須弥山ブログ 酒魂日記

2013年05月の記事

<< 2013年04月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年06月の記事 >>

2013年5月31日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の170 d((o゚c_,゚o))bオッケェ牧場♪。

今年は猛暑の予感!?須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。

例年より10日早い、5月29日、関東の梅雨入りが宣言されました!!(`・ω・´)ゞキリッ。

2011年以来、観測史上3番目の速さでの梅雨入りだそうです!!(`・ω・´)ゞキリッ。
2011年は、ゲリラ豪雨や迷走台風直撃で全国各地で甚大な被害がでた年だそうです( ;皿;)ガクブル、ガクブル。

でも、須弥山は風にもめげず、雨にも負けず頑張るくいなっす(`・ω・´)ゞキリッ。

ただ、ジトジトした露の気候だけは勘弁っす! (T ∀ T)ゞキリッ!。

もう湿気がたぷ〜りあるだけで、気が滅入るんですよね〜。しかも、その割にはじぇんじぇん、食欲は落ちないし・・・・・・。全く、私自身には役立たずの季節です(; ・`д・´)フントニモ~。


ま、早く露が明けるのを待つばかりです(`・ω・´)ゞキリッ!!。



そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜。

1本目はの英君

これでの<えいくん>と読みます。


静岡県静岡市清水区にある英君酒造株式会社さんの日本酒。

静岡酒を徹底的に具現化している酒蔵さんですね。
更に、蔵元さんが底抜けに明るく元気な方です。

今回ご紹介するのは、福井県産五百万石 60%精米(麹米)・60%精米(掛米)静岡HD-101酵母使用特別純米“袋吊り雫”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは、爽やかなマスカットのような香りと、それを支えるリンゴのような甘さのある香りで形作られている。
次に呑んでみました。
酸は細かいがシッカリと存在していて、味わいを包み込んでいる。味の表面にはちゃんと張りがあり、輪郭はきちんと構築されている。静岡酒らしい、控えめながらもシッカリと奥行きを持った味わいが口中に広がり、口を程よい旨味で満たす。広がり切った味わいは、潔く躊躇うことなく喉の奥へ消えていく。うん、“らしい”酒ですね!!。






☆3.88!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Eikun:Eikun brewery Co.,Ltd.>
2152,Yuiiriyama,Shimizu-ku,Shizuoka-shi,Shizuoka,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This Fragrance is formed by the refreshing flavor like muscat and sweetness like apple that is supporting the muscat flavor.
Then I tried to drink.
This acid is fine,but exists firmly. And that acid is wrapping up the taste. There is tension properly on the surface of the taste, contours are properly built. Taste that is moderate and has depth firmly spreaded in the mouth, I am filled with moderate taste the mouth. And i think that it is a characteristic of Shizuoka sake exactly. Taste that was fully spread, fade away to the back of the throat without hesitation manfully. Yes, it is “exactly Eikun” sake.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は遊穂

これで<ゆうほ>と読みます。

久々の入荷ですね。しかも、“ゆうほのゆうき”。

石川県羽咋市にある御祖酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、長野県上伊那郡産美山錦60%精米(100%使用)山おろし純米“ゆうほのゆうき”(!?)


裏ラベル。






先ずは香ってみました。
香りは甘く奥行きがある。後半、まだ若干アルコール臭が残っている。
次に呑んでみました。
酸は力強くシッカリとしている。味の張りもちゃんとあり、味わいがそれを越えて崩れることは無い。味の輪郭を保ったまま味わいは十分に表現されている。広がった味わいは穏やかに消えていく。甘みはまだ七分咲きな印象。酒質から考えて、満開はもう少し先かな。

☆3.79!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kozaemon:Nakajima brewing Co.,Ltd.>
i-8,Oh-mach,Hakui-shi,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks)3.79point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance has a sweet and depth. Second half, some alcohol smell still remains.
Then I tried to drink.
This acid is strong and firm. There are tension of taste properly, taste never crumbles beyond the tension. Taste is expressing well in keeping the outline of the taste. Spread taste fade away gently. Impression of sweetness is 70% flowering yet. In consideration of the quality of liquor, full bloom is a little further.
------------------------------------------------------------------












ラストオオオオオオオオ〜、3本目ェ〜。

3本目は鍋島

これで<鍋島>と読みます。


佐賀県鹿島市にある富久千代酒造有限会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、山田錦50%精米純米吟醸生酒限定商品“風ラベル”



裏ラベル。







先ずは香ってみました。
香りは華やかでゴージャス。メロンのような甘味のある香り。
次に呑んでみました。
細かい酸が味わいを適切に包み込んでいる。酸が落ち着くや否や、程よい張りのある甘みが、口中に広がる。その甘みはとても心地よく、思わず笑顔がこぼれます。規律良く広がった味わいは米の甘みで口中を満たします。そして口中にほろがった旨味は、ためらうことなく消えていき、心地いい余韻だけを残す。



☆4.11!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Nabeshima ~New Moon~:Fukuchiyo brewery Limited company>
1244-1,Hama-machi,Kashima-shi,Saga,Japan

*My evaluation (five point full marks):4.11point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is Luxury is gorgeous. It is a fragrance that is like melon at all.
Then, I tried to drink.
Fine acid is wrapped properly taste. As soon as this acid settled down, sweetness with moderate tension was spread. The sweetness very comfortable, I will smile unintentionally. Taste that has spread well discipline to meets the mouth with sweetness of rice. And taste that has spread to the mouth, disappears without hesitation, leaving only lingering good feeling.
-----------------------------------------------------------------











以上、今週も新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!






















※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年5月24日(金) 16:20

日本酒のススメ〜其の169 (=゜Å゚=)ホンワカパッパ、ホンワカパッパ、ド~ラエモン~!!。 

だんだん熱くなってきたぞ〜!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



やっとこあつくなってきましたね〜!!(`・ω・´)ゞキリッ。
え、まだ全然肌寒いってか!? (`・ω・´)!?。
そんなことないっしょ!!。だって、うちではもう冷房解禁っすよ!!、解禁!!。
風呂上りは、がち冷房様のお出ましでやんす!!。そこで、身体の表面冷やしながら、ビール片手に、もう片方の手は腰に当てて、“くいーーーーーーーーーーーーーー”っとやるのが楽しみでしかたありませんしおすし!!。

今年の夏は去年よりバンバン海に行って海水浴を楽しむっす((o(´∀`)o))ワクワク。
そっして短い夏を楽しむッス(*^艸^*)プププ。


と、先週の更新しなかった事が、あたかも何でも無かったかのように、今週の更新をしてしまおうと企ててる私が居たりして。テヘペロ(*^Q^*)ゞ。

実は先週の水曜日に父が病気で他界しまして、土曜日の葬儀では喪主を務めるべく茨城⇔東京を行ったり来たりして、更新どころではなかったのです。5000人の「酒魂日記」のリーダーさん、すみませんでした〜。

今週からまた、ばっちり更新しまくりますよ〜!!。



そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。







先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は山ユ

今更ですが、これで<やまゆ>と読みます。


秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。

もう全く説明のいらない秋田の銘酒ですね!!。
今年は何かと苦戦している祐輔氏の山ユライン!!。
なぜ“苦戦”してるかというと、なかなか他のアイテムがリリースしてこないからです。
そういえば、十四代がこれまた、中吟クラスの入荷が遅れているんですよね〜。


今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち50%精米6号酵母使用純米吟醸“白山ユ”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
甘く爽やかな香り。マスカットのような香りも感じられ、一方で若いリンゴのような香りもする。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在するが、シッカリと味わいに纏わりついている。今までの山ユのようなスタイルは皆無。味わいの輪郭はシッカリと構築されているが、味わい自体はとても軽快。しかし味の土台はちゃんとある。安っぽい表現になるので、あまり言いたくはないが、すごく白ワインに近い味わいの構築と味わい。なんだろう、この感覚・・・・。美味しいか不味いかというと、勿論美味しい。今までの山ユの頭で呑まなければ、なんら問題ない。新境地の傑作なのかあるいは迷走の駄作なのか。これはもはや、米で造ったワインです。いやはや問題提起な酒ですね。




☆3.78!!!!






-----------------------------------------------------------------
<Yamayu:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to
This fragrance is sweet and refreshing. I feel the smell as of Muscat, and feel the smell like apple young, on the other hand also.
Then i tried to drink.
Acid is present finely, but it is wrapped around the taste firmly. Style such as Yamayu up to now is nothing. Contours of the taste is built firmly, but taste itself is very light. But there are neatly foundation of taste. So become cheesy expression, and do not want to say too much, but this taste is the taste and the construction of taste close to the white wine really. I wonder what this feeling ..... If you will asked me,“Is this wine delicious or not?”, of course i will answer“ it's delicious”. If you do not inspire images of Yamayu anual, this taste is no problem. This sake might be a masterpiece of new ground, or might be the rubbish of the vagu . This is a wine which made of sake rice anymore. What a mess!, this liquor is the liquor that raised the issue.
------------------------------------------------------------------













次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は而今

これで<じこん>と読みます。

三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回入荷してきたのは、富山県産五百万石60%精米(使用料80%)・三重県産山田錦60%精米(使用料20%)自社9号酵母使用特別純米“九号酵母”火入れ


裏ラベル!!。




先ず香ってみました。
9号酵母らしい爽やかな甘味のある香り。一方、熟した葡萄のような深い甘味のある香りの一面もある。奥行きもシッカリあります。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在するが、味わい全体はとてもマイルド。まだ硬さの残る味わいが口中に隈無く広がる。味わいの輪郭はシッカリと構築されており、味わいがだれることは無い。五百万石らしい硬さのある味わいが味に緊張感を印象づけます。キレは健在、余韻も楽しめます。






☆3.73!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewing Joint-stock company>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.73point

*Expression of this sake of my own way:
First i tried to smell.
There is refreshing and sweetness fragrance just like yeast No.9. On the other hand, there is fragrance of deep sweetness also like a ripe grapes. And there are depth firmly.
Then i tried to drink.
This acid is present finely, but overall taste is very mild. Taste that still remains of hardness spreads to every corner of the mouth. Contours of the taste is built firmly, tension of taste is maintained properly. Taste with the hardness that seems taste of Gohyaku-mangoku impresses the tension to taste. Sharpness of taste is in good health, lingering can also enjoy.
------------------------------------------------------------------














次、3本目ェwwwwwwwwwww。

ラストを飾るのは篠峯

これで<しのみね>と読みます。


奈良県御所市にある千代酒造株式会社さんの日本酒。

これもちょいちょい仕入れている銘柄ですね。


で、今回御紹介するのは、岡山県産雄町60%精米純米吟醸無濾過生原酒“ろくまる<雄町>”
これ、聖蹟桜ヶ丘の小山商店さんのオリジナルラベルで、社長の喜八さんが書いたそうです。小山商店では去年からこのラベルで展開してるそうです。


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く軽快。若いメロンのような香りも感じられる。
次に呑んでみました。
酸は細かく、しかしシッカリ存在している。米の旨味が、まだ味わいに馴染めていないアルコールとともに口中に広がる。口中に広がった味わいはその輪郭を崩すことなく口の奥へ消えていく。まだ、少し味わいが若いが、呑み手を満足させるには十分だろう。キレは良く、余韻は心地いい。



☆3.75!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Shinomine:Chiyo brewing Co.,Ltd.>
621,Kujira,Gose-shi,Nara,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Fragrance is sweet and light. I also feel like fragrance of young melon.
Then I tried to drink.
Acid is fine, but is present properly. Taste of rice spread in the mouth with alcohol that does not get used to the taste still. Taste that was spread in the mouth disappear to the back of the mouth without breaking the outline. This taste is still young, but it would be enough to satisfy the drinker. Sharpness of taste is good, and afterglow is cozy.
------------------------------------------------------------------










以上、今週は新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※Facebook始めました〜。「須弥山」で検索!!。
「須弥山」めっけたら“いいね!”ポチると、須弥山情報がタイムラインに〜。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年5月10日(金) 17:00

日本酒のススメ〜其の168 イツヤルカ・・・・・・・・┏|*  ̄皿 ̄* |┛ 「イマデショ」ハ、キキアキタ!!!

なんか変な気候ですね〜。 @ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




5月に入って雪が降ったり、夏日になったりと、今年はまた変な気候ですね!!!!m(;´皿`;)m。

ま、でも私には過ごしやすいかな〜、湿度も低いし・・・・(`・ω・´)ゞキリッ。

でも、なかなか難しい季節ですねん(`・ω・´)ゞキリッ。



ま、早く暖かくなって薄着を満喫したいっす (`・ω・´)ゞキリッ。

でも、暑すぎるのは勘弁っす(`・∀・´;)。

そんなの無理なんだけどね〜( *´3`)イヤハヤ。




ま、そんな訳で早速新入荷酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。 
    (↑どんな訳えwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。)


先ずは永寶屋
これで<えいほうや>と読みます。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

そうなんです。実は会津中将の地元流通銘柄なんですね〜!!。


会津中将は何度かこの酒魂日記でもご紹介させてもらってる銘柄ですね。

今回御紹介するのは、会津産五百万石55%精米特別純米“無濾過生酒あらばしり”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは甘く、でもシャープな印象。若いメロンのような一面も伺えるし、マスカットのような爽やかさもある。
次に呑んでみました。
酸はシッカリと存在し、それはとても刺激的である。味の輪郭はシッカリ構築されている。しかしそこには旨味というよりは辛みの味わいがギッシリ詰まっている。それは、張りと奥行きをシッカリと持ち合わせているが甘みは控えめである。柔じゃない“辛口”をちゃんと表現できてる日本酒です。キレも良く、余韻も心地いい。





☆3.92!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Aizuchujo:Tsrunoe brewing Co.,Ltd.>
2-46,Nanoka-machi,Aizuwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.92point

*Expression of this sake of my own way:
First,I tried to smell.
This fragrance is sweet, but sharp impression. The fragrance also suggests one side such as the young melon, there is also a refreshing such as Muscat.
Then, I tried to drink.
This acid is present firmly, and it is very stimulating. Contours of this taste is firmly built. But the pungent taste is chock-full rather than umami taste there. It fetch on well depth and tension. But sweetness is modest. End of taste is good, and lingering is good feeling.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目はの射美

これでの<いび>と読みます。



去年から扱っているのですが生産石数のあまりの少なさに、夏を前に全商品(といっても4種類程・・・・)完売してしまった日本酒。。

岐阜県揖斐郡にある杉原酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、射美の誉<AMS18>60%精米中取無濾過生原酒“特別純米八号”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘みもあるが、スパイシーさも感じられる。
次に呑んでみました。
味わいは最初はマイルドに感じる。しかし直ぐに力強い酸が現れてくる。味わいの張りはしっかりとある。決して崩れることのないその輪郭は味を頑なに包み込んで、味わいのシルエットをちゃんと維持している。甘みは不器用ながら表現されている。いい意味で、洗練されていない味わい。いいかも。キレは良く、余韻は濃厚。



☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Ibi: Sugihara brewing Co.,Ltd.>
1,Shimoiso,Oho-chou,Ibi-gu ,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is sweet, but also is spicy smell in second half.
Then I toried to drink.
At first i feel mild taste. But strong acid immediately emerges. Tension of taste exist firmly. The contour that will not collapse never wraps to stubbornly taste, and have maintained properly the silhouette of the taste. Sweetness is represented while clumsy. In a good sense, this taste is not sophisticated. Such taste too good once in a while. The sharp of taste is good, lingering is dark.
------------------------------------------------------------------























次、3本目ェwwwwwwwwwww。


3本目は神開

これでの<しんかい>と読みます。

滋賀県甲賀市にある藤本酒造株式会社さんの日本酒。

去年一度仕入れたことがありましたが、この酒魂日記では初めてのご紹介になります。


ちょっ蔵調べてみましょう。

=======================================================================

酒魂日記一口メモ:〜藤本酒造株式会社〜>

創業:明和年間(1763年頃)。

滋賀県甲賀地方に19代も続く、老舗の蔵元。

“今より二百四十有余年前、始祖が当地、山村神社の
ご神託を奉じて井戸を掘った処、
この付近に比類なき良質の水が湧き出しました。
米どころ近江米とあいまって熟成された清酒が
まことに美味だったのでそのご神託にあやかって
酒名を「神開」として現在に至ってます。
尚寛永年間に始まった大津絵とともに長い年月を
歩んできた「神開」も多くの人々に愛され、
親しまれて参りました近江を代表する清酒です。
いつまでもご愛顧下さいます様心からお願い申し上げます。”


(藤本酒造株式会社HPより:http://www.mcv.zaq.ne.jp/sinkai/)

=======================================================================

今回調べてみて、藤本酒造さん、これといったHPをもっておらず、上記のHPらしきものも、何かの序な雰囲気でした。
なんとも、コンサバなクラシカルなイメージですね。

今回入荷してきたのは、東近江産玉栄60%精米(使用率100%)特別純米“滋賀玉栄六割協会七号”


裏ラベル。



先ず香ってみました。
香りは甘く、熟れたリンゴのような香り。奥行きもシッカリとあります。7号酵母らしい香り。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリと存在している。味わいの輪郭はちゃんと構築されている。しかし、まだまだ甘みは十分ではない。まだ、五分咲きの印象。ただ、味わいの奥行きは十分用意されているので、えぐ味が旨みに変わっていけば呑み手を満足させる味わいになるでしょう。キレは良く余韻は浅目。暫く様子をみましょう。








☆3.57!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Shinkai:Fujimoto brewery Co., Ltd.>
696,Bannakayama,Minakuchi-chou,Kouga-shi,Shiga,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.57point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance is sweet, it is like apples ripe sweet. Also there is depth firmly. It is a fragrance that seems to No. 7 yeast.
Then, I tried to drink.
Acid is present finely and firmly. Contours of the taste is built properly. However, sweetness is not enough still. Still, the impression is 50% blooming. However, the depth of taste is prepared enough. So if this harsh taste will change the umami taste, this taste will be a taste to satisfy the drinker. Sharp of taste is good, and lingering is short. Let's wait and see at the situation for a while.
------------------------------------------------------------------




























そんな訳(どんな訳wwww)で新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。










それでは今日も頑張ってましょう!!




※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(56)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年5月5日(日) 16:50

日本酒のススメ〜其の167 イツヤルカ・・・・・・・・ ε=ε=ε=ε= ヤラネ〜ヨッ!!! 

グオ〜ルデンウイ〜ク!!。またの名を“黄金週間”@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




ゴールデンウィーク真只中。皆様はいかがお過ごしでしょうか!!m(^∇^)m。


あっしは、変わらずバリバリ仕事です(`・ω・´)ゞキリッ。

この仕事に就くと、ほとんど祭日、記念日なるものが関係なくなります。そして忘れます。大晦日、正月以外は・・・・・・(´皿`。)ウエンウエン!!。

でも、それでもいいんす(`・ω・´)ゞキリッ。

日本酒の普及のために頑張るッス(`・ω・´)ゞキリッ。

いや、ほんと頑張るッス(゜∀゜;)v。

マジで、マジで・・・・・・・〇l ̄l_・・・・・・。








そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は新政

須弥山の定番<山ユ>の基幹銘柄ですね。これで<あらまさ>と読みます。

もう説明の必要がない銘柄です。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。



今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち50%精米(麹米)・秋田県産吟の精60%精米(掛米)協会601酵母使用特別純米原酒・生“《六號》なまざけ”


裏ラベル。





先ずは香ってみました。
お、6号酵母特有のバナナのような甘みを持った香り。また、メロンのような甘さも感じられる。
次に呑んでみました。
酸はシッカリと味わいに寄り添っている感じ。その後、シッカリとした旨味が口中を満たす。味の輪郭はきちんとあり、味わいの輪郭を構築している。そしてその甘味は決してでしゃばること無く、ちゃんとした張りを維持しながら喉の奥へと消えて行く。ただ、酸の印象が今までにないタイプ。口の奥の方まで酸が持続する。そして顎の辺りで消えていく。個人的には得意ではない酸のタイプです。暫く様子をみましょう。



☆3.68!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to smell.
Wow, this fragrance is a specific-fragrance with the sweetness, such as bananas. And that fragrance is characteristic of yeast No.6. In addition, I also felt sweetness such as melons.
Then i tried to drink.
Acid is snuggled up to taste firmly. There are outline of taste neatly, and are building a contour of the taste. And this sweetness which isn't collapse, fade away into the back of the throat while maintaining the tension properly. However, impression of this acid is a type never before. This acid keeps to exist until the back of mouth. And it fade away at around the chin. This acid is not my type personally. Let's look at the situation for a while.
------------------------------------------------------------------

















2本目は

これで、<せん>と読みます。


石川県鳳珠郡(ほうすぐん)にある数馬酒造株式会社さんの日本酒。

今年の3月に続いて2度目の入荷になります。今回は純米のご紹介です。


今回ご紹介するのは、石川県産石川門60%精米(100%使用)純米酒


裏ラベル




先ずは香ってみました。
香りはとてもスパイシー。ほのかに甘みを感じる。また若干、まだアルコール臭がある。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリと存在している。味わいはタイトながらシッカリと味が詰まっている。
ただ、旨味はまだ五分咲き。更には、後半苦みもまだあるかな。この苦みが旨みに変わればかなり良くなるだろう。味わいの輪郭はシッカリと構築されているので、全体的にはまとまっている感がある。味のキレは潔く、余韻はさわやかです。能登流らしい味の構成ですね。







☆3.78!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Sen:Kazuma brewing Co.,Ltd.>
He36,Ushitsu,Noto-chou,Housu-gun,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is very spicy. And feels faintly sweetness. On the other hand, the slightly, there is still alcohol odor.
Then I tried to drink.
Acid of this sake is present as finely firmly. Taste is tight, but taste is tightly packed. However, taste is blooming 50% yet. In addition, I also feel bitterness in the second half of the taste. If this bitterness will be changed in umami taste, this liquor will be going to better taste. Because contour of the taste is built firmly, It is gathered up on the whole. Out of taste gracefully, afterglow is refreshing. It is composed of taste like Noto brewery way.
------------------------------------------------------------------
























んで以って3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は手取川

石川県白山市にある株式会社吉田酒造店さんの日本酒。

初めての取り扱いですね。ちょっ蔵調べてみましょう。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜株式会社吉田酒造店〜
明治3年創業。

霊峰白山を源とする手取川。
この川は「暴れ川」として知られ、畏怖と敬愛の対象として地元の人々に特別な想いを抱かせる川である。この川を伏流水として用い、豊穣な加賀平野の米、白山からの清澄で寒冷な空気、農閑期の豊かな労働力が、この「安吉」という地の酒造りを江戸の昔より盛んにした。

明治から大正にかけては10数軒の酒蔵が存在したが、時代と共に蔵数は減少して行く。
その中にあって銘酒「手取酒」の歴史を大切に受け継ぎ、品質向上に全力を傾け続けているのがこの吉田酒造である。

現在は2人制杜氏をしき、ベテランの能登杜氏山本輝幸氏が「山本蔵」にて「手取川」を、もう一人は蔵元のご子息である吉田行成氏が「吉田蔵」にて蔵名の「吉田蔵」を仕込む。
「山本蔵」はもっぱら伝統技法、コンピュータ管理の最新技術を融合する「吉田蔵」とは、蒸米と搾りのみが共同作業という。2つの蔵が良い意味でライバルとなり、その切磋琢磨が酒の品質向上に繋がっている。

蔵が目指すところただ一つ。それは「和を大切にした酒造り」、「和醸良酒」の境地である。 

(インターネット関連情報)
=======================================================================


今回入荷したのは山田錦40%精米純米大吟醸“特選あらばしり”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く軽快です。ほんのりマスカットのような爽やかな香りがある。
次に呑んでみました。
酸は細いがきちんと存在し、味を優しくお包み込んでいる。味わいの輪郭はシッカリあるが、決して味わいを強く構築しているという印象ではない。逆にマイルドな印象さえ感じられる。決して濃くはないが、だからと言って物足りない訳でもない。とてもバランスの取れた味わいです。味の輪郭が穏やかで、味わいも適度。食中酒としてとても適した酒です。





☆3.85!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Dokure: Nishioka brewing shop Limited company>
6154,Kure,Nakatosa-cho,Takaoka-gun,Kochi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
The fragrance is sweet and light. There is a refreshing fragrance such as the Muscat slightly.
Then I tried to drink.
Fine acid exists firmly, and they are wrapping up taste gently. There is outline of taste firmly. But it is never the impression that they are building a taste strongly. I felt even mild impression in reverse. Taste is not dark by no means. however that is not a reason that the taste is not enough. It is a so balanced flavor. Outline of taste is mild, flavor is moderate. This sake is very suitable as liquor to drink during a meal.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は頑張って新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2013年04月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年06月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ