須弥山ブログ 酒魂日記

2009年2月5日(木) 16:50

新酒入荷〜其の3〜

新酒須弥山
こんにちわ。
須弥山主米納です。

またまた新酒のご紹介です。
<東北泉>(山形県:高橋酒造店)
向かって左が、特別純米<美山錦:50%>。私達は通常、“特純”と呼んでいます。のど越しすっきり。ただ、生酒なので多少はいい意味で引っかかるはず。魚料理との相性は抜群。ま、頭から仕舞いまで面倒見のいいバイプレイヤー、といったところかな。
そして向かって右が純米吟醸<山田錦50%>。通常、“山田の50(ごじゅう)”と呼んでます(さっきから、トクジュンやらヤマダノゴジュウやら、そのまんまやんけ!!、などとは言わないで・・・)。スッキリした中にも山田らしい若々しい甘み=旨味があって、これもまたお料理を(そんなに)選ばない万能選手です。
まだ、開封していないので、今年の出来が楽しみです。
あ、因みに、東北泉は、生酒は基本茶瓶で、火入れをするとそれぞれ色の違う瓶になります。

それと、向かって右の、“山田の50”はラベルには<純米>と書いてありますが、裏ラベルには<純米吟醸>と、ちゃんと明記しております。
常々思うのですが、是非表にも<純米吟醸>と明記して欲しいものです。うちの店では、客前で酒を注ぐ(そうじゃない店も多々ある・・・)のですが、ラベルを見たお客様が、「あれ、これ純米じゃん?。」と言うのでその都度裏ラベルを見せて、ほらちゃんと純米吟醸と書いてあるでしょ!、的な言い訳ちっくな説明をしなければならなくなり、ちょっとお客様の不信感を抱くような空気になってしまうんです。一言<純米吟醸>と書き換えるだけでいいのでなんとかならないかな〜〜〜〜〜〜と思う、主でした。



ではでは、今日も一日頑張ってましょう!!!。
いらっしゃい!!。












※須弥山のベテランバイトであり、今一つ売れる気配のない貧乏芸人、モモンガQの仲井君。早上がりして、大大大大大大大大大大好きなビールを嗜んでいます。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

タイトルなし

いつも日本酒や料理の写真を撮っているM谷です。
金曜から今日まで北海道に出張で行ってましたが、旭川の淳工房の木グラスが、なんと新千歳空港の売店で売っていました。早速2100円でゲットしました。
早速、家で近くのスーパーで買った冷酒を注いで飲みましたが、やはり須弥山さんで美味しい肴と共に飲むのが一番合ってるようですね。

written by M谷

TrackBacks

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ