須弥山ブログ 酒魂日記

2011年10月の記事

<< 2011年09月の記事   |  << prev   |  Top   |  2011年11月の記事 >>

2011年10月28日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百九 ( ノ≧Д≦)ノ ヨッ!、ナリタヤ!!。

新酒が出始め、ついついワクワクな日々の今日この頃、夏の不摂生で可愛らしくなった身体を逞しくするべく邁進して参りまする須弥山



こんにちわ〜、須弥山“ポニョ”米納です。



もう今月も終わり。今年も後残すところ2ヶ月あまり。
新酒も出始め、何だか一足早く年末年始な気分にチョコーリ浸っております。

日本酒業界においては、今年の終わり、と言うよりは仕込の始まりということで、どちらかと言うと仕込へ向けての引き締まる気持ちが一杯でいることでしょう。

無事に仕込が終わることを心よりお祈り申し上げております。



では、今週も新入荷の日本酒ご紹介します。


先ずは、鳳凰美田

もう言うには及ばない銘醸蔵の一つですね!!。

栃木県小山市にある小林酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、早速新酒。

五百万石55%精米純米吟醸無濾過“かすみ酒”しぼりたて新酒〜。


裏ラベル


呑んでみました。

涌涌涌涌(*´∀`*)。



香りは軽やかで華やか。
新酒らしく酸はシッカリというよりフレッシュな印象。口に含むと輪郭のハッキリした味わいが印象的。奥行きはあるが、味自体はタイト。欲を言うと甘味がもう少し欲しい。キレはバツのグン!!!。




☆3.39!!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Hououbbiden:Kobayashi brewery Co.,Ltd.>
743,Soshima,Oyama-shi,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.39point

*Expression of this sake of my own way: This scent is light and brilliant. This acid's impression is fresh rather than solid. It just new sake. Once drinking the sake,i feel clear-cut outline of the taste. Taste of the sake is tight but deep. When it wishes for more, I want sweet taste to a slight degree. Sharpness is outstanding.
------------------------------------------------------------------










2本目は、これはお初の日本酒、百春

これで<ひゃくしゅん>と読みます。

岐阜県美濃市相生町にある株式会社小坂酒造場さんの日本酒。


初めてなので、ちょっくら調べてみましょう。

酒魂日記一口メモ 〜株式会社小坂酒造場

創業は1772年(安永元年)、江戸時代から続く老舗である。

美濃市の中心部には古い町並みが残り、立派な「うだつ」がかつての繁栄をしのばせる。

そのなかにあって、小坂家は国指定重要文化財になっている造り酒屋である。その重厚な建物は国指定の重要文化財に指定され、三本のうだつが上がる起こり屋根がとても美しい。

仕込み水は、云わずと知れた長良川の伏流水。水の綺麗さはぴか一、鮎の魚影の濃いこともそれを物語っている。

酒造りには、岩手県北上市から南部杜氏が代々やってくる。

酒米は、山田錦、美山錦、五百万石、雄町などの酒米を使用。また、地元産の美濃錦を使い、「さんやほう」という純米酒を10年前より醸造。

因みに、酒名の<百春>は、口にした人が、“百たびの春を迎えられるように・・・”、そんな想いから「百春」の銘柄が誕生したという。

また、ラベルにも使われている<百春>の書体は、川端龍子(かわばたりゅうし:戦前の日本画家)による揮毫。川端龍子は、百春のまろやかな味わいと、百年の春を迎えるという春を呼ぶ清き酒の名前を大変気に入り、この書を小坂酒造場に贈られたそう。

======================================================================

とのこと。(インターネット関連情報)

えらく由緒正しきお家柄。

で、今回ご紹介するのは、そんな百春のラインナップの中から、兵庫県産山田錦50%精米(麹米)富山県産五百万石50%精米(掛米)使用の純米吟醸原酒


裏ラベル。


呑んでみました。



香りは華やか。酸は細かく味の表面にはシッカリした緊張感がある。甘味は9部咲きでもう一歩といったところ。奥行きはあるので甘味が出てくれば頗る良い感じに。キレはちゃんとあるので呑み応えはある。







☆3.79!!!!。











-----------------------------------------------------------------
<Hyakushun: Kosaka brewery Co., Ltd.>
2267,Aioi-chou,Mino-shi,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks):3.79point

*Expression of this sake of my own way:Gorgeous fragrance. Acid is fine and the surface of taste has firmly nervousness. Sweetness is still immature just like Jiufen bloom. This sake will become delicious if sweet taste comes out. This wine has fine sharpness so drinker has not tired of drinking.
------------------------------------------------------------------





















そして最後、最近積極的に取り扱わせてもらってる月山

これで<がっさん>と読みます。

何度も言いますが、“島根の月山”です。

今回ご紹介するのは五百万石60%精米特別純米“出雲”

この日本酒自体は既にリリースされていたのですが、最近グッと色っぽくなってきたので今回ご紹介する運びとなりました。


ちょい上から・・・・。


向かって左から・・・・・。


向かって右から・・・・・。



そして裏ラベル。


呑んでみました。






林檎のような爽やかな香り、そして細やかな酸味が第一印象。五百万石らしい味の張りと硬さ。奥行きもシッカリあって味のシルエットを構築している。勿論キレもあってテンポよく呑めてしまう。純米でこのクオリティは中々なもの。





☆3.99!!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Gassan:Yoshida brewery Co.,Ltd.>
1216,Hirose,Hirose-chou,Yasuki-shi,Shimane,japan

*My evaluation (five point full marks):3.99point

*Expression of this sake of my own way:Refreshing scent just like apple and first impressions is fine acidity. This sake has tension and hardness just like Gohyakumangoku that is sake-rice. This taste has firmly depth and those build the taste. Thanks to sharpness the sake is drunk smoothly. This sake is high quality even though low price.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週も新入荷2本+新酒、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(10)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年10月21日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百八 (´・∀・` )アラマァ!?。

前回はだいぶ頑張って紹介しちゃったな〜。お陰で今回は少なめの紹介になっちゃうけど、ま、仕方ないか!!。と割りきっての今回の酒魂日記須弥山






こんにちわ〜、須弥山主米納です。






いよいよ蔵元さんから「仕込が始まりました!!」、的なお話が聞こえ始めてきました。私が造るわけではないのに、何か緊張したり、ワクワクしたり。ちょっと身の引き締まる思いです。

これから、ざっと7〜8ヶ月近く、過酷な仕込が続きます。

月を追うごとにその過酷さは厳しさを増す一方です。

そんな中で日本酒は生命を与えられこの世に誕生するのです。

ぜひ胸をときめかせてそんな美酒との出会を待とうではありませんか!!!。






あ、そう行ってる側から、早くも新酒一番乗りが入荷しました。勿論毎年そうですが<獺祭・純米大吟醸48 寒造早槽>



このお酒は山田錦を使った50%精白の純米大吟醸をベースに、同じく39%精白の山田錦を使った純米大吟醸を8対2でブレンドしています。純米大吟醸50のしぼりたての爽やかさに磨き三割九分の華やかさを加味した純米大吟醸のしぼりたてです。

とのこと。

呑んでみました。


お〜、華やかで軽快な香り。優しいけどしっかり存在している酸。味もきちんと旨味を持っている。でも、それは軽やかで、舌の上を滑らかに滑り流れる。喉越しも清々しく、余韻もしつこくなく、味のキレもいい。

本年度の造りを期待させる仕上がり。



☆4.22!!!!。


こーゆー日本酒が新酒で出てくると、やはりワクワクせずにはいられません!!(*´∀`*)ポワワ。













それでは紹介、いってみお〜!!!!!!!。.




先ずは、雪の茅舎

これで<ゆきのぼうしゃ>と読みます。

そうです、改めて紹介する必要のない銘柄ですね。

秋田県由利本荘市にある株式会社斎彌酒造店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、山田錦・秋田酒こまち55%精米純米吟醸“ひややおろし”







呑んでみました。

香りは穏やか。酸はしっかりあるが細かく柔らかい。口当たりのマイルドな味わいが酸と一緒に口に広がります。甘味は控えめながらとてもバランスが良いので呑んでいて飽きることはない。キレもさり気なくて落ち着いて呑める。







☆3.95!!!!。











-----------------------------------------------------------------
<Yukinobousha:Saiya Sake Brewery Co. Store>
53,Ishiwaki(ishiwaki),Yurihonjo-shi,Akita,japan

*My evaluation (five point full marks):3.95point

*Expression of this sake of my own way:Mild scent. The sake has a small soft acid firmly. The mild taste is spread with acid in mouth. Sweetness of the sake is modest. but the sake has good balance,so drinking sake will not get bored. You can drink casually crisp calm.
------------------------------------------------------------------
























そして2本目エエエエエエエエ!!!!!。


2本目は、これも酒魂日記大常連の日本酒、鳳凰美田


これで<ほうおうびでん>と読みます。


栃木県小山市卒島にある小林酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、愛山米60%精米山廃特別純米“無濾過本生”


折角なんで“鳳凰”全面!!!!。




裏ラベル。


呑んでみました。

最初の印象では、美田にしては香りが控えめ。酸も穏やかながら、味の表面にはシッカリとした緊張感がある。酒の温度が上がると何とも爽やかな甘味を伴った香りが開花する。キレも穏やかで、じっくりとユルリと呑むにはいいんじゃないですか。




☆4.12!!!!。


















-----------------------------------------------------------------
<Hououbbiden:Kobayashi brewery Co.,Ltd.>
743,Soshima,Oyama-shi,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):4.12point

*Expression of this sake of my own way:Then it Biden is a modest Biden's scent. That is first impression. The mild acid. The surface tension of the taste is robust. Temperature of this sake rises and the scent of sake is flowering with fresh sweetness. To drink slowly spend time is a good sake.
------------------------------------------------------------------






















そんな訳で今週は少な目に2本+新酒、ご紹介しました。

また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年10月14日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の百七 ( `・∀・´)ノヨロシク。

新商品大量入荷!!須弥山




こんにちは〜、須弥山主人米納です。

今回は、恐らく過去最高本数(といっても6本ですが)のご紹介なので、前置き抜きでとっとと始めちゃいましょう。


先ずは、もう説明の必要は全く無い新政

ただ、今回は山ユではなく、本来の新政のほうのご紹介。

と言っても、造っているのは専務の祐輔氏なので、全く別物ということではありません。もっと言うと、いよいよ“祐輔色の濃く出ている新政”、と言える1本です。

今回ご紹介するのはあきた酒こまち85%精米六号酵母使用の新政“ECO純米85%”

“削らないでもおいしいお酒!地球と財布に優しいECO純米”とのことです。
“eco純米”。なるほど祐輔氏らしいですね(笑)。




裏ラベル。


呑んでみました。

甘味があり奥行きのある香り、そしてシッカリとした酸。山ユらしいアタック。口に含むと味わいが酸を伴って程良く口中に広がる。米の旨味が充分表現されてる。低精白の割には味わいは軽快。でもきちんと呑み手を納得させてくれる。流石!!、の一言!!。








☆3.88!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Aramasa:Aramasa brewery Co., Ltd.>
6-2-35,Oomachi,Akita-shi,Akita,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point
*Expression of this sake of my own way: This scent has sweetness and depth. And firm acid. First good attack just like Yamayu. First drinking this wine,the taste of wine spread with acid well enough in the mouth. Taste of rice has been transformed into a sake tasting. Taste of This sake is light although this sake is the low-polished rice wine. But this sake convince drinker firmly. This sake drinker say “Truly”.
------------------------------------------------------------------


















2本目ェ〜。


これも何度もご紹介している松の寿
通称<まつこと>

栃木県塩谷郡塩谷町にある株式会社松井酒造店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、山田錦55%精米協会1801酵母+協会901酵母使用純米吟醸“無濾過生原酒”


裏ラベル


呑んでみました。

お〜、華やかで軽快な香り。バランスの取れた酸が味わいを優しく包み込む。そのせいか、口の中から喉越しまでがとてもリズミカル。勿論、米の旨味もシッカリしてて呑み手を満足させてくれる。






☆3.78!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Matunokotobuki: brewery shop Co., Ltd.>
3683,Funyu,Shioya-chou,Shioya-gun,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.78point
*Expression of this sake of my own way: Wow!,glamorous and nimble scent. A balanced acid wrapped that taste gently. Perhaps because the wine flows very rhythmically across the throat from the mouth. Of course, this well-flavored sake make satisfy to drinker.
------------------------------------------------------------------





















3本目!!!!っ。


3本目は黒牛。去年の9月のブログ以来の入荷ですね。
<http://www.shumisen1999.com/blog/date/2010/09.html>

文字通りこれで<くろうし>と読みます。


今回ご紹介するのは雄町60%精米純米酒無濾過生原酒


裏ラベル


呑んでみました。

奥行きのある甘い香り。口に含むと感じる力強い酸が印象的。実は味がかなりシッカリしているが、それにも増して酸の存在は大きい。あれ、よくよく裏ラベル見たら、<日本酒度−3>。
なるほど、甘口か。
ただやはり酸のお陰で決して味がダレることはない。面白いですね。これはこれで有り、の1本。






☆3.66!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kuroushi:Nate brewery shop Co., Ltd.>
846,Kuroe,Kainan-shi,Wakayama,japan

*My evaluation (five point full marks):3.66point
*Expression of this sake of my own way:Sweet Scent with depth. This wine is a strong acid is impressive. Fact, taste is firm,but the presence of acid is greater than that. I saw the label on the back carefully, <-3 degrees Sake> I and is specified. I saw the label on the back carefully. there is indication that sweet-type. But thanks to the acid taste that keeps the tension. This wine is sweet but has sharpness. Interesting.
------------------------------------------------------------------






















4本目ェwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。

4本目は大正の鶴。これで<たいしょうのつる>と読みます。

これも久々の登場ですね。

岡山県真庭市下呰部<シモアザエ>にある株式会社落<オチ>酒造場さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、備前朝日60%精米特別純米朝日無濾過生原酒“限定直汲み”


裏ラベル



呑んでみました。

香りは穏やか。酸は存在は大きいが、かと言ってしつこい訳でもない。うまい具合に味に纏わり付いて軽快な印象を与える。味の奥行きもしっかりあって呑みごたえも充分。
勿論、キレも申し分ない。






☆3.73!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Taishounotsuru:Ochi brewery Co., Ltd.>
664-4,Shimo-azae,Maniwa-shi,Okayama,japan

*My evaluation (five point full marks):3.73point
*Expression of this sake of my own way:The presence of acid is high. But it is never persistent acid. Acid of this wine gives impression that this wine is light. The taste of depth of this wine will satisfy the drinker. Of course, even perfect crisp.
------------------------------------------------------------------

























5本目えっ!!!!。

5本目は亀泉

これで<かめいずみ>と読みます。

この蔵の日本酒も何度かご紹介していますね〜。
今回は私の好きな“CEL亀”。

高知県土佐市にある亀泉酒造株式会社さんの日本酒。

八反錦50%精米CEL酵母使用の純米吟醸“原酒”

これは表ラベルに、データが全て手書きで書かれています。

呑んでみました。

お〜、CEL亀らしい、華やかな、甘味はあるが抜けの良い香り。データ上は日本酒度−8.0で酸度2.0と、一瞬呑むのを躊躇ってしまうような酒。しかしいざ呑んでみるとそのバランスに驚かされる。しっかり甘みを持った味に繊細な酸が伴ってメリハリのある味わいを演出している。ん〜、個性が安定していますね!。






☆4.0!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Kameizumi:Kameizumi brewery Co., Ltd.>
2123-1,Izuma,Tosa-shi,Kochi,japan

*My evaluation (five point full marks):4.0point
*Expression of this sake of my own way:Wow,glamorous and sweet scent!!. Looking the sake's data I would hesitate a moment to drink the wine. But once drinking the sake, i am amazed by balance of the sake taste. This sake has been directing a sharp taste by a delicate acid and firmly sweet taste. It is stable personality!.
------------------------------------------------------------------






















ラスト6本目エエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!。


取りを務めるのは七田

佐賀県小城市小城町にある天山酒蔵株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは雄町米75%精米純米“七割五分磨き”ひやおろし雄町

あ、そういえば、話逸れますが関西では“七”を<ひち>って言うんですってね〜。うちの仲井君が七時<しちじ>を毎回<ひちじ>というので問い詰めたら関西ではそー言うのだそーです。試しに他の関西出身者に聞いてみても、やはり同じでした。変なの〜。


裏ラベル。



呑んでみました。

香りは甘く華やか。酸もシッカリ存在するが、味わいが充分あるので、呑んだ時のバランスは上手く取れている。口の中ではきちんと旨味が開花し、そして口中に広がる。キレもあるのでモタつき感は無い。これも低精白の割には味わいに重たさがないな〜。






☆3.77!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Shichida:Tenzan brewery Co., Ltd.>
1520,Iwakura,Ogi-machi,Ogi-shi,Saga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.77point
*Expression of this sake of my own way:Gorgeous sweet scent. There are acid but firm flavor makes balanced taste of sake. In the mouth the flavor flowering well, and taste spread in the mouth. Because there is a quick crisp taste. That sake is low polish rice but comparatively light taste.
------------------------------------------------------------------























そんな訳で今週は日本酒、怒涛の6本ご紹介しました(ちかれた〜)。


んじゃ、また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年10月8日(土) 16:50

日本酒のススメ〜其の百六 (*´・ω・)(・ω・`*)ネー。

秋真っ盛り!!。神輿月間も無事終わり、いよいよ年末へまっしぐら!!。各蔵元もこれから迎える酒造りに向けて蔵の掃除に体力準備に!!須弥山








まだまだ日中こそ汗ばみますが(わしだけ!?)、朝夕はスッカリ肌寒くなり、秋の到来と言うより冬の到来を思わせる気がしてきます。

早くももう10月、今年は兎に角色々有りました。

東日本大震災に始まり、須弥山の改革、久しぶりの酒の会・・・・・・・。

ま、毎年そうなんですが、今になってみると@いう間だったな〜と。

一日、一週間、一月が兎に角早いっす!!、って前もこんな事言ってたな、とフト思い出しながら、大してネタも見つからないので早速日本酒のご紹介、いっちゃいましょう。

あ、そうそう先週、島根の“月山”吉田さんと佐賀の“七田”さんと一緒に@須弥山で呑んだのですが、いや〜、楽しい時間過ごさせて頂きました。

二人とも家業の蔵を継ぐべく日々邁進していながらも、そこは蔵元、酒が入るとそんなプレッシャーから解き放たれるのか、心底酒の席を楽しんでいる様が、日本酒を売っている私には何か考えさせられるものがありました。

日本酒造っている人は、やっぱり日本酒呑んでいる時が一番楽しいんだな〜と。

私も頑張らねばと痛感した次第です。


ではでは、日本酒のご紹介。




先ずは而今

いまさら次郎、されど三郎の銘柄。

三重県名張市本町にある木屋正酒蔵合資会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、冷おろしではないのですが、先日リリースされた岡山県産雄町50%精米自社9号酵母使用純米吟醸“雄町火入れ”


裏ラベル



<冷で呑んでみました>
香りは甘く酸はシッカリと存在している。味わいも、味の表面に緊張感を持ってて、更に奥行きがあって呑み応え充分である。キレも心地よくあるので決して呑み飽きしない。


☆3.88!!!!。



<燗付けてみました〜>
シルエットのシッカリしてた味わいが、ふんわりとし味の表面も柔らかくなったように感じられる。キレもそのまま健在なのでテンポよく呑めてしまう。


☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Jikon:Kinishou Brewing Joint Stock Company>
314-1,Honmachi,Nabari-shi,Mie,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
Aroma is sweet and acid are present as well. The taste has a tension on surface, and has depth. The result is a rewarding sake to drink. Sharpness of the sake is also comfortable, and drinking the sake is not bored.

*My evaluation (five point full marks):3.88point


<I tried to drink it warm sake>
Taste the sake became softer with increasing temperature. There is also plenty of sake flavor. Thanks to sharpness of the sake, i can drink good tempo.

*My evaluation (five point full marks):3.88point
------------------------------------------------------------------























で、2本目。



これは久々ですが何度も登場している小左衛門

岐阜県瑞浪市土岐町にある中島醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、信濃美山錦50%精米直汲純米吟醸“信濃美山錦”
あ、因みにこれも特に“冷やおろし”の明記はありませんね。


裏ラベル。


<冷で呑んでみました>
香りはシャープ。酸は力強いがそれに負けない深い味わいのお陰で、とてもバランスがとれている。旨味充分でキレもいい。小左衛門らしい1本。

☆3.88!!!!。



<燗付けてみました〜>
温めても全体的なシャープさは健在。味の輪郭はハッキリしており、味わいが厚みを増したぶん、よりダイナミックな印象に。勿論シッカリキレもあるので呑みきれは心地いい。


☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kozaemon:Nakajima Brewing Store Co., Ltd.>
7181-1,Toki-chou,Mizunami-shi,Gifu,japan

*Expression of this sake of my own way:
<I drink with cold sake>
Sharp fragrance. Strong acid. But thanks to strong taste,its sake has good balance. Enough taste and good sharpness. This sake is just one of Kozaemon.
*My evaluation (five point full marks):3.88point


<I tried to drink it warm sake>
Warmed the wine, that sharpness is alive and well. Outline of the taste of wine that is clear, now more dynamic impression for increased flavor. Good sharpness makes comfortable over the throat.

*My evaluation (five point full marks)3.88:point
------------------------------------------------------------------










今回は2種類、2通りの呑み方何れも“3.88POINT”。

これはつまり冷酒でも燗つけても、どちらでも充分美味しいということ。
どちらが勝ってるとかではなく、同じレベルで甲乙付け難い結果、ということです。ま、両者とも冷やおろしではないので、そういったことが言えるのかも、ですね。
面白い結果でした。












そんな訳で今週は2本、冷やおろしではないけれど冷・燗2パターンご紹介しました。


また来週!!ε=ε=ε=┌( ´・ω・`)┘エッホエッホ。



















それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)宜しくお願いしま〜す

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2011年09月の記事   |  << prev   |  Top   |  2011年11月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ