということもありますし、ま、1月中に行っておけば、“初詣”としてギリセーフかなと思いまして、思い立ったが“吉祥寺(爆)”ってんで、行ってまいりました。

無事厳かに厄払いも終わり、一安心ε=(´δ`)vホッ。

ま、今年は、色々な事にちょいと注意しながらの一年になりそうです。





ってな訳で新酒のご紹介。



本日は2本。




先ずは山本
これで<やまもと>と読みます。
秋田県山本郡八峰町の山本合名会社の日本酒。
出回っている銘柄でいうと<白瀑(しらたき)>
秋田県の指定米<秋田酒こまち>50%・55%精米の純米吟醸酒。
六代目蔵元杜氏山本友文氏入魂の酒、という位置づけ。




ラベルが黒地に金文字。
純米吟醸にしては豪華な装い。意気込みを感じます。



呑んでみました。
随分と穏やかな口当たり。
細やかな酸味も・・・・。

程なく、ス〜っと消えて無くなる感じ。
お刺身とかに合いそうかな。

ただ、いい意味でも悪い意味でも、可も無く不可もなく・・・・・。

ん〜、☆2.5!!。




で、次にご紹介するは醸し人九平次
これで<かもしびとくへいじ>と読みます。
愛知県名古屋市緑区のある(株)萬乗酒造さんの日本酒。
日本酒業界では、もう既に知名度抜群ですね。
蔵元自らフランスの三ツ星レストランに飛び込み営業をかけ、日本酒を置いてもらったとか、もらわないとか・・・・。

今回ご紹介するのは雄町米50%精米の純米吟醸。


呑んでみました。

ん〜、雄町の割には味が無いですね〜。
低アル酒といえども、一博とか結人とかはちゃんと味わいありますしね・・・。
エグミも強くないのでこれから美味くなるとも思えませんし・・・・。

ん〜、九平次としては・・・・・残念かな。
☆2.5!!。





あと、今日は蟹紹介します。
冬の王様ずわい蟹。

お客様のリクエストでの仕入れになります。
足はしゃぶしゃぶ、本体は解した身と味噌を合えて七輪で炙ります。

かなり“殿様食い”です。





※近年、各都道府県の漁業組合は、輸入ズワイガニを地元でとれたように見せかけて売りさばく「産地偽装」の被害から身を守るため、地元で水揚げされた地元産を証明する「標識」(プラスチック製のタグ。表と裏に産地と港の名前が書いてある)をつけるようになったそうです。
因みに、福井県なら黄色、石川・兵庫が青色、京都府が緑色という具合です。
この蟹には、石川県で水揚げされたことを証明する青いタグが付けてありました。ただ、このタグを偽造されたらどうするのかな〜?、とふと思ってしまいました(汗)。







今日は最後に蜂蜜のご紹介。
昨日、お客様から蜂蜜を頂きました。
<四代目>と書かれた蜂蜜は、いかにも普段食しているのとは違った佇まい。
何か、高級な雰囲気を漂わせています。

舐めてみました。
お〜、普段食しているのと違って、何かナチュラルな野性味溢れる味がします。料理の甘として使えそうです。



お京さん、いつもお心遣いありがとうございます。











では、今日も頑張ってましょう。











いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ