須弥山ブログ 酒魂日記

2011年05月の記事

<< 2011年04月の記事   |  << prev   |  Top   |  2011年06月の記事 >>

2011年5月26日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の八十七  v(´・∇ ・`)v〜

え、また新しく日本酒入荷したんだって!?須弥山



今週は何かジメジメシトシトとはっきりしない天気が続きましたが、夕日も出てるし、一先ず上がるかな〜、と思ってたら昨日ぐらいからまた天気が下り坂・・・・・・。今年の梅雨は長くなりそうですね。


九州地方は早くも梅雨入り。でもって、もう5月も終わり、と。
毎年同じこと言っていますが、月日が経つの早いっすね〜。

特に今年は未曾有の大震災があった為か、3月からが(喩が変ですが)鬼の様に早かったですね。


何故、年を取ると月日が経つのが早いんでしょうか?。謎です。





ってな訳で、一人謎めいていても性が無いので、新入荷の日本酒ご紹介!!。





先ずは、ここんとこ積極的に仕入れている松の寿
これで<まつこと>と呼んじゃってます。

栃木県塩谷郡塩屋町にある、株式会社松井酒造店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、松井蔵元杜氏が大分前にツイッターで呟いていた“山廃純米”。これ、待ってたんですよ〜。

五百万石65%精米Newデルタ酵母使用の“山廃純米”

“Newデルタ”んんんんんん!?。

ちょっくら調べてみましょう、っていうか松井さんに聞いてみました。

<酒魂日記一口メモ>
Newデルタ酵母

“ お世話になります(^O^)/Newデルタとは栃木県で開発した9号系の酵母のT-デルタを旭興渡邉が分離した泡無しバージョンです。酢酸イソアミル系の香りで良い酵母だと思います。ただウチで使うとトゲトゲしい酸が出るのが気になるので22BYはK901に変えて見ました。”
とのこと。(@matsunokotobuki by twitter)


で、ラベルがこちら。


呑んでみました。



ん!?・・・・・・・。
山廃の頭で呑むと、かなり期待を裏切られるくらい軽快な印象。全体的なイメージでいうと、味の上に爽やかな香りがのっている感じ。山廃らしい、ハッキリと輪郭を持った酸はバッチリあるので、季節柄軽やかに呑めてしまうかも・・・・・。





☆3.52!!!!。











-----------------------------------------------------------------
<Matsu-no-Kotobuki:Matsui Brewery Co., Ltd.>
3683,Funyu,Shioya-chou,Shioya-gun,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.52point

*Expression of this sake of my own way: Huh?. Impression of that sake is very light. Image of the sake is quite different to Yamahai type. And rather, the impression that the sake is like riding on a fresh tasting flavor. However,that sake has firmly acid,so will match the hot season.
-----------------------------------------------------------------









次にご紹介するのは中野BCさんの日本酒2種類。
蔵から届きたてホヤホヤでつ。

和歌山県海南市にある中野BC株式会社

この酒魂日記でも何度かご紹介していますね。

先ず1本目は紀伊国屋文左衛門
これで<きのくにやぶんざえもん>と読みます。
これは1月に当酒魂日記でご紹介した文左衛門の笹濁りバージョン。スペックは、同じです。山田錦(麹米使用割合21%)58%精米出羽燦々(掛米使用割合78%)65%精米9号酵母使用の純米“ささにごり”


呑んでみました。




香りは華やか。口に含むと口中が細かい酸味で満たされる。緊張感をもった旨味は爽やかにして軽やかに喉を通過し、潔く切れていく。十分な味わいを持って飲み手に満足感を与えるはずです。美味いッスね!!。






☆3.88!!!!。












-----------------------------------------------------------------
<Kinokuniya-bunnzaemon:Nakano Biochemical Creation Co., Ltd.>
758-45,Fujishiro,Kainan-shi,Wakayama,japan

*My evaluation (five point full marks):point3.88!!!!
*Expression of this sake of my own way:Gorgeous scent. The mouth is filled with fine acid and drank the sake. Tension with a taste of the sake will gracefully cut through the throat to a refreshing light. The sake should be satisfying enough in flavor with a heavy drinker. It is delicious!.
------------------------------------------------------------------







そして中野BCさんからの2本目は、超 超久

これで<ちょう ちょうきゅう>と読みます。

これも以前、というか大分前にご紹介していますね。

今回は、和歌山県産山田錦55%精米純米吟醸


呑んでみました。




香りは華やか。口に含むと軽めの酸を感じる。直ぐ様、マイルドな味わいが口の中に適度に膨らんで旨味で口を満たします。甘味も程良く適度で料理の脇役を全うしそう。




☆3.68!!!!。









-----------------------------------------------------------------
<Chou-Choukyu:Nakano Biochemical Creation Co., Ltd.>
758-45,Fujishiro,Kainan-shi,Wakayama,japan

*My evaluation (five point full marks):point3.68!!!
*Expression of this sake of my own way:The gentle fragrance. Drank the sake,the mouth is filled with fine acidity. The sake will fulfill a supporting role in the food also very good moderate sweetness.
------------------------------------------------------------------










そして最後が鶴齢
これで<かくれい>と読みます。

新潟県南魚沼市塩沢にある青木酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、平成22年度 全国新酒鑑評会出品酒
しかも、先週末発表された結果では、なんと金賞受賞!!!

おめでとうございます!!!。

山田錦48%精米G9酵母使用大吟醸


呑んでみました。




いや〜、先ずは美味しいの一言。
香りは、立ち香は穏やかながら、含み香は軽やかにパッと広がる。
そんで以て、間髪入れずに米の旨味が緊張感を持って広がる。艶のある味わい、必要以上でもなく足りない訳でもない味の奥行き。
流石!!。大吟醸なので値段は高めですが呑む価値“大”です。




☆4.55!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Kakurei:Aoki brewery Co., Ltd.>
1214,Shiozawa,Minami-uonuma-shi,Niigata,japan

*My evaluation (five point full marks):point4.55

*Expression of this sake of my own way:First,this sake is very delicious. The scent of sake is very peaceful. But the smell in the mouth feel is very elegant. The mouth is filled with a balanced flavor of tension. Glamorous taste. Neither in taste too much too little. Indeed!. Daiginjo price is very expensiv. But this sake is well worth drank.
------------------------------------------------------------------













今年も鑑評会の成績が発表されました。
須弥山で扱っている中では、阿部勘(阿部勘酒造店)、東北泉(高橋酒造店)、鶴齢(青木酒造)、遊穂(御姐酒造)、開運(土井酒造場)、宝剣(宝剣酒造)、賀茂金秀(金光酒造)、が金賞受賞。

勿論、金賞を取らなくても美味しい日本酒は沢山あります。
それに昨今、鑑評会自体の意義も一部疑問視されています。

でも、技術的な評価という点を考えると、単純に否定は出来ない。
その蔵の技術の粋を集めた結果であることも事実。

だから、私は金賞受賞を心から讃えたい。

心から“おめでとうございます”。

そして、本当にお疲れさまでした!!。

























それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!。


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年5月19日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の八十六 v(´・ω・`)v〜

日本酒入荷したよ〜須弥山



先日、大阪に行ってきたのですが、いや〜、先入観なのか事実なのか、ちょい怖い雰囲気持ってますよね〜。
もろに、みたいな人から、おばちゃんまで。
何か目でも合ったらシバカレルんじゃねーか!?的な。


お巡りさんでさえ、直ぐに発泡しそう!、みたいな(^_^;)。


でも、夜の店探してツイッターしてたら、大阪のフォロワーさんが行きつけのお店を紹介して下さって、それがすこぶる“ザ・大阪”を満喫できるお店で、とっても楽しく美味しい時間を過ごすことができました。

大阪の優しさに触れることができました。

かなり大阪が癖になりそうです(^艸^)プププププププ。

あ、因みにお店の名前は“kitchen和(ニコ)”という名前です。
大阪行った際は是非行ってみて下さ〜い。
<http://r.tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27001566/>





それでは今週も、おいち〜日本酒ご紹介しま〜す!!!!。




先ずは、またまた松の寿
これで<まつこと>とよんじゃいましょう。

栃木県塩谷市塩谷町にある株式会社松井酒造店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、雄町55%精米K1801とK901と二種類の酵母を使用純米吟醸“無濾過生原酒”



呑んでみました。




お〜、マツコトらしい軽めの香り。口に含むと、甘味を含みながら舌の上で味が軽やかに広がっていく。広がり具合も丁度いい。軽快な酸とともに味も綺麗に切れていく。




☆3.97!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Matsu-no-Kotobuki:Matsui Brewery Co., Ltd.>
3683,Funyu,Shioya-chou,Shioya-gun,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.97point
*Expression of this sake of my own way:Wow!,good scent.This sake smell like this sake. Including the wine and spreads the light taste on the tongue with a sweet flavor. Spreading the sake tasting is also just good. And the sake tastes pretty disappear with a light acid.
------------------------------------------------------------------










2本目にご紹介するのが天青
これで<てんせい>と読みます。


天青は久々のご紹介ですが、以前に何度かご紹介したことのある日本酒ですね。

実は、今回の大阪ナイトの時、Kitchen NICOさんでブツブツつぶやいていたら
、天青の五十嵐杜氏が加わってきて、どうやらNICOさんの店長をご存知のようで、意外なところで意外な方が意外な人とお知り合いなんだな〜、ツイッターって凄いな〜、と痛感した次第でやんす。

神奈川県茅ヶ崎市香川にある熊澤酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、山田錦50%精米純米吟醸“千峰(せんぼう)”

瓶が夏らしく涼しげですね〜。

呑んでみました。




香りは穏やか。味わいの印象はドライな感じ。そうはいっても、水っぽい訳ではないので、奥行きのある辛口好きには堪らんかも。やはり魚系と合わせたら本領発揮しそうです。



☆3.75!!!!。






-----------------------------------------------------------------
<Tensei:Kumazawa Brewery Co., Ltd.>
7-10-7,Kagawa,Chigasaki-shi,Kanagawa,japan

*My evaluation (five point full marks):3.75point
*Expression of this sake of my own way:The gentle fragrance. Taste impression of a dry feel. Nevertheless,rewarding drinking sake convinces the dry type sake lovers,because this sake is not a watery taste. This is suitable for fish-based dishes.
------------------------------------------------------------------







そんでもって3本目え〜。


三本目は小左衛門。
これで<こざえもん>と読みます。

久々の登場ですね〜。

今年初めて・・・・・・・・・かな(汗)。

岐阜県瑞浪市土岐町にある中島醸造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは備前雄町55%精米純米吟醸酒


呑んでみました。




お〜、グラマラスな香りにボリューミーな味わい。口に含んで舌の上で体温を借りてパッと“味わい”という花が咲く様。でもって、キレもよく余韻も程よく残ってて心地いい。小左衛門の中でも逞しいほうでは。




☆3.82!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Matsu-no-Kotobuki:Matsui Brewery Co., Ltd.>
3683,Funyu,Shioya-chou,Shioya-gun,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.82point
*Expression of this sake of my own way:Wow!,glamorous fragrance and strong taste. Burst with flavor on the tongue, including the mouth this sake. You can enjoy sharpness of taste and you can enjoy afterglow.
------------------------------------------------------------------







ラスト4本目は、梅の宿
これで<うめのやど>と読みます。

ひっさびさのご紹介。

奈良県葛城市にある梅の宿酒造株式会社さんの日本酒。

夏向けの日本酒、山田錦50%精米純米吟醸“吟”季節限定生


呑んでみました。




甘い香りがほんのりと香る。口に含むと、酸を伴いながらもマイルドな口当たりの味わいが、しっりとした輪郭をもって広がる。味のキレも潔い!!!。




☆3.88!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Ume-no-yado:Umenoyado Brewery Co., Ltd.>
27,Higashimuro,Katsuragi-shi,Nara,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point
*Expression of this sake of my own way:This sake scent is sweet slightly.This sake has a mild taste that can feel the acid. However, flavor of this wine has the firmly contour of the taste. taste is sharp.
------------------------------------------------------------------















ようやく仕込みも終わり、鑑評会に自社酒を出品した蔵は、今週末に発表される結果をヤキモキしながら待ち、そうでない蔵は酒販店へと営業まわりへの準備にと、ちょいちょい落ち着かない日が続きます。
もう暫くですね。

でも、一先ず、心からお疲れ様でした<(_ _)>ペコリ。












それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!。


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年5月12日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の八十五 v(´・ω・`)v〜

新入荷日本酒須弥山


こんにちわ〜、須弥山主米納です。


いや〜、GWも終わり、皆さん遊び疲れているんじゃないですか〜?!(^_^;)。

私は、勿論ずっと営業していたのでGWも何もなかったのですが・・・・。

でも例年よりお客様の御来店多かったことを考えると、皆さんあまり出かけなかったのですかね?。

休みが長すぎて、中々、社会復帰が出来ない方のために、美味しい日本酒ご紹介して、労働意欲を湧かせましょう!!!。

そんなこんなで日本酒のご紹介。



先ずは、村祐
これで<むらゆう>と読みます。
もうお馴染みですね。ミスターストイック杜氏が造る日本酒。

新潟県新潟市秋葉区にある村祐酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、使用米不明精米歩合不明、の純米吟醸酒


呑んでみました。





酸味と若干甘めな味わいが上手く絡みあって、いいリズムで呑めそう。只、実はこの酸味が無いと味わいが甘ダレしてしまうかも。あと、口に含んで直ぐ感じる含み香も、ちょっと気になる。




☆3.55!!!!。





-----------------------------------------------------------------
<Murayu:Murayu Brewery Co., Ltd.>
1-1-1,Funato,Akiba-ku,Niigata-shi,Niigata,japan

*My evaluation (five point full marks):point3.55
*Expression of this sake of my own way:This sake is slightly sweet taste is well intertwined with the acidity. So you can rhythmically drank this sake. But if it will be without the acidity of this sake, this sake will be rough taste. One more point, I feel nervous about the smell in the mouth this sake.
------------------------------------------------------------------













2本目は、結人
これで<ぐんまのあっつあつのきょうだい>と読みます(゚∀゚)b。

あ、いや<むすびと>と読みます。

群馬県前橋市粕川町にある柳澤酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは早くも“夏のあらばしり”の登場。
毎年の定番酒ですね。

五百万石55%精米純米吟醸無濾過“夏のあらばしり”氷点下熟成


呑んでみました。




やっと結人らしくなったかな。味わいにいい具合に纏わり付く細かな酸味。しかし、シッカリと主張のある味わい。“夏のあらばしり”に相応しい味と酸味の融合。






☆3.89!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Musu-bito:Yanagisawa Brewery Co., Ltd.>
104-2,Fukazu,Kasukawa-machi,Maebashi-shi,Gunma,japan

*My evaluation (five point full marks):point3.89
*Expression of this sake of my own way:It finally became the Musubito taste. To prove that it has two elements. The first elements,flavor wrapped delicate acidity. The second element,the depth of good taste. Fusion was achieved in acid and flavor of this sake worthy of the subtitle. And the subtitle is "Arabashiri in summer".

Arabashiri:The first 1/3 or so of a batch of sake to come out of the press. Usually implies sake pressed with a fune, but can refer to machine pressed sake as well. (From "Sake Dictionary" by John Gauntner)


Currently, for the sake acidity has become a very important element.
------------------------------------------------------------------














ラスト3本目は前々回登場の房島屋

これで<ぼうじまや>と読みます。

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある所酒造合資会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、山田錦50%精米(麹米)五百万石50%精米(掛米)純米吟醸おりがらみ生


呑んでみました。





軽快な香りと共に、酸味と味わいが上手く絡み合い、テンポの良い喉越しをつくっていく。甘味控えめで、しかし、味の奥行きはきちんと満たされている。

“味わい”の山田錦、“骨格”の五百万石のなせる技か・・・・(って、ホントかよ!?)(^_^;)。





☆3.88!!!!。







-----------------------------------------------------------------
<Boujimaya:Tokoro Joint Stock Company>
537-1,Miwa,Ibigawa-chou,Ibi-gun,Gifu,japan

*My evaluation (five point full marks):point3.88
*Expression of this sake of my own way:This sake is well balanced flavors intertwined with a light scent and acid. The result is pleasing to achieve throat. Scent of this sake is modest. But the depth of flavor is well satisfied.
Taste of Yamada-nishiki, Gohyakuman-goku of frame.(Really?)
------------------------------------------------------------------









今週は、以上3本のご紹介。


これから、暑くなると日本酒の消費が減りますが、今年はそれを克服するべく、何かいい索がないかな〜、と模索中です。

何かいい案がありましたら是非ご提案下さいませ〜(^O^)b。












それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!。


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2011年5月6日(金) 16:50

日本酒のススメ〜其の八十四 (^∇^)b〜

バリ入荷!!、日本酒!!須弥山


こんにちわ〜、須弥山主米納です。

いよいよGWまっただ中!!!。

自粛ムードも一段落して、各自それぞれのGWを満喫しているようです。



今年はまだ半年も経っていないというのに、震災、原発、ビンラディン、とあまりにも激動の一年の相を呈しています。

これから半年は何事も無く穏やかに時が過ぎて欲しいものです。


では、今週もドバっと新入荷商品ご紹介しましょ!!。






先ずは、松の寿
これで<まつこと>って言っちゃいましょう。

酒魂日記常連組ですね。

栃木県塩谷郡塩谷町にある株式会社松井酒造店さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、とちぎ酒14号65%精米純米


呑んでみました。



穏やかな香りと酸味。口の中での広がりも丁度良く味わいもこれまたいいバランス。喉越しも清々しい。全てが程良いが、それが持つバランスはそれ以上でもそれ以下でもない。
これは呑んじゃいますね・・・。




☆3.99!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Matsu-no-Kotobuki:Matsui Brewery Co., Ltd.>
3683,Funyu,Shioya-chou,Shioya-gun,Tochigi,japan

*My evaluation (five point full marks):3.99point
*Expression of this sake of my own way:Acidity and scent of this sake is very peaceful. And this sake is just too good bulge in the mouth. This sake is a throat very refreshing. Balance of this sake has all the best.
This wine is addictive.
------------------------------------------------------------------














二本目は英君
これで<えいくん>と読みます。

静岡県清水区由比入山にある英君酒造株式会社さんの日本酒。

実はこの酒蔵さん、先日のカネセ商店さん同様、twitterで知り合ったのです(^∇^;)。

で、知り合いの酒屋さんに話ししたら興味をもってくれ、一先ず取引となった次第です。時代ですかね〜。

初めてのお蔵さんなのでちょっくら調べてみましょう。


<酒魂日記一口メモ>
〜英君酒造株式会社〜
明治14年創業。

夏の暑い盛り、旧国道1号線を折れ、由比川沿いの県道を車で5分ほど登ったところに蔵はあります。

道沿いの長い白壁と重厚な母屋が、その歴史を感じさせます。蔵のすぐ脇の入山親水公園の清冽な流れと、緑の山々との鮮やかなコントラストが、蔵の佇まいと共に印象に残っている。

この山間の地に蔵を構えて130年。日英修好通商条約が結ばれた年が創業だったこと、また徳川の英でた君主にちなんで「英君」という屋号が生まれたそうです。


歴史は浅そうですが、その濃さは中々な物。

しかも、自家製米にこだわって精米機を導入。侮れません。

今回ご紹介するのは、福井県産五百万石55%精米特別純米袋吊り“雫酒”


呑んでみました。




香りは軽快で華やか。全体的には落ち着いた雰囲気ながら、ちゃんと味も膨らみもある。喉越しも穏やかで余韻も楽しめる。意外とシッカリと向きあってくれる、いや、側にそっと寄り添ってくれてる日本酒。

ん〜美味しい日本酒です。




☆3.95!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Eikun:Eikun Brewery Co., Ltd.>
2152,Yuiiriyama,Shimizu-ku,Shimizu-shi,Shizuoka,japan

*My evaluation (five point full marks):3.95point
*Expression of this sake of my own way:This wine has light and bright scent. The overall impression of this sake is very calm. But the taste has firmly. This sake is mild throat. However, you can enjoy the finish. This sake is the name of supporting roles.

This sake is very good.
------------------------------------------------------------------













3本目エ〜、は賀儀屋
これで<かぎや>と読みます。

久々の登場ですね。

愛媛県西条市周布にある成龍酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、松山三井60&精米無濾過純米生原酒直汲み“番外編”

番外編!?。
裏ラベルにありました!!。
==================================================================
<賀儀屋 番外編>
その名の通り搾って間もないお酒を直に汲み取ったお酒の事です。
伊予賀儀屋ブランドは通常搾ってもすぐには出荷せず、味を落ち着かせる目的で、ある一定期間の熟成を促します。
お料理の邪魔をせず、飲み飽きしない伊予賀儀屋らしい味わいを求めて。
このお酒はそんな伊予賀儀屋の生まれたままの姿を知って頂きたいという蔵の想いから誕生した完全予約限定品です。
全て手作業で瓶詰めされた「直汲み生原酒」から始まる伊予賀儀屋、熟成向上へのストーリーを存分にお楽しみ下さい。
==================================================================


とのことです。


呑んでみました〜。




立ち香は大人しい。口に含むとジワリジワリと香りが口の中で立ってくる。
味わいは、甘味を抑えながらも、懐はシッカリあって、ちゃんとしたシルエットを持ちあわせている。

そうだ、新鰹と合わせてみたら・・・・・・・・涎が・・・・・。








☆3.88!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Kagi-ya:Seiryu Brewery Co., Ltd.>
1301-1,Shu,Saijyou-shi,Ehime,japan

*My evaluation (five point full marks):3.88point
*Expression of this sake of my own way:Rising fragrance from this wine is very calm. Including the mouth this wine and scent slowly. This wine tasting is a restrained sweetness and depth.
------------------------------------------------------------------















4本目!!!!!!!!!!っは、深山
これで<みやま>と読みます。

これも愛媛県!!。

愛媛県喜多郡内子町にある酒六(さかろく)酒造株式会社さんの日本酒。

これもお初蔵。

ちょっくら調べてみましょう。

<酒魂日記一口メモ>
〜酒六酒造株式会社〜
美酒・美味い酒には、酒造りに適した良質の水と米が要る。
平均標高50〜60メートル、肱川支流(伊予大洲)の小田川、中山川と麓川が合流する内子は、肥大な土地と、豊かな水に恵まれ、粒の揃った良い米を産する。

当蔵は、昭和16年に5軒のお酒屋が統合して、酒六酒造株式会社が誕生したもので、酒造高1,200石“京ひな”のネーミングにも象徴される様に、この地域を中心に京都仏教会との結び付きが強く、京の雅やかなイメージを取り入れて、“京ひな”と命名されたそうです。

京都仏教会!?、ななんと。
いろいろありますわな・・・・・・・。

今回ご紹介するのは、松山三井60%精米純米酒無濾過生原酒

呑んでみました。




これも香りは抑えめですね〜。
ただ、酸が若干高いのか全体的に辛口に感じ易いかも。でも、味わいの骨格はシッカリあるので、呑み手には十分満足感を与える。

松山三井ってお米は筋肉質な味わいを持ったお米なんですね。




☆3.85!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Kagi-ya:Seiryu Brewery Co., Ltd.>
1301-1,Shu,Saijyou-shi,Ehime,japan

*My evaluation (five point full marks):3.85point
*Expression of this sake of my own way:This sake scent is modest. I feel this sake dry because of high acidity. Contour of flavor of this wine is firmly. So it will give enough satisfaction to drinker. For the sake rice is rice that Matsuyama Mii sake tasting with a firm.
------------------------------------------------------------------



















ラスト5本目は、東鶴
これで<あずまつる>と読みます。

昨年に続き2回目の登場です!!。
待望の入荷です。

佐賀県多久市東多久町にある東鶴酒造株式会社さんの日本酒。

今回ご紹介するのは、待ちに待った新酒。
山田錦60%精米特別純米“荒走り”


呑んでみました。




お、軽快!!。
ただ、どうなんだろう、米が溶けなかったのかな、という印象の味わい。
きれいな酒としてはいいかもしれないが、これが本当に東鶴なのか・・・・。蔵元・杜氏自身が東鶴をまだ模索中かな・・・・。

あくまで、想像の領域ですが・・・・・。




☆3.45!!!!。




-----------------------------------------------------------------
<Aduma-turu:Adumatsuru Brewery Co., Ltd.>
3625-1,Befu,Higashi-Taku-machi,Taku-shi,Saga,japan

*My evaluation (five point full marks):3.45point
*Expression of this sake of my own way:What a light this sake will taste!. But I can not deny incomplete taste. This wine tasted very different from last year. The brewer is looking for a taste of their sake yet. It is only my expectation.
------------------------------------------------------------------















各蔵、長〜い酒造りを終え、一先ず一段落しているところです。
あとは、今月下旬に行われる<全国清酒鑑評会>の出品・結果を残すぐらいですね。

本当にお疲れさまでした。

ただ、休養もままならず、直ぐに県外への営業が始まります。

我々としては、お会いできるチャンスではあるのですが、やはり出張は身も心も休まることはありません。

あと、もう少し頑張ってくださ〜い!o(´∀`)o。











それでは今日も頑張ってましょう!!。













いらっしゃい!!。


















※ミクシィはじめました〜。「吉祥寺 須弥山」で検索!!。
 須弥山コミュニティー、どしどし参加下さ〜い。
更に“twitter”もやっているので皆さんfollow(@shumi1000)よろしくです。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2011年04月の記事   |  << prev   |  Top   |  2011年06月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ