須弥山ブログ 酒魂日記

2011年12月の記事

<< 2011年11月の記事   |  << prev   |  Top   |  2012年01月の記事 >>

2011年12月29日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十八 (*´∀`*)/良い年を〜。

泣いても笑っても(ま、泣いても笑ってもいませんがね)、酒魂日記2011年最終回(多分)。ここらで一年の総括をしたいところだが、入荷してくる新酒がそれを許して紅の豚。だから、意外といつものように酒魂日記だす!!! @ 須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



もう今年最後の“酒魂日記”になってしまいました。ま〜、今年は色々とあった一年でした。振り返ったりすると地味に長くなるので、それは止めておきましょう。

ま、来年は(出来ることなら)何事も無く平和に過ごしたいものです。

=============================
あ、須弥山の年末年始は、年内が12月30日まで。年始は1月3日からの営業になります。
何卒宜しくお願いします。

=============================
それでは、今回はドバっと6本ご紹介しますので、チャッチャといきますよ!!!!。



先ずは会津中将
これで<あいづちゅうじょう>と読みます。

福島県会津若松市にある鶴乃江酒造株式会社さんの日本酒。

何度かこの酒魂日記でもご紹介させてもらってる銘柄ですね。

今回御紹介するのは、五百万石60%精米生純米原酒無濾過“初しぼり”


横ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは繊細でリンゴのような爽やかな香り。
次に呑んでみました。
酸は決して強くは感じない。しかし輪郭のハッキリした味わいが全体を引き締めている。甘味も適度にあり満足できる味わい。キレもよく余韻も清々しい。




☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Aizuchujo:Tsrunoe brewing Co.,Ltd.>
2-46,Nanoka-machi,Aizuwakamatu-shi,Fukushima,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The scent is delicate,and like fresh apple. Then I drank. Never feel strongly acid. The taste which has firmly outline is tightening of overall. There is also a moderately sweet taste can be satisfied.  Also good fresh crisp finish. Also good fresh crisp finish.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は英君

静岡県静岡市清水区にある英君酒造株式会社さんの日本酒。

そうです静岡の方の英君です。

今回御紹介するのは、これまた五百万石65%精米純米新酒“槽口詰め”


横ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘味があり引き締まっている。
次に呑んでみました。
酸はそんなには強く感じない。甘味は抑えられてて味にはしっかりと緊張感がある。後半感じる辛さが味を締めくくる。




☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Eikun:Eikun brewery Co., Ltd.>
2152,Yuiiriyama,Shimizu-ku,Shizuoka-shi,Shizuoka,japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. There are tight sweet fragrance. Then I drank. I do not feel so strongly that acid. This sweetness are suppressed, but flavor has tension securely. The feel dry taste at the late is concluded.
------------------------------------------------------------------























次、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は遊穂“UFO”

これも酒魂日記常連酒。

石川県鹿島郡中能登町にある御祖酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは石川県産五百万石60%精米(麹米) 石川県産能登ひかり55%精米(掛米) 純米酒無濾過生原酒おりがらみ“ゆうほのしろ”


裏ラベル。


先ず香ってみました。
香りは穏やかで軽快。
次に呑んでみました。
輪郭のハッキリした細かい酸がしっかりと味を包み込んでいる。酸が消えると味わいが一気に花開く。味わいは飲み手を充分満足させた後潔く消えて行く。味のキレもよく余韻も心地いい。






☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Yuho:Mioya brewery Co.,Ltd.>
10,Ho,Fujii,Nakanoto-machi,Kashima-gun,Ishikawa,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. Light gentle fragrance.
Then I drank. Fine chiseled acid wraps to taste firmly. Acid disappears,and the taste is flowering at once. That taste makes to satisfy heavy drinker. Then taste will disappear gracefully. The taste is good sharpness, and feels good afterglow.
------------------------------------------------------------------
















まだまだ4本目ェ〜。

4本目は珍しく義侠

ひっさびさに仕入れてみました。

これで<ぎきょう>と読みます。
毎度のことながら、おどろおどろしい響きです(*_*;。

今年、確か一度仕入れた記憶が・・・・。

愛知県愛西市にある山忠本家酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、兵庫県東条産特A地区山田錦60%精米純米原酒生酒“滓からみ”


横ラベル。




先ずは香ってみました。
仄かに甘く奥行きのある香り。
次に呑んでみました。
酸は目立つ程ではないがきちんと存在している。味の表面はしっかりと輪郭を持っている。味わいもちゃんと感じられ甘さと辛さのバランスが保たれている。欲を言えばもう少し甘味がほしいですね。





☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gikyou: Yamachu-honke brewing Co.,Ltd.>
1813,Heki-chou,Aisai-shi,Aichi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Sweet and subtle fragrance with depth. Then I drank. There are fine acid firmly,but that is not as noticeable. There is firmly contour on the surface of the taste. Feeling taste firmly, sweetness and hotness balance is being maintained. If i want to say,I want a little sweetness.
-----------------------------------------------------------------

















更に5本目ェwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。

これまた前回に引き続き而今
毎度のことながら、三重県名張市の木屋正酒造株式会社さんの日本酒。

今回は富山県産五百万石60%精米自社9号酵母使用特別純米おりがらみ


裏ラベル。


先ずは香ってみました。
香りは甘さを持ってて懐が深い。
次に呑んでみました。
細かい酸がしっかりと味を包み込んでいる。程なくして味わいが口中に広がって旨味が口中を満たす。といってもそれは決してしつこくはない。キレもよく余韻も心地いい。





☆4.00!!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Jikon: Kiyashou brewing Joint-stock Company.>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,japan

*My evaluation (five point full marks):point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. This scent have sweetness, and it's so deep. Then I drank. The fine acid wraps to taste firmly. Soon the taste meets with sweetness in mouth. Even though it is never persistent. Feel good sharpness and afterglow.
------------------------------------------------------------------











ラストオオオオオオオオオオオオオ6本目!!!!!。

6本目は、篠峯

これで<しのみね>と読みます。

何度かご紹介したことある銘柄ですね。

奈良県御所市にある千代酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、吟風米65%精米純米生原酒“うすにごり”

吟風米!?。初めて聞く酒米ですね。
ちょっくら調べてみましょう。

<酒魂日記一口メモ>〜吟風米〜
吟風(ぎんぷう)は、イネの品種の1つ。
北海道岩見沢市にある北海道立中央農業試験場(現・北海道立総合研究機構農業研究本部中央農業試験場)において育成された品種。

「空育158号」の系統番号で試験され、2000年に品種登録された。北海道産としては2番目の酒造好適米

中生の大粒系統であり、玄米に酒造好適米特有の心白(しんぱく)を発現し、酒造適性が高い(1番目に登録された「初雫」には心白が出ない)。

醸造された酒は、味の丸さや柔らかさに高い評価を得て、本州産の代表的な酒造好適米に匹敵する高い酒造適性を持つとされている

☆交配組合せ:八反錦2号/上育404号//きらら397
☆平成15年度の全国新酒鑑評会(独立行政法人酒類総合研究所が発表)において、「吟風」100%使用の「千歳鶴」(日本清酒株式会社)と「北の錦」(小林酒造株式会社)が金賞を受賞し、実力を示した。
(ウィキペディアより)


横ラベル。




先ずは香ってみました。
香りは繊細でシャープな印象。
次に呑んでみました。
この酒の酸もしっかりと存在感があり、味を包み込んでいる。程なくして酒の甘味が顔を現し、口の隅々に味わいが行き届く。味のキレもよくついついお代わりしてしまいそう。







☆3.89!!!!。











-----------------------------------------------------------------
<Shinomine:Chiyo brewing Co.,Ltd.>
621,Kujira,Gosho-shi,Nara,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The impression of this scent is delicate and sharp. Then I drank. There is also a solid presence of acid in this sake, which wrapped the taste of sake. The sweetness of the sake appeared immediately,and that taste spreads to every corner of the mouth. The sharpness of taste is good, and i will drink the sake repeatedly.
------------------------------------------------------------------










そんな訳で今週完全に顎が上がりきってしまいながらも新入荷6本、ご紹介しました。

また来週!!、つうかまた来年ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。

年明けの<酒魂日記>は第2週目からになります。
来年も変わらず宜しくお願いしまする〜\(^o^)/。















それでは来年も頑張ってましょう!!。

来年1年が皆様にとって、そして日本酒業界にとって、更には須弥山にとって良い一年でありますように!!!!。











それでは良い年を!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年12月23日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十七 <§“皿“§>ヒミコサマ〜。

12月ももう後半戦。泣いても笑ってもあと1週間。皆さん悔いなき2011年をやりきっちゃいましょう須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。


しかし、12月に入ってからの目まぐるしい日々。あれよあれよという間に、2012年ももうすぐそこまできています。

時を急ぐかのように、各蔵の新酒も続々リリースされてきています。もう既にワクワク通りすぎてアタフタアタフタ状態。俺がもう一人ほち〜の!!、な今日この頃。
気がついたら年が明けていそうで怖い怖い・・・・。


んな訳で、今週もズバっと新入荷新酒ご紹介しまする。



先ずは羽根屋

待ってました!!( ̄Д ̄)d。

富山県富山市にある富美菊酒造株式会社さんの日本酒。

今回御紹介するのは、富の香60%精米純米吟醸“生原酒”


裏ラベル



先ずは香ってみました。心地よく穏やかで甘味のある香り。
次に呑んでみました。酸は穏やかに思えるが、しっかりと存在している。優しく程よい甘味が舌の上でなめらかに広がる。しかし、それは決して広がりすぎることはなく、あっさりと消えて行く。いや〜、美味いです。




☆4.00!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Haneya:Fumigiku brewing Co.,Ltd.>
134-3,Momoduka,Toyama-shi,Toyama,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Comfortably mild sweet fragrance. Then I drank it. Acid will be felt mildly, but which actually exists firmly. Modestly sweetness spread smoothly on the tongue gently. Its taste is never too spread. Then disappear without hesitation. The sake is finished well-balanced in the overall.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は結人

きましたね〜。群馬の柳澤“燃える闘魂”兄弟の醸す酒。

群馬県前橋市にある柳澤酒造株式会社さんの日本酒。

兎に角熱い兄弟。特に弟の圭司氏は熱いを通り越して、暑苦しいをも通り越して、愛くるしい位です((*゜∇゜*))。

今回ご紹介するのは、(モチのロン)五百万石55%精米純米吟醸“新酒あらばしり”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。香りは大人しめ。ただ、結人特有の奥行きのある甘い香りは感じ取れる。次に呑んでみました。先ず感じたのが細かく輪郭のハッキリした酸の存在。ただ、甘味はちょっと物足りない。まだまだ本来の味わいではない。新酒だから仕方ないか・・・。そうは言ってももう少し懐の深さが欲しいですね。もう少し様子を見てみましょう。






☆3.75!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Musubito:Yanagisawa brewing Co.,Ltd.>
104-2,Fukazu,Kasugawa-machi,Maebashi-shi,Gunma,japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. Quiet modest fragrance. However, i feel sweet and deep fragrance that is Musubito-specific. Then I drank. I first felt the acid which is finely and sharp outline. However, sweetness is a little unsatisfactory. Still is not in the original taste. New sake is unavoidable. But I want depth of flavor more. Let's observe the transition for a while.
------------------------------------------------------------------





















んで以って、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、小左衛門

これも酒魂日記の常連酒。事あるごとにご紹介させてもらってます。

岐阜県瑞浪市土岐町にある中島醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、越中五百万石55%精米純米“直汲”初しぼり


裏ラベル。



先ずは香ってみました。香りは爽やかで軽快。抜け感もいい。
次に呑んでみました。表面に張りのあり且つ存在感のある酸。米の旨味もしっかりと味わえる。実は、データーを見ると甘口タイプ。だが、先に述べた酸のお陰で味に締まりが生まれテンポよく呑め、結果的にはバランスの良い日本酒に仕上がっております。

流石です。










☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Kozaemon:Nakajima brewery Co.,Ltd.>
7181-1,Toki-chou,Mizunami-shi,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks)4.00:point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. The scent is a lightly and refreshing. Pass through the nose smell good feeling. Then I drank. This acid has tension and presence on that surface. You will taste the flavor of the rice of sake firmly. In fact, this wine is a sweet type on data. But thanks of this acid which just mentioned, this taste get tension on outline of taste. As a result, i can drink this wine rhythmically. Finally this wine is finished well-balanced.
------------------------------------------------------------------












最後、4本目ェwwwwwwwwwww。

今回取りを務めるのは、これまた酒魂日記常連酒、天青

神奈川県茅ケ崎市にある熊澤酒造株式会社さんの日本酒。

ここの蔵元の熊澤さん、パッと見はサーファーでオットリな感じの方なのですが、天★(東高円寺)のトシちゃんの話では、何を何を!、だそうです。

あ〜見えて、相当な切れ者らしく、今の天青ブランドを今のところまで育て上げたのが何を隠そう、熊澤さん“その人”だそうです。
私は、日本酒業界に有りがちな、<杜氏ピカ一、蔵元今一>パタ〜ンかと思っていました。特に根拠はないんですが、酒の会でも杜氏の五十嵐さんばかりが参加されてるイメージだったので。
考え改めまする。

今回ご紹介するのは、五百万石60%精米特別本醸造しぼりたて生原酒おりがらみ  “風露”


裏ラベル。



先ずは香ってみました。香りはシャープで軽快で爽やか。
次に呑んでみました。呑んで直ぐ、と言うより口の途中から酸が花開く感じ。甘味も引き締まっている。キレもよくついつい杯がススム君。天青らしく仕上がった一本。










☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Tensei:Kumazawa brewery Co.,Ltd.>
7-10-7,Kagawa,Chigasaki-shi,Kanagawa,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. This scent is sharp and nimble and refreshing. Then I drank. I feel the acid in the middle of the mouth rather than just drinking. Flavor is tight. Crisp is very sharp,so i will drink repeatedly. This sake is finish that seems to be a Tensei's sake.
------------------------------------------------------------------









そんな訳で今週も新入荷4本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年12月17日(土) 16:50

別冊日本酒のススメ Vol.2  〜吾妻嶺・ビンカンヒイレ編〜 (`・ω・´)ゞ又々入荷シタズラ!!!。

吾妻嶺“ビンカンヒイレ”入荷したお須弥山



またまた岩手県の吾妻嶺さんから新酒が入荷したのでご紹介!!!!。

今回は、前回入荷した美山錦純米吟醸の“火入れ”ヴァージョン。


岩手県紫波郡紫波町にある合名会社吾妻嶺酒造店さんの日本酒。

今回の火入れは、電話でちょっくら話をした時の私の提案を受けての、蔵からの回答でした。

今回入荷したのは、前回に引き続き吾妻嶺の代名詞とも言うべき、岩手県産美山錦50%精米純米吟醸美山錦《ビンカンヒイレ 68℃》

・原料米    :岩手県産美山錦50%精米
・酵母     :非公開
・日本酒度   :+3
・酸度     :1.5/1.5
・アルコール度数:16〜17°

今回のラベルは全体的に落ち着いた雰囲気。ただ、《あずまみね》の文字がシルバー。なんと今回も、蔵のご好意でナンバリング“壱・弐”をげっとん。


ナンバリング、“壱”“弐”。


銘柄面アップ。


手書きナンバリング。今回はしっかり“壱”撮りましたよ。


カタカナで《ビンカンヒイレ 68℃》と。火入れ温度まで明記とは、呑み手は面白いかも。実は今回も、ありがたい事にオリジナルラベル。元ちゃん感謝×20(T ∇ T )/。


ナンバリング“弐”。これにも《ビンカンヒイレ》と。
・・・・・・・・・・ん!?。んんんんんんんんんんん!?。
《敏感♡火入れ》(゚д゚` )( ´゚д゚)何何何何何何何!!??。


《ビンカンヒイレ68℃》→《敏感♡火入れ68℃》
ワwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwォ!!!!!!!。

た、確かに、日本酒はデリケートで、特に熱(温度)に対しては“敏感”だけども・・・・・・・。

んでも、面白い!!。流石、“笑えて造れる蔵元”元ちゃんだけはあるわ〜。
今回は1本取られましたわ(*´∀`*)ゞハハハハハハハハ。

では、試飲してみましょう!!。



先ずは香ってみました。
香りはバナナのような甘さから、後半リンゴのような爽やかで軽快な香りに変化。
次に呑んでみました。
火入れといっても瞬燗瞬冷なのか、細かい酸はその存在をしっかりと感じ取ることができる。トロリと舌にまとわり付いた味わいは、口中を米の旨味で優しく満たしてくれる。その旨味は決して出しゃばることは無い。キレも良く余韻も心地良い。

火入れしても、生生時のシルエットを保って良い感じに仕上がりました。








☆4.25!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Azumamine:Azumamine Brewery shop partnership corporation>
5,Tsuchidate-aza-uchikawa,Shiwa-chou,Shiwa-gun,Iwate,japan

*My evaluation (five point full marks):4.25point

*Expression of this sake of my own way:First, I tried to smell. The smell of sweet banana-like will change in the lightly and refreshing scent apples-like. Then i drank.This sake has been heat treated. But that heat treatment is probably a rapidly heated and cooled rapidly. I feel their presence which is firmly fine acid. Smooth taste on the tongue satisfies the mouth gently with taste of sake rice. Its taste can never obtrude. The sharpness is good and also afterglow is comfortable.
------------------------------------------------------------------









そんな訳で<別冊>酒魂日記 Vol.2でした。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´≧ω≦`)┘エッホエッホ〜。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィやってま〜す。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年12月16日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十六 ( `・∀・´)ノヨロシク!!。

怒涛の新酒ラッ酒@須弥山



こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




本格的な冬を迎え、ちょいと熱燗をクイッと、な、今日この頃如何お過ごしですか〜?。

街はクリスマス一色。
我が吉祥寺もご多聞に漏れず、クリスマスイルミネーションで華やかに賑わっており、否応がなしにその気にさせられますが、そこは浮かれること無く平常心で乗り切ろうと思います(`・ω・´)ゞキリッ。


そんな訳で、新酒ラッ酒、チャッチャッとご紹介していきますよ〜。
イヤッフォーv(´∀`*)vピース(←浮かれている訳ではありません、くれぐれも。




先ずは、青森から陸奥八仙

酒魂日記常連酒ですね。

青森県八戸市にある八戸酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは青森県産“まっしぐら”60%精米特別純米無濾過生原酒限定“ふなざけ” の新酒。


“まっしぐら” ちょいと調べてみませう!!.


酒魂日記一口メモ 〜まっしぐら

奨励年次:平成17年〜現在
旧系統名:青系138号
育成場所:青森県農林総合研究センター
交配親:奥羽341号/山形40号

南部平野や津軽半島中部地帯などでの栽培に適する「ゆめあかり」よりいもち病抵抗性が強く、収量性の高い良食味品種です。平成17年3月に奨励品種に指定されました。
青森県産米の食味・品質の追求に「まっしぐら」に、そしてきまじめに取り組んでいく気持ちを込めて、全国から応募のあった3,946点の中から命名しました。
(青森県産業技術センターHPより)

とのこと。



裏ラベル。


先ず香ってみました。お、期待を裏切らない香り。次に呑んでみました。細かく元気な酸味。旨味はズバリまだ未熟かな。もう少し時間が経てば徐々に奥行きが出てくるかも。キレは問題なく潔い。





☆3.66!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Mutsuhassen:Hachinohe brewing Co.,Ltd.>
9banchi,Honchou,Minato-machi,Hachinohe-shi,Aomori,japan

*My evaluation (five point full marks):3.66point

*Expression of this sake of my own way:First I tried to smell. Wow, this fragrance will not disappoint me. Then I drunk. Lively fine acid. But bluntly flavor is still immature. More time goes by, this wine will gradually get a depth. Sharpness is fine.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は豊香

これで<ほうか>と読みます。

この酒もちょいちょいご紹介していますね。

長野県岡谷市にある株式会社豊島屋さんの日本酒。

今回御紹介するのは、ヨネシロ70%精米純米新酒無濾過生原酒中汲み“限定うすにごり”
呑んでみました。


裏ラベル。


先ず香ってみました。香りは穏やかで若さがある。次に呑んでみました。酸はさほど強くはない。味わいも適度にあって奥行きも感じられる。キレは優しい感じで消えていく。軽快な呑口のお陰で何杯も呑んでしまいそう。




☆3.73!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Houka:Toshimaya Ltd.>
3-9-1,Hon-chou,Okaya-shi,Nagano,japan

*My evaluation (five point full marks):3.73point

*Expression of this sake of my own way: First I tried to smell. This scent is young and mild. Then I drank. The acid is not much stronger. I feel moderately taste, and depth of taste. Taste will disappear gently. Thanks to the nimble taste, I will drink that wine repeatedly.
------------------------------------------------------------------























最後、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は早くも而今の新酒が入荷しました。

三重県名張市にある木屋正酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは富山県産五百万石60%精米特別純米“にごりざけ”


裏ラベル。


大分おりってます。



先ずは香ってみました。香りは軽快だが甘味がある。
次に呑んでみました。細かい酸が甘味を充分持った味を優しく丁寧に包み込む。旨味も決して出しゃばること無く適度。味のキレも爽やかで潔い。

あ、そうそう、ちょっと機会があったので燗(45度)してみたのですが、味わいに膨らみ、奥行きがでてかなり良い感じになりました。
にごり酒の燗も粋ですぞ!!。










☆4.00!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewery Joint-stock company>
314-1,Hon-chou,Nabari-shi,Mie,japan

*My evaluation (five point full marks):4.00point

*Expression of this sake of my own way: First, I tried to smell. There is a sweet but light scent. And I drank. Fine acid wraps in taste gently,and that taste has sweetness enough. Taste has never existed in moderation without impertinence. The taste is fresh and crisp manly.
------------------------------------------------------------------










そしてラスト4本目〜。

4本目は、当店の定番酒、の賀茂金秀

これでの<かもきんしゅう>と読みます。


広島県東広島市黒瀬町にある金光酒造株式会社さんの日本酒。

何度かご紹介している銘柄ですね!。

今回ご紹介するのは、八反錦60%精米純米しぼりたてうすにごり“生”


裏ラベル。


先ずは香ってみました。香りは軽やかで澄んでる感じ。
次に呑んでみました。酸は細かく穏やかだが、しっかりと存在している。その酸が、若干硬めに仕上がった味わいを包み込む。呑んでみると、香りが結構華やかに変化する。味のキレは申し分ない。



☆3.81!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Kamokinshu:Kanemitsu brewery Co.,Ltd.>
1364-2,Nomio,Kurose-chou,Higashihirosima-shi,Hiroshima,japan

*My evaluation (five point full marks):3.81point

*Expression of this sake of my own way:First, I tried to smell. I feel lightness and transparency from this scent. Then I drank. This acid is finely and calm, and there are present firmly. That acid wraps taste that was finished in a little hard. I noticed the change in the more gorgeous scent of wine. Crisp taste is perfect.
------------------------------------------------------------------























そんな訳で今週は新入荷4本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年12月9日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十五 (*´・ω・)(・ω・`*)コソコソ・・・・・・。

新酒がぞくぞく入荷してきて、思わずゾックゾクしてきました!、ラリホー須弥山


こんにちわ〜、須弥山主人米納です。



もう、何か11月も終わり、今年も残すところ後一月を切りました。
激動の2011年、いかがお過ごしになられましたか?。私は、本厄の今年を、まあ、何とか何事も無く過ごせたような気がします。ってまだ終わってはいないので、最後まで気が抜けませんが。こう見えて、意外と気にしいなんで・・・・・。

今年も大分新酒の出荷が賑やかになってきました。去年とは雰囲気がちょっと違いますが、何はさて置き、目出度いことではあります。ボジョレーなんざ呑んでないで、日本酒ガブガブ呑んじゃいましょう!!!。


では早速新入荷新酒のご紹介。



先ずは、待ちに待った雪の茅舎

ユキボウは、今年私の中でブレイクした日本酒の一つです。

秋田県由利本荘市にある斎彌酒造株式会社さんの日本酒。

今回入荷したのは、秋田酒こまち55%精米純米吟醸“限定生酒”


裏ラベル。






呑んでみました。



甘く軽快で優しい香り。口に含むと柔らかさと緊張感を持った味わいが口中に広がる。思っていたよりはまだ味がのっていないな〜。ま、新酒だから仕方ないか、とはちょっと言えないな〜。味わいに奥行きがあるので、シルエットは中々良い感じなので、もうちょっと甘味が欲しいところ。




☆3.33!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Yukinobousha: Saiya Brewery Shop Co.,Ltd.>
53,Ishiwakiazaishiwaki,Yurihonjyou-shi,Akita,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.33point

*Expression of this sake of my own way: Lightly sweet, gentle scent. Including sake to mouth, the taste spreads with soft and tension. Even considering that the sake is young, and unsatisfactory taste.Because the taste has depth and silhouette is good feeling,i want a little more sweetness.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は天明!。

これで<てんめい>と読みます。

久々の入荷ですね。
福島県河沼郡会津坂下町にある曙酒造合資会社さんの日本酒。

同じ会津坂下町ですとあの飛露喜がありますね。
飛露喜さんの蔵とは200mぐらいしか離れていないそうです。
天明さんが
「お〜い」
といえば、
飛露喜さんが
「なんだ〜?」
という距離だそうです。

今回入荷の新酒は会津坂下産瑞穂黄金65%精米協会9号酵母使用純米中取生酒“零号”


瑞穂黄金!?。


ちょっくら調べてみましょう。

<酒魂日記一口メモ>  〜瑞穂黄金〜
全国で唯一の米、天明しか仕込めない「瑞穂黄金(みずほこがね)」。

平成5年の冷害の年、坂下町の水田で通常より早く黄金色に実っている一本の稲穂を発見。他品種と雑交配しないよう大切に育て、平成14年「瑞穂黄金」の名称で新品種として登録。全国で唯一、会津坂下だけで作付けされる天明のオンリー米です。

更に専門的に、

この品種は、「ひとめぼれ」の変異株から選抜して育成された固定品種であり、育成地(福島県河沼郡会津坂下町)における成熟期は早生の早、短稈、穂数がやや多、脱粒性が難の水稲、粳種である。草型は偏穂数型、稈長は短、稈の細太はやや太、剛柔はやや柔、止葉の直立の程度は中、穂長はやや短、穂数はやや多、粒着密度はやや疎、穎色は黄白、ふ先色は黄白−黄、芒の有無と多少は無である。玄米の形は中、大小はやや小、精玄米千粒重は中、玄米の見かけの品質は中の上、光沢は中である。出穂期及び成熟期は早生の早、耐倒伏性は中、脱粒性は難である。いもち病抵抗性推定遺伝子型はPi−iである。「ひとめぼれ」と比較して、稈長が短いこと、精玄米千粒重が小さいこと等で区別性が認められる。

この品種は、平成5年に育成者が福島県河沼郡会津坂下町の「ひとめぼれ」の栽培田において、変異株を発見し、以後、選抜と増殖を重ね育成された固定品種であり、9年に特性検定試験を行い、その特性が安定していることを確認して育成を完了したものである。なお、出願時の名称は「早生ひとめぼれ」であった。
(インターネット関連情報)


どうやら、同じ町内の“有限会社会津みずほ農場、有限会社猪俣徳一商店”という農家さんで作られているようです。


裏ラベル。




呑んでみました。


香りは穏やか。細かい酸が味わいを優しく包んでいる。口の中というより顎の辺りで感じる酸。味わいの奥行きはきちんと確立されており、ダレること無く緊張感を保っている。味切れも良く全体的には良い印象。ただ、ただ、個人的にはこのタイプの酸は苦手です(^_^;)ゞ。








☆3.22!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Tenmei:Akebono brewery Joint-stock company>
2banchi,Inuiotsu,Aizubange-machi,Kawanuma-gun,Fukushima,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.22point

*Expression of this sake of my own way: Mild scent. The fine acid wrapped taste gently. I feel acid around the jaw rather than in the mouth. The depth of flavor has been firmly established,and the tension of the taste keeps without fade. The sharpness of sake is nice, so i feel good impression overall. But i am weak to this acid type.
------------------------------------------------------------------























最後、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は先週に引き続き鍋島

もう説明いらずの日本酒。
佐賀県鹿島市浜町にある富久千代酒造有限会社さんの日本酒。

でも今回は新酒のNew Moon
雄山錦50%精米純米吟醸中汲み無濾過生原酒しぼりたて生酒“New Moon”


裏ラベル。



呑んでみました。


軽快で甘く香りだけで期待しちゃいます。シッカリしているが細かく優しい酸。味わいを酸が包み込んでいるが、甘味はしっかり感じられる。口の中で程良く広がった味わいは、充分に広がった後潔く切れていきます。良い感じ。








☆3.88!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Nabeshima ~New Moon~:Fukuchiyo brewery Limited company>
1244-1,Hama-machi,Kashima-shi,Saga,Japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way: Just smelling light and sweet scent of this wine, i will expect to this wine. This acid is fine and mild but solid. The taste wrapped in a fine acid has delicious taste firmly. The taste was spreaded in mouth well. then that taste will be good sharpness without hesitation. Feeling good!.
-----------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週も新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィやってま〜す。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2011年11月の記事   |  << prev   |  Top   |  2012年01月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ