須弥山ブログ 酒魂日記

2009年6月23日(火) 16:50

日本酒のススメ〜其の八+特大牡蠣〜

日本酒須弥山

こんにちわ。
須弥山主米納です。

お久しぶりです。
いや〜、参りましたよ。
とのっけから愚痴を。

先週ブログの更新をしようとしたらエラーになってしまい、当店のHPでお世話になっているレンタルサーバ会社(お名前.com:“累積登録実績145万件! 国内最大級のICANN公認ドメイン登録サービス”←何のこっちゃ!!)に電話をしたところ、

お名前:「サーバーのメンテナンスをするってんで、暫く閲覧すること        はできてもHPの更新が出来ません。」
と、いきなり言われちゃいました。
(おいおいおい。そういったことは、事前に連絡くれよほ〜。)

主人:「毎月、きっちりメールで請求書くるんだからそのシステム使って事前    に知らせて下さいよ。」

お名前:「それをすると、サーバーに負荷がかかるので」

(知るか!)

主人:「じゅあ、この間の当店の情報の提供が滞ることについての責任はどう    とってくれるんですか?。」

お名前:「(暫くして)そういった対応は個々にはしておりません。」

 (ここまで謝罪の言葉一切なし)

主人:「じゃ、分かりました。回復する見込みがたったらメールでいいんで連    絡下さい。」

お名前:「分かりました。」


で、何の連絡もないまま、今日たまたま試してみたら更新できるようになってました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ま、一月\1575だとこんなもんですかね・・・?。
国内最大級が泣きますよ、泣かね〜か。



気をとりなおして、美味しい日本酒のご案内いいいい。

先ずは、龍力さんの純米ドラゴン エピソード2
兵庫県は姫路市は本田商店の日本酒。
どうやら、蔵の息子の案だそうで。

調べてみました。
「龍力の5代目の本田龍祐氏の醸した《龍仕込み》のエピソード2です。若さ を感じるネーミングとラベルデザイン。この「純米ドラゴン」は関東地方の みの販売で試験米の試験醸造のため、2年間だけの販売になり、本数も10 00本と限定。
 この試験米は「兵系79号(仮)」と呼ばれ、山田錦と西海134号を掛け 合わせたお米。
 味のコンセプトは「甘味は旨み」で旨みもしっかりあるが、後味スッキリで す。ネーミングとコンセプトがマッチしていない気がしますが、美味しくて 目立てば問題なし!さらに売れれば文句なし!
 テイスティングの感想はコンセプト通り、しっかりした旨みでバシっと切れ ます。新しいお米ということですがとても上手に仕込んだと思います。龍力 らしさからは少し違いますが、面白い作品だと思います。」
とのこと。(インターネット関連情報)

なるほど、コンセプトは見事に具現化されていますね。
今日は、開けないので感想は明日以降・・・。


次は、鳳凰美田
栃木県は小山市の日本酒。
今回は愛山米50%精米の山廃仕込みの日本酒。
小林さんのところの山廃は酵母添加するので、良くも悪くも山廃っぽくなく、その手の味が苦てな人でも、抵抗なく呑めるんですよね。

ラベルも素敵な感じですね。
今年は、室も新調しハード面ではかなり充実した蔵になりました。
益々、楽しみな蔵の1つですね。


次は十四代。
言わずもがな、な蔵です。
先ずは、昨年ぐらいから商品化された、山田錦40%の純米大吟醸。



そして、十四代の夏の定番、吟撰
今年は、初代<吟撰>宜しく、ラベルに笹の葉が復活しました。
とても、涼しげな、まさに夏にぴったりの雰囲気を十二分に醸し出しています。




最後におまけで、特大牡蠣の写真を。
萩から取り寄せた牡蠣なんですが、あまりの大きさに、とても
一人では食べ切れそうにありません。そうですね、4人で丁度いい感じですかね。もし、このブログを見て興味持った方は、予約していただければ、確約は出来ませんが手配しますので、ご一報下さいませ。あ、参考までに、店での売値はこのときで\2200で〜す。

※因みに奥に写っているトマトは勿論プチトマトじゃありません。普通のとまとです。






では、今日も一日頑張ってましょう。


いらっしゃい!!。



それでは

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

タイトルなし

先日はお疲れ様です。
牡蠣デカイですね、驚きです。っていうか見たこと無いっす。

龍力さんのエピソード2ですか?2,3年前に「エピソード1 純米大吟醸」ってのは扱ったことあるんですけどね・・・美味しかったような印象?というか何となくの思い出です。

エピソードシリーズにそんなエピソードがあるとは知りませんでした、意欲的な商品なんですね。

written by あに

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ