須弥山ブログ 酒魂日記

2009年11月28日(土) 16:50

日本酒のススメ〜其の二十二〜

新酒須弥山


こんにちわ〜、須弥山主米納です。

クリスマスのイルミネーションやら紅白出場の発表やらで、すっかり年末ムードですね、世の中は。


ここにきての夜の冷え込みもそれに一役買っているようです。
当店でも、寒さに比例して、お燗、鍋のニーズが一段と高まっています。
(※ただ最近は、ちょいと温いですね・・・・。)


そして、新酒のほうもぞくぞくと入荷しております。



今日はまとめて5本のご紹介。




先ずは、陸奥八仙
これで<むつはっせん>と読みます。
青森県八戸市は八戸酒造さんの日本酒。
今回は、槽酒(ふなざけ)のご紹介。
むつほまれという酒米を60%精米して造った純米生原酒



むつほまれ、調べてみました。
<むつほまれ>
「むつほまれ」は、トドロキワセとアキヒカリの交配されたものと、トヨニシキとレイメイを交配させたもの(藤329号)を交配させ育成。陸奥の国(青森)育成の良質・良食品種として、ほまれ高く育つことを期待し、命名されました。(昭和61年に奨励品種) 津軽山地、八甲田の峰々のふもとと、そして県南内陸地帯にかけての一帯で作付けされています。 (インターネット関連情報)




呑んでみました。
お〜、八仙らしい豊かな吟醸香。酸もシッカリしてて新酒らしい仕上がりに。
値段も安目ですし、買い、の一本ですね。☆3.7!。







次は、まんさくの花
これで、文字通り<まんさくのはな>と読みます。
秋田県横手市は日の丸酒造さんの日本酒。
星あかり50%精米の純米吟醸酒。



星あかり、調べてみました。
<星あかり>
「星あかりプロジェクト」は、酒造原料米の研究開発に長年取り組んできた東北電力(株)研究開発センター(仙台市)を中心に、米の栽培農家、醸造元の三者が協力して、東北地域に適した酒米を開発し、さらにそれを原料として地元の蔵元が美酒に育て上げるという、ロマンあふれる試みでスタートした。東北電力(株)研究開発センターでは宮城県一迫町農協(現JA栗っこ)の協力を得て、同町内の水田25アールに〈K-101〉と、比較品種として〈美山錦〉を15アールに作付けした。翌8年、収穫した米を宮城県松山町の醸造元一ノ蔵に依頼して、試験醸造を行ない純米吟醸酒「K-101」と同「美山錦」が誕生したが、いずれも非売品であった。
 今回の「星あかりプロジェクト」は、このときの課題、反省点を踏まえて行われたものであり、特に商品として販売され、消費者による反応が期待されるだけにその意義は深いといえる。

 星あかり米の特徴としては、炊飯用品種〈初星〉(愛知県)と、東北中南部地域で栽培されている酒造原料米品種〈美山錦〉(長野県)との人口交配により育成された。
 対照品種の〈美山錦〉とほぼ同じ大粒で、心白の発現率、占有割合はいずれもすぐれ、同等以上の酒造適性をもつことが期待されている。


呑んでみました。
かなりタイトな味わい。甘もきつくなく、というより辛い(ドライという意)という感じかな〜。新酒らしいシッカリした酸も手伝って、キリッと辛い酒。 ん〜、東北らしい味わいってのかな〜。
肉というよりは、刺身、生野菜(あまり味を入れてない)などが合いそう。
☆2.7!。



次は、龍神
これで<りゅうじん>と読みます。
群馬県館林市は龍神酒造さんの日本酒。
純米吟醸のおり絡みですね。肩張りには、壱番しぼり雪かすみと書いてあります。



呑んでみました。
ん〜、甘口か?。酸があるからかろうじてキレ感を感じるかな・・、いやあまり感じないな〜。
☆2・・・・スマン。




次は、想天坊
これで、<そうてんぼう>と読みます。
新潟県長岡市は河忠酒造さんの日本酒。
しぼりたて生純米原酒

ラベルはとても味わいのある温味を感じる仕上がりですね。


呑んでみました。
酸はそんなにきつくありません。新酒らしいエグ味もありません。
ただ、もう少しフレッシュさが欲しいかな。盃を重ねるとチョイと甘弛みを感じます。

・・・・・・・・・・・・・☆2・・・・・・・。






そしてトリをつとめるのが飛露喜
言わずもがな、これで<ひろき>と読みます。
福島県会津の廣木本店の日本酒。
“初しぼり”“かすみざけ”の55%精米の特別純米です。



呑んでみました。
ん〜、美味しい。素直に美味しい。
酸、甘み、キレ、程よいエグ味、四味一体バランスの取れた仕上がりになってます。今年もいい予感。
☆4.2!!。









それでは、今日も頑張ってましょう。








いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ