須弥山ブログ 酒魂日記

2012年04月の記事

<< 2012年03月の記事   |  << prev   |  Top   |  2012年05月の記事 >>

2012年4月20日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の132 ふははは┗( ̄▽ ̄;)┓=3=3=3=3

春から初夏へ!!須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



桜の木も大分緑付き、葉桜となってきました。日中などちょっと汗ばむことも。皆様いかがお過ごしですか!!(`・ω・´)ゞキリッ。

いよいよ暑苦しい夏が見え隠れし始めました。デブには過酷な季節の到来ですな((o(´∀`)o))ワクワク。


でもBBQやらクルージングやら、果ては神輿やら、考えるだけでもムフフフ(*^艸^*)プププ。

ただ冷静に考えると、一年ってホントあっという間だな!!(´・ω・`)ショボ〜ン。


一日一日を大事に生きるっす(`;ω;´)ゞキリッ。






そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜。

1本目はの会津中将

これでの<あいづちゅうじょう>と読みます。


文字通り長福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かご紹介したことある銘柄ですね。


今回ご紹介するのは、福島県産五百万石55%精米特別純米無濾過生原酒“中汲み”


ラベル横。



先ずは香ってみました。
香りはシャープで控えめ。
次に呑んでみました。
酸はとても繊細に存在して味わいを包んでいる。味は香り同様シャープでエッジがたっている。甘味は大分抑えられてて引き締まった印象。キレは鋭く全体的に辛口に感じやすいだろ。





☆3.69!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Aidutyujyou: Turunoe brewery Co.,Ltd>
2−46,Nanoka-machi,Aiduwakamatu-shi,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.69point

*Expression of this sake of my own way: First i tried to smell. This scent is sharp and understated.
Then i tried to drink. Acid of this sake is presence finely,and envelops this taste. Taste is sharp and tight as well as fragrance. I feel that this taste is suppressed. Sharpness is good, so will feel dry taste as a whole.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は五十嵐

これでそのまんま<いがらし>と読みます。


埼玉県飯能市にある五十嵐酒造株式会社さんの日本酒。


初めての商品なのでちょっ蔵調べてみましょう。

==================================================================
酒魂日記一口メモ五十嵐酒造株式会社
「天覧山」の初代久蔵は、新潟県中頸城郡の出身で杜氏として青梅の「澤乃井」小沢酒造につとめていましたが、明治30年に独立して飯能の地で酒造りを始めました。

天覧山の酒蔵は、名栗川と成木川の合流点に接して建っています。
空気は澄みわたり、きれいでやさしい奥秩父からの、伏流水を井戸から汲み上げています。飯能の素晴らしい大自然「緑と清流」が軽くて、キレの良い天覧山を育んでくれるのです。

【銘柄の由来】
明治15年に、明治天皇が羅漢山に登り、近衛兵の大演習を閲兵されました。
それ以後、羅漢山を天覧山と呼ぶようになり、この山の名を酒名にしました。
(インターネット関連情報)
==================================================================



で、今回御紹介するのは、五百万石65%精米(麹米)朝の光65%精米(掛米)協会1001号酵母使用純米大辛口“直汲み”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは仄かに甘味を含んでいる。派手さはない。
次に呑んでみました。
一口含むと、途端に力強い酸が口中を満たす。その後感じる味わいはとてもタイト。キレも鋭く全体的に引き締まった印象。




☆3.65!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Igarashi:Igarashi brewery Co.,Ltd>
667-1,Kawadera,Hannou-shi,Saitama,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.65point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. Scent contains a faint sweetness. There is no glitz.
Then i tried to drink. And drank a sip of wine, strong acid dominated the mouth immediately. Then taste feel very tight. Sharpness is good, and feel that muscular taste overall.
------------------------------------------------------------------












まだまだあああああ!!!。3本目ェ〜。

3本目は梅乃宿

これで<うめのやど>と読みます。


奈良県葛城市にある梅乃宿酒造株式会社さんの日本酒。


今回御紹介するのは、山田錦50%精米純米大吟醸“限定醸造生酒”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは華やかながら上品。そしてとても軽快。
次に呑んでみました。
細かい心地いい酸が口中に優しく広がります。そして直ぐに米の旨味がとって代わって口中を満たす。キレも潔く余韻も心地いい。




☆3.79!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Umenoyado:Umenoyado brewery Co.,Ltd>
27,Higasimuro,Katsuragi-shi,Nara,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. The scent is elegant with ornate. And very nimble.
Then i tried to drink. Fine pleasant acid spread gently in the mouth. And immediately flavor of sake rice fulfills the mouth replaced with acids. Sharpness is good and this afterglow is pleasant also.
------------------------------------------------------------------












ラストオオオオオオオオ〜、4本目ェ〜。

4本目は賀儀屋

これで<かぎや>と読みます。


愛媛県西条市にある成龍酒造株式会社さんの日本酒。


先日お一人で来店された時に一緒に呑んだんですが、いや〜、めっちゃ好青年ですよ!!。
真っ直ぐで熱く爽やか!!。さぞかし奥様はべっぴんなんだろうな〜。
ご本人は元々蔵を継ぐ気がなかったそうで、お父様のご病気が切っ掛けで日本酒業界に戻って来られたそうです。


今回御紹介するのは、松山三井60%精米純米吟醸無濾過生原酒“直汲み”


裏ラベル。





先ずは香ってみました。
香りは賀儀屋にしては控え目。
次に呑んでみました。
酸は細かくシッカリ存在している。酸の後から現れる味わいは勢いよく口中に広がる。ただ、まだ七分咲きな印象。個人的にはもう少し味の奥行きが欲しい。





☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kagiya:Seiryu brewery Co.,Ltd>
1301_1,Syu,Saijyou-shi,Ehime,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to rotten. The fragrance is modest than usual Kagiya.
Then i tried to drink. Acid are delicate, but are present firmly. Appear umami taste from the inside of the acid spread swiftly to the mouth. However, taste is still not full bloom impression. Personally, I want a little more depth of flavor.
------------------------------------------------------------------






以上、今週は新入荷4本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※ミクシィやってま〜す。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年4月13日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の131 b(≧δ≦)d おっ…*(≧〇≦)* はー!。

(´・ω・`)須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




m(T皿T)m。

!!(`・ω・´)ゞキリッ。
!!(`・ω・´)ゞキリッ。

|ω・`;)チラッ。

(`・ω・´)ゞキリッ。

p(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。


んな訳で、早速日本酒ご紹介していきましょう!!。

先ずは、秋田から山ユ

秋田県秋田市にある新政酒造株式会社さんの日本酒。


(もうすっかり)×2、酒魂日記常連酒ですね。

あ、6月に“山ユ”生みの親、専務取締役佐藤祐輔氏迎えての酒の会を開催します!!。
日程はまだ、調整中ですが決まり次第<twitter>等で告知致しますので、奮ってのご参加をお待ちしております〜。


そーいえばこの<山ユ>。
名の由来って詳しく説明していなかった気がするので改めて説明します。

===================================================================
酒魂日記一口メモ山ユの由来
蔵元当主が襲名する“佐藤卯兵衛”からくる「新政」の屋号“山ウ”に対し、次期当主、つまり“8代目卯兵衛”を襲名する人物、専務取締役佐藤祐輔(ユウスケ)氏が手がけ、秋田県産の酒米・秋田県由来の酵母に拘って造り、中でも思い入れの強い酒として展開されるのが“山ユ”ブランド。
===================================================================


今回ご紹介するのは、山ユの新ライン、秋田県産美郷錦55%精米(麹米50%精米・掛米55%精米)純米吟醸美郷錦“緑山ユ” の新酒。

“山ユ”の文字がレインボー!!。



裏ラベル。





先ずは香ってみました。
バナナを彷彿させる膨らみのある甘い香り。
次に呑んでみました。
細かく優しい酸味を舌の上に感じる。酸のすぐ奥に程よい甘みを持った味わいがある。味わいは然程広がる事も無く穏やかに消えていく。
まさに“山ユ”らしい一本に仕上がっている。


☆3.85!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Yamayu:Aramasa brewing Co.,Ltd.>
6-2-35,O-machi,Akita-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell.
Sweet scent of the bulge that is reminiscent of the banana.
Then I tried to drink.
Feel on the tongue a finely-friendly acidity. There is taste with moderate sweetness on the inside of the acid. That taste will disappear gently without much spread. This sake is the finish like Yamayu exactly.
------------------------------------------------------------------


















そして2本目ェ〜。

2本目はたかちよ

須弥山初お目見えですね!!。

新潟県南魚沼市にある高千代酒造株式会社さんの日本酒。

初めてなのでちょっくら調べてみましょ!!ッ。
==================================================================
酒魂日記一口メモ高千代酒造株式会社
【高千代物語】
清酒「高千代(たかちよ)」、「巻機(まきはた)」「天地人」の醸造元である当蔵は、日本百名山の一つである巻機山の麓に位置しています。
越後三山の南側、谷川連峰の北側に位置する巻機山は、私たちに四季折々の魅力的な姿を見せてくれます。
巻機山の湧水は、数値の高い極軟水(不純物の極めて少ないやわらかい水)です。
酒は天然天与。巻機名水にふさわしい自然感に満ちたうまい酒、よい酒造りを熱心に追求しています。
杜氏以下、若く元気の良い蔵人たちが、品質の高いものを造り出す事を常に目指し、名水に恥じることの無いよう研鑚努力を惜しまず清酒「高千代」、「巻機」「天地人」を醸し出しています。

【手造りの酒】
約150年の歴史を経て今日の高千代の造りは、より品質の高いものを作り出すことを目指し、昔ながらの手作業による吟醸的な造りを行っています。
酒造りは、酵母も麹菌も水分量というものに、大きく左右されるという理由から、水分管理が大変重要です。

また、「一本〆(当社こだわりの酒造好適米)」の適正からも吟醸造りに向いた米の特性を活かし手作業による水分管理を最優先させた仕込みに切り替えました。 大量生産の造りとは真逆ですが「美味い酒」を造りたい一心でこの厳しい造りにふみきりました。
==================================================================
とのこと。(インターネット関連情報・高千代酒造株式会社HPより)


今回ご紹介するのは、新潟県産酒一本〆58%精米純米しぼりたて生原酒“芳醇無盡”
この“無盡”、聞き慣れない言葉だったので蔵に直接電話して聞いてみました。

「<豊醇無盡・たかちよ>は従来の淡麗辛口の新潟清酒のイメージの真逆を目指して造られたお酒です。
豊醇無盡(ほうじゅんむじん)とは“尽きることのない限りなく豊かな味わい”の意味。」

とのことでした。なるほど!!。


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは穏やかながら爽やかさを持っている。
次に呑んでみました。
存在感のある酸が口の中に広がります。そして直ぐに、いい意味で垢抜けない甘味が口の中を満たします。今一味わいにまとまり感が無いかな。その点を克服すればいい酒になるかも・・・。



☆3.45!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Takachiyo: Takachiyo brewery Co.,Ltd.>
328-1,Nagasaki,Minamiuonuma-shi ,Niigata,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.45point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell.
This scent is gentle and refreshing.
Then I tried to drink.
The acid with a strong presence in the mouth to spread. And soon, not refined sweetness in good meanings is fulfills mouth. Yet there is no sense of unity to taste. This sake will be good if you overcome that point.
------------------------------------------------------------------























んで以ってラスト3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目はお馴染み遊穂の新酒。
先日、FBでもアップされてた“例の”商品です。


石川県鹿島郡中能登町にある御祖酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは石川県産五百万石60%精米(麹米)・石川県産能登ひかり55%精米(掛米)山おろし純米“無濾過生原酒”


裏ラベル。







先ずは香ってみました。
甘味と奥行きを感じる香り。同時にスパイシーさも感じられる。
次に呑んでみました。
酸は細かく存在している。しかし味わいはマイルド。そして米の旨みが口中を満たしていく。限りなく広がった味わいは、躊躇うこと無く心地いい余韻だけを残して消えていく。






☆3.78!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Yuho:Mioya brewery Co.,Ltd.>
ho10,Fujii,Nakanoto-machi,Kashima-gun,Ishikawa,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell.
I felt sweetness and depth from this scent of sake. Also felt the spicy at the same time.
Then i tried to drink.
Fine acid is present. But taste is mild. Then taste of sake rice fills the mouth with umami taste. Taste which had spread maximum disappears without hesitation, leaving only a pleasant afterglow .
------------------------------------------------------------------


















そんな訳で今週も新入荷3本、ご紹介しました。
それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!






















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2012年4月6日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の130 ╰(✿´∇ `✿)╯オハナミサイコー 。

サクラサク須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



井の頭公園の桜もぼちぼち咲き始め、通りを行き交う人々の装いも大分薄手になり、街はすっかり春色!!(`・ω・´)ゞキリッ。

今年も恒例のお客様からのお花見@国立のお誘いもきて、今週の土曜日は“ドラフトウォーカー(スタジアムでカワイコちゃんが担いでるや〜つ)”担いで国立に出張プチ須弥山。
ま、重いのは若いやつに任せて、あっしはお花見に興じるつもりですが(*^艸^*)プププ。
国立の“大学通り”の桜は圧巻ですから今から楽しみです(さくら通りも凄い!!) ((o(´∀`)o))ワクワク。

ただ毎年そうなんですが、その後仕事したくなくなるんすよね〜!!(´・ω・`)ショボ〜ン。
お花見してお酒を少々嗜んだりすると、途端に“呑み”モード入っちゃうんだよな〜。んで、そこから仕事モードに戻すのが酒呑みの自分には至難の業!!。いつか、そのまま呑んでいられるようになりたいです!!


ま、気持ち入れ替えて頑張るっす(`;ω;´)ゞキリッ。



そんな訳で、早速新酒紹介していきま〜すp(`皿´ )q=3=3=3 ウオ~!!!!!!!!!!!!!。





先ずは1本目ェ〜。

1本目はの戸隠

これでの<とがくし>と読みます。


長野県上水内郡にある株式会社高橋助作酒造店さんの日本酒。

初めての取り扱いになります。

ちょっ蔵調べてみましょう。
=======================================================================
酒魂日記一口メモ〜株式会社高橋助作酒造店〜
美味しいお蕎麦で有名な長野県の戸隠。
蔵に続くアップルラインと呼ばれる国道18号線沿いには、人が少ない山間部にもかかわらず多くの蕎麦屋が点在しております。

株式会社高橋助作酒造店は、明治8年(1875年)に高橋助作氏によって創業。現在5代目。

農家の家に生まれた助作氏は、家から独立するため酒蔵で酒造りを学んだ後、良い湧き水を見つけこの地に蔵を建てたと言われています。

創業当初の屋号は不明だが、恐らく現在と同じ高橋助作酒造店であろう。
創業当時、酒名はいくつもあったが、現在用いられている松尾も創業当時からの銘柄。

蔵に残っている日記によると、商標制度が開始され明治35年には「松尾」の商標登録を行った記録が存在するとのこと。

2000年より純米化を進め、現在では地元で昔から続いている「松尾正宗」以外は純米化が進んでいる。

酒造りに用いる米は主に長野県産美山錦を使用。
美山錦で造った純米大吟醸で2008年、2010年、2011年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

2006年を最後に山田錦は使っていないとの事。
蔵元が目指している酒は創業時の手造りを活かした芳醇な酒。
芳醇な味わいの酒を造るため、木で造られた抱き樽を用いた創業当時の手法による酒母を造られているそう。

最近は職人さんがいなくなった為、木樽、木桶を手に入れるのは大変とのこと。抱き樽とは酒母を造る際、冷やしたり温めたりする為の樽。。

木の桶を使うメリットは熱の伝導率が異なる事。
金属だと熱湯を入れると表面がすぐに熱くなりますが、木の抱き樽だとゆっくり柔らかく熱が伝わる。

熱湯を入れても酒母には優しく伝わり、長時間保温が可能。
また一方で、蔵元は「木の文化を継承させたい」という意味で、木の抱き樽を継続的に使用しているそう。

蔵元曰く、
「お酒はかつては神々に捧げていたとても神聖な飲み物。酒名「松尾」はお酒の神様の松尾大社からいただいている事から、神に捧げるような気持ちで造っていきたい。」
とのこと。

現在、酒造りに酵素などは使わず、純米化をすすめておられる最中だとか。
(インターネット関連情報)
=======================================================================

この長野に於いて、歴史に胡座を掻く事無く進化を続けようとする姿勢が伺える酒蔵さんですね。

今回ご紹介するのは、長野県産美山錦39%精米(酒母)・59%精米(麹米)・65%精米(掛米)特別純米槽口搾り“錦”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。
香りは甘く奥行きがある。
次に呑んでみました。
酸はさほど高くない。味わいはシッカリと懐が深い。一口呑むと口中に緊張感をもった味わいが広がっていく。後半に苦味が若干あるが決して悪い要素ではない。このあと日にちが経てば旨味へと変化していくだろう。




☆3.85!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Togakushi: Takahashi Sukesaku Sake brewing shop Co.,Ltd.>
856−1,Furuma,Kamiminochi-gun,Ngano,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point

*Expression of this sake of my own way: First i tried to smell. This fragrance has sweetness and depth.
Then i tried to drink. This acid is not so high. Flavor is a deep and firmly. Once i drunk this sake, taste of this sake was spread in my mouth. I feel little bitterness in the second half, but that is not bad element. This bitterness will change to sweetness over time.
------------------------------------------------------------------















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は房島屋

これで<ぼうじまや>と読みます。


岐阜県揖斐郡揖斐川町にある所酒造合資会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、曙65%精米(麹米)五百万石65%精米(掛米)協会7号酵母使用純米7号酵母おりがらみ“超辛口”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは控え目だが爽やか。
次に呑んでみました。
酸は穏やか。味は緊張感のあるシャープな味わい。甘さは抑えてあるが全体的に味の骨格はしっかりしている。この辺りが“辛口”を印象づける。勿論キレもしっかりとあり余韻は淡白。


☆3.65!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Bouzimaya:Tokoro brewery joint-stock company>
537-1,Miwa,Ibigawa-cho,Ibi-gun,Gifu,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.65point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. This fragrance is modest but refreshing.
Then I tried to drink. Acid is mild. This taste is sharp flavor with a sense of tension. Sweetness is suppressed. Framework of taste is solid overall. This point impress the "dry". Of course sharpness is firmly, and afterglow is bland.
------------------------------------------------------------------












まだまだあああああ!!!。3本目ェ〜。

3本目は月山

これで<がっさん>と読みます。


島根県安来市にある吉田酒造株式会社さんの日本酒。

昨年、コスパめちゃ高の純米生がとても印象に残ってる酒蔵さんですね。

今回御紹介するのは、佐香錦50%精米(使用率80%)・改良雄町50%精米(使用率20%)純米吟醸しぼりたて“無濾過”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りはシャープで青リンゴのような爽やかさがある。
次に呑んでみました。
酸は細かく味を適度に包んでいる。甘味はあるが、まだ充分には開花していない。時間が経てばもう少し懐に奥行きが出来るだろう。



☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gassan:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasugi-shi,Shimane,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. This fragrance is sharp, there is a refreshing such as green apple.
Then I tried to drink. Fine acid envelops this taste moderately. Although there's a sweetness, taste is not fully bloomed yet. The depth of this taste will increase to a little more over time.
------------------------------------------------------------------












ラストオオオオオオオオ〜、4本目ェ〜。

4本目は

これで<みなみ>と読みます。


高知県安芸郡安田町にある有限会社南酒造場さんの日本酒。
そうです、私の好きな“セル酵母”純吟のあの蔵です。

今回御紹介するのは、松山三井50%精米高知県酵母使用純米吟醸“無濾過”


裏ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは華やかで爽やか。
次に呑んでみました。輪郭のシッカリした細かい酸が味わいを優しく包み込んでいる。そのせいか最後まで顎の辺りに酸の存在を感じる。もう少しシッカリした味わいがあるとバランスが良くなるかもしれない。





☆3.59!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kamokinshu:Kanemitsu brewing Joint-stock company>
1364-2,Nomio,Kurose-chou,Higashihiroshima-shi ,Hiroshima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.59point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. This fragrance is brilliant and refreshing.
Then i tried to drink. Fine acid which has contours firmly envelops taste gently. Because of it's acid, i feel the presence of acid in the jaw area until the end. If there is a little more robust taste, balance of the taste might become better.
------------------------------------------------------------------






以上、今週は新入荷4本ご紹介しました。


それでは、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!























※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2012年03月の記事   |  << prev   |  Top   |  2012年05月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ