須弥山ブログ 酒魂日記

2013年02月の記事

<< 2013年01月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年03月の記事 >>

2013年2月22日(金) 16:50

日本酒のススメ 〜其の161 ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ。

日本酒万歳!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



新酒が続々とリリースされてきて、あっしも序にゾクゾクしてます!!(`・ω・´)ゞキリッ。
更には、今年も新銘柄が入荷しており、メッチャ楽しみでなりません((o(´∀`)o))ワクワク。
来週のブログにアップするので乞うご期待(*^艸^*)プププ。




でも、最近貧乏暇無県で、なかなか順調に更新が出来てなかったりするので、そのあたりはご勘弁を〜!(´・ω・`)ショボ〜ン。


一日一日を大事に生きるっす(`;ω;´)ゞキリッ。


と、ネタ切れな、簡単な前置きで誤魔化しつつ、こそ〜り始めちゃいます!!。



そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜。

先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は山ユ

今更ですが、これで<やまゆ>と読みます。


秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。

もう全く説明のいらない秋田の銘酒ですね!!。
今年も祐輔氏の山ユラインが始動し始めましたね!!。

今回ご紹介するのは、秋田県産秋田酒こまち50%精米6号酵母使用純米吟醸“青山ユ”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
山ユらしい甘く奥行きのある香り。でも、後半少しアルコール臭がするかなぁ。
次に呑んでみました。
細かく存在する酸が味わいにシッカリと纏わりついている。しかし、例年の山ユと違ってちょっと渋いですね。甘味の出が少し弱いかな。味の輪郭はちゃんとあるので、味わいのシルエットは悪くはない。この味の輪郭を満たすだけの旨味があれば、この酒はとても美味しくなるはずです。ただ、この渋みは旨味に変化していくと思うので、もう少し様子を見ましょう。



☆(期待値込めて)3.78!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Yamayu:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
At first i tried to
This fragrance is a sweet and depth seems to fragrance of annual Yamayu. But I'm a little anxious about the alcohol odor on the second half.
Then i tried to drink.
This acid which are present finely are clinging to this taste. However, this year’s Yamayu is a little bitter than the annual Yamayu. It is impression that sweetness is a little less. Because there are contours of taste properly, silhouette of taste is not bad.  If there is a taste of just meeting the outline of this taste, this sake should be very delicious. However, I think this bitter taste is going to change to sweetness taste, I'll watch state of this sake for a while.
------------------------------------------------------------------













2本目はの梅の宿

これでの<うめのやど>と読みます。

奈良県葛城市にある梅乃宿酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、山田錦50%精米純米大吟醸“限定醸造生酒”
これ、聖蹟桜ヶ丘のある小山商店さんの完全オリジナル商品で、“純米大吟醸”と表記されていますが、値段は純吟クラス、という、蔵元泣かせの、めちゃコスパ超高な商品。


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
お〜っ!!、なんて上品で心地いい香り。メロンのような甘みとリンゴのような爽やかさのある香り。
次に呑んでみました。
酸は細かいがシッカリと存在している。味の表面にはちゃんと張りがあり、味の輪郭をシッカリと構築している。味わいはまだまだ満開とはいかないが、味が花開くのは時間の問題だろう。そして、満開に花開いたときにこの酒の真の姿を目の当たりにすることだろう。




☆3.93!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Umenoyado:Umenoyado brewery Co.,Ltd>
27,Higasimuro,Katsuragi-shi,Nara,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.93point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
What a classy and cozy fragrance. This fragrance is sweet like melons and refreshing like apple.
Then i tried to drink.
This acid are finely, but are present firmly. There is a tension on the surface of the taste perfectly, they built a solid outline of taste. Taste is not yet in full bloom. However full blooming of taste would be a matter of time. And when the flower of taste are in full bloom, we would be taste the true taste of this sake.
-----------------------------------------------------------------














3本目は智則

これで<とものり>と読みます。

実はこれ、“島根の”月山さん(がっさんさん。なんかアグネス・チャンちゃんみたい・・・・・。)のPBなんです。

島根県安来市にある吉田酒造株式会社さんの日本酒。

一昨年、コスパめちゃ高(たか)の純米生がとても印象に残ってる酒蔵さんですね。

今回御紹介するのは、佐香錦55%精米純米吟醸直汲中取り“無濾過生原酒”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
ワオ!、とても甘く華やかな香り。日本酒を注いでる傍から、香りがしっかりと立ち上ります。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリと存在している。味わいは、甘みがあるが、味わい的にはちと大人しいかな。味の表面にはちゃんと張りがあり、味の全体像を形成している。しかし、それを満たすだけの味わいが物足りないかな。個人的にはもう少し味が欲しい。この香りとこの味の輪郭からだと、もう少し味の容量が必要かな。さもないと香りだけが目立ってバランスが悪い酒になってしまう。ただ、この日本酒は決してダメな酒ではない。この言い分はあくまで私の願望なのである。



☆3.71!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Tomonori<Gassan>:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasugi-shi,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.71point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Wow, very sweet and gorgeous fragrance. From when i am pouring this sake, I can smell rising fragrance firmly.
Then I tried to drink.
This acid is present as finely firmly. This taste has little sweetness, but is meek on the whole. There is a tension on the surface of the taste properly, thanks to its tension, the taste forms an overall picture firmly. I think taste which satisfy the taste of it is not enough. I personally think needs a little more the amount of taste for this sake. Considering the balance of this scent and taste, This sake needs the capacity of a little more taste. It might result in bad balance, if only becomes noticeable fragrance. Or else it might result in bad balance, if only becomes noticeable fragrance. However, this sake is not a liquor never bad. The content above is only for my desire.
------------------------------------------------------------------










以上、今週は新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※ミクシィやってま〜す。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年2月16日(土) 15:20

日本酒のススメ〜其の160 ^皿^)_旦~~チャデモドウゾ。

まだまだ寒い日が続きますが、自宅の木の芽も芽吹いてきて、何となく春の足音が聞こえてきます、今日この頃 @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




今週も週中に雪が降り、まだまだ寒い日が続くなぁ〜と。雪が大好きな私はもう少し冬を満喫したっす!!m(^∇^)m。


つうても、スキーやる訳でもなく、スノボーに勤しむ訳でもありませんが(`・ω・´)ゞキリッ。

なんていうんですか、静寂に包まれた夜に雪がシンシンと降って一面が銀世界になる様が好きなんですよね〜。だから、次の日になって雪が止んじゃったりするともう興味なくなるんですよねエ〜。
雪降ると、雪が音を遮るせいか、すっごい静かになりますよね。
以前、山形県の飽海郡にある東北泉の蔵に仕込みの手伝いで泊まり込んだ夜、外から雪がサラサラ降る音が聞こえてきたときは、流石に感動しましたね〜。雪の降る音を聴いたのはそれが初めてでした(`・ω・´)ゞキリッ。
東京じゃ、なかなか出来ない体験ですね!!!。


ま、日本海側、東北の人にしてみればそんな流暢なこと言ってはいられないでしょうが(´∀`:)。



そんな訳で、早速新入荷酒紹介していきま〜す。
今回わ〜3本ご紹介p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、青森から豊盃

これで<ほうはい>と読みます。

何度かスポットで入荷している銘柄ですね。


青森県弘前市ある三浦酒造株式会社さんの日本酒。

この日本酒は、何度か仕入れている銘柄ですね。

で、今回入荷したのは豊盃米55%精米純米吟醸“生酒”


横ラベル。


先ず香ってみました。
バナナのような甘く奥行きのある香り。ただ香り自体は、全体的には軽快です。
次に呑んでみました。
酸はとても細かく、一瞬マイルドに感じるが、実はしっかりと存在している。甘みは控えめながら適度の奥行きがあり、とても素直な口当たりです。味自体はシッカリと張りがありだらしなくなることは無い。終盤ちょっと渋みを感じるが、総じて軽快に呑めてしまう酒です。キレはよく余韻は穏やかです。





☆3.78!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Houhai:Miura brewing Co.,Ltd>
5-1,Ishiwatari,Hirosaki-shi,Aomori,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance has sweetness and depth, and it's like banana. But fragrance itself is light on the whole only.
Then I tried to drank.
This acid is very finely,i feel mildly for a moment. But in fact those exist firmly. This sweetness has depth modestly, and it is very honest mouth feel. This taste has a tension firmly. So it taste does not become scruffy. Although I feel the bitter taste of a little late, but it is lightly drinking sake generally. Sharp is good, and afterglow is calm.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目はまんさくの花“がっこ”

これで<まんさくのはな“がっこ”>と読みます。

秋田県横手市にある日の丸醸造株式会社Jさんの日本酒。

まんさくの花自体は、以前取り扱ったことありますが、この商品は初めてですね。

しかも、この商品、な、な、なんと、1本に1パック、《燻りがっこ》がついくるんです!!。なんという太っ腹。でも、決してサービス品ではない、とのこと。
=================================

「がっこ」(≒いぶりがっこ」とは、秋田県の特産の漬物のこと。

「酒も“がっこ”も発酵食品文化食品。手を掛けただけ答えてくれるし、気候の微妙な変化で味が変わる。「がっこ」の繊細さが解らない者に「酒」のよしあしは判断できぬ。若いものには、「がっこ」をかじるのも勉強だな。」

とは、寒い蔵での仕事を終え、“がっこ”で一杯やりながら、杜氏が若い蔵人に説いた言葉でだそうです。

その言葉から『純米酒』と「いぶりがっこ」の組み合わせを思いついて、この「まんさくの花 『がっこ』 純米酒」の誕生となりました。
(インターネット関連情報)

=================================
ということだそうです。


秋田酒こまち60%精米(使用率100%)純米原酒“低温瓶囲い”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
青リンゴのような香りが奥の方で香る。酒が若いせいか、まだアルコール臭を強く感じる。
次に呑んでみました。
予想通り酒の若さが前面に出ていて、まだまだ渋味が強い。酸はシッカリと存在していて味全体をまとめ上げている。これだけの酸にはもう少し甘み、旨味がないとバランスが取れない。キレはよく、余韻は潔い。




☆3.65!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Mansakunohana “Gakko”: Hinomaru Brewery Co., Ltd.>
114-2,Nanoka-cho,Masuda-machi,Yokote-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.65point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is like green apple, it is present in the back of this fragrance.
Then I tried to drink.
Because of this sake is young still, i can feel a strong odor of alcohol. Young taste have appeared on the front as expected,, astringency is still strong. This acid is present firmly, and is put together as a whole. For the acid of this much, it needs a little more sweetness and Umami taste. Otherwise it does not good balance of acid and taste. The sharp taste is good, lingering is manly.
------------------------------------------------------------------












んで以って3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は川鶴

昨年、“讃州さぬきよいまい65”がかなりの完成度でもって私の心を鷲掴みにした、あの純米の新酒です。

香川県観音寺市にある川鶴酒造株式会社さんの日本酒。

あ、先日蔵元の川人社長が来店され、途中から合流し、その後2時ぐらいまでご一緒させていただいたのですが、ま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜熱い方でした。冷呑んでても、グングンこちらが温まりましたから。とてもいい話聞けて有意義な時間が過ごせました。川人社長有難うございました。

今回ご紹介するのは、モチのロンで讃州さぬきよいまい65%精米純米無濾過生原酒“限定直汲み”



裏ラベル。



先ずは香ってみました。
立つ香りは決してケバケバシくない。ほんのりとメロンのような甘みのある香り。心地いい。
次に呑んでみました。
口に含むと、細かいながらもシッカリと輪郭を持った酸が口中に広がります。と、それが消えないうちに今度は華やかな香りが口に広がり、ちゃんと張りのある旨みが口中を満たします。新酒ながら旨みもシッカリとあり、米の旨みは十分に表現されている。旨い!!。勿論、今が決してピークではなく、恐らく夏過ぎから旨みにマイルドさが加わり一層の大輪を咲かせるであろう。キレは潔く、余韻はとても心地いい。今のところ不動のNo.1ですね。






☆4.68!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Kawatsuru:Kawatsuru brewing Co.,Ltd>
836,Motodai-cho,Kannonji-shi,Kagawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):4.68point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Rising fragrance is never flashily. Sweetness of this fragrance is with melon like faintly. Cozy.
Then I tried to drink.
Including a sip of wine to my mouth, this fine acid spreads to the mouth with acid contours firmly. And, in turn,while this acid dose not disappear, the gorgeous fragrance spreads to the mouth. This Umami that has tension firmly fills my mouth. Even though it is new sake, this taste has Umami taste firmly, the taste of rice is f ully expressed.
Delicious!. But of course, this sake is not a peak never now. From the time that the summer will be over, probably flower of taste will bloom large flower even more.  Sharpness of taste gracefully, lingering is very cozy. At the moment, this sake is No.1 of immobility.
------------------------------------------------------------------




















そんな訳で今週は新入荷3本、ご紹介しました。

それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(1)]

この記事へのトラックバックPingURL

2013年2月10日(日) 15:20

日本酒のススメ〜其の159 (。•ˇ‸ˇ•。) フントニモー 。

PC復活宣言!!、というより、新調PC(使い慣れない“Windows8”搭載)やっと慣れてきました 須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。






いや〜、新年早々愛用のノートPCが武郎君しまして、PCのモニターのバックライトが消えて(PC自体はきちんと機能している・・・・)仕事にならなくなってしまい、泣く泣く新調したんですが、これがまたWindows8なんか搭載してやがりまして、まったく使い慣れずに、あれよあれよと日が過ぎて今に至りました!!!!v(;∇;)v。


早くも出鼻を挫かれた感がありますが、ごっつ頑張ってリカバリーしたいと思いまふ(`・ω・´)ゞキリッ。



ではでは早速、新入荷新酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは村裕

これで<むらゆう>と読みます。


新潟県新潟市にある村裕酒造株式会社さんの日本酒。

久々の、そして新酒での入荷です。もう説明の必要がない銘柄ですね。


今回御紹介するのは、純米大吟醸“無濾過本生”

相変わらず、データ非公開の姿勢は今年も健在。


横ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘みがあるが、一方でスパイシーさも感じられる。香り自体もまだ若々しい。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在している。味わいは全体的にマイルドな印象。味わいの表面の張りもさほど感じられない。旨みは穏やかだが、細かい酸も手伝ってまとまり感はある。キレは優しく余韻はおとなしい。例年の村裕から比べると、全体的にインパクトに欠ける。



☆3.68!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Murayu:Murayu brewing Co.,Ltd.>
1-1-1,Funato,Akiba-ku,Niigata-shi,Niigata,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
Fragrance is a sweet smell, on the other hand there is a spicy. Fragrance is still youthful itself.
Then I tried to drink.
This acid is present in finely. Impression of flavor is mild overall. Tension of taste can not feel much. Umami is mild, and there is a sense of unity of flavor thanks to the fine acid. Sharpness of taste is gentle, the afterglow is docile. Compared with Murayu of the previous years, this year's Murayu lacks the overall impact.
------------------------------------------------------------------


























次ィ〜、2本目ェwwwwwwwwwww。

2本目はどくれ

高知県高岡郡中土佐町にある高知県最古(創業天明元年)の酒蔵有限会社西岡酒造店さんの日本酒。

何度目かの登場ですね!!。


今回入荷したのは高知県産“吟の夢”50%精米純米吟醸“直汲み手詰めあらばしり生酒”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りはとても爽やかで甘い。ほんのり青りんごのような爽やかな香りがある。
ただ、まだ若干苦みを感じます。
次に呑んでみました。
酸はとてもダイナミックで力強い。味の表面に緊張感はある。そして味わいはきちんと存在するが、まだまだ物足りない。この酸とのバランスを考えたらもう少し奥行きが欲しいところ。





☆3.29!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Dokure: Nishioka brewing shop Limited company>
6154,Kure,Nakatosa-cho,Takaoka-gun,Kochi,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.29point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This fragrance is very refreshing and sweet. There is a fresh smell slightly like green apple. However, still feel a slight bitterness.
Then I tried to drink.
This acid is very dynamic and strong. There is tension of taste on the surface. Flavor exists neat, but still not enough. Considering the balance of acid, need a little more depth. Sharpness of taste is good, and the afterglow is cozy.
------------------------------------------------------------------







最後、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は先週に引き続き鍋島

もう説明いらずの日本酒。
佐賀県鹿島市浜町にある富久千代酒造有限会社さんの日本酒。

でも今回入荷したのは山田錦50%精米純米吟醸“あらばしり生酒”


裏ラベル。



呑んでみました。

先ずは香ってみました。
香りは甘くてマイルド。奥行きも余韻もしっかりとある。
次に呑んでみました。
酸はしっかりと存在しているが、ちょっと刺々しい。味の輪郭は構築されているが、味わいは物足りなさを感じる。甘みももう少し欲しいところ。そのせいかいつもの鍋島より辛く感じる。







☆3.50!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Nabeshima ~New Moon~:Fukuchiyo brewery Limited company>
1244-1,Hama-machi,Kashima-shi,Saga,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.50point

*Expression of this sake of my own way:
First, i tried to smell.
The fragrance is sweet and mild. There are depth and afterglow firmly.
Then I tried to drink.
Acid is still present firmly,and feel a little stinging. Contours of taste has been built properly,but I feel thing insufficient to taste, and want some more sweetness. I feel dry taste than usual Nabeshima because of that.
-----------------------------------------------------------------






















そんな訳でやっとこ新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィやってま〜す。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(3)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2013年01月の記事   |  << prev   |  Top   |  2013年03月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ