須弥山ブログ 酒魂日記

2010年03月の記事

<< 2010年02月の記事   |  << prev   |  Top   |  2010年04月の記事 >>

2010年3月31日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十六〜 

新酒入荷!須弥山

こんにちわ〜、須弥山主米納です。

春も本番、桜の花もこの時を待っていたかのように一斉に咲き始め春を満喫しているかの様ですね、といいたいところですが、ここ何日かの冷え込みでちょいとブレーキがかかってしまってしまいましたね〜。

先週の土曜日に井の頭公園を一周してみたのですが、日当たりの良いところにパラパラと咲いているだけで9割方まだ蕾の状態でした。

といっても、桜の木の下には桜の花など全く見る気のない花見客(そもそも花が咲いていない!)が、ダウンを着込んで昼からガブガブ酒を呑んでいましたけどね〜(笑)。

ま今週末、来週末がピークでしょうね。

また吉祥寺の南口が許容量オーバーの花見客でごった返すことでしょう(爆)。


それにしても、今日で3月も最後。
明日から新たな一年の始まりですね。
なんか感慨深いものがあります。





では、気持ちを切り替えて日本酒のご紹介。
今日は西の日本酒を3本ばかし。





先ずは、
これで文字通り<みなみ>と読みます。

高知県安芸郡(有)南酒造場さんの日本酒。
愛媛県産の最高級米・松山三井(まつやまみい)50%精米純米吟醸“斗瓶どり”


呑んでみました。




お〜、グラスを近付けた途端に香る華やかな香り。
口に含んだ瞬間にフワッと広がる甘みを含んだ輪郭のハッキリした味わい。そして、味が最大に広がったかと思ったらシャボンのようにパッと消えてしまう潔さに、心地いい余韻。
ん〜、いい日本酒ですね〜。
美味しいです。


んんんんんんん、☆4.・・・・・・・・・・・・・19!!!。





そして、次にご紹介するのは、いよいよ入荷しました!一博初の純米吟醸酒。
これで<かずひろ>と読みます。
すでに何度かご紹介させてもらっている銘柄ですね。
滋賀県東近江市にある中澤酒造場の日本酒。
滋賀県産山田錦55%精米協会14号酵母使用の純米吟醸。


呑んでみました。

お〜、いい感じですね〜。
とてもとてもいい意味で変に垢抜けてなくて、作り手の人柄実直さがストレートに伝わってきます。
まだまだ、味わい的には100%ではありませんが、夏を超え残暑が厳しい辺りから本領を発揮する、そう感じさせる仕上がりですね。
だからと言って今が駄目なわけではありません。
勿論、今呑んでも、程よい味わいと仄かな奥行きのある香り。十分楽しめますよ。
日本酒は季節とともに変化するものだと思っております。
この酒は、直感で、そう感じさせる数少ない日本酒の一つだと思います。




☆4.25!!!!!!!!!!!!!!!!!!!。





最後にご紹介するのは、東洋美人
これで<とうようびじん>と読みます。
山口県萩市澄川酒造さんの日本酒。
以前、純米吟醸をご紹介しましたが、今日は大吟醸のご紹介。
今回は特別に、鑑評会出品酒用に仕込んだ山田錦40%精米(自家精米)の大吟醸と同じタンクの酒の入荷です。


呑んでみました。



おおおおおおおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜、美味しいいいいいいい!!!。
素直に美味しいッス!。
穏やかな香り。薄いわけでもなく濃いわけでもない絶妙なバランスの味わい

優しく且つ潔く消えて行く味わい。
何度も味を確認しながら、何度も納得してしまいます。


いや〜、やっぱ美味しい日本酒って、いいですね〜。
上等なワインなんかになんら引けをとりませんよ。
日本の食文化にも自然に融合しますしね。

皆さん、日本酒を、今一度呑んでみてはいかがでしょうか?。




東洋美人!、☆4.32!!。






今日は、いいお酒に出会えてしあわしだな〜。





では、今日も頑張ってましょう!!。






いらっしゃい!!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(1)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年3月25日(木) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十五〜 拳王降臨!!

新酒須弥山


こんにちわ〜、須弥山主米納です。


いやいや、桜の開花宣言がでたと思ったのに、いきなり寒さがぶり返しましたね〜。
ま、寒いの大好きな私には嬉しい限りですが(笑)。

ま、こういった気温の寒暖を繰り返しながら春へ一歩ずつ近づいて行くんですね。“三寒四温”とはよくいったものです。


それでは、今日は日本酒2本ご紹介。

先ずは、・・・・・・・・・・。
拳王!。
これで<けんおう>と読みます。
酒魂日記ご覧の方は、ピ〜ン!ときたと思いますが、そう、あの数々の公認コラボ酒を世に送り出している、山梨県大月市にある笹一酒造さんの日本酒。
実は、この拳王は、バルタン星人やど根性ガエルよりも先に発売されていた商品になります。

<酒魂一口メモ>『拳王』
:北斗の長兄で北斗神拳継承者候補の一人。ケンシロウとの継承者指名争いに敗れた後は“拳王”と名乗り、恐怖を以て世を支配し、世紀末に天の覇者を目指す。(インターネット関連情報)




これも、バッチリ武論尊・原哲夫両先生の許可をとっております。



呑んでみました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



佇まいの重厚さ、北斗の拳世代の思い入れを加味して、
☆2!!!!!!(涙)。








次にご紹介するのは、悦凱陣
これで<よろこびがいじん>と読みます。
須弥山スタッフ、仲井“最近刈り上げてさっぱりしたのですが、思いのほか寒くてちょっと先走りしちゃいました”昭広の故郷、香川県仲多度郡(ナカタドグン)琴平町の丸尾本店さんの日本酒。
今回ご紹介するのは、さぬきよいまい70%精米協会9号酵母使用の純米酒。


<酒魂一口メモ>『さぬきよいまい』
:「さぬきよいまい」は「オオセト」を母、「山田錦」を父として交配して育成した香川県が独自開発した酒米用品種。
酒造原料米「オオセト」に比べて極大粒の品種で、玄米タンパク質含有率が低く、酒造原料米に適する。
醸造適性はおおむね「オオセト」と「山田錦」の中間的性質を示し、酒の官能評価はバランスが良く、ふくらみがある。
草型は“穂数型”で穂数は多く、稈長は「オオセト」と「山田錦」の中間である。
耐倒伏性は「オオセト」より劣るが「山田錦」より優る。
収量は「オオセト」より多収で、玄米の外観品質は“中の中”で「オオセト」とほぼ同等である。(インターネット関連情報)



呑んでみました。
お〜、全く躊躇せず広がる味。
9号酵母仕込みとは思えない抑えた香り。
そして何より、腰がどっしりと座った味の奥行きは凱陣の純米酒そのもの。
THE 凱陣イズムを印象付ける仕上がりですね〜。

久々にいい純米酒に出会えた気がします。




☆4.05!!。






それでは、今日も頑張ってましょう!。








いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年3月18日(木) 16:50

♪も〜うすぐ春ですね〜、鯛を食べてみませんかあ〜♪

桜鯛須弥山

ちょっと肌寒くても、真冬の寒さとは大分違ってきましたね〜。
外にいても、暫く歩いていると少し汗ばんできますしね。

今日なんか、吉祥寺のオッシュマンズに行ったら、冷房入れていましたし。
でも、それぐらいで丁度でしたけど・・・。


そんなこんな日に、春の便りが2通届きました。
先ずは静岡から。

朝掘りの筍

須弥山の板長のお母さんが送ってくれました。
板長のお母さんは、自宅の敷地内に家庭菜園というにはちょっと大き過ぎる畑を持っていまして、季節季節にそこで採れるお野菜をチョコチョコ送ってくれるのです。

これが、また瑞々しくて美味しいの何のったら。
ホント、人様は何もしなくていいよ!、っていうぐらいの味わいです。

そんなお母さんが今回は筍を送ってくれました。


見て下さい、まだしっかりと土がついております。

焼いても良し、鰹節と絡めて土佐和えにするも良し。
カリッと天ぷらにしても美味しそうですね。

〆の炊き込みご飯もいいかな・・・・。


色々想像が膨らみます。


お母さん有難うございま〜す。






そして次は、山口県萩から。
春の王者、桜鯛の入荷。

これからの時期に獲れる、産卵期で脂が乗った鯛を、「身が桜色」になることから「桜鯛」とよびます。


どうですか、この王者たる佇まい。
ちょこっと食べさせてもらいましたが、身はプリップリッ。
噛めば噛むほど旨みが口の中一杯に広がります。

蓄養には無い、旨くもキレのある味わいにただただ圧倒されるばかりです。
素直に旨いです。

鮪なんか食べなくても、ジェンジェンいいんじゃね〜!、と思ってしまう程です。


是非是非、皆さんにも食してほしいものです。


あ、因みに写真に一緒に写っている赤い魚は、これまた旨いんですが、中々お目にかかれない花虎魚(はなおこぜ)

いや〜、これも旨いんですよ〜。
歯ごたえ、プリップリッとしてて。

身は刺身で、頭は煮付けに、と。
ほんとワクワクしますね(^皿^)v。


いや〜、仕事しててストレス溜まりますよね〜(涙)。




興味のある方は、是非ともご連絡下さ〜い。
※天然の釣りもんなので、常時入荷する訳ではないので・・・。





では、今日も頑張ってましょう。









いらっしゃい!!。

written by shumisen
[お料理] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年3月16日(火) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十四〜

新入荷須弥山

こんにちわ、須弥山主米納です。


もう、流石に雪も降らないでしょうね・・・・。
だいぶ夜も冷え込まなくなってきましたし・・・・・。
日中に至っては上着が要らないくらいのポカポカ陽気ですね。

春本番ももう間近!っ、といったところでしょうか。


では、今日は新入荷の日本酒を3本ご紹介!。



先ずは、ロ万
これで<ろまん>と読みます(笑)。
福島県南会津郡南会津町の花泉酒造さんの日本酒。
ほとんどデータがラベルに表記されていないんですが、ネットで調べたところ、この蔵はもち米を多用し、特にこの『ロ万』ブランドは「とことん純米酒に拘り、酵母も福島県開発の吟醸酵母『うつくしま夢酵母』を使用し数少ない「花泉」特約店にのみ出荷」している商品とのこと。

ラベル見づれ〜!!!!(困)。
ってんで、フラッシュつけてみました。

やっぱ、見づれ〜!!(涙)。 なんか、日焼けしてしまったような色の薄さですね。



蔵元さんの考えもあると思いますが、見づらいラベルというのはね〜。
お客様にしてみれば、味云々の前に先ず見たくれですからね。
ラベルに書いてある蔵名、商品名が見づらいというのは、ちょいと致命的かと・・・・・・・。ただ、ネットで調べたら、『ロ万』シリーズでも、この薄ピンクラベルはこの商品だけのようです。


呑んでみました。



白ワインのような口当たりとのど越し。
ん〜、「純米に拘って」か〜・・・・・。
どうも、純米の持つ不器用な奥行きが感じられないな〜。
呑み手の面倒見も・・・・・・、ちょっと一歩引いた感じかな〜。


ま、呑み易さと万人受けするといった意味で、☆2.1・・・。






次にご紹介するのは、車坂
これで<くるまざか>と読みます。
去年もご紹介しましたね。
和歌山県岩手市にある(株)吉村秀雄商店さんの日本酒。
山田錦50%精米純米大吟醸“うすにごり”



呑んでみました。


今年のは、タイトな辛口に仕上がっており、去年と比べると大分締まっていい意味での贅肉がそぎ落とされちゃった感じ。


ん〜、☆2.4!。


ところで、うちのスタッフに元カメラマンの板前がいるんですが、アッシがブログ用の写真をパチパチとっていたら、こっちのほうが良くないですかと言って撮ったのがこちら。
皆さん、どう思います。か?。

こんなんだったり

こんなんだったり。

あれ、あまりかわらね〜か・・・・(汗)。






最後にご紹介するのは、三十六人衆
これで<さんじゅうろくにんしゅう>と読みます。
山形県酒田市の菊勇(株)の日本酒。
出羽の里70%精米の純米酒。



呑んでみました。

細かな酸味と円やかさという相反する味わいの融合とでもいいましょうか。
ん〜、可も無く不可も無く、かな。
裏ラベルに、“きれいな味わいの純米酒”とあります。


なるほど、それだ!。確かに、“きれいな味わいの純米酒!”、だ。





そんなわけで、☆2.3!。







それでは、今日も頑張ってましょう。








いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

2010年3月10日(水) 16:50

日本酒のススメ〜其の三十三〜

新商品須弥山


こんにちわ〜。
須弥山主米納です。


いや〜、思わず雪降りましたね〜。
まじ、テンション上がりました〜。

店は暇でしたけど・・・・・・・(涙)。



では、新入荷の日本酒のご紹介。






先ずは、さか松
これで<さかまつ>と読みます。
大阪府阪南市の浪花酒造さんの日本酒。
確か、去年もご紹介ささせて頂いた銘柄です。
今回は50%精米純米大吟醸のご紹介。


呑んでみました。
ん〜ん、去年よりはちょいとドライかな・・・・。
まだ、若いってのはわかるにしても、セメダイン臭が気になりますね。
更に、もうちょっと甘味・旨みがほしいものですね。新酒、ということを考慮しても、です。



いまのところ、☆2.4!!。



ところで、このさか松。
かなり、ラベルがすごいことになっております。
光の加減で、かなり玉虫カラーに仕上がっております。


だったり、


だったり。







次にご紹介するのは、白岳仙
もう説明の必要はありませんね。

今回は、大吟醸荒走りバージョン澱絡み

先日、この酒魂日記でご紹介した大吟醸の別注タイプですね。


呑んでみました。
軽快な酸味がますます呑み口のよさを手伝います。


☆3.9!!。


本数少ない限定品なのでお早めに。









そして最後にご紹介するのは不老泉
これで<ふろうせん>と読みます。

滋賀県高島市の上原酒造さんの日本酒。

酒魂日記には初登場ですが、蔵とは15年位の付き合いになります。

今回ご紹介するのは(恐らく)高嶺錦の60%精米特別純米酒

ここのお酒は万人受けというよりは、好き嫌いの分かれる、ある意味酒が呑み手を選ぶような我の強い日本酒が特徴です。



呑んでみました。
うん!、不老泉らしい味わい。
酸もしっかりしていて、程よい筋肉質。

夏を越したあたりから旨みの蕾の花開く的な、想像力をかきたてられる味わい。やはりオンリーワンな日本酒ですね。




☆3.42!!。






それでは今日も頑張って粋ましょう!!。






いらっしゃい!!。

written by shumisen
[日本酒] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

<< 2010年02月の記事   |  << prev   |  Top   |  2010年04月の記事 >>

須弥山 | ご挨拶 | 店内 | お料理 | お飲物 | アクセス | ブログ | お問い合わせ

COPYRIGHT©2008 SHUMISEN. ALL RIGHTS RESERVED.

このページのトップへ