須弥山ブログ 酒魂日記

2009年10月2日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の十六・おまけ1・おまけ2〜。

秋の新商品須弥山

須弥山主米納です。



いや〜、すっかり秋めいちゃいましたね〜。
日中こそちょいと汗ばむことはあっても、夜は流石に半そでじゃ、寒いですね。でも、こんな清々しい季節にゃ、井の頭公園で昼間っから色づく木々を眺めながらちょいと一献いきたいものですな。
BBQでもいいですね〜。皆さん参加されますか?。



ってな訳で、今日は秋の新商品のご紹介。
そして、おまけを2つほど。

先ずは、播州一献
これで<ばんしゅういっこん>と読みます。
兵庫県宍粟市の山陽盃酒造さんの日本酒。
今回ご紹介するのは、地元産酒米夢錦・60%精米の純米吟醸酒。
肩張りには、濃厚本生とあります。


呑んでみました。
お〜、美味しいですね〜。
久々に素直に「旨い」がでてきますね〜。
香り穏やか。味の輪郭にきちっとした緊張感があり、でも旨みがしっかりと途中から広がってきますね〜。個人的には好きなタイプですね。

かなりお勧め!。☆4つ!。




次は、賀茂金秀
もう須弥山では馴染みの銘柄ですね。
広島県東広島市の金光酒造さんの日本酒。
広島の若手大成長株・Mrストイック、五代目金光秀起氏が蔵元杜氏を務める蔵。

肩張りには、〜秋の便り〜と。
今回は千本錦・こいこまち55%精米の冷卸し純米。


ラベルも秋色でいい雰囲気出してます。

呑んでみました。

香り華やか。味わいは冷卸しにしてはちょいとタイトかな。
ま、でも金ちゃんとこの酒は徐々に味が膨らんできますからね。
それに、その味わいの蕾もちゃんとありますから、長い目でみていきましょう。

これもお勧めです。☆3つ!。





そして最後にご紹介するのは遊穂
これで<ゆうほ>と読みます。
ご紹介するのは初めてですかね。
石川県鹿島郡の御姐(みおや)酒造さんの日本酒。
この蔵の横道杜氏は、能登杜氏組合主催の自醸酒品評会(※1)で主席を取る実力の持ち主。
※1:杜氏同士が自分の造った酒を持ち寄って、杜氏同士で優秀な出来の日本酒を選出する品評会。つまりこの場合、能登流のNo.1を選出するということ。

更に、遊穂という名前。
蔵元曰く、この地では以前から<UFO>が目撃されているらしくそれで名付けようと。ただ、やはりそのまま<UFO>ではマヅイだろうってんで、“遊”“穂”の2文字を当がったと。
ま、本当かどうかは分からないが、3年くらい前に蔵元の藤田美穂さんに直接お伺いした話。


今回は五百万石(60%=酒母米)・のとひかり(55%=掛け米)の冷卸し山廃純米酒。


山廃は次回にして今回は<のとひかり>調べてみました。

<のとひかり>
○能登ひかりは昭和60年に石川県農業総合試験場で育成された早生品種で、石川県の能登地域を中心とする標高50m以上山間・山麓地帯で主に栽培されています。
○特徴:草丈は並で、穂数はやや少ない偏穂重型の品種です。玄米は大粒で見かけの品質は腹白粒がありやや劣るものの、粘り・味共に良く、上の中に位置づけられています。
○栽培適地:標高50m以上の山間・山麓地帯
○来歴:母系がフクヒカリ 父系が越路早生
○H19年度県内栽培面積 1,745ha
(石川県HPより)
酒米ではなく、食米でした。


呑んでみました。

お〜、山廃らしいシッカリとした酸。そしてタイトながら印象的な味わい。
ただ、もうチョイ旨みの波が欲しいところかな。
そうはいっても脂ののった白身の刺身なんか合いそうだな〜。
果ては、ちょいと燗つけて、軽く干した焼き魚なんかも堪らんですね〜。
いい酒ってのは、つまみの想像が決して難くないんですよね〜。これからの季節にはもってこいの名わき役ですね。

お勧めです。☆3つ!。






それでは、おまけ1のご紹介。

先ずは、もくず蟹
今日、山口県の萩から届きました。勿論、バリバリ生きちょります。

<もくず蟹> もくず蟹は、日本全国の河川で見られる蟹です。特徴は、何といってもハサミに密生している長くて柔かい毛で、この毛が藻屑(もくず)のようなのでもくず蟹と呼ばれています。もくず蟹のハサミは、大型に成長するほど発達し、メスに比べてオスの方が発達します。特に甲羅の幅が6cm以上のオスになると、ハサミのほとんどが毛で覆われ、手袋をはめたようになるので、英語でもMitten-crab(手袋ガニ)と呼ばれてます。








@口の下辺りに、バーバパパ体型のドラえもんが!!。




Aその様たるやは「エイリアン」で人間の顔に貼っ着くクリーチャーそのもの!。因みに後ろでニヤニヤしてるのは須弥山のクリーチャー、じゃなくて須弥山の板長の草野氏。食材オタクだけに笑いが止まりまへん。



B黒く輝くつぶらな瞳が不気味さを助長しとります!。






んでもって、さっと蒸して食べてみました。

先ずは、かに味噌がもう堪らんですよ!!。
かなり濃厚。独特の味噌味ですけどこれまた醤油を軽く垂らすと、もう♪お酒がお酒が進む君♪てな感じですね。

身のほうも、フワフワ、ハフハフで食べた瞬間甘味が口の中に隙間なく広がります。もう、ついつい黙ってしまいます。

機会があれば是非皆様も。
お問い合わせは当店(0422-48-5048)まで。







では、おまけ2。

この度須弥山トイレをリニューアルしました!!。


以前から、冬になると便座がヒンヤリといった声がちらほらしていたんですが、冬場だけだし、ま、いっかと。


ただ、この夏、あるお客様から、
「便座にヒビが入ってて、モモがちょいと挟まれる」
とのご指摘を受けまして、こりゃいよいよ換えねば、となり、でもなるべく安くすませたいなと。

そこで、ヤフオクちょいと覗いてみたら、\15000でウォシュレット&便座ウォーマー!。

<ウォシュレット&便座ウォーマー>え、当たり前だって?。
いやいや、須弥山にしてみればかなりな最新式なんですけど(汗)。

で、ネットを駆使して今ある便器と当商品の適合性を調べみたら、なんとまぁ〜、バッチグー(古っ!)ではありませんか!!。

すかさず入札!。

オークションなのに全く競ることもなくそのまま落札(汗)。



で、本日その商品が届き、即設置へ。

かかること45分。上半身水浸しになりながら難(?)なく設置完了!。

どうですか!、この堂々とした佇まい!。
これでお客様もスタッフも快適な厠タイムを過ごせるというものですよ!。


今まで、便座で不快な思いをかけたお客様、須弥山はお尻に優しい居酒屋に生まれ変わりました!。
これを期にこれからも須弥山共々我が厠も末永く宜しくお願いします!。






ってなわけで、今日も頑張ってましょう!!。





いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ