須弥山ブログ 酒魂日記

2013年07月の記事

<< 2013年06月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年08月の記事 >>

2013年7月26日(金) 18:00

日本酒のススメ〜其の175 オイオイ (;^◇^)ノ~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ イテッ

毎年「暑い!、暑い!!。」と連呼しておりますが、やっぱり今年も「暑い!!!!!」っす須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。







いや〜、蒸し暑いっすねェ〜!!!!v(;∇;)v。

湿度70%越えって・・・・・!!!!v(;∇;)v。

本当に異常気象だわ!!、日本が亜熱帯化してますわ(; ・`д・´)。


ま、そうは言っても始まらないので、日本酒呑んで暑気払いするしおすし(`・ω・´)ゞキリッ。
暫くブログの更新さぼってた事には一切触れずに粛々と進めちゃいますわ(`・ω・´)ゞキリッ。

今年もいよいよ、“クルージング”の季節がやってまいりました!!。夏満喫イベントが始まりじゃ〜(*´艸`*)タノシミ~。

夏満して、コンガリ夏男になるべく遊んだるびっしゅ(`・ω・´)ゞキリッ。



んな訳で、夏と言えど、日本酒ガッツリ呑んで日本酒の消費に少しでも貢献していきたいと思います(`・ω・´)ゞキリッ。

では早速、新入荷日本酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、山法師

これで<やまぼうし>と読みます。
山形県村山市にある株式会社六歌仙さんの日本酒。


で、今回ご紹介するのは、その山法師シリーズの一つ、且つ前回ご紹介した日本酒の再掲載、出羽の里真精精米70%精米純米生原酒“爆雷辛口〜日本酒度+28〜”

前回宿題だった、“+28の造り方”。

===================================================================
酒魂日記一口メモ+28の造り方
日本酒は、米の澱粉質を麹の作用で糖分の変え、その糖分を酵母の働きによってアルコールに変えて造られる。この、酵母が活発に働いて、どんどんアルコールを生成していくと、自身の造ったアルコールで酸欠状態になり、酵母が死んでいく。大体、ここで搾って日本酒は造られる。しかしこの前段階で追い水をし、液体中に酸素が供給されると、酸素を得た酵母は、またせっせと糖分をアルコールに変える作業を続けるのである。これを何回か繰り返した結果、+28が実現できる、という訳である。
===================================================================



裏ラベル。







先ずは香ってみました。
最初はマスカットのような爽やかな香りがする。で、直ぐ様、ビターな甘さを持った香りを感じる。
次に呑んでみました。
酸は細かく、みっちり存在し、味わいを万遍なく包んでいる。味の張りはシッカリとあって味わいを形成している。ん〜、やはり甘みが全く感じられない。ただ辛い味わいが口中を支配するだけである。しかし、この爆雷、意外とお客様の受けがいい。この暑い気候も手伝ってか、説明をしたうえで味見をしてもらうと、ほとんどのお客様が呑んでくれる。恐らく口当たりのさっぱり感と、キレの良さが“呑みやすさ”を演出するのだろう。いやはや、人の好みは千差万別ですね。



☆3.20!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Yamaboushi: Rokkasen Co.,Ltd.>
3-17-7,Onsenma-chi,Higashine-shi,Yamagata,Japan

*My evaluation (five point full marks);3.20point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
At first, fragrance is refreshing such as the Muscat. And I feel the aroma with a bitter sweetness immediately.
Then I tried to drink.
This fine acid wraps taste evenly. Tension of taste is firm, and are building a taste properly. As before, it is not felt at all sweet still. Just dry taste is only dominate the mouth. However, reputation of this wine is good surprisingly. I will explain of this wine to customers. And I let the wine tasting them. Thanks to this hot weather, they drink this sake. The refreshing of the taste and good finishing of the taste will produce a easiness of drink. Crikey, tastes is infinite variety.
------------------------------------------------------------------




















次イ〜、2本目ええええええええええええ。

2本目は松嶺の富士

これで<まつみねのふじ>と読みます。


山形県酒田市にある松山酒造株式会社さんの日本酒。

昨年に続いて二度目の取り扱い&ご紹介になります。

今回御紹介するのは、前回と同じスペックの出羽燦々50%精米山形酵母使用純米大吟醸“120本限定”










先ずは香ってみました。
香りは仄かに甘く穏やか。これもマスカットのような爽やかなフレッシュな香りを感じる。ただ、少し経つと落ち着いた甘みに変わっていく。
次に呑んでみました。
細かい酸がちゃんと存在し味わいを優しく包み込んでいる。味にはシッカリと張りがあり味わいの輪郭を的確に形成している。甘みはまだ七分咲きながら、心地よく味わいを感じることができる。キレも良く余韻も楽しむことができる。










☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Matsumine-no-fuji:Matsuyama brewery Co.,Ltd.>
Aramachi17,Sakata-shi,Yamagata,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
The fragrance is sweet and gentle faintly. This fragrance is a refreshing and fresh like a Muscat also. However, it will change in calm sweetness after a while.
Then I tried to drink.
Fine acid is present properly, it wraps taste gently. This taste has tension firmly, and tension of the taste is formed precisely the outline of the taste. Sweetness of this sake is a three-quarter bloom yet, but I can feel the taste pleasantly. Sharp taste of this wine is good and also enjoy lingering.
------------------------------------------------------------------

























おやおや早くもラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、いよいよきました七田
その中でもグレードラインの”七田の心” シリーズ。
佐賀県小城市にある天山酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは山田錦55%精米(麹米:使用比率20%)さがの華55%精米(掛米:使用比率80%)純米吟醸“無濾過生<七田の心>”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く奥行きがある。しかし一方で硬い感じもある。プラムの種付近の香りがする。
次に呑んでみました。
細かいがちゃんと存在している酸が味を包み込んでいる。味わいはまだ、少し硬さを感じるが、心地いい甘みも現れている。味わいの張りもシッカリとある。その中にはまだ七分咲きの旨味がギッシリ詰まっている。もうすぐ満開に花開くでしょう!。味のキレは鋭く、余韻はとても色っぽい!。







☆3.89!!!!。








------------------------------------------------------- ----------
<Shichida: Tenzan brewing Co.,Ltd.>
1520,Iwakura,Ogi-machi,Ogi-shi,Saga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell. 
This fragrance is sweet and gorgeous, and has a depth firmly. But there is also a feeling hard on the other hand. I feel the fragrance of the part close to the species of plum.
Then I tried to drink.
This acid is finely but is present properly. And those are wrapping up this taste. It feels the hardness still a bit to taste, but pleasant sweetness also appeared. There is also tension firmly of the taste. And the umami that is 70% flowering is chock full of in it. It will flower in full bloom soon!. Slice taste is sharp, lingering very sexy!.
------------------------------------------------------------------


























そんなこんなで今週も新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!














※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年7月5日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の174 ふぁいとぉー!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )bいっぷぁーつ!! 

!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。







梅雨まっただ中。先日は「何か、過ごしやすくね?」みたいな事を書いてたのですが、既にさにあらず、です!!!!v(;∇;)v。

蒸し蒸しし始めていて、何てことない、普通の梅雨になっちまいました!!!!v(;∇;)v。

参院選も始まり、朝早くから選挙カーで拡声器使って“ワァーワッ、ワァーワッ!!!”、うるせーの何のって。あれ、ホントどうにかなりませんかね。あんな民度の低さを晒すような選挙活動・・・・(; ・`д・´)マジハラタツ。


ま、言うても大事な国政に参加する一大イベントですから、勿論選挙にはいきますがね(`・ω・´)ゞキリッ。
早く静かな日常に戻ってほちーものです(`・ω・´)ゞキリッ。

今年もいよいよ、“須弥山BBQ”に“クルージング”にと、夏満喫イベントが始まりだします(*´艸`*)タノシミ~。

夏満して、コンガリ夏男になるべく遊んだるびっしゅ(`・ω・´)ゞキリッ。



んな訳で、夏と言えど、日本酒ガッツリ呑んで日本酒の消費に少しでも貢献していきたいと思います(`・ω・´)ゞキリッ。

では早速、新入荷日本酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、福島県から久々に飛露喜

これで<とびろき>と読みます。
福島県会津坂下町にある合資会社廣喜酒造本店さんの日本酒。

今更ではありますが、一応“にんかくにんにん”!!、っす。

今回入荷したのは五百万石50%精米(麹米)・花吹雪55%(掛米) 特別純米“無濾過生原酒”


表右下ラベル。



先ず香ってみました。
香りは甘く爽やか。ちょっと若いマスカットのような香りもちらほら。
次に呑んでみました。
最初はマイルドに感じるが、すぐに細かい酸が姿を現す。その酸の内側にまだ渋味を伴った味わいを確認することができる。味の張りもやわらかく、切れも穏やか。全体の印象としては、とても平凡な味わい。決して不味くはないが、決め手にも欠ける。飛露喜の銘柄からするともう少し!。




☆3.00!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Hiroki: Hiroki Brewing head office joint-stock company>
3574,Ichinaka2banko,Aidubange-machi,Kawanuma-gun,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.00point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is sweet and refreshing. I also felt like aroma of Muscat little young.
Then, I tried to drink.
It feels mild taste at first, but fine acid immediately appears. It is possible to check the taste accompanied astringency still inside the acids. Tension of taste is soft, and sharp of taste is calm. Overall impression of this sake is a very mediocre taste. Although not bad taste, but it lacks decisive of taste. In consideration of the brand of "Hiroki", lacking something of the taste is undeniable.
------------------------------------------------------------------




















次イ〜、2本目ええええええええええええ。

2本目は小桜

これで<こざくら>と読みます。


山形県長井市にある長沼合名会社さんの日本酒。

初めての取り扱いですね!!。って、じゃないよ〜う!!!!!。これ、小桜=誉小桜=惣邑のお蔵さんなんですね!!!!。ややこしやwwwwwwwwwwwwwwwwwwww!!!!!。

今回御紹介するのは、美山錦55%精米小桜“夏純米吟醸限定中汲”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは仄かに甘く穏やか。
次に呑んでみました。
酸は細かく穏やかに存在している。しかしシッカリと存在感を示している。味の輪郭はちゃんと構築されているが、まだ渋味も感じられる。この渋みが甘みに変わっていけば、味わいの楽しめるお酒になるだろう。キレは潔いし、余韻も爽やか。この酒には、もう少し時間が必要な気がします。





☆3.55!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kozakura:Naganuma General Partnership Corp.>
1-1-39,Toka-machi,Nagai-shi,Yamagata,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.55point

*Expression of this sake of my own way:
First,I tried to smell.
This fragrance is sweet faintly and gently.
Then, I tried to drink.
This acid is present in finely and calm. But it has a presence well.  Contours of taste is built properly, but I feel the astringency in taste yet. If this bitterness will changed in sweetness, this sake will become a liquor that can enjoys the taste. Sharp of taste is manly, afterglow is refreshing. I think that this sake need more time.
------------------------------------------------------------------


























おやおや早くもラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、いよいよきました七田
その中でもグレードラインの”七田の心” シリーズ。
佐賀県小城市にある天山酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは山田錦55%精米(麹米:使用比率20%)さがの華55%精米(掛米:使用比率80%)純米吟醸“無濾過生<七田の心>”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く奥行きがある。しかし一方で硬い感じもある。プラムの種付近の香りがする。
次に呑んでみました。
細かいがちゃんと存在している酸が味を包み込んでいる。味わいはまだ、少し硬さを感じるが、心地いい甘みも現れている。味わいの張りもシッカリとある。その中にはまだ七分咲きの旨味がギッシリ詰まっている。もうすぐ満開に花開くでしょう!。味のキレは鋭く、余韻はとても色っぽい!。







☆3.89!!!!。








------------------------------------------------------- ----------
<Shichida: Tenzan brewing Co.,Ltd.>
1520,Iwakura,Ogi-machi,Ogi-shi,Saga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell. 
This fragrance is sweet and gorgeous, and has a depth firmly. But there is also a feeling hard on the other hand. I feel the fragrance of the part close to the species of plum.
Then I tried to drink.
This acid is finely but is present properly. And those are wrapping up this taste. It feels the hardness still a bit to taste, but pleasant sweetness also appeared. There is also tension firmly of the taste. And the umami that is 70% flowering is chock full of in it. It will flower in full bloom soon!. Slice taste is sharp, lingering very sexy!.
------------------------------------------------------------------


























そんなこんなで今週も新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!














※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2013年06月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年08月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ