須弥山ブログ 酒魂日記

2009年5月22日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の六・H20年度新酒鑑評会速報〜

日本酒須弥山

こんにちわ、須弥山主米納です。

今日は、先ず新入荷の日本酒を1本。
我ふるさと茨城の地酒。
来福
これで<らいふく>と読みます。
茨城県筑西市の来福酒造さんの日本酒。
ひたち錦の、な、な、なんと9%精米の純米大吟醸。

その名も、超精米いいいいいいいいいいいいい。
9%って。マジ??????。
と思っていたら、ご丁寧に9%精米のひたち錦が小袋に入ってもれなく付いてきました。
で、分かりやすく35%精米の山田錦と比べてみました。
(左)山田錦35%精米(右)ひたち錦9%精米です。


いや〜〜〜〜〜、兎に角小さいの一言(米がではなく、9%の精米米が、という意味で)。

ちょいと、パソコンたたいて調べてみました。
(以下は茨城県農業総合センターHPより)


「本県で初めて育成された酒米品種の「ひたち錦」は出穂期および成熟期が関 東地方の晩生の早にあたります。長稈ですが、稈が太く強稈のため耐倒伏性 に優れています。

 いもち病抵抗性は「美山錦」および「山田錦」に対して明らかに優れていま す。縞葉枯病には抵抗性を有しています。穂発芽はしにくく、収量は「日本 晴」と同様に多収です。
 一方、玄米は大粒、蛋白質含量が低く、心白粒の発現率が高く、心白の大き さは小から中の粒が多く、酒米としての特性に優れています。

 “ひたち錦”を原材料とした日本酒は、透明感の高いすっきりとした味に仕 上がります。」


とのこと。
心白粒の発現を、超ローテクな方法(間接照明にかざす)で調べてみました(^δ^)v。

確かに、心白(黒く陰になっている部分が心白)を有する米が多いように見受けられます。ただ、心白は小さいですね。

それにしても、9%精米とは恐らく国内最高精米歩合なのではないでしょうか。
精米時間だって半端な時間ではないでしょうし、お米自体もかなり弾力をもったお米でないと割れてしまいますからね・・・・・・。
もし、機会があったらその辺り、蔵元さんに聞いてみたいものです。


早速、呑んでみました。





香り穏やか・・・・・・・・。
味というよりアルコール的な印象の味わい(!?)の膨らみはありますね・・・・・。
マイルドな味の抑揚ですね・・・・・・。
磨いているから仕方ないんでしょうけど、甘み少な目・・・・・・、私にはドライに感じます・・・・・・アルコール度数の低い焼酎のような・・・・。


このお酒という意味(味の変化)でも、この商品(商品の存在、位置づけ)という意味でも、これからどうなっていくのかを見ていきたいと思います。



それでは、めでたい報告!!!。
平成20年度全国新酒鑑評会金賞受賞報告 〜須弥山とお付き合いのある蔵元編〜
<山形県>
米鶴 
 須貝杜氏おめでとうございます!山形ナイトも宜しくお願いします。
十四代 
 顕統さんおめでとうございます。
東北泉 
 神さんおめでとうございます。今夜は思いっき酒田で日本酒を浴びちゃって下さい。願掛けの禁酒効きましたね。
<静岡>
開運 
 土井社長、波瀬杜氏おめでとうございます。
<広島>
雨後の月 
 相原社長おめでとうございます。
美和桜 
 坂田さん、金尾杜氏おめでとうございます。
宝剣 
 土井くんやったね!おめでとうございます。
賀茂金秀 
 金ちゃんとうとうやったね!!初受賞!!おめでとうございます。
  チーム広島本当におめでとうございます。





では今日も一日頑張ってましょう。


いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ