須弥山ブログ 酒魂日記

2014年02月の記事

<< 2014年01月の記事   |  << prev   |  Top   |  2014年03月の記事 >>

2014年2月28日(金) 17:00

日本酒のススメ 〜其の200 /~\o=(;゚ロ゚)=o/~\ アチョアチョォー!!  ┣o(・ω・。)ガード!!

やっと雪さ振りました!!!、しかも大雪!!!!。しかし・・・・・。という題が使えなくなるくらいに、シレッと更新してませんでしたけど、何か!!@ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




東京にも雪が、しかも大雪が降りました! (ง •̀_•́)ง。


ただ、なんでしょ、そんなにテンション上がらないんだよな〜(‘ε’) フーンみたいな。

で、よくよく考えたら、というか、そんなには別に考えなくても分かったのですが、“蘇民祭”で、散々、私にとっての今年の“初雪”を満喫したんですよね〜( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!!!。ま、満喫という呑気なものじゃなかったんですけど!!。どちらかといえば命懸け、みたいな・・・(・∀・;)タラー・・・。

ま、仕方なかとですね!!。


しかし、いまだ蘇民祭ショックから抜け出せないでいますね〜!!。それぐらいインパクトのある経験でした!!。


(↑これ2週間前のネタですのであしからず。あははははははははははははは)



ってなわけで、早速新入荷酒紹介していきま〜す!!(๑≧艸≦)ププププププププ。











先ずは、秋田県から一白水成

これで<いっぱくすいせい>と読みます。
秋田県身南秋田郡五城目町にある福禄寿酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは秋田県産美山錦50%精米 純米吟醸“袋吊り”生酒


横ラベル。



先ず香ってみました。
香りは甘く色っぽいが爽やかさもある。
次に呑んでみました。
酸は細かいがシッカリとした輪郭をもって存在する。そして、その酸の内側に味わいが姿をみせる。その味わいにはまだまだ硬さがあるが、程よく奥行きがある。旨みもそれなりに味わえる。お米の性質上、新酒である以上仕方ないかもしれないが、やはり旨味はもう少し欲しいところ。少し熟成していけばいい味わいに変化していくだろう。キレは抜群。


☆3.79!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Ippakusuisei:Fukurokujyu brewing Co.,Ltd.>
48,Shitam-achi,Gojomemachi,Minamiakita-gun,Akita,japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This scent is sweet and amorous, but refreshing.
Then I tried to drink.
Acids of this sake is fine, but it is present with a firm contour. And soon the taste inside acid show up. There are hard taste still in its taste, but are depth moderately. i can taste Umami in its own way. Due to the nature of sake rice is still just want a little more flavor. But new sake it may be unavoidable. Hopefully, that taste will change the more mature. Sharpness is outstanding!.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は三千櫻!。

これで<みちざくら>と読みます。

岐阜県中津川市にある三千櫻酒造株式会社さんの日本酒。


今回入荷の新酒は岐阜県産五百万石60%精米純米(純米吟醸スペック)五百万石“にごり酒”



裏ラベル。




呑んでみました。


先ずは香ってみました。
香りは穏やかだが、甘く奥行きがある。若いリンゴのような香りがする一方で、新酒特有のアルコール臭も感じられる。
次に呑んでみました。
酸は細かく、意外に穏やか。しかしちゃんと存在し、味わいを隈なく包み込んでいる。含んだ酒は、瞬く間に口中に広がり、若々しい味わいが口の中を満たす。味の表面には張りがあって味わいの輪郭はしっかりと形成されている。勿論新酒なんで、それはまだ七分咲きではあるが、時間がたてばもっとうまくなることは想像に難くない。これからが楽しみな1本です。







☆3.83!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Mitchizakura:Michizakura sake brewing Co.,Ltd.>
25,Tase,Nakatsugawa-shi,Gifu,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.83point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
Fragrance is calm, but there is a sweet and depth. While smell like young apple, and feels specific alcohol smell of new sake on the other hand.
Then, I tried to drink.
This acid is finely, and calm unexpectedly. But acid exists properly, and wraps up taste without a gap. The sake that were included in the mouth spread in the mouth in an instant, and meets by the youthful taste in the mouth. There are tension on the surface of the taste,and the contour of the taste is formed firmly. Of course, since the new sake, the taste is blooming 70% yet. This sake is easy to imagine that it becomes better with the course of time. It is one of sake which is fun at several months later.
------------------------------------------------------------------


















まだまだあああああ!!!。3本目ェ〜。

3本目は東洋美人

これで<とうようびじん>と読みます。


山口県萩市にある株式会社澄川酒造場さんの日本酒。

実はこの株式会社澄川酒造場さん、昨年の“山口島根豪雨”で、酒蔵、会社、本宅、自宅が約3メートルの激しい濁流に呑み込まれ壊滅的な被害を受けたそうです。
その後、有志の方々の数えきれない激励の元、再興を決意し、より強固で機能性に長けた蔵を予定より早く再建したそうです。そして、最初にリリースされたのがこの新酒とのこと。

※山口島根豪雨
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E5%B3%B6%E6%A0%B9%E8%B1%AA%E9%9B%A8

=======================================================================

7月28日、記録的豪雨によって被災してから1ヶ月以上が経ちました。山口県内はもとより全国から毎日、弊社への復旧作業のために大変多くの方々にご協力頂いていることに感謝申し上げます。「東洋美人」がこんなにも多くの人に愛され、助けられていうことを実感する毎日です。お陰様で、いよいよ蔵の改築を含めて専門業者による本格的な作業に入ります。そして予定通り進めば、12月中旬に例年より約3ヶ月遅れとなりますが、「25BY」の酒造りの計画が見えてきました。(インターネット関連情報)
=======================================================================

で、今回御紹介するのは、酒造好適米50%精米純米吟醸槽垂れ“原点 奇跡の新酒”


表ラベル<左側>。




先ずは香ってみました。
バナナのような甘い香り。でもそれはとても軽快で爽やかです。
次に呑んでみました。
酸は細かいが新酒らしくしっかりとある。味わいはフレッシュで瑞々しい。味の表面には穏やかに張りがあって、ちゃんと輪郭を形成している。そして、軽快な甘味が味全体を構築している。すぐに開いた味わいは、これまた瞬時に落ち着き、後は穏やかな味わいが口の中を満たしていく。キレは潔く余韻は軽快。



☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Toyobijin:Sumikawa brewery place Co.,Ltd>
611,Nakaogawa,Hagi-shi,Yamaguchi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Sweet fragrance like bananas. But it is very light and refreshing.
Then i tried to drink.
This acid is fine, and exists like new sake. Taste is refreshing and light. There are gentle tension on the surface of the taste, and the contour of the taste is formed properly. Light sweet taste is building a whole. Calm down instantly, taste has blossomed immediately. And mild taste fulfills with sweetness of sake rice to the mouth. The sharp gracefully, the lingering light.
------------------------------------------------------------------

















最後、4本目ェwwwwwwwwwww。

4本目は久々、鍋島

もう説明いらずの日本酒。
佐賀県鹿島市浜町にある富久千代酒造有限会社さんの日本酒。

でも今回入荷したのは山田錦50%精米純米吟醸“あらばしり生酒”


裏ラベル。



呑んでみました。

先ずは香ってみました。
香りは甘くてマイルド。奥行きも余韻もしっかりとある。
次に呑んでみました。
酸はちゃんと存在し、味わいを隈なく包み込んでいる。味の輪郭はしっかりと構築されており、ちゃんと味わいのシルエットを形成している。旨味はシッカリとあり、コメの旨味はちゃんと表現されている。素直に「美味しい!!」と言える酒です。去年よりは、比較にならないほど完成されています。キレは潔いが余韻は心地いいです。








☆3.92!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Nabeshima:Fukuchiyo brewery Limited company>
1244-1,Hama-machi,Kashima-shi,Saga,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.92point

*Expression of this sake of my own way:
First, i tried to smell.
The fragrance is sweet and mild. There are depth and afterglow firmly.
Then I tried to drink.
This acid exists properly, and wraps up taste without a gap. Contours of taste is built firmly, and silhouette of taste formed properly. There is Umami taste firmly, taste of sake-rice are represented properly. It is a sake that can be said "!Delicious!" obediently. This sake is the finish was completed beyond comparison than last year. Fade out of taste is manly, but the afterglow is a good feeling.
-----------------------------------------------------------------













そんな訳(どんな訳wwww)で今回はバリバリ頑張って、新入荷4本、ご紹介しました。

では再来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(63)] [TB(2)]

この記事へのトラックバックPingURL

2014年2月8日(土) 16:50

日本酒のススメ 〜其の199 ლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)スンスンスンスン!!  ヾ(◕ฺˇ∀ˇฺ◕ฺ)シ ヘイヘイヘイヘイ!!

無事帰還!!。俺は蘇民祭で男になった!!!@ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




先週、当ブログで (*)>д<)」イヤダ───!!  と言っていた“蘇民祭”に行ってきましたYo。

内容は先週、Youtubeで見て頂いた通りです! (ง •̀_•́)ง。

で、実際もあの通りでした!! ( ✹‿✹ )。

といいたいところですが、映像では決して伝わってこない体感温度!!。これを侮っていました。ま〜、生まれてこの方、一度も経験したことがない体感温度でした。

蘇民祭の最初の行、川の水を堰き止めたところで行う“水垢離(みずごり)”という水行。
これが、いちばんきつかった〜(* T Д T)。
http://www.youtube.com/watch?v=D7VGt15g0JA&sns=fb
(00:27〜 小生が映っておりまする・・・・・・汗)

左肩→右肩→背中の順に川の極冷水を掛ける行為を3回、川から上がって本堂まで戻って本堂内を掛け声を発しながら、1周練り歩き、再度外に出て、今度は本堂の更に上にある小さな社のところまで行き、裏山を下って来る、を計3回やりまする(ガクブル)。

「きつかったら途中で止めてもいいですよ。無理しないで下さいね!!」とは言われますが、これ3回って、ある意味人間の心理をついているようなんですよ。

まず1回やるとします、そうすると、意外ともう1回やってみよう!、もう1回ぐらいはできちゃうだろう、という気になり、2回やるじゃないですかぁ。で、2回やると、あと1回で達成なのに、ここで諦めるのは勿体無い、あと1回やろうじゃないか!!、という気になるんですね〜、これが。結果、まんまと3回できちゃうんです!!。

現地の蘇民祭の猛者たちも言っていました。水垢離が一番きついって!!。
ま、最後の蘇民袋争奪戦の決勝戦のほうが、水垢離の何百倍もきついんですがね!!。

でも、神輿を担ぐ祭りのは多々参加しましたが、あーゆーのは初めてだったので、参加できたことは、とても有意義でした!!。ローカルのソウルを、まじまじと体感できました。

日本の真(まこと)を見た気がします!!。魂を見た気がします!!。
なにせ1000年伝わる奇祭ですからね!!。

是非、何年も何十年も何百年も、絶えることなく受け継いで欲しいものです!!。
そして、機会があれば皆さんにも是非参加してほしいものです!!。
必ず、何かを得るはずです!!。

今の時代に欠けている、何かを!!。

私は、今のところ来年は??、ですが、恐らく時期が来ると、ムズムズしてくるかもしれません!!。






っと、ボロボロの身体に鞭打って、早速新入荷酒紹介していきま〜す!!(๑≧艸≦)ププププププププ。











先ずは会津中将
これで<あいづちゅうじょう>と読みます。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

会津から新酒のお便りです!!。

今回御紹介するのは、夢の香55%精米純米吟醸


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘味があり奥行きもちゃんとある。一方、ビターな面も垣間見られる。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在感があり、味わいの輪郭を形作っている。甘味もしっかりとあり、口中を旨味で満たしてくれます。ドライな味わいも感じられるが、それはそれで、“らしく”て良い感じ。最初は旨みを感じるが、後半は辛く切れていく。キレは勿論良く、余韻も穏やか。





☆3.80!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Aizuchujo:Tsrunoe brewing Co.,Ltd.>
2-46,Nanoka-machi,Aizuwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First,I tried to smell.
This fragrance is sweetness, and has depth properly. On the other hand, is also a glimpse of face a bitter one.
Then, I tried to drink.
Acid has sense of existence finely. And this acid forms the outline of the flavor. There is also firmly sweetness, and my mouth filled with the flavor. I feel dry taste, but it feel good as taste of Aizuchujo. I feel the Umami-taste at first, but the taste fades away to the dry-taste in the second half. Of course sharpness is good, and afterglow is calm.
------------------------------------------------------------------











次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は酒屋八兵衛

これで<さかやはちべえ>と読みます。


三重県多気郡にある元坂酒造株式会社さんの日本酒。



広まるまで、言い続けます!!。
女将の元坂桐子(げんさかとうこ)さん!。























安藤優子キャスター!!。やっぱ似てるわ〜!!。


やっぱ、似てるわ!!、マジで!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(゚∀゚;)。


で、今回御紹介するのは、山田錦60%精米(麹米)・五百万石60%精米(掛け米)特別純米酒“無濾過生原酒”






裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは穏やかで控えめ。一方で香ばしくラム酒のような一面も感じられる。
次に呑んでみました。
酸は細かいがシッカリと存在している。味の張りはちゃんとあり、味わいのシルエットをシッカリと構築している。甘さは抑えてあるが全体的に味の骨格はしっかりしている。私が持つこの酒のイメージからするとかなり“辛口”を印象づける。ま、でも新酒だから、時間が経てば、まだまだ深みがでるはず。勿論キレもしっかりとあり余韻は淡白。


☆3.82!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Sakaya Hachibe:Gensaka sake brewing Co.,Ltd.>
346-2,Ynagihara,Oodai-chou,Taki-gun,Mie,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.82point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell. 
This fragrance is calm and modest. On the other hand, I also felt one side of smell like rum.
Then I tried to drink.
This acid is fine, but exists firmly. There is tension of taste properly, it is being building firmly the silhouette of the taste. Sweetness of this sake is suppressed, but the backbone of taste is firm overall. Compared with the image of this sake that I have, I feel the "dry" quite. In consideration of the terms of new Honjyouzou, this is fine. But because this sake is new sake, deep taste should appear over time.
Of course finish of taste is also firmly , lingering is indifferent.
------------------------------------------------------------------

















3本目は智則

これで<とものり>と読みます。

実はこれ、“島根の”月山さん(がっさんさん。なんかアグネス・チャンちゃんみたい・・・・・。)が出している、何処かの酒屋のPBなんです。

島根県安来市にある吉田酒造株式会社さんの日本酒。

以前、コスパめちゃ高(たか)の純米生がとても印象に残ってる酒蔵さんですね。

今回御紹介するのは、佐香錦55%精米純米吟醸直汲中取り“無濾過生原酒”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
ワオ!、とても甘く華やかな香り。日本酒を注いでる傍から、香りがしっかりと立ち上ります。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリと存在している。味の表面にはちゃんと張りがあり、味の全体像を形成している。新酒の割には甘みもあり、米の旨みも表現されている。口中を旨みで満たした後は、心地いい余韻を残しながら消えていく。香りと旨みのバランスがちゃんととれている。昨年よりは、かなり出来がいい。


☆3.85!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Tomonori<Gassan>:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasugi-shi,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Wow, very sweet and gorgeous fragrance. From when i am pouring this sake, I can smell rising fragrance firmly.
Then I tried to drink.
This acid is present as finely firmly. There is a tension on the surface of the taste properly, thanks to its tension, the taste forms an overall picture firmly. This sake has sweetness of rice in spite of new sake, and is made expressions of taste. This sake disappear while leaving the afterglow, after it was filled mouth with the taste. This wine has balance of fragrance and Umami properly. Taste of this wine is pretty good compared to last year.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳(どんな訳wwww)で今回はバリバリ頑張って、新入荷3本、ご紹介しました。

では再来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!




※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(3)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2014年01月の記事   |  << prev   |  Top   |  2014年03月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ