須弥山ブログ 酒魂日記

2013年08月の記事

<< 2013年07月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年09月の記事 >>

2013年8月30日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の179 ( ‘ j ’ )ジェ!?、( ‘ jj ’ )ジェジェ!!??、( ‘ jjjj ’ )ジェジェジェ!!!???。 

日本酒のススメ〜其の179 ( ‘ j ’ )ジェ!?、( ‘ jj ’ )ジェジェ!!??、( ‘ jjjj ’ )ジェジェジェ!!!???。 



何だか、秋な雰囲気だ〜(´・ω・`) @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




何か、急に秋めいてきましたね〜!!m(^∇^)m。


猛暑、いや“炎暑”だった今年は、稀にみる夏でした(`・ω・´)ゞキリッ。

うちなんか、マンションの最上階っしょ!!、もう日中熱せられたコンクリが頭上にあるようなもんだから、じぇんじぇんクーラーが効かないのなんのって(;´皿`;)。

でも、持ち前の気合で何とか乗り切ったっす(`・ω・´)ゞキリッ。
多分・・・・・・(*‘∀‘)。

もう、9月になれば、吉祥寺秋祭り、そしてなんだかんだとしているうちに、年末へと・・・・・・・・・・・・。

そんな訳で、早速新入荷3本、紹介しちゃうしおすしp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。



先ずわ〜、1本目ェ〜。

1本目は奈良萬

これで<ならまん>と読みます。

久々のご紹介ですね〜。

そうです、福島だけど“奈良”の奈良萬です。吾妻嶺の蔵元、佐藤元ちゃんが最近、「奈良萬の東海林です!!」って、ネタをあちこちでやるんです、これが。
知っている人はニヤニヤするんですが、知らない人は「あ、どーも!!」的になるんでヒヤヒヤですよ。え、実際はどうかって?。いや、かなり似ています(*^艸^*)。
因みに、奈良萬の東海林社長↓。

そして、吾妻嶺の佐藤元ちゃん↓。



ね!?、似てるでしょ〜!!。

ま、そんなことは置いといて、お酒のご紹介!!。

福島県喜多方市にある夢心酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、喜多方産産五百万石55%精米うつくしま夢酵母使用純米生酒“奈良萬おりがらみ”




裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは深い甘味と爽やかさがある。
呑んでみました。
存在感のあるシッカリした酸が口中に広がります。そしてそれを追うかのように、今度はそれに負けない甘みが口中に広がっていく。味わいの表面にちゃんと緊張感を持った張りがあり、それが味わいのシルエットをシッカリと構築している。結果味わいが崩れることなく旨味を統率している。キレはしっかりとあるが、余韻も楽しめる。





☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Naraman: Yumegokoro brewing Co.,Ltd.>
1,Kitamachi,Kitakata-shi ,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is deep sweet and refreshing.
Then i tried to drink.
Firm acid with a strong presence spreads in the mouth. And subsequently, sweetness that not to lose in this acid will spread in the mouth this time. There is tension with a sense of tension properly on the surface of the taste. And it is building a firm silhouette of taste. As a result, the taste is to lead the Umami-taste without collapse. Sharp of taste is good, and can enjoy afterglow.
------------------------------------------------------------------


















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は来福

これで<らいふく>と読みます。

我が茨城県の地酒!!。日本一精米して造った“来福 超精米 純米大吟醸”(な、な、な、なんと、<ひたち錦>8%精米!!!)がなんともインパクトのある日本酒の酒蔵さんですよね!!。


茨城県筑西市にある来福酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、来福を一躍有名にした、と言っても過言ではない兵庫県産愛山50%精米純米吟醸生原酒“愛山”




裏ラベル。






先ずは香ってみました。
香りはとても爽やかで軽やか。若い青リンゴのようでもあるしマスカットのような香りにも感じ取れる。
次に呑んでみました。
酸は細かく穏やかに、しかし確実に存在してて味わいを優しく包み込んでいる。直ぐに優しい甘みを持った味わいが口中にゆっくりと広がる。控えめだがバランスの取れた甘みが口中を満たすと、味わいはまた穏やかに消えていく。控えめと言っても、きちんと米の味は表現されている。力強い味の張りは無くとも、味わいは崩れることなく構築されている。キレは穏やかで、余韻は清々しい。


☆3.98!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Raifuku: Raifuku brewing Co.,Ltd.>
1626,Murata,Chikusei-shi, ,Ibaraki,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.98point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
The fragrance is very refreshing and light. This fragrance is also like a young green apple, and is also a like Muscat.
Then I tried to drink.
This acid is fine and calm, but is exist reliably, and they wraps taste gently. Immediately taste with a gentle sweetness spreads slowly in the mouth. Since modest sweetness with balanced is fulfill the mouth, that taste fade away mildly also. Even say modest taste, taste of rice is represented properly. Even without the tension of strong taste, taste is built without collapse. Slice of taste is mild, lingering is refreshing.
------------------------------------------------------------------




















3本目〜!!。
3本目は紀伊国屋文左衛門

これで<きのくにやぶんざえもん>と読みます。

須弥山では定番で扱わせてもらってる銘柄ですね。やっとこ冷蔵庫が空いてきたので8本蔵から送って頂きました!!。

東京では“超久”のほうが有名かも・・・・。


和歌山県海南市にある中野BC株式会社さんの日本酒。

中野BCの河嶋杜氏には、今年は須弥山BBQにもご参加頂いてホント遠方よりご苦労様でした!!。気さくな爽やかイケメン杜氏さんです!!(もち左側!!)。




で、今回入荷したのは山田錦58%精米(麹米)出羽燦々65%精米(掛米)“限定ひやおろし”



裏ラベル。




先ず香ってみました。
白ブドウのような甘く爽やかな香り。奥行きもシッカリある。
次に呑んでみました。
お。意外に酸は穏やか、しかし、ちゃんと存在はしている。味わいは穏やかに広がり、穏やかに味のシルエットを構築する。ただ、何かが足りない。味の広がり、味わいの構築、いずれも申し分ない。そうだ、奥行きのある甘みがほしい。色っぽい甘み。グラマラスな甘み。まだ、7分咲きといったところでしょうか。もう少し様子を見てみよう!!。

☆3.68!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kinokuniya-bunnzaemon:Nakano Biochemical Creation Co.,Ltd>
758-45,Fujishiro,Kainan-shi,Wakayama,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is sweet and refreshing such as the Muscat. There is also firmly depth.
Then I tried to drank.
This acid is surprisingly calm, however exists properly. This taste spreads calm, and builds a silhouette of taste gently. However, something is missing. Spread of taste, construction of taste, is in excellent that one. Yes, It is necessary sweetness with depth. Sexy sweetness. glamorous sweetness. I think this taste is 70% flowering still. Let's see state a little more!.
------------------------------------------------------------------

















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年8月23日(金) 15:30

日本酒のススメ〜其の178 ヤラレタラ、ヤリカエス!! (✺ ・`益・´)倍返しだ!

今年の夏はやはり異常気象!!??。@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




いや〜、暑いのなんのって、もう無理っす!!m(*^皿^*)m。
今年は、「今でしょ!!」に始まり、“猛暑”に終わる、と言っても過言ではないでしょう。
「いつ暑いの!?」「今でしょ!!」もうこんだけです!!。

ま、お盆も終わり、夏の甲子園も終わり短い夏が徐々に終わりを告げようとしています(´皿`。)ウエンウエン!!。
でも、まだまだ残り少ない夏を堪能するッス(`・ω・´)ゞキリッ。


よくよく考えたら、今年も残すところ4か月と8日。早いっすね、一年(`・ω・´)ゞキリッ。

こうやって、すごい速さで年を取っていくんでしょうね(゜∀゜;)v。

マジで、マジで・・・・・・・〇l ̄l_・・・・・・。








そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は新政

須弥山の定番<山ユ>の基幹銘柄ですね。これで<あらまさ>と読みます。

もう説明の必要がない銘柄です。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。



今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち60%精米(麹米・掛米)協会6号母使用新政不思議純米“天蛙(あまがえる)”


裏ラベル。社外秘ですが『wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。



ふと、思ったんですが、これ開けたら呑み切らなければならないタイプっすよね!?。
感想は後日で〜!!。と思ってたら知り合いの店で呑めたので、感想書くでござーる!!。




先ずは香ってみました。
香りは深く甘い。乳酸飲料のような甘味も感じる。
次に呑んでみました。
余りある細かい酸が口中を支配する。甘味を感じたかなぁ〜と思ったら、酸と共に甘味も躊躇いなく消えていく。旨味をじっくり堪能する、というよりは、瞬間的な旨味を感じる、余韻に浸る間もなく、呑む、という感覚かなぁ。日本酒新境地。是非、この酒のコンセプトを聞いてみたい。




☆3.70!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.70point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to smell.
This fragrance is deep and sweet. Also feel like sweetness of lactic acid beverage.
Then i tried to drink.
Too much acids that is very fine meets the mouth. As soon as feel the sweetness, the sweetness fade away immediately with the a This sake is the sake that type of feeling the taste momentarily rather than type of enjoying taste thoroughly. I think the sense that drinking no time to soak in the afterglow. This is a new ground of sake. I want to ask the brewer the concept of this sake all means.
------------------------------------------------------------------















2本目は寫楽

これで、<しゃらく>と読みます。


福島県会津若松市にある宮泉銘醸株式会社さんの日本酒。

久々の入荷かな。

今回ご紹介するのは、山形県産酒未来50%精米(100%使用)純米吟醸酒未来


裏ラベル




先ずは香ってみました。
香りは甘く深みがある。決して華やかではないが、地味という訳でもない。
次に呑んでみました。
酸は力強くシッカリと存在している。味わいはダイナミックで味がちゃんと詰まっている。
酒を口に含んだ瞬間から旨みが口中に広がっていき、旨味で口中を満たす。味わいの輪郭はシッカリと構築されているので、全体的に統率感がある。味のキレは潔く、余韻は印象的です。







☆3.80!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Sen:Kazuma brewing Co.,Ltd.>
He36,Ushitsu,Noto-chou,Housu-gun,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance has sweetness and depth. It is not somber, either, although this wine is by no means glamorous.
Then I tried to drink.
This acid is present firmly and strong. This taste is dynamic, taste is clogged properly. To including this wine to my mouth, this taste spreads in the mouth immediately. And taste fulfills my mouth. Since the outline of taste is built firmly, on the whole, there is the generalship sense of taste. Slice taste gracefully, afterglow is impressive.
------------------------------------------------------------------
























んで以って3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は賀儀屋

これで<かぎや>と読みます。


愛媛県西条市にある成龍酒造株式会社さんの日本酒。

最近、ちと物騒な西条市。いやはや早く解決してほしいものです。

今回御紹介するのは、愛媛県産松山三井70%精米賀儀屋辛口純米酒“K-series No.9 Dry Taste”


裏ラベル。





先ずは香ってみました。
香りは賀儀屋にしては控え目。しかし、9号らしい抑えた甘さを感じる。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリ存在している。酸の後から現れる味わいは勢いよく口中に広がる。米の旨味をシッカリとコントロールして、適度な旨味に抑えている。しかしそれは賀儀屋っぽくない!!。今までの賀儀屋とは一線を画す味。味わいの張り、膨らみ、キレ、それぞれは賀儀屋の持つ特性を備えている。しかし、甘み旨味は、辛口≠フ言葉通り、極力抑えられている。賀儀屋のチャレンジか!?。





☆3.70!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kagiya:Seiryu brewery Co.,Ltd>
1301_1,Syu,Saijyou-shi,Ehime,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.70point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is moderation for the Kagiya. However, I feel the subdued sweetness that seems No. 9 yeast.
Then i tried to drink.
The fine acid is presents firmly. Taste that appears after the acid spread in the mouth vigorously. By controlling firmly the taste of rice, it is kept to a moderate taste. However, this taste is not like the Kagiya!. The taste is taste that set them apart from the taste of Kagiya until now. Tension, swelling, sharp of taste has a characteristic of the Kagiya respectively. However, words as "dry", the taste of rice, it is suppressed as much as possible. Is this sake Kagiya's challenge!? .  
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年8月9日(金) 15:00

日本酒のススメ〜其の177  (゜0゜)エッ!?。(◯☉。☉)エッ!?。(*゚▽゚*)エッ!?。

立秋だというのに、またまた猛暑がやってきた!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


いや〜、またアッツくなってきましたね〜!!(`・∀ ・´;)。

もう、”立秋”と言われても、ピンときませんね( `・ Д・´;)!?。

昔からの暦的言葉も大事ですが、今一度見直してみてはどうなんでしょ!?(`・ω・´)ゞキリッ。
立夏と立秋の間に”猛夏(もうか)”って差し込んじゃうとか。残暑なんて生温いこと言っていないで、”続暑(ぞくしょ)”にしちゃって、「まだまだ暑いよ〜、油断してたらやられるよ〜!!」みたいな注意促す的な言葉にしちゃうとか……….。
だって、秋らしさ、じぇんじぇん見当たらね〜じゃん!!(`・ω・´;)ゞキリッ。

と、熱くなったところで、な〜んにも変わらないので、お酒の紹介いきま〜す。
さ、さ、さ、さあ、ブログブログ・・・・・・・・(大汗)。





ってな訳で、今週も新商品3本ご紹介していきマッスル!!。




先ずは大信州!!( ̄Д ̄)d。

これで<だいしんしゅう>と読みます。

長野県松本市にある大信州酒造株式会社さんの日本酒。

初めての入荷ですが、今回は2本まとめてのご紹介。

と、その前に、大信州ちょっ蔵調べてみましょう。

==================================================================
酒魂日記一口メモ 大信州酒造株式会社
創業明治21年。

長野県品評会、関東信越国税国鑑評会、全国新酒鑑評会等で長野県内でもトップクラスの受賞歴を誇る酒蔵。

大信州酒造の酒造りは、北アルプス連峰の雪解け水が地中を巡り、濾過された清冽な湧き水3種類(1.北アルプス連峰の伏流水=分子が小さい伏流水 2.信州和田峠の黒耀水=国内でも稀な超軟水 3.信州松代の皆神山の御神水=カルシウム分が豊富な軟水)を使い分け、土造りから拘った酒造好適米を自家精米し、酒質に合わせ厳選しています。

酒造りの基本は「原料と原料処理が重要。『1に蒸し、2に蒸し、3に蒸し』を基本に良い蒸米からは良い麹が生まれ、良い醪が出来ます。結果、旨い酒が搾りあがる。」との考えのもと、飲み飽きしない軽さと上品な味わい、そしてキレの良い酒質を目指し酒を醸し続けています。
(インターネット関連情報)
=================================================================



今回御紹介するのは、信州産ひとごこち100%使用(麹米:50%精米・掛け米70%精米)“辛口特別純米酒”


裏ラベル



先ず香ってみました。
香りは比較的穏やか。若いメロンのような、爽やかさと甘さが折り重なっている。
次に呑んでみました。
酸は比較的穏やか。しかし確実に存在している。味の輪郭はシッカリと構築されており、味わいの印象を形作っている。口中が程よい甘さで満たされた後、直ぐにアルコールに由来する辛さが味を引き締める。入口は甘く出口は辛い、そういった表現が当てはまる
キレは良く、余韻は潔い!!。

☆3.78!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Daishinshu: Daishinshu breweries Inc.>
2380,Shimadachi,Matsumo-shi,Nagano,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is relatively mild. Sweetness and refreshing fragrance such as melons young is folded.
Then I tried to drink it.
This acid is milder than I thought. But acid is present with certainty. Contours of taste is built firmly, and are shaped the impression of taste. After the mouth is filled with moderate sweetness, dry taste derived from the alcohol is immediately tighten the taste. This taste is the taste that "Introduction of taste is sweet, exit of taste is dry", such expression is true. Sharp in taste is well, lingering is manly!.
------------------------------------------------------------------

















んで以って、2本目ェwwwwwwwwwww。

2本目は同じ大信州から、小山商店のPBで、香月

これで<こうづき>と読みます。


メチャメチャ、コスパ高い純米吟醸をご紹介。

金紋錦100使用・49%精米(自家精米) 香月純米中汲み“槽場直取り 生”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く、とても色っぽい。熟れたメロンのような甘さを感じる。奥行きもシッカリとあって、先ずは心地いい。
次に呑んでみました。
酸は細かいが、シッカリと存在している。口に一口含むと、一気に口中に米の旨味が広がっていく。その旨味は米の甘みがきちんと表現されている。味の張り、奥行きも十分にあって、味わいの輪郭をシッカリと支えている。思わず笑みがこぼれてしまいそうな美味さです。お米がちゃんと成仏した味わいです。キレは良く余韻もとても心地いい。


☆4.28!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kouduki: Daishinshu breweries Inc.>
2380,Shimadachi,Matsumo-shi,Nagano,Japan

*My evaluation (five point full marks):4.28point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
Fragrance of this sake is sweet, it is very sexy. And fragrance of this sake is sweetness like melon ripe. There is also firmly depth, first good feeling.
Then I tried to drink it.
This acid is fine, but is present firmly. To include a sip of this sake the mouth, taste of the sake-rice will spread in the mouth at once. Sweetness of rice are represented properly in the taste. There is tension of the taste, and depth of the taste properly, so those are supporting the outline of the taste firmly. This sake is delicious that is likely to spill smile unintentionally. This sake is a taste that rice was perfectly Buddhahood. Sharp of taste is good, and lingering is very good feeling.
------------------------------------------------------------------


















次、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は七冠馬

これで<ななかんば>と読みます。


島根県仁多郡にある簸上清酒合名会社さんの日本酒。

お付き合いの古い酒蔵さんです。今回は蔵元の田村さんの計らいで”須弥山SP”。

な、なんと、純米吟醸と大吟醸のブレンド別誂え!!、そしてオリジナルラベルの須弥山スペシャル!!。
感謝感謝っす!!。

山田錦50%精米限定しぼり七冠馬吟醸うすにごり“須弥山スペシャル”
この酒蔵は、実はあの名馬”七冠馬”シンボリルドルフを輩出した、シンボリ牧場(http://www.symboli-stud.com/)とは、妹の啓子さんが現社長和田孝弘の元に嫁いだことで血縁関係になり、”七冠馬”というルドルフの別名≠フ使用が許されている酒蔵さんなんです。
地元では、”玉鋼”という銘柄もありますが、都市部では”七冠馬”のほうが有名かもしれませんね。


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは穏やかですが、甘く華やか。奥行きもちゃんとある。
次に呑んでみました。
酸は細かく、しかしシッカリ存在している。味わいにはちゃんと張りがあり、味の輪郭を保っている。そしてその味わいの中は、ちゃんと表現された旨みで隈なく満たされている。9号酵母らしい、弛みのない旨味は流石である。統率のとれた旨味は、呑み手を十分満足させる。キレは良く、余韻は清々しい。最近減った、王道の味わい表現ですね。


☆3.85!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Nanakanba:Hikami Seishu Co.,Ltd.>
1222,Yokota,Okuidumo-chou,Nita-gun,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.80point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance of this sake is calm, but sweet and gorgeous. There is the depth properly.
Then I tried to drink.
This sake's acid is fine, but exist firmly.
There are tension properly to taste, those are keeping the outline of the taste. And inside the taste, umami taste that was expressed properly is filled without gap. This not loose taste that made by No.9 yeast is as expected. Taste which got of leadership, satisfies the drinker fully. This taste has decreased recently is taste representation of the royal road.
------------------------------------------------------------------



























そんな訳で今週も新商品入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!












※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年8月2日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の176 (´・ω・`)ノ1(´・ω・`)ノ2(´・ω・`)ノ3…(`・Д´・ )ノダー!!

ゲリラ豪雨は今年も絶好調!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


今年はゲリラ豪雨のせいで、軒並み花火大会が中止に追い込まれてるそうだ!!(`・皿 ・´;)。

夏の風物詩にも温暖化の影響が( `・ Д・´;)!?。

でも、そんなことも言ってられないので、ゲリラ豪雨なんかには全く負ける気がしない、夏酒呑んで短い夏を満喫しようではありませんか(`・ω・´)ゞキリッ。

えっ、ネタ切れか?、って。な、な、な、な、何を言うんですか。そ、そ、そ、そ、そんなことはありません!! (`・ω・´;)ゞキリッ。

さ、さ、さ、さあ、ブログブログ・・・・・・・・(大汗)。





ってな訳で、今週も新商品3本ご紹介していきマッスル!!。




先ずは廣戸川!!( ̄Д ̄)d。

これで<ひろとがわ>と読みます。

福島県岩瀬郡天栄村にある松崎酒造店さんの日本酒。

前回の特別純米に続いて早くも純吟を御代わり!!。




今回御紹介するのは、夢の香50%精米純米吟醸“純米吟醸 原酒 24BY”


裏ラベル



先ず香ってみました。
香りは穏やか。そして少し甘みを感じる。セメダイン臭も感じる。
次に呑んでみました。
酸は穏やかに、しかしシッカリと存在している。甘みは控えめながらも、奥行きはちゃんとある。味わいの輪郭もシッカリとある、味わいの表面の緊張感もあり、味わいのシルエットが崩れることなく喉の奥へ消えていく。福島酒らしい、控えめな味わいだがちゃんと主張のある酒に仕上がっている。でも、もう少し甘みが旨みが欲しいかな。



☆3.67!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Hirotogawa: Matsuzaki brewing store>
47-1,Yougai.Shimo-matsumoto,Tenei-mura,Iwase-gun,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.67point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is calm. And I feel a little sweetness. I also feel Cemedine smell.
Then I tried to drink it.
This acid is gentle, but is present firmly. Sweetness is modest, but there is depth properly, there is also firmly outline of taste. There is also tension on the surface of the taste, silhouette of taste fade away to the back of the throat without collapse. This sake is a modest taste such Fukushima sake, but it has finished in the sake of taste with the claim properly. But, I think that it needs little more taste to this sake.
------------------------------------------------------------------

















んで以って、2本目ェwwwwwwwwwww。

2本目は月山

これで<がっさん>と読みます。


島根県安来市にある吉田酒造株式会社さんの日本酒。

昨年、コスパめちゃ高の純米生がとても印象に残ってる酒蔵さんですね。

今回御紹介するのは、五百万石50%精米(使用率80%)・神の舞50%精米(使用率20%) 特別純米“無濾過生しぼりたて”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く、少し腰が据わっている。ただ、全体的には穏やかな印象。
次に呑んでみました。
酸は細かいが、かなり存在感がある。口に一口含むと、一気に口中に味わいが広がっていく。ただ甘味はあるのだが、まだ少し酸が勝っている印象。味の張り、奥行きはあるので、贅沢をいうならば、個人的にはもう少し旨みが欲しい。キレは良く余韻は優しい。


☆3.66!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gassan:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasugi-shi,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.66point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sweet and fresh. But the impression of the whole is gently.

Then I tried to drink.
This acid is fine, but is great presence. To include bite the mouth, this taste spreads in the mouth at once. However there is some sweetness, it is the impression that acid is strong still a little. There are tension of taste, and depth of taste, if say a luxury, i want a taste a little more personally. The sharp of taste is good, afterglow is cozy.
------------------------------------------------------------------

















次、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は雨後の月

これで<うごのつき>と読みます。


広島県呉市にある相原酒造株式会社さんの日本酒。

今まで、スポットでちょこちょこ仕入れてた銘柄です。

蔵元の相澤さんとは、以前広島に行ったとき、とても良くしてくれた思い出があります。面倒見の良い、熱い蔵元さんという印象ですね。


で、多分初めてのご紹介なので、ちょっ蔵調べてみましょう。
===================================================================
酒魂日記一口メモ相原酒造株式会社
 仁方地方から三原地方までの瀬戸内海沿岸地方は、広島酒発祥の地として知られ、古くから多くの造り酒屋がありました。
特に明治の初期、この地方の篤醸家三浦仙三郎氏が長年にわたり苦心研究の結果、花崗岩地帯を浸透する良質の“軟水”を利用した独特の《軟水醸造法》は、のど越しの良い甘口酒をかもすことに成功し県内外に広め、今日の広島酒の名声を不動のものにしました。

 清酒「雨後の月」相原酒造鰍ヘ、こうした天与の好条件、歴史的背景を持つ安芸の国随一の良港仁方の地で、明8年酒造行を始めました。

依頼百余年の歳月酒一筋に品質の改良、醸造技術の研鑚に励み、徳富蘆花の「自然と人生」の短編題より二代目相原格が命名した「雨後の月」は、このロマンチックな酒名とともにまろやかな舌触りと絶妙なコクを誇る銘酒として親しまれています。

===================================================================
とのこと。


で、今回御紹介するのは、山田錦:麹米50%精米・掛け米55%精米純米吟醸“山田錦”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く華やか。奥行きもちゃんとある。
次に呑んでみました。
酸は細かく、しかしシッカリ存在している。味わいにはちゃんと張りがあり、味わいの輪郭を構築している。十分に広がった旨味は、口中を米の旨味で満たす。米の旨味は十分表現されていて、呑み手を満足させる。しかし、後半のドライな味わいが全体的な印象を辛口へと導く。キレは潔く余韻は軽やか。



☆3.70!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Ugonotsuki“The moon after the rain”:Aihara brewing Co.,Ltd.>
1-25-15,Nigatahonmachi,Kure-shi,Hiroshima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.70point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sweet and gorgeous.There is depth properly.
Then I tried to drink.
This acid is fine, but is presence firmly.There is tension of taste firmly, they build a profile of the taste. Taste that has spread to enough, filled with the taste of the sake rice to mouth. taste of sake rice have been expressed enough to satisfy drinker.However, But dry taste of the second half lead to dry overall impression. Finish of taste is gracefully, afterglow is sharp.
------------------------------------------------------------------



























そんな訳で今週も新商品入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!












※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2013年07月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年09月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ