須弥山ブログ 酒魂日記

2012年07月の記事

<< 2012年06月の記事   |  << prev   |  Top   |  2012年08月の記事 >>

2012年7月28日(土) 16:50

日本酒のススメ 〜其の138  ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ。

梅雨が明けたはいいが・・・・・ @ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




ジメジメ梅雨が明けたのはいいのですが、今度は灼熱の太陽が照りつける日々!!!!m(;´皿`;)mアチ~。

でも、そんな中、ロンドン五輪が開幕し、世間は一気にオリンピックムード一色に(`・ω・´)ゞキリッ。

メダルが期待できる日本勢への応援にも、ついつい力が入ってしまうって〜の(`・ω・´)ゞキリッ。

こりゃ、当分寝不足の日々が続きそうです(`・ω・´)ゞキリッ。

日本酒片手にオリンピック観戦なんざ“おつ”じゃ、あ〜りませんか(`・ω・´)ゞキリッ。



そんな訳で早速新入荷酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。



先ずは会津中将
これで<あいづちゅうじょう>と読みます。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かこの酒魂日記でもご紹介させてもらってる銘柄ですね。

今回御紹介するのは、夢の香55%精米純米吟醸


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは軽快で甘味がある。一方、ビターな面も垣間見られる。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在感があり、味わいの輪郭を形作っている。甘味もしっかりとあり、口中を旨味で満たしてくれます。ドライな味わいも感じられるが、それはそれで、“らしく”て良い感じ。キレは勿論良く、余韻も穏やか。





☆3.85!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Aizuchujo:Tsrunoe brewing Co.,Ltd.>
2-46,Nanoka-machi,Aizuwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way:
First,I tried to smell.
This fragrance has nimble and sweetness. On the other hand, is also a glimpse of face a bitter one.
Then, I tried to drink.
Acid has sense of existence finely. And this acid forms the outline of the flavor. There is also firmly sweetness, and my mouth filled with the flavor. I feel dry taste, but it feel good as taste of Aizuchujo. Of course sharpness is good, and afterglow is calm.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は飛露喜

福島県会津坂下町にある合資会社廣木酒造本店さんの日本酒。

久々のご紹介ですね〜。

今回御紹介するのは、雄町50%精米純米新酒


横ラベル。


先ずは香ってみました。
キリッとした深みのある甘い香り。若干スパイシーな一面も。
次に呑んでみました。
先ず細かく存在のしっかりした酸を感じます。直ぐ様スモーキーな風味が現れる。旨味は勢い良く口中に広がっていきます。ただ、その印象はまだ七分咲かな。雄町という酒米を考慮すると、もう少し奥行きが出てもいいはず。キレはシャープだが余韻は淡白かな。





☆3.65!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Hiroki: Hiroki Brewing head office joint-stock company>
3574,Ichinaka2banko,Aidubange-machi,Kawanuma-gun,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.65point

*Expression of this sake of my own way:
First, I tried to smell.
This fragrance has crisp and deep sweet. There is also slightly spicy. Taste in the mouth will continue to spread powerfully. However, 70% flowering of its taste. Considering the Omachi rice which is sake rice, this taste of sake should be appeared more depth. The finish is sharp, afterglow is quiet.
------------------------------------------------------------------























次、3本目ェwwwwwwwwwww。

ラストを飾るのは、三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回入荷してきたのは、富山県産五百万石60%精米(使用料80%)・三重県産山田錦60%精米(使用料20%)自社9号酵母使用特別純米“九号酵母”火入れ


裏ラベル!!。




先ず香ってみました。
9号酵母らしい爽やかな香り。奥行きもシッカリあります。
次に呑んでみました。
酸はとても細かく存在するが、数字ほど強くは感じられない。バランスの良い甘味が口中に隈無く広がり、呑み手を満足させます。五百万石らしい硬さのある味わいも味わいに緊張感を印象づけます。キレも健在、余韻も楽しめます。






☆3.89!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewing Joint-stock company>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: The scent of this sake is a refreshing scent seems to yeast No. 9. There are also firmly depth of flavor. This acid is present in very finely, I feel this acid is not as strong as data of this sake. Spread all over a well-balanced sweetness in the mouth, will satisfy the people who drink. The taste of firmness which characterize seems Gohyaku Mangoku is also impressed to taste with a sense of tension. Sharpness is alive and well, And can enjoy afterglow!.
------------------------------------------------------------------




























そんな訳(どんな訳wwww)で新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。









それでは今日も頑張ってましょう!!




※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年7月20日(金) 16:50

日本酒のススメ 〜其の137 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・。

祝!!梅雨明け宣言!! @須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。







いやぁ〜、やっとこ梅雨が開けましたね〜!!!!m(^∇^)m。

ジメジメじとじとから漸く開放されました (`・ω・´)ゞキリッ。

これからは、海に山にバンバン夏を満喫したいと思います(`・ω・´)ゞキリッ。

ま、早速明日は須弥山恒例のクルージングなのです(`・ω・´)ゞキリッ。

お客様のご好意で、毎年その方の船で千葉県沖まで行って、そこで停泊しプチ須弥山を開店(勿論無料!!)してるのです。といっても、我々もお酒呑みながらなので、フランクな雰囲気で大いに楽しませてもらっています(`・ω・´)ゞキリッ。

今夏、できたらもう1回行きたいな!!。



では早速新入荷酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、山形から十四代




山形県村山市にある高木酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは兵庫県特A地区東条産山田錦特米35%精米 大吟醸“角新大吟生酒”



裏ラベル。



先ず香ってみました。
穏やかな甘味のあるシャープな香り。
次に呑んでみました。
酸はとても穏やか。だが、味わいの輪郭を形成するのに一役買っている。米の旨味は充分あるが、決してあり過ぎること無くそれはとても適度である。キレも穏やかながら、もたつく感はない。



☆3.95!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jyuyondai:Takagi brewing Co.,Ltd.>
1826Tominami,Murayama-shi,Yamagata,japan

*My evaluation (five point full marks):3.95point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
Sharp fragrance with mild sweetness.
Then I tried to drink.
Acid is very calm. However, this acid has helped to form the outline of the flavor. Flavor of rice is sufficient. However taste Is very moderate without too much. Also sharpness is calm, there isn't a feeling sluggish.
------------------------------------------------------------------






















2本目ェwwwwwwは、吾妻嶺さんから“生酛Test”!!!!。



岩手県紫波郡紫波町にある合名会社吾妻嶺酒造店さんの日本酒。

今回は、吾妻嶺の看板酒米“美山錦”の生酛仕込ヴァージョン。

岩手県産美山錦50%精米純米吟醸美山錦“生酛”

・原料米    :岩手県産美山錦50%精米
・酵母     :非公開
・日本酒度   :+3
・酸度     :2.6/2.2
・アルコール度数:15.9°
・仕込責任者:小田中 公
・蔵出責任者:小田中 公
※因みに“小田中 公(こう)”は元ちゃんの実の弟で吾妻嶺の杜氏。苗字が違うのは、染物屋さんの家に婿入りしたから。そちらは娘さんが家業を継いでいるそうです。ご夫婦で物造りとは、同じ穴のムジナとムジコですな。

元ちゃん感謝×20(T ∇ T )/。


先ずは香ってみました。
香りは香ばしく甘く奥行きがある。
次に呑んでみました。
酸は細かく、生酛らしくしっかり存在している。旨味はちゃんとあるが、まだ満開ではないかな。奥行きはあるので味わいが開花すればいい感じになると思います。キレは、酸も手伝って潔い。若干の残る風味が気にはなるが、本商品はその点もクリヤーされるだろう。






☆3.68!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Azumamine:Azumamine Brewery shop partnership corporation>
5,Tsuchidate-aza-uchikawa,Shiwa-chou,Shiwa-gun,Iwate,japan

*My evaluation (five point full marks):3.68point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
This scent is woody, and has sweet and depth.
Then i tried to drink.

Fine acid is present firmly. Exactly it is just Kimoto jikomi that is old brewing method.  This sake has taste firmly, but that isn't in full bloom. This sake has depth of taste. So if this taste will be full bloom, taste become more better!. Sharpness of taste is manly by virtue of acid. My concern is that it is a bad sharp taste. But this sake will overcome that point.
------------------------------------------------------------------



























んで以ってラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は東京から屋守

酒魂日記常連酒ですね。

東京都東村山市にある豊島屋酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは岡山県産雄町50%精米(麹米)、50%精米(掛米)純米吟醸“無調整生” の新酒。屋守初の雄町酒ですね。


裏ラベル。


先ず香ってみました。
香りはマスカットのような爽やかながあり、甘味もあり軽快です。
次に呑んでみました。
シッカリとした味わい。酸もちゃんと存在していて味わいとうまく共存している。雄町らしい奥行きと力強さが上手く表現されている。キレも潔く余韻も爽やか。



☆4.15!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Okunokami:Toshimaya brewing Co.,Ltd.>
3-4-10,Kumegawa-machi,Higashimurayama-shi,Tokyo,japan

*My evaluation (five point full marks)4.15:point

*Expression of this sake of my own way:
First I tried to smell.
There is a refreshing scent is like Muscat, and there is some lightness and sweetness.
Then I tried to drink.
Firm taste. Acid is exist firmly too. And this acid is coexist well with this taste.  As soon as this acid is settled, spread umami taste in the mouth. Characteristic of Omachi rice which is depth and forcibleness has been well expressed. Sharp flavor is gracefully, even refreshing finish.
------------------------------------------------------------------


























そんなこんなで今週は新入荷3本、ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年7月15日(日) 16:50

日本酒のススメ 〜其の136 (V)o¥o(V) フォッ、フォッ、フォッ、フォッ、フォ〜・・・・・・。

まだ梅雨は明けないのかな〜@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。







毎日蒸し暑い日が続きますね〜(^∇^;)ゞ。
熊本では大雨のせいで、かなり甚大な被害が出ていますね(´・ω・`;)。
住人も生まれて初めての事だとか。何時の間に日本はこんなにも災害大国になってしまったのでしょう・・・・。
一刻も早い復旧をお祈り申し上げております (´u人u`)。




まだまだ梅雨は開けそうにないですが、今月末辺りから映画業界は“サマーシーズン”を迎えます(`・ω・´)ゞキリッ。

今年の洋画はかなりの期待作揃いです(`・ω・´)ゞキリッ。

いくつか挙げてみましょう。
先ずは、「トータル・リコール」のリメイク版。
前作はシュワちゃんが主役を張ってましたが、今回は私の好きな“コリン。ファレル”。
全貌は分かりませんが(ま、大方の粗筋はそのままかと思われますが・・・)、前作よりはちょっとシリアスな雰囲気が感じられます。勿論技術的な進歩も顕著ですが、かなり期待できる作品に仕上がっていると思われます。
「トータル・リコール」
http://www.youtube.com/watch?v=AjfDgtnTC0M
オフィシャルサイト
http://www.totalrecall.jp/



次に御紹介するのは、鬼才クエンティン・タランティーノ監督の「DJANGO」 (「ジャンゴ」)。
「イングロリアス・バスターズ」以来、3年ぶりの新作は、なななんと西部劇。
しかも共演陣の豪華さがパネ〜、訳ですわ。
ジェイミー・フォックス、レオナルド・ディカプリオ、クリストフ・ヴァルツ(「イングロリアス・バスターズ」でナチの親衛隊長を怪演)、ケリー・ワシントン、果てはカート・ラッセルまで。これだけでも観たい感MAXですね!!。
兎に角、期待大です。
http://www.youtube.com/watch?v=eUdM9vrCbow
※一部映像に過激な表現が含まれますので、閲覧にはご注意を。

オフィシャルサイト
http://www.sonypictures.jp/movies/djangounchained/



3本目は、私の大好きなクリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」の2作目「ダークナイト:ライジング」
これまた私の大好きなクリスチャン・ベール、名優マイケル・ケイン、怪優ゲイリー・オールドマン、名脇役モーガン・フリーマン、「インセプション」メンバーからジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、etc。プチ「インセプション」か!?、ってね。でも、かなりオールスターキャスト的のりですよね!!.
http://www.youtube.com/watch?v=j9tqhHd67To&feature=fvwrel

オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman3/index.html


などなど、かなり私の触手をくすぐる作品ラッシュです。

大分日本酒から脱線してしまいましたが、早速新酒紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。




先ずは、山形から十四代

もう今さら紹介する必要がない銘柄ですが、一応、タイミング合えば紹介していこうかな、なご紹介です。
山形県村山市にある高木酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは兵庫県特A地区吉川産山田錦特米40%精米純米大吟醸“純米醸造限定品”
つうか、需要と供給の関係で言えば、十四代はほとんど“限定”だろ、ってね。



裏ラベル。



先ず香ってみました。
香りは甘味がありながらシャープな香り若干スパイシーさも感じられる。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在していて味わいの輪郭を控え目に形作っています。甘味はシッカリとあるが味わいの輪郭を崩すことなく口中を満たしてくれる。
味のキレもよく余韻も心地いい。



☆4.12!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jyuyondai:Takagi brewing Co.,Ltd.>
1826Tominami,Murayama-shi,Yamagata,japan

*My evaluation (five point full marks):4.12point

*Expression of this sake of my own way:First I tried to smell.
The scent is sharp, also sweet. In addition felt slightly spicy.
Then I tried to drink. This acid present finely, and shaped to the contour of the taste modestly. Sweetness is with firmly. But that fulfills the mouth without breaking the outline of the flavor. Finish of taste is sharp, and afterglow is pleasant too.
------------------------------------------------------------------






















次イ〜、2本目ええええええええええええ。

2本目は聖山

これで<せいざん>と読みます。


岐阜県千曲市にある長野銘醸株式会社さんの日本酒。

初めての取り扱いですね。ちょっ蔵調べてみましょう。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜長野銘醸株式会社〜
創業元禄2年(1689年)。
今の和田直道代表で15代目。
《概要》
信州更科の里・姨捨は万葉の時代より月の名所で知られた、芭蕉も恋する月の都です。
芭蕉が更科紀行を記述する中、湧き水と棚田に囲まれた当地で弊社が創業しました。
以来三百有余年、創業時のままの蔵で、昔ながらの手造り純米を醸し続けています。

寛文年間(1661〜1672年)  鎌倉時代の信濃の国 和田郷(長野市)の領主、御家人、善光寺奉行人・和田石見入道佛阿[文永二年(1265年)没]の後裔、信濃国更科郡八幡中原(郡村)の和田山城主和田弾正正俊[天文十三年(1544年)没]の五世之孫 和田三郎右衛門正成の次男、與八郎(後に平兵衛正公と改)が分家、同村の肝煎を勤める傍ら酒造業を創業しました。
なお、5代與惣右衛門正常以降は分家が名主(肝煎)を勤め、当家は大名主となっています。

元禄2年(1689年)の記録に酒造石高92石とあり、石高についての一番古いこの記録の年をもって創業の年としています。
 当時は「松泉」、「高砂」を銘柄として使用していました。現在の「姨捨正宗」は江戸後期からの銘柄です。
和田家は、その祖は平安時代において、信濃の国東条の庄(高井郡・水内郡)の地頭、下って鎌倉時代において和田郷(長野市和田)の御家人。当和田家の直系の祖和田石見入道佛阿は善光寺奉行人をつとめ後に当更科郡八幡中原の地に移りました。
以来、和田家はこの地において室町時代、戦国時代の乱世を地方豪族として逞しく生き抜き、江戸時代の商品経済の展開にもよく適応して、その所領知の米を用いて、武家(郷士)としての醸造業を成功させてきました。そのような歴史のなかで、地域社会の文化、経済、産業の発展に重要な役割を担ってきました。

地域社会にのこる事跡
慶安4年(1651年)  和田三郎右衛門正成の長男 和田弥左衛門正廣の発願により龍天宗登大禅師を招き当地開眼寺の前身観音堂を建立しました(開基)。(臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の記録に「当地の豪族 和田弥左衛門正廣の発願により・・開山とす」とあります)
・ 文政9年(1826年) 5代 和田與惣右衛門正常 現在の開眼寺を建立(中興)。
・ 和田與惣右衛門正常 大雲寺正門、鐘楼、庫裏、教典蔵を寄進。
このように、仏閣の寄進が目立ちますが、和田家の祖が仏門の人であったことが深く影響しているものと考えられます。
その他、善光寺、長楽寺、武水別神社などに数々の寄進を行っています。

宝暦2年(1751年) 3代 和田輿惣右衛門正伴は五穀豊穣を願い、村人の娯楽楽しみを豊かにするため北陸より獅子舞を導入。以来、東、北信地方にお神楽文化が広がり、現在におよんでいます。

弘化4年(1847年)  善光寺地震に際し、6代 和田輿惣右衛門正益が被災地に対し多分の金銀米穀を提供し、7代 和田輿惣右衛門正誠(與八郎)は婚礼席で被災し、名刀で活路を開き多数の人命を助けた賞賛の記録があります。[むしくら日記(松代藩家老・河原綱徳稿本)]

嘉永2年(1849年)  善光寺道名所図会(豊田利忠 編; 春江忠近 校正補画)に当家の七曲の松が紹介されました。この松は現在も観賞する事が出来ます。

明治5年(1872年)  庄屋(名主)制度の廃止に伴い9代 和田郡平が第三十区戸長に任命されました。明治7年の大区小区制実施の際には、郡平は第十四大区副区長に任命されています。通常大区に区長は置かれませんでしたので、郡平は実質的に第十四大区長に任命されたわけです。のちに郡平は明治11年に発足した長野県議会の初代議員にも選出されています。

明治6年(1873年)  郡平が有栖川熾仁親王から苗木を下賜されて、長野県最古の林檎園である和田林檎園を開園し、郡平の影響の下で林檎栽培が県下に広がりました。(長野県果樹発達史 長野県経済事業農業協同組合連合会発行より)

明治14年(1881年)2月  稲荷山銀行を設立し和田郡平が初代頭取となりました(明治14年〜24年)。
 稲荷山銀行は後の明治26年12月に第六十三国立銀行を救済のため吸収合併し(存続会社は第六十三国立銀行を使う)、明治30年7月に株式会社六十三銀行と改名、その後昭和6年、第十九銀行と合併により株式会社82銀行を設立、今日に及んでいます。(八十二銀行五十年の歩み 八十二銀行発行より)

明治28年(1895年)  和田郡平は八幡尋常小学校の開設に際し、土地、建築資金の寄付等多大の貢献を行いました。郡平の功績を称えた記念碑(川島浪速 書)が八幡小学校に建立されています。

明治37年(1904年)  松井須磨子(本名:小林正子)の叔母で養母である「やす」が和田郡平の後妻として嫁ぎました。この関係から、松井須磨子は一時(明治38年頃)当家に滞在し、養蚕を手伝ってもらった事もありました。郡平に連れられて郡平の孫娘「須磨子」と共に旅に出かけた時、「須磨子」の名をいたく気に入り、後日芸名にしたそうです。
 なお「須磨子」の名は、郡平が一ノ関から須磨、明石方面に旅したすぐあとに生まれた為、記念に命名した名前です。

明治39年(1906年)  明治39年5月14日、日露戦争の戦勝記念に当地を訪れた東郷平八郎 元帥、伊東祐亨 元帥、上村彦之丞 大将を郡平が迎えています。三将軍はオバステ正宗で戦争の疲れを癒し、その酒質を賞賛して仕込水である「桜清水」を「天下第一泉」と命銘されました。
 この時、三将軍は同郷(薩摩)の故友、大寺安純 少将(日清戦争で戦死、男爵を授爵)の長女「讃」が当家に嫁している事を知り、面会するや大いに喜びました。この逸話は信濃毎日新聞 明治三十九年五月十四、十五日号の記事となっています。

昭和28年(1878年)  田中哲朗先生を中心として結成された吟醸酒グループ研醸会に参加。長野県が醸造試験場の指導に従い吟醸酒の醸造を取りやめる中で吟醸酒を醸し続けました。その功績は現在まで高く評価され、この純米、吟醸蔵としての伝統が現在の当社の基礎となっています。

昭和33年  和田家敷地内に長野銘醸株式会社設立。個人から法人経営に移行しました。

昭和62年  普通酒を廃止し、オバステ正宗はすべて特定名称酒となりました。

平成19年  醸造アルコール無添加を達成、オバステ正宗はすべて安心安全の純米酒となりました。


(インターネット関連情報)
=======================================================================

ま、最後の一文には、かなり偏見めいたものが見受けられますが、いずれにせよ凄そうな蔵ですね(笑)。



で、今回御紹介するのは、長野県千曲市棚田産美山錦59%精米契約栽培米美山錦使用“特別純米生原酒”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りはスモーキーで香ばしい。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在するが、味わいが圧倒的にそれに勝っている。米の旨味が存分に口中に広がります。味の後半は少しビター。キレはよく余韻もシッカリしている。



☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Seizan:Nagano inscription brewery Co.,Ltd>
275,Yawata,Chikuma-shi,Nagano,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. 
This fragrant is smokey and woody.
Then I tried to drink.
This acid is present in finely, but taste is won overwhelmingly than that acid. The flavor of sake rice is spread to the mouth of rice fully. End of the taste is slightly bitter taste. Sharp taste is good, and afterglow is securely.
------------------------------------------------------------------



























んで以ってラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、私の個人的お気に入りの紀伊国屋文左衛門・大吟醸の新酒。

和歌山県海南市にある中野BC株式会社さんの日本酒。

今回、蔵から送って頂いたのは兵庫県産山田錦35%精米協会9号酵母使用大吟醸“平成23酒造年度鑑評会出品酒”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
9号酵母特有の軽快で爽やかな香り。鼻からの抜ける感じもいい。
次に呑んでみました。
適度な酸が味わいを優しく包み込んでいる。味の広がりもとても穏やか。懐深く甘みもシッカリあるが、決してでしゃばることは無い。辨えのシッカリした味わい。
キレもよく余韻も心地いい。





☆4.10!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Kinokuniya-bunnzaemon:Nakano Biochemical Creation Co.,Ltd>
758-45,Fujishiro,Kainan-shi,Wakayama,Japan

*My evaluation (five point full marks):4.10point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell.
The scent of sake is light and refreshing fragrance that is specific to yeast No. 9. I feel good that this fragrant of sake is passed through my nose.
Then I tried to drank.
Moderate acid envelops this taste gently. Spread of taste is moderately. the taste has depth, and has sweetness firmly. But that taste is never obtrusive. This taste has understanding to itself. Finish is sharpness, and can be enjoy afterglow.
------------------------------------------------------------------


























そんなこんなで今週も新入荷3本、ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!

















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(4)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年7月7日(土) 16:50

日本酒のススメ 〜其の135 ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ。

とうとう大ッキライな梅雨に突入し、ジメジメな毎日に参っております須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



いや〜、毎年のことながらこの時期はポッチャリ君の私にはつらい日々です(´・ω・`;)。
出勤するだけで、パリパリのTシャツもジットリ・・・・(´・ω・`;)。
出勤してすぐの洗濯(もち手洗い)が欠かせません(´・ω・`;)。


早く梅雨が開けて、本気の夏が来ないかしら(´・ω・`;)。

ゆうても、根本的な解決には至らないので、やはりあっしが頑張ってダイエットして痩せれば、この不快感は多少は軽減されるんですけどね(`・∇・´;)アハハハハハハ


そ〜いえば、近年この時期、日本酒蔵は“夏酒”なる商品を“季節商品”としてリリースしています(*`皿´*)b。

やはり暑い時期はどうしても日本酒の消費が落ちるので、それへの対抗措置といったところでしょうか(*`皿´*)b。

ちゃんと夏の時期を意識して、酸を利用して喉越しで呑んでもらったり、味わいを壊さないようにバランスよくアルコール度数を下げて呑み易くしたりと、各蔵色々工夫しています(*`皿´*)b。

ただ、中には単に「薄いだけじゃね!?」、や「炭酸足しただけじゃね!?」的な、ちょっと本末転倒なものもチラホラ(*`皿´*)b。

そーじゃないんだよ、お蔵さん!!。そんな付け焼刃的な発想じゃダメなんだよ〜(*`皿´*)b。
ほんと、ヤレヤレでがんす。うちではそのような雰囲気プンプンの“夏酒”は決して扱いませんのでご安心を。
あ、因みに何処の蔵とは言いませんので、あとはお客様のご想像にお任せします!!。




そんな訳で、早速新入荷紹介していきま〜す。
p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜((o(´∀`)o))ワクワク。



1本目は新政

先日、当店で蔵元を囲む会なるものを開催した<山ユ>の基幹銘柄ですね。これで<あらまさ>と読みます。

もう説明の必要がない銘柄です。

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。



今回ご紹介するのは、秋田酒こまち50%精米(麹米)・55%精米(掛米)協会601酵母使用純米吟醸・秋田県限定別誂“ヴィリジアン”


裏ラベル。


裏ラベル<左>


裏ラベル<右>




先ずは香ってみました。
お、6号酵母特有のバナナのような甘みを持った香り。
次に呑んでみました。
酸は味わいに優しく寄り添った感じ。その後、シッカリとした旨味が口中を満たす。でも、その甘味は決してでしゃばること無く、ちゃんとした張りを維持しながら喉の奥へと消えて行く。芳醇辛口、新政らしい一本。

☆3.88!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way: At first i tried to smell.
Wow, this fragrance is a specific-fragrance with the sweetness, such as bananas. And that fragrance is characteristic of yeast No.6.
Then i tried to drink.
This acid snuggle up to the taste gently. And then, firmly flavor meet with the mouth.
However, its sweetness can never impose. This taste disappears into the back of the throat while maintaining the tension firmly. Dry and sweetness, this finish just seems to Aramasa.
------------------------------------------------------------------














そんで以て、2本目ェwwwwwwwwwwwwwwwww。



2本目は、ちえびじんのご紹介。

た〜し〜か〜、初めてのご紹介ですね!!。
大分県杵築市(きつき-し)にある有限会社中野酒造さんの日本酒。

初めての取り扱いなので、ちょっ蔵調べてみましょう!!。

=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜有限会社中野酒造〜
古くから、日本文化伝承の地として全国に知られている国東半島―。
明治七年創業以来、自然の恩恵を受けたこの地に根ざし伝統の技を守りつつ、酒造りに営んで百二十有余年。
ひとえに皆様方の今昔変わりませぬご愛飲とご支援によるものと心より感謝致しております。
今後ますます、『中野酒造』の名に恥じない酒造りに勤しんで参る所存でございます。

『信条』

〜村おこし〜<地産率100%を目指す蔵>
 大分(豊の国)の大自然の恵みに感謝。
地元に「笑顔」と「元気」と「活力」を与える蔵でありたい!!
 地元農家さんが精魂込めて育ててくれた「大自然の恵み」を最大限に活かした酒造り。
その酒造りを通じて、モノ作りの楽しさや厳しさを学び、次の世代に食の「安全」と「安心」を伝えていきたい。
五代目店主 代表取締役 中野 勢三

(インターネット関連情報)
=======================================================================

今回御紹介するのは、
山田錦55%精米、の純米吟醸“生原酒”



裏ラベル。





先ずは香ってみました。
香りはシャープで軽快。鼻からの抜ける感じもいい。
次に呑んでみました。
口に含むと心地いい酸味が口中に広がります。その酸が落着くやいなや、抑えた甘味が口を満たします。その味わいはシッカリと存在し喉を越えた辺りで消えていきます。キレは鋭く余韻は爽やか。夏らしい一本。


☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Chiebijin: Nakano sake brewing Limited company>
2487-1,Minami-kitsuki,Kitsuki-shi,Oita,Japan

*My evaluation (five point full marks);3.78point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell.
The fragrance is sharp and nimble. The feel is so good that fragrance pass through the nose.
Then I tried to drink.
Including the sake in a mouth, acidity with a pleasant will spread in a mouth. As soon as the acid settles down, the modest sweetness fills a mouth. Although the taste exists firmly, it disappears without hesitation in around pass the throat. Finishing of The taste is sharp, and afterglow is refreshing. This sake is the one of summery flavor.
------------------------------------------------------------------












ラストオオオオオオオオ〜、3本目ェ〜。

3本目は 福田

これで<ふくだ>と読みます。


長崎県平戸市にある福田酒造株式会社さんの日本酒。

この日本酒も初めての取り扱いなので、ちょっ蔵調べてみましょう!!。

=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜福田酒造株式会社〜
創業元禄元年(1688年)。
現在14代目蔵元福田詮が社長を務める、日本最西端の酒蔵。

平戸藩主の御用酒屋として、元禄元年に創業した福田酒造株式会社は、創業者福田長治兵衛門が伝えた 「酒づくりは、心でつくり、風で育てる」を今でも実践している蔵元である。
 
創業当時からある元禄蔵は、夏場でさえもクーラーなしで15度以下に保たれるように工夫がなされ、 先人たちの知恵と努力が長い歳月を重ねてもなお、守り受け継がれていることを感じることが出来る。
 
福田酒造の広い敷地の全景は、酒造蔵だけにとどまらず、見学者のためにビデオも観覧でき試飲も行える迎賓館、 こだわりからなる精米蔵、さらには貴重な酒造りの歴史がうかがえる博物館では、古来から実際に使われてきた 道具や酒にまつわる品々が展示されているほか、民俗資料として貴重な当時の生活用品なども多数展示されており興味深い。

酒づくりに欠かせない水は、恵まれた地形により自然広葉樹の原産林より湧き出る水を使用。ミネラルを豊富に含む良質な天然水が、この蔵の酒の味を決定しているといえる。また、原料である米は、契約栽培した「山田錦」を自家精米して使用するため、種もみからチェックできるようになっている。もろみ造りは昔ながらの手法である「三段仕込み」で行われており、酒に対する細やかな配慮を感じさせる。
 
ここの商品で注目すべきは、じゃがいもを原料とした焼酎「じゃがたらお春」。元々日本にジャガイモが入ってきたのは、ポルトガル船によって長崎に運ばれたのが始まりといわれている。春じゃがでは全国一の生産を誇る長崎県の新鮮なじゃがいもを原料とした、長崎元祖のじゃがいも焼酎である。その味はのみ易く、すっきりした本格焼酎に仕上がっている。
 
 この蔵の酒造りへのこだわりは環境への取り組みにも広がり、廃棄分を二次利用することで、発酵もろみ酢『シーボルト』や、ダイオキシンも出ない、体にやさしい堆肥『宝島』を作ることに成功している。
 「物言わぬものに、ものを言わせるもの造り」をモットーに伝統を重んじながらも環境への配慮など、その先見性と常に挑戦を続ける姿勢が、商品全体に反映されているといえる。

(インターネット関連情報)
=======================================================================
とのこと。かなり凄そうな酒蔵です。

今回御紹介するのは、長崎県産山田錦55%精米(麹米)・長崎県産麗峰55%精米(掛米)純米吟醸“活性にごり”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは青りんごのような爽やかな香り。穏やかで軽快。
次に呑んでみました。
酸はかなりシッカリしているが、とても柔らく味わいを包み込んでいる。酸が治まると味わいも共に消えて行く。何とも面白く、不思議な味の表現ですね。



☆3.25!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Fukuda:Fukuda brewery Co.,Ltd.>
1475,Shijiki-chou,Fujii,Hirado-shi,Nagasaki,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.25point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell.
This fragrance is fresh like green apple scent. Gently and lightly.
Then I tried to drink.
This acid has been firmly,but envelops this taste gently. It is an expression of taste of strange and interesting.
------------------------------------------------------------------












以上、今週も新入荷3本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!











※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2012年06月の記事   |  << prev   |  Top   |  2012年08月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ