須弥山ブログ 酒魂日記

2014年05月の記事

<< 2014年04月の記事   |  << prev   |  Top   |  2014年06月の記事 >>

2014年5月13日(火) 14:00

日本酒のススメ 〜其の204〜 ( ・᷄д・᷅ )ア、ハイ、スンマソン ◟( ~᷅⚰~᷄ )キミネ〜コマルンダヨ〜!!。

季節は初夏の装い!!。薄着になるぜよ!!。@ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



先ずは^^) _旦~~ハイ、オチャ。


今週、吉祥寺駅ビルの“kirarina”が、いよいよグランドオープンしました(ง •̀ο•́)ง !!。

どこもかしこも人山の黒集り(ง •̀д•́)ง !!。

なぜそこまでして、新しいものに飛びつくんかね〜、オラわからね〜だよ(≧Q ≦。) 。

そんでもって、吉祥寺駅の長年の懸案事項であった、南北通路の直線化も実現(ง •̀∀•́)ง !!。


ま、アッシにはあまり関係ありませんがね(‘ε’)y―~~~。


でも、これを機にお客たん、た〜んまりと来てくれるといいなは(ง •̀皿•́)ง。



ってなわけで、早速新入荷酒紹介していきま〜す!!(๑≧艸≦)ププププププププ。











先ずは山ユ
これで<ヤマユ>と読みます。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。

そ、今日本酒業界で、その動向が何かにつけて注目されている、“佐藤祐輔”氏が杜氏を務める酒蔵ですね。須弥山では“山ユ”のほうが分かり易いですね〜。

いまとなっちゃもう説明の必要すらない、各酒の会で必ずといっていいほど人山の黒集りのできる銘柄ですね!!。

今回御紹介するのは、秋田県産美山錦40%(麹米)、55%(掛け米)使用の“青山ユ”




裏ラベル。


先ずは香ってみました。
お、6号酵母特有のバナナのような甘みを持った香り。
次に呑んでみました。
酸は味わいに優しく寄り添った感じ。味の張りはしっかりとあって味わいの輪郭をちゃんと構築している。その後、シッカリとした旨味が口中を満たす。米のうまみはきちんと表現されている。しっかりと発酵した証である。でも、その甘味は決してでしゃばること無く、ちゃんとした張りを維持しながら喉の奥へと消えて行く。最近の新政のスタイル、芳醇旨口、新政らしい一本。

☆3.88!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way: At first i tried to smell.
Wow, this fragrance is a specific-fragrance with the sweetness, such as bananas. And that fragrance is characteristic of yeast No.6.
Then i tried to drink.
This acid snuggle up to the taste gently. There is tension of taste firmly. And it has built properly the outline of the taste. And then, firmly flavor meet with the mouth. This sake is expressed neatly taste of the rice. It is a proof that this sake had fermented firmly. However, its sweetness can never impose. This taste disappears into the back of the throat while maintaining the tension firmly. This is the style of Aramasa recently, and Drichness and sweetness, this finish just seems to Aramasa.
------------------------------------------------------------------















2本目はの鳴海

これでの<なるか>と読みます。


千葉県勝浦市にある東灘酒造株式会社さんの日本酒。


初めての扱いなので、ちょっ蔵調べてみましょ!!。


=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜東灘酒造株式会社〜
「房総の蔵元、東灘。創業慶応3年南房総の漁業基地、勝浦にあり生産量200石の小さな蔵元。全量手造りによる丁寧な造りを行っています。海の幸の肴にあう端麗な酒質が身の上です。」

「ここ南房総勝浦が育む自然が、豊かで味わい深いお酒造りを授けてくれ、先々代よりこの地で造り酒屋を営んでおります。今日まで変わらぬご愛顧をいただき、たくさんのお客様からのありがたいお褒めのお言葉や、ご意見などをいただいております。それらのお声は私たちお酒造りにとって何よりもありがたいものです。暖かい南房総にも寒風が吹き始める11月半ば、岩手から職人さん達が入蔵し、東灘の酒造りがスタートします。毎年毎年この時期は良い酒を造るぞと身の引き締まる時です。そして「寒造り」。3月下旬までの4ヶ月半、一年でいちばん寒い時期に集中して酒造りは行われます。杜氏の伝統の技、そして房総の自然が与えてくれた米、水、空気が東灘のお酒を生み出します。どうぞ南房総の勝浦の地で造られた東灘のお酒をこれからも末永くご愛顧くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。」
(インターネット関連情報:東灘酒造株式会社 http://www.azumanada.jp/)


=======================================================================

とのこと。



んで、今回ご紹介するのは、山田錦50%精米純米吟醸山田錦“直詰め生”




裏ラベル。








先ずは香ってみました。
香りは甘く、全体的には穏やかな印象。食べごろのメロンのような香りも。
次に呑んでみました。
酸はシッカリと存在し、味わいを包み込んでいる。味わいの表面にはちゃんと張りがあり、それが味わいのシルエットを作り上げている。味わいはとても力強く印象的だ。米の旨みもキチンと表現されていて、懐の深い辛口酒に仕上がっている。キレも良く余韻は心地いい。




☆3.76!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Naruka:Azumanada brewery Co.,Ltd.>
1033,Kushihama,Katsuura-shi,Chiba,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.76point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sweet, amd this impression is mild on the whole. And there is a smell like ripe melons.
Then i tried to drink.
This acid exists firmly,and wraps the flavor neatly. There is a tension on the surface of the taste properly, it has constructed a silhouette of taste. This taste is very strong and impressive. Taste of sake rice also be expressed properly, and has finished in the dry taste sake deep-pocketed. That is the Noto brewery style, The finish of taste is good, and afterglow is cozy.
------------------------------------------------------------------



















3本目は流輝

これで<るか>と読みます。


群馬県藤岡市にある松屋酒造株式会社さんの日本酒。

流輝の蔵元であり杜氏見習いの松原広幸氏はこんな方。真面目な方です(笑)。

今回御紹介するのは、兵庫県産山田錦60%精米(使用率100%)純米吟醸”流輝”舟搾り一回火入れ山田錦“ひやおろし”





裏ラベル。






先ずは香ってみました。
香りは爽やかで軽く甘味を含んだ香りが程よくある。バナナのような甘さもあれば、一方でメロンのような甘さも感じられる。
次に呑んでみました。
酸は穏やかに感じるが、きちんと存在はしている、そして味わいにリズムを作っている。
味は穏やかながら、甘みもちゃんとある。味の表面にはシッカリとした張りがあるので、味わいがダレることはない。結構テンポよく呑めてしまうかも。
キレはシッカリしているが余韻はさっぱりしている。







☆3.80!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Ruka:Matsuya brewery Co.,Ltd.>
180,Fujioka,Fujioka-shi,Gunma,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance is refreshing, there is fragrance moderately that contains sweetness. Feel sweetness like bananas, also feel like sweetness of melon on the other hand.
Then I tried to drink.
Acid is calm, but exists properly. And those are making a rhythm to taste. This taste is very mild, and there are sweetness firmly. Because there is a tension firmly to the surface of the taste, balance of taste is not lost. I can drink pretty with good tempo. Finish of taste is firmly, but afterglow is refreshing.
------------------------------------------------------------------











次イ〜、4本目ェ〜。

4本目はの射美

これでの<いび>と読みます。



去年から扱っているのですが生産石数のあまりの少なさに、夏を前に全商品(といっても4種類程・・・・)完売してしまった日本酒。

その射美の純米吟醸のご紹介!!。

岐阜県揖斐郡にある杉原酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、射美の誉<S7>50%精米純米吟醸“槽場無濾過生原酒”






裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘みも感じられるが、軽快な印象。
次に呑んでみました。
酸は穏やか。そのせいか全体の印象はマイルド。米の旨みはちゃんと表現されていてる。が、しかし、味わいに張りがない。味わいのシルエットを構築するのに必要な輪郭がちょっと崩れちゃっているな。甘みは申し分ないので、酸がもっと力強くあれば、全体的に引き締まっていい感じになります。「惜しい」、の一言に尽きます。

☆3.00!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Ibi: Sugihara brewing Co.,Ltd.>
1,Shimoiso,Oho-chou,Ibi-gu ,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks):3.00point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance is felt also sweet, but a light impression.
Then I toried to drink.
This acid is calm. Because of that, overall impression is mild. Taste of the sake rice has been represented properly. However, there is no tension to taste. Contour that needed to build the silhouette of taste have a little broken. Because there are properly sweetness, if there is more strong acid, this sake will become tight and will feel good overall. This sake runs out to word of "regrettable" exactly.
------------------------------------------------------------------















そんな訳(どんな訳wwww)で今回はバリバリ頑張って、新入荷4本、ご紹介しました。

ではまた次回!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!




※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(25)] [TB(95)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2014年04月の記事   |  << prev   |  Top   |  2014年06月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ