須弥山ブログ 酒魂日記

2009年10月23日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の十九〜

しぼりたて新酒&変り種&去年のヒット酒須弥山

こんにちわ。
須弥山主米納です。


日本のプロ野球もセパ共にクライマックスシリーズで大分盛り上がってきております。

今朝の情報番組で、昨日の<楽天vs日ハム>戦を見ていたのですが、何かノムさん弱気ですね〜。
一昨日の逆転サヨナラ満塁ホームランで終わってしまったんですかね・・・。

私は巨人ファンなのですが、今年でノムさんがユニホームを脱ぐということで、最後ぐらい何とか頑張って優勝してほしいです。ここは最後の踏ん張りで頑張れ楽天!!!!!!!!!!!!!。
楽天優勝→仙台盛り上がる→絆も大繁盛、阿部勘も大繁盛!!!、・・・・・・・とはならないか・・・・・・。





ってな訳で、今日は、今年のピカピカの新酒が入荷したので、変り種と一緒にご紹介します。


先ずは、獺祭
これで<だっさい>と読みます。
山口県岩国市の旭酒造さんの日本酒。
ここは、なんと言っても山田錦23%精米の純米大吟醸、“磨き二割三分”が有名ではないでしょうか。
この蔵との出会いはとても古く、須弥山の前身である“田吉”まで遡ります。
ですからかれこれ14年ぐらいになるでしょうか。
蔵元の桜井さんは、ロマンスグレーが良く似合う、甘いマスクのとてもダンディなかたです。
田吉にも、須弥山にも両方来店してくださってホント義理堅い方です。

酒造に関しては、かなり先進的な方で、磨き二割三分もそうですが、酒を絞るのに遠心力を利用した“遠心分離機”の導入など、かなりアグレッシブに取り組んでおります。

ちょっと、長くなりましたが今日は、10/18に搾った新酒をご紹介します。
山田錦50%精米の純米大吟醸。日本酒度+4・酸度1.3


呑んでみました。

いや〜、瑞々しいって言葉がピッタリと合う美味しいお酒ですね〜。
香りも新酒らしい初々しさがあって、甘味も程々。
ほのかな酸味と共に味わいもスーっと消えていきます。
かなりお勧めです。しかも一升で\2940(税込)。
これは買わなきゃ損です。☆4.3!!。




では、変り種2つ。
先ずは、トマトリキュール
六本木久高(03-3408-5066)の岩川のお兄ちゃんのお勧めとのことで注文してみました(笑)。
久高では、大変女性に人気があるそうです。
ものは試しと、ひいてみました。

群馬県館林市の龍神酒造さんのお酒。
見た感じ、果肉のようなものも入っております。
それにしても、見事な赤です。




呑んでみました。


先ず、当たり前ですが、香りがもろトマト。
でもって、味もやはりトマト。


で、鯔のつまりがトマトリキュール、て訳です。



最近の若者はトマトの中のグジュグジュの味だったり食感が苦手だそうで、うちのスタッフにも一人いるんですが、彼曰く、このトマトリキュールは、マジ有り得ないそうです。
因みに、そんな彼は、トマトスパゲッティやトマトの入ったピザは全く
問題ないそうです。全く以ってして訳が分かりません・・・・・・。







更に変り種2つ目。
これも、岩川のお兄ちゃんのご推薦。
じゃばら酒
和歌山県岩出市の吉村秀雄商店さんのお酒。
“邪払”と呼ばれる果実と純米酒で仕込んだお酒。これも、分類はリキュールとなっております。



<邪払>調べてみました。
じゃばら(邪払:「邪気を払う」から命名)は、和歌山県北山村に自生していた柑橘類で、ユズやカボスの仲間。味や香りが、他の柑橘類よりも優れているというので、北山村の特産として「じゃばら町おこし」が始まったそうです。
更に、岐阜大学大学院医学系研究科の湊口(みなとぐち)信也教授(内科)が、この“じゃばら”に花粉症の症状を和らげる効果があることを臨床実験で確認したとのこと。
しかも、この北山村にしか自生していないそうで、かなり希少性が高いとのこと。






あ、この吉村秀雄商店、以前この酒魂日記でご紹介した、“車坂”の酒造元。



呑んでみました。



うひゃ〜、酸っwwwwwwwwwwぱwwwwwwwwwwwい!!!!。
いやはや、どうにもこうにも。
しかも、独特の薬系の香り。

体には良さそうですが、和食とは・・・・・・・・・・、な感じです。
機会があったらお試しあれ。






で、最後に去年の秋〜冬のヒット商品、“十二六”の新酒が入荷しました。

♪た〜ら〜こ〜、た〜ら〜こ〜♪みたいなショットに・・・・・。



まだ、呑んでいませんがとても楽しみであります。



でも、あれから一年、もうそんな時期かと、とても感慨深く思います。








では、今日も頑張ってましょう。







いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

トマトとじゃばら

お疲れさまっす。

トマトとじゃばら、早速、口車に乗って・・・・いやいや、僕を信じて購入して頂きありがとうございます。

龍神さんのトマトはアクセントにオレンジが入っているので締りがあって飲みやすいかと・・・、でもトマトNGの方もいらっしゃるんですね。もろトマト味ですからねぇ。

っで、じゃばら、なんすけど個人的な好き嫌いで言えば、やや好きですかね。御指摘の通り和食には、んんーって感じですしね。ところがお客様の反応が抜群に良いんですよ。何故かは良く分かりません。
ジャンルは違うけど而今に似ている気がします。旨いと思うし、個人的にも好きなんですけど、自分の評価以上に、評判が良いんですよね。
不思議です・・・・、じゃばら酒のあの「薬」っぽい所がNGになるのかな?って感じるんですけど・・・。
地域も違うし、業態もやや違うので、傾向が違うと思うので今度評判を教えてください。

長々とスンマセン。

written by あに

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ