須弥山ブログ 酒魂日記

2011年11月の記事

<< 2011年10月の記事   |  << prev   |  Top   |  2011年12月の記事 >>

2011年11月25日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十三 (`・ω・´)ゞマカシトキ。

だいぶ冷え込んできましたね〜。ますますお燗が美味しく感じられる今日この頃、いかがお過ごしですか〜須弥山

こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




やっと寒くなってきましたね〜。厚手のコートやらダウンジャケットがチラホラ。今月も残すところ一週間弱。そして泣いても笑っても残すところ一月あまり。吉祥寺駅のロータリーにもクリスマスのイルミネーションが灯されて、年末気分満載。





日本酒も新酒がどんどんリリースされてきて、なにやらワクワクそわそわな雰囲気。

今年度はどんな日本酒が出てくるのだろう。

考えると、ひとりでにニヤニヤしちゃいます(´^艸^`)プププププ。






ま、そんな訳で早速新酒&新入荷の日本酒ご紹介!!!!。





先ずは、例年通り入りました!飛露喜の新酒。
って言っても、入荷自体は先週だったんですがね・・・。

福島県河沼郡会津坂下町にある合資会社廣木酒蔵本店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、五百万石55%精米特別純米“かすみ酒”初しぼりふな口本生


裏ラベル


呑んでみました。

甘くて軽やかな香り。新酒らしく酸はシッカリとしている。口に含むと、緊張感のある味わいが口の中で程良く広がる。それは香りと酸とキッチリと一体化している。甘味はまだ控え目だが懐は深い。中々いい仕上がり。


☆3.89!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Hiroki:Hiroki Head Brewery Joint-stock company>
3574,Ichinaka2banko,Aizubange-machi,Kawanuma-gun,Fukushima,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: This scent has lightness and sweetness. The acid is tightly just like young sake. Including wine to mouth, and the taste with tension is spread in your mouth. That is integrated with acid and smell. Sweetness is understated yet, but taste is deep. Finished in a good taste.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は鳳凰美田新酒第二弾!!!!、碧版(あおばん)。

栃木県小山市卒島にある小林酒造株式会社さんの日本酒。
今回ご紹介するのは、美田地区産若水米55%精米純米吟醸無濾過本生原酒“碧版”限定品、年一回販売!!!


裏ラベル


呑んでみました。

甘く爽やかな香り。勿論酸はシッカリと存在している。先に出た新酒もそうだが、この時点でそんなに旨味は出ていない。ま、その新酒も今ではシッカリとした味わいを持っているので、そんなに心配はいらない。今はこの酒が花開くのを待つのみ。キレはシッカリあるよ〜。




☆3.89!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Hououbiden:Kobayashi Brewery Co., Ltd.>
743,Soshima,Oyama-shi,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way: Sweet and refreshing scent. Of course acids are present firmly. This sake is still not enough flavor at this point. But soon it comes out flavor, do not worry. Now just wait for flowering of this wine. Sharpness is secure.
------------------------------------------------------------------






















そんで以て、3本目ェwwwwwwwwwww。

3本目は、久々の登場、流輝。これで<るか>と読みます。

群馬県藤岡市にある松尾酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、兵庫県産山田錦40%精米純米大吟醸袋吊り斗瓶取り生詰“見習い杜氏 松原広幸”


裏ラベル


呑んでみました。

香りは穏やかだが、酸はかなり存在感がある。そのせいか、全体的に辛くスパイシー。味の広がりも適度で、しっかりとした輪郭を持っている。喉越しはスムーズで軽快に且つ手応えを感じながら呑むことが出来る。








☆3.76!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Ruka:Matsuo brewery Co.,Ltd.>
180,Fujioka-otsu,Fujioka-shi,Gunma,japan

*My evaluation (five point full marks):3.76point

*Expression of this sake of my own way: Scent is mild,but acids have a significant presence. Perhaps because of that,i feels spicy overall. Taste spreads as good as,and it has a firmly outline. Across the throat is light and smooth. I can drink feeling the feedback.
------------------------------------------------------------------























そんな訳で今週は新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年11月18日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十二 ( ´;皿;`) カンドーシタ。

木ノ葉もスッカリ色付いて紅葉真っ盛り。燃ゆる景色をおつまみに新酒に舌鼓といきましょうか!須弥山









こんにちわ〜、須弥山主人米納です。






夏の不摂生のお陰の“ポニョ”体型を改善すべく初秋に宣言してはみたものの、“食欲の秋”にダイエットを敢行するなんざ、そもそも無理な話で、一向に減らない体重に頭を悩ませている今日この頃。

ただ、店で食べるお昼の賄いで、白米を食べるのは止めています。
饂飩なり蕎麦なり、ほぼ麺物が出るので、炭水化物×炭水化物避けるべくご飯のほうを我慢してる次第でございます。

ですから、増えるの抑えているといった感じでしょうか。ポジティブシンキング(^ν^)b。


ってな訳で、美味しい日本酒ご紹介しまっせ〜。







先ずは「また〜!!」とか言わないで!!、の而今

三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回入荷してきたのは、山形県産酒未来50%精米自社9号酵母使用“純米吟醸酒未来”火入れ

最初は“黒ラベル”かと思ったのですが、よーく見ると“濃紺ラベル”なんですね!!。オッサレイ!!!!。

裏ラベル!!。


そんでもって、上から〜。・・・・・・・・・・・・(´・ω・`)?。


ENKIN!!。


呑んでみました。


香りは而今らしい甘くも軽快で抜けが良い香り。火入れしてあるためか、酸はほとんど感じられない。味わいは、甘味が充分出ていて懐に深さを出している。ただ、その味わいは決して出しゃばることは無い。口の中で広がった味わいは優しく潔く消えて行く。今年呑んだ“酒未来”では一番かな。




☆3.79!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewing Joint-stock company>
314-1,Hon-machi,Nabari-shi,Mie,japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way:




------------------------------------------------------------------


















心霊マサ・・・・・・。




心霊マサA・・・・・。











次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は、今年お気に入りの銘柄の一つ賀儀屋

これももう酒魂日記ではお馴染みの銘柄ですね〜。

愛媛県西条市周布にある成龍酒蔵株式会社さんの日本酒。



何と、今回ご紹介するのは、“イケメン爽やか”蔵元自らご来店いただき案内して下さった超限定酒

愛媛県産しずく媛45%精米(純米大吟醸で使用)・松山三井50%精米(純米吟醸で使用)のブレンド酒、無濾過“袋吊り斗瓶囲いおりがらみ”純米吟醸生原酒


左側〜。


右側〜。


裏ラベル〜。


ENKIN!!。


呑んでみました。


香りはきちんと輪郭があって存在感がある。シッカリとした酸がいつもの賀儀屋とちょっと違う。しかし、酸に包まれた旨味はハッキリと存在していて味わいの全体像に奥行きをもたせとてもいいバランスを構築している。松山三井特有の硬さも味のキレをきちんと演出している。バランス良し。“番外”といえど、主張は王道。

首藤さんが言うには、賀儀屋はきちんと味ののった酒をリリースする、だからフレッシュさを持ったこの酒は当に“番外”なのだそうだ。





☆3.89!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kagiya:Seiryu brewery Co,. Ltd.>
1301-1,Shu,Saijyo-shi,Ehime,japan

*My evaluation (five point full marks):3.89point

*Expression of this sake of my own way:




------------------------------------------------------------------














































そんな訳で今週は新入荷2本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年11月11日(金) 11:11

日本酒のススメ〜其の百十一 ( ´∀` )bグッ!。

秋の夜長は日本酒でも呑んでユルリと過ごしてみては如何ですか〜須弥山

こんにちわ〜、須弥山主人米納です。





今日天気予報で言ってたのですが、年内一杯、今ほどの陽気が続くそうです。
何か年内雪が降るってのは、東京に於いてはもうありえないんですね。
当然、ホワイトクリスマスなるロマンチックなことは到底叶いそうもありません。あ、

つうか、その日は仕事だったわ・・・・・。


ま、仕事後にでも“メリークリスマス俺!!”でもやろうかな〜、ってね。(←悲しすぎる〜)

そんな40越えたオッちゃんのボヤキはさておいて、今週も頑張って日本酒ご紹介しまっせェ〜。





先ずは大江山

丁度去年の今頃、東京で開催された“石川県の酒の会”で出品酒を気に入り、お付き合いさせて頂いた酒蔵さんです。

今年もその会に行ってきて、味見してよかったのがこの純米。
ラベルもクラッシックな感じでかっこいいですね!。

石川県鳳珠郡能登町にある松波酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、兵庫県産山田錦(使用率70%)石川県産五百万石(30%)50%精米純米酒


裏ラベル


呑んでみました。



香りはおとなしい。口に含むと、舌でというより顎の辺りで感じる酸が印象的。甘味は抑えられていて淡麗という言葉が当てはまる。味わいはマイルドで奥行きはシッカリとあるので呑み飽きることは無い。須弥山には無いタイプの日本酒。









☆3.66!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Oeyama:Matsunami brewery Co.,Ltd.>
114,Matsunami30,Noto-chou,Housu-gun,Ishikawa,japan

*My evaluation (Five point full marks):3.66point

*Expression of this sake of my own way:Suppressed scent. Drinking the sake, i feel acid that feel on tongue rather than on jaw. And that is impressive. Sweetness was suppressed. It is very dry. The taste is mild and that has depth firmly. That is not tired of drinking. This sake is rare type in my tavern.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は、五凛

そうです、石川県を代表する銘酒“天狗舞”の別ライン。

石川県白山市にある株式会社車多酒造さんの日本酒。

八代目蔵元である車多一成専務が立ち上げた銘柄です。
そして<五凛>の名前の由来は
“蔵元・杜氏・酒販店・飲食店・お客様の<五者>が常に<凛>とした関係であり、<凛>として酒を楽しんで頂けるように” という思いを込め付けられたそうです。

今回ご紹介するのは兵庫県特A地区産山田錦60%精米純米火入れ


裏ラベル


呑んでみました。



繊細で上品な香りが仄かに香る。酸は低めで穏やか。味わいはとてもタイトだが、しっかりと緊張感をもっている。甘味も極力抑えられて必要最小限。余韻も無く、これはこれでスイスイ何杯でも呑めてしまう。ある意味危ない酒(笑)。でも実際一本釣り率高し。




☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Gorin:Shata brewery Co.,Ltd.>
60-1,Boumaru-machi,Hakusan-shi,Ishikawa,japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point

*Expression of this sake of my own way:The faint fragrance is delicate and elegant scent. This acid is less and calm. Taste is very tight, and that has tension securely. The sweetness of the sake has been suppressed well. Reverberation is nothing, i can drink very well this sake. This sake is dangerous in one sense. But in fact, people often refills this sake.
------------------------------------------------------------------























最後、3本目ェwwwwwwwwwww。

これはお初の銘柄、笑四季

これで<えみしき>と読みます。

初登場だにちょっくら調べてくるけんε=ε=ε=┌(´・ω・`)┘エッホエッホ。


酒魂日記一口メモ 〜笑四季酒造株式会社

創業明治25年。

製造能力とポリシー
<原料米>
地元篤農家と協働契約を行い、良質の酒造好適米の安定確保に取り組んでおります。

<水>
仕込み水には当家蔵清水(超軟水井水)を精密ろ過した物を使用しています。

<仕込み>
仕込みタンクには冷水ジャケットを完備し温度管理では万全の体制をとっています。
ロット管理は管理のしやすさと酒質設計を考慮し、400〜910Kの仕込みが8割、レギュラー酒は味の幅を考え1500Kの仕込を行っています。

<熟成の妙>
清酒はいかに工業製品と云えども森羅万象を如実に表します。
上撰、純米酒などはお酒を搾った後火入れ貯蔵に入るまでの期間(生酒期間)を従来より大幅にとります。そうすることで搾りたての鮮烈な香気は薄れますが、落ち着いた馥郁たる香味とやわらかな甘味が付与され、味の幅が出てくるようになり、お燗との相性も抜群になります。
コレクションラインナップでは火入を早くし、特徴である香りの劣化を極力防ぎます。 

<全量びん囲い熟成>
お酒の品質管理の極みは旬(一番美味しいタイミング)の期間をできるだけ長く保つことにあると我々は考えます。
火入後の酒質へのダメージを極力少なくしお酒の美味しさを閉じ込めるため、生酒においては管理を容易にするため、一部商品を除き普通酒から大吟醸まで一貫して瓶詰め貯蔵方式を採用しています。熟成後の製品を想像しながらの作業となりますから特に神経を使います。

当社では生酒は0℃以下、特定名称酒は5℃以下もしくは14℃以下の冷温庫、普通酒は25℃以下の常温庫にてそれぞれ貯蔵しています。

<笑四季の名の由来>
当社の基幹となるブランド名「笑四季」は創業2代目、竹島仙治郎により命名されました。
酒は人生を楽しく暮らすときの糧となり、人と人とを絆ぐ潤滑剤の役目を担う。四季折々、日々笑って過ごせるようにとの願いからと言い伝えられています。また、口に含んだ時に思わず笑みがこぼれるような美酒を醸す意気込みを表します。
近年では、一年中笑いの絶えない明るい家庭を願うものとも解釈され、夫婦円満の象徴ともされています。

とのこと。
笑四季酒造株式会社HPより(http://www.emishiki.com/)

今は若い竹島充修氏(32才)が杜氏として蔵代表として酒造・営業に奔走しているようです。確かにHPの作りも今風で発信先は世界中!、的な若い感覚で満載です。

今回ご紹介するのは滋賀県信楽町産山田錦60%精米東京農業大シャクナゲ株ブレンド酵母使用赤ラベル純米吟醸垂口直汲無濾過生原酒“アンタイド2”

ア、アンタイド!?。何のこっちゃ!?。
調べっか!! 。

酒魂日記一口メモ 〜アンタイド2

“アンタイド”とはタイドアップの反対でネクタイを付けないカジュアルスタイルのこと。
ネクタイがない分、胸元のお洒落には気合が入ります。

笑四季「UNTIED」は当社のラインナップの中では比較的手頃でカジュアル。またuntied には「縛られない」という意味もあり、既存の価値観に縛られないという気持ちも込められています。

流行のテイストを随所に取り入れた最先端の醸造プログラムを用い、遊び心満点。しかしながら原料の選択から貯蔵管理にいたるまで一切の妥協をせず造り込んでおり、非常にコストパフォーマンスも秀逸です。

とのこと。

更に、“アンタイド2”の“2”とは?。
70%精白のファーストシリーズの続編となるSTAGE 2 〜、の“2”とのこと。
とのこと。

OSなどのヴァージョンアップと同じ意味なのでしょう。“アンタイド 2.0”みたいな。あ、でも近々に表記変わるような気配が・・・・・。

しっかしどこまでも徹底的な蔵元ですね!(笑)。


裏ラベル


呑んでみました。



奥行きのある甘い香り。先に紹介した2本と違って酸はしっかりと確立されてる。口に含むと味わいが口中を旨味で満たします。十分に広がった味わいは、途端に消えていきます。余韻も楽しめて中々いい仕上がり。








☆3.79!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Emisiki:Emisiki brewery Joint-stock company>
1-7-8,Honma-chi,Minakuchi-chou,Kouka-shi,Shiga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way:This scent has depth and sweetness. Unlike the two previously introduced, the acid I is firmly established. Mouth is filled with flavor. Fully spread taste is disappear soon. We can enjoy a good afterglow,so this sake is good finished.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週も新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(4)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年11月4日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百十 v(´∀`*v)ピース。

いよいよもって11月。今年も残すところ後2ヶ月。色んな事が有り過ぎて、いろんな事が有り過ぎた一年でした。更には、残りの2ヶ月でもっと凄いことが起きそうな予感も・・・・。何事も無く無事に一年を終えて、新しい年を迎えたいものです。後2ヶ月頑張って粋ましょう!!須弥山




こんにちわ〜、須弥山主人米納です。




最近日に日に気温が下がってきて、冬の足音がようやく聞こえてきた気がします。

私の相棒、半袖&短パンはその役目を終え、また来年の出番を待つべく静かな眠りにつくのでした。

こうなったら早く雪でも降らないかな〜、なんて気持ちが先走って仕舞います。


ま、他愛もない話は辞めてチャッチャッと日本酒のご紹介しちゃいましょ!!。






先ずは、ゆきの美人

これで<ゆきのびじん>と読みます。

秋田県秋田市楢山登町(ならやまのぼりまち)にある秋田醸造株式会社さんの日本酒

酒魂日記2回目の登場ですね!。

今回ご紹介するのは、山田錦(麹米:使用率20%)・あきた酒こまち(掛米:使用率80%)60%精米純米酒“秋仕込み一号搾り”


裏ラベル。



呑んでみました。

香りは甘く奥行きがある。口に含むと細かい酸味が口中に広がり新酒らしい初々しい印象を与える。比較的甘味は少なめ。しかし味わいのシルエットはしっかりある。新酒ということを考慮してももう少し甘味が欲しいところ。




☆3.33!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Yukino-bijin: brewing Co.,Ltd.>
5-2,Narayamanobori-machi,Akita-shi,Akita,japan

*My evaluation (five point full marks):3.33point

*Expression of this sake of my own way: The scent of this sake has sweetness and depth. Drinking this wine, fine acidity spreads in mouth. It gives the impression just like new sake. Sweetness is modest relatively. Silhouette of the taste exists firmly. I also want a little sweetness to consider that the new sake.
------------------------------------------------------------------

















次イ〜、2本目ェ〜。

2本目は豊香

長野県岡谷市本町にある株式会社豊島屋さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、トヨニシキ70%精米純米酒“秋あがり別囲い純米生一本”


裏ラベル。

呑んでみました。


香りは華やかで色っぽい。細かい酸がありながら、奥行きと甘味のある味のお陰で呑みごたえは充分。キレもあってシッカリと向かい合って呑める酒に仕上がっています。




☆3.69!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Houka:Toshimaya Ltd.>
3-9-1,Hon-chou,Okaya-shi,Nagano,japan

*My evaluation (five point full marks):3.69point

*Expression of this sake of my own way:Glamorous and sexy fragrance. There is fine acid. But thanks to sweet and depth of this taste, this sake finished in excellent condition. This wine has sharpness, we drink this wine firmly.
------------------------------------------------------------------























最後、3本目ェwwwwwwwwwww。

最後は而今

もうかなり食傷気味の紹介率、ですかね?。

でも、ガシガシ紹介しまする。

今回紹介するのは、広島県産八反錦55%精米自社9号酵母使用の純米吟醸八反錦“火入れ”


裏ラベル。


呑んでみました。




先ずは林檎のような爽やかさをもった香りがかおる。シッカリとした酸と舌の上でトロリと纏わり付く舌触り。両者のバランスが相まってとても表情豊かな味わいを演出している。懐の深い味わいは心地よい余韻を残して、躊躇なく消えていく。而今らしい1本に仕上がっています。






☆3.88!!!!。








-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kiyashou brewery Joint-stock company>
314-1,Hon-chou,Nabari-shi,Mie,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point

*Expression of this sake of my own way: First, a refreshing scent smell like apples. Firmly acid and supple texture. The two elements are combined, produce a taste that is very expressive. The deep flavor disappear without hesitation while leaving a pleasant afterglow. This sake is finishing just like Jikon.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週も新入荷3本、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2011年10月の記事   |  << prev   |  Top   |  2011年12月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ